BMW水素自動車「Hydrogen 7」を国内初公開

BMW水素自動車「Hydrogen 7」を国内初公開
本国では、広報活動が盛んなBMWの水素自動車「Hydrogen 7」
であるが、ハイブリッド車の本拠地日本での反響はどんな感じだろうか。
8月以降、全国9都市を回るそうである。
水素自動車という近未来の技術力をアピールする機会としては、インパクトがあるものの
実験自動車の域を超えてはおらず、日本では現実感に乏しい。
ハイブリッドのレクサスLS600を意識した広報活動か・・・。
水素自動車の車両価格、ランニングコスト、燃費、水素スタンドのインフラ整備など
クリアすべき課題が山積みの中で、PR活動よりも、
庶民でも乗れる車としてデビューさせる事が先なのではないだろうか。
ドイツ本国の意思に反して、日本のインポーター側は、気乗りしないPR活動だったりして・・・