S-4 東京・ルート246攻略

(Last Updated On: 2015年9月23日)

フェラーリ 330 P4 レースカー ’67は、古いマシンだけあって、コーナーが曲がらない。
まるで、普通のタイヤを履いているようなスリッピーなマシンである。
最新マシンのような曲がる感覚でいると壁に接触する。
ただ、直線番長っぽく、ストレートはめっぽう速い
ルート246は、高速コーナーが多く、この古いフェラーリは苦戦を強いられる。
特にコース中盤は、車の挙動が不安定になって、アクセル全開のままハイスピードコーナーをクリアするのが辛い。
壁にぶつかりそうになり、ついついブレーキングしてしまうと、後続車が迫ってくる。
ポイントとしては、ラインを非表示にして、
330P4の直線番長の特性を活用した直線的なライン取りを練習しよう。
確実にブロンズを取れる安定的な走りができれば、上位も近い。


コメントを残す