スズキRG250γガンマとは

もてぎのホンダコレクションホールに、このバイクが展示されている事は、殿堂入りしている事を意味しているのだろう。
ホンダ車以外、他メーカー車がいくつか展示されているが、このRGガンマについて書いてみる。
ガンマの前はRG250Eという空冷2ストマシンが存在していた。
このRGとは「レーサー・オブ・グランプリ」の略だそうである。
その後、VT250Fなどのセミカウルがやっと普及した翌年、フルカウルのガンマがデビュー(1983年)する。
20090919 047
・アルミフレーム
・クラス最強の45ps、新水冷エンジン
・フルフローターサス
・当時としては珍しいサイドスタンドのみ。
・3000回転からのタコメーター
・ヤッコ凧に似たテール。
・チャンバー風のマフラー
・乾燥重量の131Kgの軽量ボディ
・250cc初の実性能、180キロオーバー
装備内容からすると価格競争力のある設定とインパクトのある装備内容は、ホンダの最新鋭2ストマシンのMVX250Fに対して、不人気車のレッテルを貼るのに時間はかからなかった。
当時、RZなどのライバルを蹴散らしレーサーレプリカの造語がスタートしたのもこのモデルからとなる。
GPレーサー、フランコ・ウンチーニの濃い(甘い)マスクとインパクトのあるマシンの広告には、当時のバイク雑誌でもかなりの衝撃であったことを覚えている。
特に「ウンチ・・・二」の名前にもインパクト?があった。
初期、青白のカラーに対して、タバコのHBカラーや、赤白版が追加されたのを覚えている。
2代目(1984年)
3代目(1985年)
4代目(1986年)ライバルNSR/TZRの登場
5代目(1987年)
2スト並列2気筒のマシンも5代目を以って、V型のRGVガンマへバトンタッチする。
峠小僧にとっては、ライバルNSR/TZRが登場するまでは、フルカウルのインパクトのあるスタイリングなど、存在感は十分だった。
当時、ガンマを跨いだ瞬間、高いステップ位置、低いハンドルなど、初代RZとは、一味違うピーキーなパワーバンドと爆発的はパワーだったことを覚えている。
思い切ったレーサーレプリカな装備内容は、今まで、レーシーなマシンに否定的だった運輸省の認可ハードルが、かなり緩くなった事を意味していた。
スズキ、アッパレである。
ホンダが認めるレーサーレプリカ・・・それがRG250ガンマである。