BMWランフラットタイヤとノーマルタイヤとの比較

ランフラットタイヤの威力

ランフラットタイヤの特徴

ランフラットタイヤとは、タイヤが釘を踏んだりして空気が抜けて空気圧がゼロになっても走行可能なタイヤです。タイヤのサイドウォール(タイヤの側面)に補強材が入っており、ここで車両重量を支えつつタイヤのクッションを兼ねています。

また、空気がゼロになっても時速80キロで距離100㎞の走行可能なような強度で設計されています。
よって、日本であればよほどの場所でなければパンクしても近くの修理工場までは何とか走れます。
パンクのセンサーとして、プレッシャーモニタリングシステムとセットになっています。
従来のラジアルタイヤでは、パンクした瞬間にハンドルが取られて事故となったり、走行不能となる恐れがありました。また、高速道上でのスペアタイヤ交換は、非常に危険が伴います。
雨風、吹雪、炎天下でのスペアタイヤ交換の作業を回避できます。

JAFでは年間30万件のパンク修理を行っており、過去にパンクにあっていない方であっても、いつ遭遇してもおかしくない状況なのです。また、パンク修理材の効かない数センチの大きな亀裂でもランフラットタイヤであれば、十分走行可能です。

高級車で普及が進むランフラット

2003年のBMW7シリーズへの標準装着後、Mモデルを除く、全モデルに標準装備化しました。その後、メルセデスやアウディ、レクサスなどの高級車での標準装備化が進んでいます。
これも、乗り心地などの改善が進んだ結果、高級車としてのタイヤ性能や乗り心地の品質を損なわず、パンクした場合の安全性やメリットが上回ってきた結果です。

現在、ランフラットタイヤは第三世代と呼ばれる世代になっており、乗り心地に関してはラジアルタイヤの95%まで改善が図られています。

ランフラットの製造メーカーとタイヤ名称の違い

メーカーによって、製品のカテゴリで呼び方が異なるので、混乱してしまいますね。
ランフラット(RUNFLAT)という表記をブランド名に入れて欲しいものです。

  • ブリヂストン RFT(RunFlat Tyres)
  • ピレリ r-f(RunFlat)
  • コンチネンタル SSR(Self Supporting Runflat tyres)
  • グッドイヤー EMT(Extended Mobility Technology)
  • ダンロップ DSST(Dunlop Self-Supporting Technology)
  • ミシュラン ZP(Zero Pressure)
  • 横浜ゴム ZPS(Zero Pressure System)
  • 東洋ゴム TRF(Toyo Run Flat)

ランフラットタイヤのメリットとは

突然のパンクにおいても絶対的な安全性を確保します。
ランフラット装着車は基本的にスペアタイヤを積んでいません。
その分、限られた荷室スペースを有効活用できます。

  • タイヤのモニタリング機能で異常を検知
  • 空気圧ゼロでもタイヤの走行性能を確保。
  • 数センチの亀裂でも走行性能を確保
  • パンク時のタイヤ交換が不要。
  • 高速道路上や幹線道路の路側帯で危険な交換作業も不要。
  • 雨風、炎天下、吹雪など過酷な環境下でのタイヤ交換が不要。
  • 時速80キロ、距離100キロを空気ゼロの状態で走れる。
  • 年間30万件のパンク処理によるJAFコールが無くなるとなれば効果は絶大。
  • スペアタイヤを積まないことによる、1本分の軽量化が燃費に貢献
  • 1本分のスペース活用。
  • スペアタイヤ分の製造コスト低減。廃棄も不要。
  • スペアタイヤのメンテナンスコスト減。

ランフラットタイヤのデメリットとは

一般モデル向けに標準装着が遅れている点は、やはりコストです。ラジアルタイヤに比べて2割以上も価格が高くなります。それが、一般車両への標準装備化が遅れている理由です。高級車に限って言えば、それは新車価格に含まれており、コスト増とは感じないでしょう。
そのため、タイヤ交換時にタイヤ代が高いと感じるでしょう。
他サイトでパンクを直せないという誤記事を見かけました。ランフラットタイヤは、ノーマルタイヤが直せるパンクであれば修理可能ですので、デメリットではありません。

価格が高いこと

ノーマルタイヤ、ラジアルタイヤに比べて2割以上価格が高いことです。
レクサスやBMW、メルセデスの標準タイヤに指定されていることは、高級車だけが装備していることになります。
高級セダンのマークXやカムリなどに装備されていないタイヤであることは、高級車を購入できる割高タイヤを購入できる方となるのです。
せっかくのBMWを購入後、タイヤ代が高いからと言ってノーマルタイヤに履き替えることは本末転倒であると言えます。

重量が重いこと

タイヤ1本あたりの重量がラジアルタイヤに比べて重い。運動性能にもマイナスになります。
パンクしにくい事は、そのようなマイナス要因を割り切ってでもランフラットタイヤを採用する理由なのです。

旧世代は乗り心地が悪い

2010年以前の第2世代のランフラットタイヤは、乗り心地が悪い面もあります。
しかし、2010年以降の第3世代以降は、大きく乗り心地が改善されつつあり、ノーマルタイヤ比で1割程度の悪化に留まっています。
タイヤの性能向上と合わせて、足回りのセッティングも進化しつつあることを意味しています。

夏用、冬用でのラインナップが少ない

これは、ノーマルタイヤでも扁平率やサイズによって偏りが見られます。
標準装備のブランドを選んでおけば問題ありません。

激安タイヤのラインナップが少ない

アジアンタイヤのラインナップが少ないようです。
フェラーリやポルシェなどのハイパフォーマンスカーの標準装備タイヤとしては、種類も増えています。
お乗りの車は、格安タイヤのコストパフォーマンスとは、ギャップがあるようです。

ランフラットタイヤ対応のアルミホイールが必要

BMW用としては、ほぼ100%対応していると言ってもよく、ホイール選びで困ることはないでしょう。
ランフラットタイヤ対応のアルミホイールが必要。最近のホイールは、ほぼ対応しています。

タイヤ交換時のコスト(ノーマルタイヤとランフラットタイヤ比較)

最近は、ワイド扁平タイヤを標準装備するモデルが多くなり、ノーマル(ラジアル)タイヤであっても以外と価格は高い。
ノーマルタイプ、ハイグリップタイプのラジアルタイヤとランフラットタイヤとの価格差は平均で3割程度UPと考えた方が良いでしょう。

  • 225/45R17インチのケース
  • ラジアルタイヤ:2万 X 4本 = 8万
  • ランフラットタイヤ:3万 X 4本 = 12万

高級車、外車を維持する方にとって、このコスト増は、驚くほど高くも無いと思われる。

ランフラットからノーマルタイヤへ変更する場合のリスク

ノーマル(ラジアル)タイヤに履き替えた結果、スペアタイヤを積んでいないことから、スペアタイヤを確保する必要がある。多数の方はパンク応急修理材で済まそうとします。
しかし、パンク修理材は、5ミリを超える大きな穴に対しては効果が無いようです。また一回パンク修理材を使ってしまったタイヤは交換が必要になります。

多くの方は、パンクに遭遇したことの無い方ばかりです。年間30万件の発生事例は他人事ではありません。
いつ遭遇してもおかしくないトラブルの一つなのです。
そのため、旅先などでパンクに会い、非常に困った方の多くは、このような安さだけを優先したノーマルタイヤへの変更は選びません。

高速道路、一般道に関係なく、パンクのリスクは多いのです。JAFを呼んでもスペアを積んでいなければ、修理自走できません。
そのような修理不可能なパンクはレッカー移動になってしまうのです。

  • パンク修理剤は万能ではない。
  • パンク修理剤が効かなかった場合、そのまま走行することでホイールもダメになる可能性
  • パンク修理時に路側帯で行う危険性、事故リスク
  • パンクは忘れた頃にやってくる。旅行や仕事の中断。
  • JAFを呼ぶ手間と時間の無駄。JAF未加入なら手数料。混雑時はすぐ来ない場合も。
  • 携帯が通じない山奥でのパンクリスク。
  • スペアタイヤを購入するぐらいなら、ランフラットの方がコスト安
  • ランフラットタイヤ専用のサスセッティングであり、ラジアルタイヤ変更により、操縦安定性が崩れると指摘する意見もある。

金額面を優先したノーマルタイヤへの履き替えは命取り

せっかく標準状態でランフラットタイヤを履いているにも関わらず、タイヤが減ってくるとノーマルタイヤに履き替える方が、まだいらっしゃるようです。
10年前は2倍以上の価格差であったものが、かなり価格差は接近してきました。最大のメリットであった価格を理由にノーマルタイヤを選ぶ理由は無くなっています。
ランフラットは、なぜ高級車のみ標準で採用しているのか、なぜ今更ノーマルに戻すのか、あらためてランフラットタイヤの装着意義を考えていただいた方が良いです。

ランフラットからノーマルタイヤ変更時のふらつきが命取り

ランフラットタイヤは、サイドウォールが圧倒的に硬くなっています。
パンク時に車重を支える必要があるので、当たり前ですね。
そのあたりが乗り心地の悪さに繋がっていますが、車両や足回りを含めてランフラットタイヤに合わせたセッティングとなっています。
硬貨を立てて転がすと真っ直ぐ矢のように回っていきます。
ハンドルの遊びは、ランフラットタイヤの矢のような直進性に合わせたセッティングなのです。
ノーマルタイヤは、サイドウォールが圧倒的に柔らかく矢のような直進性は得られません。
履き替えれば、ふらつくことは容易に想像できるでしょう。

BMW新車装着タイヤにはスターマーク付き

新車装備は、サイドウォール上に星印(☆スターマーク)が表記されており、BMWの承認タイヤであることを示しています。
同一ブランドの市販タイヤには、この星印がないそうです。
ただ、日本の法定速度内で使用する限り、一般市販タイヤでも十分な性能を保持しており、スターマーク無しの同一ブランドタイヤであれば、問題は無いでしょう。

ランフラットタイヤからラジアルタイヤに変えた人の勝手な言い分

  • Q1:パンク修理剤を積んでいるから大丈夫。
  • A1:数ミリの大きな穴は修復不可能。
  • Q2:JAFはすぐ来てくれるから大丈夫。
  • A2:連休などの忙しい時期は、かなり待たされることも。山奥は対象外の地域も。
  • Q3:高速を100キロも走らないから不要。
  • A3:少なくとも自走して助けを求めることが出来る安心感は、狭い日本でも絶大。夜間や風雨の時はなおさら。
  • Q4:タイヤが軽い分燃費も良くなる。
  • A4:それを証明したデータは無し。
  • Q5:乗り心地が良くなる。
  • A5:ランフラットタイヤの固いサイドウォールが柔らかいので当然の結果。ノーマル設定が崩れるため腰砕けの弊害も。
  • Q6:安いし乗り心地が良いし、一石二鳥
  • A6:アジアンタイヤへの変更は、安物買いの銭失い。
  • Q7:パンク修理が出来ない
  • A7:ラジアルタイヤで可能な修理は、ランフラットでも可能です。
  • Q8:サスセッティングは、ランフラットもラジアルも同じ
  • A8:パーツ番号は同じだからという理由のようですが、ランフラット用です。ラジアルタイヤ想定した中立ではなく、ランフラット寄りセッティングなのです。

radial-tire-m4
Mモデルは標準でラジアルタイヤを履いています。パンクリスクよりも運動性能を追求したMモデルだからこそです。当然、ラジアル専用のサスセッティングになります。

ランフラットタイヤの乗り心地

第三世代のタイヤとしては、ブリジストンのS001がお勧めです。
通常のノーマルタイヤに比べて95%並みの改善がされています。

コンチネンタルのスポーツコンタクトもタイヤ形状から段差越えなどでの改善が見られます。

当然、ノーマルに比べればタイヤサイドの剛性が全く異なりますのでタイヤ自体のショック吸収性は比べるまでもありません。
もし乗り心地を優先するのであれば、19インチから18インチへのダウンも効果的です。

ランフラットのパンク修理は可能

タイヤ内の空気が抜けておらず、タイヤ接地面などに釘が刺さっているようなパンクは、通常のノーマルタイヤ同様にパンク修理が可能です。
ランフラットはパンク修理が出来ないとするネット上の情報は誤っています。

パンクの穴が小さく、空気が抜けていない状態であれば、修理可能です。

ランフラットタイヤのパンク修理

  • くぎが刺さっている。
  • ネジが刺さっている。
  • 鋭利なものが刺さった跡がある。5ミリ程度の穴

基本的にラジアルタイヤでパンク修理が可能な穴であれば、基本的にランフラットタイヤでも修理可能です。
ただし、パンク後に完全に空気が抜けた状態で長距離走行してしまったランフラットタイヤは、サイドが痛んでしまっているため修理不可能となります。

どこで、どのようにパンクしたのか、状況が分かっていれば状況を詳しく伝えましょう

ノーマルタイヤはパンク状態で走行すれば再使用不可

ノーマルタイヤで、タイヤの空気が抜けた状態で走行すれば、タイヤのサイドは潰れて使い物にならなくなり、再使用不可です。
タイヤのサイドに亀裂が大きく入るような損傷もノーマルタイヤであれば、即走行不能、再使用も不可能です。
ノーマルタイヤでパンクし、空気が抜けた場合はズリズリと走行抵抗を感じたりして検知する場合が多いのです。
結果、タイヤのサイド断面はクルマの自重で損傷し再使用不可能なケースも多いのです。
よって、ノーマルタイヤはパンクの程度により再使用不可となるレベルはランフラットと何ら変わらないと言えます。

その点、ランフラットでは空気が抜けた場合にも80キロ程度の走行が可能です。
これは、大変なメリットとなりますが、当然再使用は不可となります。

タイヤ価格は2010年以降は、大幅に下がっていますので、ネット上でランフラットは高いからノーマルタイヤの方が優れているようなガセネタは全く信用しない方が良いでしょう。

ランフラットタイヤの寿命と交換時期

ランフラットタイヤの寿命は、ノーマルタイヤと同様にスリップサインの溝で確認します。
タイヤ溝の残りが1.6mm以下になったり、スリップサインが出てきたら、交換が必要です。
また、残りの溝があっても購入後5年以上経過していたり、直射日光にさらされる過酷な環境であったり、ひび割れが多数みられる場合も交換したほうが良いでしょう。

タイヤの購入資金に余裕があれば、上記に達する前に余裕をもって交換しておくのがベストです。

パンクもトレッド面であれば、ノーマルタイヤ同様に修理が可能です。
よって、パンク発覚前に空気圧警告のワーニング表示が無ければ、ランフラットのタイヤ側面を使用した走行していないことになります。

パンク発覚前に空気圧警告のワーニング表示が「有った場合」は、ランフラットのタイヤ側面を使用した走行となり、交換が必要です。

ネット上、パンクしたランフラットタイヤは走れない、修理できないというような記述が多いのですが、それは誤りです。
トレッド面のパンクは、空気が抜けていない限り通常通りの修理が可能です。

実際のランフラットのユーザーシェアにも変化

http://bmwfun.x0.com/cgi-bin/tv/bmw_v65.html

当HPのアンケートでは、2010年以降の第三世代ランフラットオーナーから、履き替え後もランフラットタイヤを継続する方が多くなっています。
最大のネックとなっている価格の高さがノーマルの2倍以下になり、コスト面のメリットや乗り心地の固さよりも、ランフラットタイヤ本来の価値を認めた結果です。
なぜ、高級車がランフラットタイヤを採用するのか?トヨタや日産の一般モデルではランフラットタイヤを採用できないのか?
乗り心地が悪いからと言ってノーマルタイヤへの変更を正当化させる意味が無い事が、低価格化によってユーザーの変化に表れてきたようです。

ランフラットタイヤ標準装着車に非ランフラットを履かせると?

ttp://www.webcg.net/articles/-/11164
メーカーでは、クルマの開発をする際に、ランフラットと非ランフラットを両方試しているはずです。その中間値をとってセッティングを行っているでしょうから、タイヤを替えたことで大幅に乗り心地や運動性能が異なるとは考えにくいと思います。

このような、無茶苦茶な回答がありましたが、完全な誤りです。
メーカーは、ランフラット専用セッティングです。中間などという中途半端なセッテッィングは一切行っていません。
メーカー純正指定はランフラット専用です。
よって、確実にハンドリングが悪化します。

ユーザーは、タイヤ交換で非ランフラットを交換する方もいるでしょう。
しかし、メーカーはそのような方を想定したセッティングは行っていません

まとめ

ランフラットタイヤのデメリットは、一般ユーザーにとって大きな問題となりません。
確かに乗り心地やコストでは、まだまだ改善の余地があるのも事実ですが、最新型RFTタイヤはかなり乗り心地が改善しているのも事実です。
そして、パンク発生時のリスク軽減効果は、補って余りあるだけの効果があるのです。

まあ、パンクで困った経験が無ければ、ランフラットタイヤの絶大な効果が頭では分かっていても、実際にタイヤ代を優先してしまうのかもしれせんが

コメントを残す