BMWとBYDの関係

一時期、まんまBMWパクリのエンブレムやエクステリアデザインが話題になった
中国の自動車メーカーBYD比亜迪汽車。
電池から自動車に参入した新興メーカーですが、BYDの勢いに急ブレーキがかかっている。

上記がパクり中のエンブレム。中国の感覚には恐れ入る。
現在は、BYDのサイト見てもらえれば、わかりますが社名が単純にロゴ化されているだけ。
いつから変わったのか不明だが、パクリとは無縁な状態になっているようだ。
ただ、車がBMWには似ていないが、カローラやエスティマ、ハリアーにソックリな状況であり、
日本のトヨタにとって微妙な状況になってしまっている。
米資産家ウォーレン・バフェット氏が大掛かりな支援、投資策でBYD社が有名になっていたが、
今後の情勢は、電気自動車の性能や売れ行きが微妙であり、
普通の乗用車販売も手厚いリベートによる施策が主で、
同社の株価は急落している。
電気自動車の場合、部品点数が少なく、後発の中国企業が参入しやすい状況にはあったが、
状況は悪くなっていることが株価からうかがえる2011年である。
2007年の上海モーターショーでは
http://www.carview.co.jp/sms/2007/take_car/byd_auto_f6/default.asp
あのBMWちっくなBYDは、このショーでどうなったのか?
F6は、E65 7シリーズから、レクサスLSのような感じに変身。
F8は、メルセデスのライトを取り込み。
・・・とエンブレムのBMWに止まらず、トヨタ、メルセデスと多国籍メーカージョイントモデルへ変貌を遂げている2007上海オートショーでした。

BMW関連の被災・地震の影響

このたびの東北地方太平洋沖地震により被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。
<義援金支援>
BMW グループは被災した地域への支援として
総額100万ユーロ(約1億1千万円)の寄付されるそうです。
<BMWへの影響>
http://www.bmw.co.jp/jp/ja/owners/service/allfacts_check_delivery.html
自社の新車整備センターに塩害を防ぐ1400台の保管スペースがあるそうです。
千葉県山武市松尾町富士見台にある松尾新車整備センターである。
今回の被災で、メルセデスが所有する茨城県日立の保管・新車整備センターでは、
約1000台が津波被害に伴う甚大な被害を受けており、新車の整備・納車に多大な影響を与えている模様。
しかし、BMWでは、千葉港からの陸揚げ保管となるため、津波被害に関しては問題ないようである。
千葉県松尾のパーツセンター(松尾ディストリビューション・センター)では
各種の部品収納棚等が、地震の被害を受けており、部品発送に影響。
東日本地域への部品発送等についても、
道路網の寸断・規制・物流施設被災・トラック燃料不足等の影響により
遅延が発生している模様。
また東京電力管内は、計画停電による影響で、
ジャパン、ディーラーの業務にも支障が出ていると思われる。
被災地以外のオーナーとしても首都圏ではガソリンの不足等、
地震によるさまざまな影響が出ている。
今後、新車販売、中古車販売、関連企業にも経済の停滞に伴う、
さまざな影響が出てくることだろう。
<外国人従業員・家族の帰国>
福島原発の放射能漏れの影響を心配してか
外国企業の従業員、家族の多くが、帰国する流れにBMWグループ従業員・家族の一部も例外ではない様子。
この点では、外国人の過剰反応が目につく。
<イベントの中止>
地震の影響により、地方、ディーラー等の各種イベントが中止となった。
イベントの実施有無については、その都度確認するようにしたい。
<海外工場での日本部品の入手に影響>
一部に日本製部品が使用されており、今後、部品の輸出が滞る場合、若干の影響が予想される。
<本社業務>
同社の広報室は、交通機関の混乱、計画停電の影響、等を総合的に鑑み、
しばらくの間、原則自宅待機にて業務を進める。
↑これ、ドイツ人、日本人スタッフ全てなのだろうか。
<業務再開>
3月24日、新車整備センターとパーツ・ディストリビューション・センター(千葉県山武市)の稼働を再開。
上記により、新車の納期遅れや補修部品の発送遅延も解消されていくと思われる。
<節電の取り組み>
新車整備センターでは、以前からの再生水の利用を促進。
さらに、節電にも積極的に取り組む。

FFモデルを投入?

ドイツのBMW-AGの会長であるノルベルト・ライトホーファーは、
3月17日の決算発表において、将来、FFモデルの投入を発表した。
ライバルのメルセデスは、既にAクラス、BクラスでFFモデルは投入済。
しかし、メルセデスとは異なり、BMWの場合は、明確にFRモデルにこだわった車種展開を行っているのだが、
昨今の情勢変化により、1シリーズの下にFFモデルを設定する事になるのだろう。
燃費効率を重視した場合、大排気量モデルだけのラインナップでは、不利な状況もある。

↑4ドアの新型ミニSUV
1シリーズの投入後、コスト的にも見合うシェアを確保できる目処が立ったことで、
さらなるエントリーモデルの市場に進出する。
FRが主力のメーカーだけに、現行ユーザーにとっては違和感がある。
200万台前半からの車種展開は、ブランドイメージの劣化に繋がる可能性もあるが、
A/Bクラスを展開するメルセデスの例を見れば、特に問題はないだろう。
ベースとなるのは、次期ミニとシャーシ、エンジンを共有すると見られる。
共有シャーシ・エンジンにより、ミニと似たような性格になる可能性はある。
1シリーズでは、FRにこだわったレイアウトにより、後席の居住性がかなり犠牲となっていたが、
その部分はFFレイアウトにより、完全に解消されるだろう。
どちらかと言えば、ミニのようなスタイリング重視でなく、
ユーティリティスペースを重視したコンパクトボディを期待したい。
日産との提携を進めるメルセデスに比べ、EV関連では、出遅れ感が漂うBMWだが、
今後も新たな展開があるのかもしれない。

トイプードルとBMW

ソニー損保では、「愛犬とのドライブに関する調査」
のアンケート結果が公表された。
その結果とは。「愛犬との」項目となる。
・車デビュー「生後6ヵ月までに」5割強
・着座位置「後部座席:51.3%」「助手席:32.3%」「ラゲッジスペース:10.7%」
・シートベルト着用率、「毎回着用」13.5%
・一緒に乗りたい車1位「アルファード」
・ブログ経験者16.8%
・ドライブが似合うタレントは?
シートベルトの着用率は、1割ちょい・・・だが、
こんなものだろうか。確かに嫌がりそうな感じもする。
一緒に乗りたい車は、アルファードということで、
国産・外車も含めて、広さと豪華さを兼ね備えた人気のアルファードが一位となるのは妥当だろうか。
次点でステップワゴン、エスティマと人気車が連なる。
最後に興味深い結果を
ドライブする際に乗りたい車の車種
・雑種:ステップワゴン
・ミニチュアダックスフント・シーズー:エスティマ
・柴犬:アルファード
・チワワ:bB
・トイプードル:BMW
トイプードルを愛犬とする方の希望車種では、BMWが1位となっている。
ツーリング、SUV系なら中型犬でも良さそうだが、普通のセダンは、小型犬のイメージにあうのかも。
また、ドライブする際、車の機能として室内消臭機能やシートカバーなど、愛犬用の便利用品のオプションのニーズも高い。
高齢化と共に、愛犬の所有率も高まっていると思われ、メーカーもオプションの充実が望まれる。
アンケートは、上記結果となったが、実際に犬とドライブされているBMWオーナーはどんな感じだろうか。

BMWが新興国で販売急伸

新興国とは、中国やインド市場のことである。
BMWが新興国で販売急伸・・・
自転車やオートバイ、トラック・バス・鉄道がメインだった新興国でもGDPの伸びが著しい中国やインドでは、自動車も爆発的な勢いで拡大している。
高級乗用車は、もともと政府関係者やタクシーなど公用・法人用途がメインだったようだが、貧富の差が拡大するのと同時に、一般庶民にも自動車が普及しつつある。
中国における高級乗用車市場の拡大に合わせて、BMWも中国市場へ提携というカタチで進出した。
現在、華晨中国汽車はドイツBMWとの提携を通じ、中国の国内向けBMWを生産中である。
5シリーズのロングホイールベースなど、独自のマーケットに対してオリジナルなモデルも市販されている。
今後、販売数の増大や品質の向上に伴い、当然、隣国の日本へも導入が検討される可能性があると思い、早速アンケートを設置してみた。
もし、中国製BMWが日本に導入されるとしら・・・あなたの考えをお聞かせ下さい。
設置して日が浅いが、下記の結果となっている。
1位 7票 . … 26.9% 絶対反対。ドイツ製でなければ買わない
2位 5票 . … 19.2% どの国でも良いが製造国を明確に表示すべき
2位 5票 . … 19.2% 品質に問題あり
既に日本車も一部の車では、中国製?エンジンを搭載した車が、日本車として国内を流通しているようである。冷凍食品問題で微妙な関係となってしまったが、ありとあらゆる商品にmade in chinaが入り込んでいる。数万点の部品からなる自動車とて、グローバル化の波から逃れられない。新興国として、南アフリカ製自動車は、生産台数と実績から見て、成功例に例えられるだろう。
しかし、アンケートの結果を見る限り、イメージ戦略を重視するBMWにとっては、冷静に日本市場と顧客の志向を分析しておいて損はないだろう。

BMW Isetta イセッタの復活?

BMW Isetta イセッタの復活?メルセデスのスマートに刺激されてか
フィアット500の影響か、
ミニクーパーの成功に気を良くしてか
まだ、デザイン段階のようで2010年などと噂されているが登場するのかは微妙なところ。
EUでは、既にスマートが登場済みですが、バカ売れしているわけでも無く、
ガソリンの高騰の影響で、こうしたコンパクトカーの販売台数がいきなり伸びる可能性は低い。
日本では優遇税制の影響か、軽自動車売れまくっているので、エコカーという観点で
海外のコンパクトカーが入り込む余地は無く、あくまでファッション感覚で乗る車だろうか。
さて、アメリカ車も60・70年代の往年の名車がぞくぞくと復活している。
日本でもAE86など旧車復活の声は、それなりにあると思うので、
トヨタなど儲かりまくってるメーカーが遊び心で作れば売れる・・・と思うのだが。
特にAE86などは、日本製レースゲームで海外でも知名度はあるという珍しい車となっている。
BMWも1シリーズクーペは往年の2002をイメージしたというが、全くわからない。

日産版のバルブトロニック?新型エンジン

新技術「VVEL(バルブ作動角、リフト量連続可変システム)」
連続可変という意味では、2002年にBMWが開発ということには、なっている。
この可変バルブシステムの歴史は古い。
仕組みや効果は微妙に違うが、大御所はホンダのVTECだろう。
爆発的に市販車に採用されていった過程、その後の各社への影響を考えると、
BMWが開発?という記事にピンとこない方も多いかも。
さて、このバルブトロニックも仕組みが複雑となり、ヘッド周りの重量増やトラブルなど微妙な問題も抱えている。日産の仕組みはシンプルということなので、今度はBMWが参考にしても良いかも。
この可変バルブタイミング機構と並んで、技術革新の進むものに直噴エンジンがある。
日本メーカーも三菱のGDIやトヨタのD4エンジンが有名だろうか。
BMWも直噴エンジンを市販済みだが、日本への導入が見送られている理由は不明。
直噴の適合性には、ガソリンの硫黄分や質の問題もあるらしい。
・EUなど質の良いガソリン : 直噴エンジン
・質の悪いガソリン : バルブトロニック
日本は、ガソリンに硫黄分の量が多く、直噴に適さないようである。
・・・とガソリンの質の話になってしまったが、実態はピエゾインジェクターの供給が間に合わないなど、他の問題も抱えているようなので、日本への導入時期は、まったくもって不明である。

ドイツ、排ガス規制の現実

ドイツ、排ガス規制の現実
日本では、ディーゼル車が悪者扱いされ、トラック用の後付け対策装置は記憶に新しい。

ドイツでは、ディーゼル車は救世主扱いされていた為に、シェア44%という急成長ぶりであり、ディーゼル後進国のアメリカへも輸出を拡大しようとしていた矢先のニュースである。

600ユーロ(約93000円)の後付けフィルターは、ディーゼル車の拡大に水を差す。
ディーゼル車の粒子状物質問題が、事前に予見できたとしたならば、メーカーのミスをユーザーの負担によって、カバーしている状況である。

このドイツ事情を知ってしまうと、日本へのBMWディーゼル車の導入は、ますます遠のいてしまうような気がする。

特に東京都のディーゼル車に対する対応策は、過剰な感じもあったが、方向性としては間違っていなかったのかもしれない。
現在のマツダ、BMW、メルセデスのディーゼル車投入が、今後の日本車メーカーにどのような影響を与えるのか、BMWとの提携によるトヨタ車のディーゼル車投入も気になるところである。

『ウィキペディア(Wikipedia)』 BMWの記述

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では、一般の読者が百科事典の作成に参加することが可能である。
あまりにも有名な事典であるが、その記載内容や方法について
よく問題になることがある。
ある読者からの指摘です。
この記載は「210.165.35.2」のIPアドレスからの投稿であり
>inetnum: 210.165.35.0 – 210.165.35.255
>netname: BMW-NET
>descr: BMW Japan Corp.
上記、ドメインからの投稿記録がログに残っている。
訂正内容は、下記の記述を削除した・・・という事である。社内のネット環境から投稿してしまうのはITリテラシー的に微妙。。
>日本では「ビーエム」という略称で親しまれている。
>しかし最近では、彼のデザインは批判されるどころか、同業他社に広く模倣され、
>絶賛する人々も増えているようである。
>ドイツ本国およびアメリカ・オーストリア以外での生産車として、
>日本市場向けの3シリーズのほぼすべては南アフリカ製である。
>ちなみに、メルセデスのCクラスも同様である。
企業か、個人かは不明であるが、上記の記載内容を好まないようである。
事実をありのままに記載しているので、誹謗中傷などでは無く、問題があるとは思えないのだが・・・
とにかくネット上には多種多様な情報が溢れており、一部の好まない情報にフタをしても何の効果も無いことは言うまでも無い。某国のように国家的に行わなければ、情報統制など土台無理なのだ。

レクサスLS600hがデビュー ・・・今後

メルセデスベンツやBMWの最上位モデルと同等以上の性能
5リッター(394PS) + モーター(224PS)
合わせれば、6リッターライバルを凌ぐという方程式だ。
なんとも強引な感じだが、モーターやバッテリーの重量増
を8ATでカバーするも運動性能はライバルと比べるのはキビシイかも。
燃費については、ハイブリッドだから良くて当たり前か。
LS600hの登場で、LS460を買おうとしてたユーザーが
こちらに流れることは十分考えられる。
特徴的なライトやハイブリッドなどLS600hの魅力は十分である。
それだけにLS460が廉価版グレードになってしまうのだ。
(値段的には十分高いが)
日本では、LS登場後、BMW、メルセデスともに販売台数で大きな影響を受けている様子は無い。
ただ海外では、かなりインパクトのあるモデルである。
特に6リッター級?やロングホイールベースというレンジは、日本車が食い込んでいない領域だった。
その領域に最新鋭ハイブリッド車を引っさげて食い込んできたことは、
そのブランド力、メカニズムと共に欧州車にとって脅威となる。