トヨタLFAとBMWテストドライバーとの事故の真相

2010/6/23 に成瀬弘氏が死亡事故のニュース

2010年6月23日(水)トヨタのテストドライバー成瀬弘氏(67歳)が死亡とのニュースが流れた。

成瀬弘氏はニュルブルクリンク近くの一般道で、レクサスLFAのテスト走行中、BMWのテストドライバーが運転する3シリーズのテストカーと衝突。
成瀬弘氏は病院で死亡が確認された。BMWに乗っていた2名は重傷。
色々なニュースを読み漁ると、
・正面衝突の事故である。
・LFAが対向車線をはみだしたとの見解。(地元警察・ラジオ)
・現場検証中である。
一方、トヨタ広報の発表
・成瀬氏の遺族に哀悼の意を、負傷した人らに同情の意を示す。
トヨタのテストドライバーとして、数々の車の開発に携わったとのことで、日本人としては複雑な心境である。
また、BMWファンとしては、3シリーズのテストドライバーの容態が気になるところである。
事故の状況は、まだ検証中との事であるが、成瀬氏の運転ミスなのか!?
日本とは逆の右側通行のドイツ。LFAのセンターラインはみ出しが原因なのであれば、3シリーズの左側のダメージが大きくなるハズだが、右側のダメージが大きいようだ。
現場検証中とのことだが、真相が気になるところである・・・。
BMWのダメージも大きいが、車高の低い車の方がダメージが大きいのか、4000万近いスーパーカーも正面衝突の衝撃には耐えられないのか。
・・・ご冥福をお祈りします。

事故の真相

真相は明らかになってはいないが、LFA側がセンターラインをオーバーしてコーナリング中、 正面衝突の回避の状況下で日本の左側通行のクセが出て、さらに左側にハンドルを切った可能性が高い。

その根拠とは

日本は左側通行である。事故写真が日本であれば不自然ではないのだが、事故は右側通行のドイツである。事故車両の位置関係からすれば、明らかに不自然なのである。
ドイツの法規に従えばBMWは被害者になる。
ただ、その道路は車両テストに使用されていたと思われ、双方とも法定速度を超過していた可能性は高い。
LFAの強度不足を指摘した意見もあったが、CFRPを採用するボディであり、BMWよりも強度が高いと思われる。

BMWは前部にエンジンを搭載する関係でクラッシャブルゾーンには余裕があり、バンパーの高さもある。
やはり正面衝突という破壊力の大きさや、衝突時の接触場所など、運も左右するところでしょうか。

エアバッグ装置をオフにした可能性

LFA側は、テスト走行中の強いショックによるエアバッグの誤作動を防止するために安全装置をオフにしていたとの報道もある。

場所は公道である。これはテストドライバーの要望なのかは不明だが。
これがドライバーの即死に繋がった見方もある。

ニュルの近隣道路は、メーカーのテスト走行に使用されており、このような事故事例が過去にもあるようである。
今回のケースでは、ドライバーの不注意という点がクローズアップされているが、一般公道のテスト走行であり、メーカー側のモラルが問われる事件であると思われます。

成瀬弘(なるせ ひろむ)氏のスペック

1943年生まれで1963年にトヨタ入社(享年67歳)
これまで開発を手掛けたトヨタのスポーツカー達。

  • S800
  • 1600GT(コロナハードトップ)
  • 2000GT
  • トヨタ7(5リッターターボ800ps)
  • MR2(初代)
  • スープラ(2代目)
  • MRS
  • プリウス(2代目)
  • LFA

ニュルブルクリンク近郊の一般道L94にてLFAにて走行中、BMWとの正面衝突事故により死亡。(成瀬弘氏、享年67歳)

トヨタ7でも死亡事故が発生していた。

プレイステーションソフトのグランツーリスモでおなじみ「トヨタ7」である。超軽量ボディとハイパワーエンジンの組み合わせが非常にトリッキーなハンドリングとなっている。この高性能レーシングマシンが、1960年代末期に登場していたのだから驚きである。

過去に福沢幸雄氏というレースドライバーががテストコースで事故を起こして死亡している。
事故の真相は闇だが、賠償訴訟により当時としては破格の6100万円という和解が成立している。

技術的に未成熟な時代でもあり、車両、コース、ドライバーのいずれに問題があったのかここでは記述を控えます。

コメントを残す