BMWオーナーの情報交換ならBMW@FUN

アルピナ モデルの特徴


BMWアルピナの各モデルの特徴や試乗記


B3 (E36)

【モデル名:ALPINA B3 3.2(E36)】
BMW3シリーズ(E36)をベースにした、ALPINAのエントリーモデルともいうべき、B3は1997年1月に登場されました。

10.5の圧縮比、シーメンスDME MS41.1エンジンマネジメント・システム等から成り立つスペックは、最高出力271ps/7400rpm、最大トルク33.6mkg/4400rpmを発揮する。
DOHC4バルブヘッドは従来通りVANOSを用いて、マーレ製鍛造ピストンやステンレス製エグゾーストシステムの採用でALPINAの流儀にチューンが施されています。

更にエンジンに付いて触れておくと、伝統の味わい深いストレートシックスに、ALPINAのマジックがかけられ魅了されます。
積極的に高回転域を多用したくなり、絹のような滑らかさを保ったままスムーズに吹け上がり、官能的なサウンドが加わり、また柔軟性も確保され楽しめます。

サスペンションに関し旧B3 3.0と比較し改善され、しなやかさの中にも強靭さを併せ持ち、サスペンションがストロークする過程で一貫したソリッドな動きに終始する為、不安感を覚えず安定しております。

ALPINAのサスペンション・チューニングは一流であり、大幅にスプリングレートや減衰力が強化されているにもかかわらず、乗り心地がソフトで柔らかい。

ALPINA B3 3.2はドライビングプレジャーを突き詰め、振り回して楽しめるクルマです。

>2012/8/22
さてエンジンですが街乗りは、3.2Lの馬力で引っ張るというより、低トルクでもストレスない感じで非常に乗りやすい車です。ただし、街中でスイッチトロニックスのモードに切り替えると、エンジンが唸りをあげるように吹き上がります。また車間をあけて加速すると、2速で前に追いついてしまうほどの加速です。したがってスイッチトロニックスは、高速に乗る時に活躍する程度ですが、制限速度までぶっちぎりの加速です。

なお山路は足回りが硬すぎす、柔らかすぎずなので、ドライビングしていて左右に振られずに安定してコーナーに突入することができます。

街乗り、山路、高速、どれをとっても安心感あるハンドリングをするので、非常に乗りやすい車です。E36のboxyなフォルムを好む方、程度のいいAlpina B3を見つけたら迷わず、乗車してみてください。普通のファミリーカーとスポーツカーの両方を楽しめると思います。

by hn0725hnさん

D3 BiTurbo (E90)

【モデル名:ALPINA D3 Biturbo(E90_D3)】
ディーゼルとは思えない高回転域の伸びの良さが実感できる、ALPINAならではのスポーツディゼルD3の登場です。

ALPINAチューニングが施されたD3の搭載エンジン・123dは、2Lの直列4気筒ディーゼルにはツインターボが組み合わされ、最大出力は214psになり最大トルクは45.9kgmを発揮します。
高回転域の伸びの良さは、グォーンと太く力強いエンジン音を響かせ5000rpmから始まるレッドゾーンを振り切り、パワーの頭打ちは感じ取れません。
ALPINAが“スポーツ”と位置づけるエンジンに仕上がっております。
当然ながら燃費も優れており、市街地ではハイブリッドカーがリードするが、高速道路等を含めた総合燃費では良い結果を残しております。

エクステリアは、より低いフロントスポイラーと小ぶりなトランクリッドのリップスポイラー、19インチのアロイホイールはALPINA流儀です。
インテリアはALPINAの標準から抑制され、BMWそのままの素の状態に近い。
この控えめさは良いと思う、感想をお持ちの方も少なくは無いことでしょう。

価格は破格の設定、6,980,000円で日本市場に投入されました。
新しい価値を提供する、ALPINAビジネスに見合う価格設定です。

D3は、燃費が良くて環境への負荷が少ない上に、楽しく乗れる価値を付加しております。
5200rpmまで回せるディーゼルエンジンは魅力的で楽しいです!

by アル君

B3 BiTurbo (E90)

【モデル名:ALPINA B3 Bi Turbo(E90)】
< BMW3シリーズ(E90)をベースにした、ALPINAのコンパクトリムジンで、2007年登場のモデル。

ボディ形状は、リムジン(Limousine)と呼ばれる4ドアセダンとなる。
エンジンは直列6気筒ツインターボ(ビターボ)。
最高出力370馬力を発生し、ZF製ALPINA SWITCH-TRONIC(6速AT)と組み合わせ、ノーマル335iよりも遥かに強力な性能に仕上がっている。
B3 BiTurbo全モデルは、4本のエキゾーストマフラーをテールパイプを備えている。
このマフラーの触媒によってより、クリーンな排ガス規制値を達成している。
外観は、前後異形サイズのALPINA CLASSIC 18インチホイールとMICHELIN Pilot Sport 2タイヤを装着しており、
インテリアは、ダコタレザー、ALPINA専用ベロアフロアマット、ドアシルプレート、専用ウッドを装備する。
左ハンドル専用で、価格は9,950,000円より。

写真のモデルは、前期型(2007年モデル)になる。



【モデル名:ALPINA B3 Bi Turbo(E93)】
BMW3シリーズ(E93)をベースにした、ALPINAのコンパクトクーペ・カブリオレ。B3は2007年登場のモデル。

ボディ形状は、カブリオ(Cabrio)と呼ばれる2ドアクーペで(カブリオレ・コンバーチブル・オープンスタイル)となる。
エンジンはセダンと同様。
左ハンドル専用で、価格は11,630,000円より。

写真のモデルは、前期型(2007年モデル)になる。


B3S Biturbo (E92)

【モデル名:ALPINA B3S BiTurboクーペ(E92_B3S)】
E92ベースのB3 BiTurboクーペに“S”の称号を付加した、B3Sクーペは2010年3月に登場しました。

公認チューナーが仕立てたハイパフォーマーだが、ALPINAは単に速さを追求する事は無い。
高度に磨き上げられたエンジンやシャシーが齎す上質、これぞALPINAの魅力です。

エクステリアはいつもながらBMW純正部品のようにインテグレートされ一見しただけでは分り難いが、クーペではリア・スポイラーのハイトが高く、リアフィニッシャーにはディフューザー風のリブを3本並べてスポーティな雰囲気を醸し出している。
ホイールは、ニューCLASSIC・スタイルングVを装着する。
インテリアはほぼB3の意匠のままであるが、変わらぬ洗練な仕上がりは完璧です。
華美に流行らず、落ち着いた上品さはまさにALPINAの真骨頂である。

搭載するツインターボの直6エンジン、排気量は「BMW335i」と同じ2979ccだが、ALPINAにより高度に洗練されマーレ製のピストンを採用して圧縮比を10.2から9.4に落とし、それと引き換えに最大過給圧を1.2バールに引き上げて、410ps/6000rpm、55.1kgm/4500rpmへと大幅なパワーアップを果たしている。
従来のB3より“S”の称号が意味するのは、最高出力で40ps、最大トルクで4.1kgmのエクストラを獲得している。
これは、徹底したフリクションの排除、エアフローシステムの改良、新たにインタークーラーの追加、新開発した直下型キャタライザー等による高度に洗練された賜物です。

エンジン・フィールは、スロットルのレスポンスもターボユニットとは思えぬほど敏感で、排気量の大きな自然吸気ユニットのようである。
しかもストレート6が奏でるビートは、ALPINAの手により官能的です。
そして、ドライバーとクルマの間にとても緊密なコミュニケーションが成立している。

ミッションは、このエンジンと相性の良いZF製スポーツAT(6HP19TU)です。
トルクコンバーター特有の滑らかさと優しさに加え、スウィッチトロニックを選択すれば、ドライバーの管理下に置かれ知的で快感です。
シャシーもALPINAが進化させたコンベンショナルなもので、電子制御に委ねること無くスポーツ性と快適性を高い次元で融合させている。

当画像のB3Sはオーナー(ニコニコ様)の意思より、ダイオプサイトブラックのカラーに、ALPINAのアイデンティティー(identity)であるデコラインは無し(デコレス)、エンブレムも無い究極のアンダーステートメントです。
(外見はほぼノーマル、中身は特別なALPINA)

圧倒的なエンジン・パワ−と快適さの二律背反を見事にバランスさせたB3S BiTurboクーペです!

by アル君

B3-GT3 (E92)

【モデル名:ALPINA B3 GT3(E92)】
サーキットに還ってきたALPINAのDNAを受け継ぎ、サーキット走行を意識したロードモデルです!
(限定99台の硬派モデル)

始まりは2009年、ALPINAは20年振りにモータースポーツの世界へ復活した。
その為のコンペティションマシンとして、E63型6シリーズをベースとしたB6GT3を開発。
B6GT3で、華麗なる且つ圧倒的な強さを発揮し、ADAC・GTマスターズを制覇しました。
制覇・チャンピオンシップを獲得、この歴史的な快挙を記念しB3GT3が誕生しました。

B3GT3、世界初公開の舞台は、2011年の東京モーターショーでお披露目されました。
先ずはエクステリ、B3Sビターボ・クーペ以上に刺激的な専用パーツで、カーボンが活用(フロントのスプリッター、リアウイング)され、「GT3クラシック」と呼ばれるフィンタイプ19インチ径の鍛造アルミニウム製ホイール、アクラポビッチ製のチタンマフラー等で武装しております。
(GT3クラシックは、従来の同サイズホイールと比較して、約25%の軽量化を実現した)

サスペンション・ユニットもB3GT3の為のスペシャルで、オンロード用とサーキット用に、メカニカルで車高調整および減衰力調整が可能なシステムとなります。
ブレーキは、ALPINA・ブルーにペイントされたキャリパーで、フロントは6ピストン、リアは4ピストンが採用。
タイヤはミシュラン製のフロント245、リアは265のサイズです。

エンジンは、2979cc仕様の直列6気筒DOHCビターボで、最高出力は410ps/6000rpm、最大トルクは540Nm(55.1kgm)/4500rpmを発揮する。
ミッションはZF製の6速ATで、ALPINAのスウィッチトロニックが組合せられる。
車重が1565kgに抑えられたB3GT3、0→100km/h加速を4.6秒で、最高速度は300km/hを可能とします。

99台の限定車、この中で日本市場に於いては30台が販売されます。
この特別な限定車は、究極のALPINA車として絶賛される事でしょう!

by アル君

B3 BiTurbo Cabrio (E93)

【モデル名:ALPINA B3 Bi Turbo(E93)】
BMW3シリーズ(E93)をベースにした、ALPINAのコンパクトクーペ・カブリオレ。B3は2007年登場のモデル。

ボディ形状は、カブリオ(Cabrio)と呼ばれる2ドアクーペで(カブリオレ・コンバーチブル・オープンスタイル)となる。
エンジンはセダンと同様。
左ハンドル専用で、価格は11,630,000円より。

写真のモデルは、前期型(2007年モデル)になる。


D3 BiTurbo (F30)

【モデル名:ALPINA D3 BiTurbo(F30_D3)】
ALPINAならではのクルマ作り、圧倒的な速さと傑出した快適さ、それらの調和の妙こそがALPINAです。
D3 BiTurboは2013年フランクフルトショーにてデビューされ、圧倒的に高性能かつ上質なディーゼルセダンの誕生です。
ALPINAのディーゼルと云えば、1999年に初めて「5シリーズ」ベースの「D10 BiTurbo」を発表、「3シリーズ」ベースのD3 BiTurboは先代E90ベースに続いて2代目となる。

ALPINA流儀によるエクスクルーシブな外観。
フロント・スポイラーの機能的な形状により、さまざまな冷却モジュールとブレーキ・エアダクトの効率的な空気の流れが実現されています。
リヤ・スポイラー、特に高速走行時の走行安定性を著しく高める優れた空力特性が実現します。
前車軸には軽いダウンフォースがかかり、後車軸にはわずかなリフトしか生じません。

エンジンは排気量3リッターのBMW総アルミ製6気筒をベースとしており、最新型コモンレール式ダイレクト・インジェクション、可変タービンジオメトリー付きシーケンシャル・ツイン・ターボチャージャーなどを備えることにより、多くの卓越した特徴を誇っています。
ピークパワーとトルクは350ps/4000rpmと71.4kgm/1500−3000rpmを発揮する。
71.4kgmの最大トルクは1500rpmで最大値に達するので速く、右足をスロットルペダルに載せたぐらいで吸い込まれるように加速していく。
又、かつてのディーゼルエンジンの様にトップエンドで回転フィーリングが重く渋くなることはなく、ストレスなく滑らかに吹け上がってスムーズに回る。
そして、ディーゼルノイズやバイブレーションも走っている限りまったく感じ取れない。
テクニカル・データは0→100km/h加速を4.6秒で、最高速度(最高巡航速度)は278km/hを可能とします。
付け加えJCO8モード燃費は17.0km/リッター、2015年9月に迫ったユーロ6規制にも適合している。

足回りは締め上げられているというよりラグジュアリーな感じで、それなりに上下動を許す。
但し速度が上がってもその動きが大きくなって煽られるようなことはなく、スタビリティーも高い。
又、ガソリンユニットより重いはずのディーゼルエンジンを積んでいるとは思えない程、ハンドリングはリニアで十分にシャープである。
最新のALPINAモデルは快適方向に振られているのかもしれない。

車両本体価格は977万円。
怒涛のトルクに低燃費、理想的グランドツアラー且つドラマチック・スーパースポーツ・ディーゼルです。

by アル君

B3 BiTurbo Touring (F31)

【モデル名:ALPINA B3 BiTurbo Touring(F31)】
3シリーズF31ベースのB3 BiTurbo Touringは、2013年3月のジュネーブショーで発表されました。
日本ではF30リムジン(955万円〜)とF31ツーリング(1028万円〜)が販売されています。

パワートレインは、335iの直噴直列6気筒ターボ(N55)をベースに、ツインターボに換えたほか、いずれもオリジナルの鍛造クランクシャフト、クランクケース、吸気パイプ、高圧燃料ポンプ、大容量インタークーラー、ステンレス製のエキゾーストパイプといった専用部品を組み込んで“ALPINA化”を施している。
その結果、得られた最高出力は410ps、最大トルクは61.2kgmを発揮する。
こうした高性能化に対応する為、8速ATは5シリーズ用のユニットをベースに改良を加えたものが搭載され、B3ビターボのツーリングは0→100km/h加速が4.3秒で、最高速度は302km/h(リムジンは4.2秒と305km/h)と圧倒的なパフォーマンスです。

シャーシでは、B3では初となるALPINAのアダプティブ・スポーツ・サスペンションが標準装備となった。
電子制御式ダンパーや、専用スプリングとスタビライザーによって構成され、BMW車と同様に「エコ・プロ」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ・プラス」と4つのモードからセッティングを選定できる。
小気味よい走りと快適性を両立しております。

エクステリアは、当然ながらALPINAのアイデンティティーが用いられております。
フロント・スポイラーは控えめながら機能的な形状により、さまざまな冷却モジュールとブレーキ・エアダクトの効率的な空気の流れが実現され、機能面も進化させている。
20インチのALPINA CLASSICCホイール、オーバル形状のマフラーエンドを持つ左右各2本出しのアクラポビッチ製ステンレス・エキゾースト・システム、ブルーに塗装されたキャリパーを持つブレンボ製の高性能ブレーキシSテムが装着され、ALPINAのスポーティ且つラグジュアリー存在感を与えています。

インテリアは、最高品質の天然素材や比類なき高級感が特徴です。
ALPINA専用のドアシル・プレートや、フロアマット、インストルメント・パネル、シートのバックレスト上部を飾るALPINAメタル・エンブレム、手縫いのLAVALINAレザー巻きステアリング・ホイールなどがALPINA独自の雰囲気を作り上げています。

ALPINAの伝統的な手法を頑なまでに伝承し、相変わらず仕上がりの洗練度が高くチューニングカーにありがちな猛々しさを感じない。
B3 BiTurboはALPINAのメーカーとしての、自信の現れです!

by アル君

B5 (E60)

【モデル名:ALPINA B5(E60 B5)】
BMW5シリーズ(E60)をベースにした、ALPINAのフラグシップサルーンです。特徴的なSpecificationのみを記載しておきます:

E60 - B5
エンジン仕様: 510 PS @ 5,500 rpm, 71.4 kg・m @ 4,250 rpm
排気ガス規制に於けるモードエミッション: 294 g/km
最高速度: 314 km/h

E60型B5は、全域トルク発生型ではなく、私の印象では、高回転域でとんでもないトルクを発生する印象があります。実際、カタログのトルクカーブをみると、最近の V8ツインターボのような低速からのトルクは発生していません。先日、美ヶ原高原の方にドライブしましたが、狭い山道のワインディングは得意ではないよう です。やはりアウトバーンを300km/h以上で巡航する方が合っている気がします。高速でアクセルを踏めば、まるで別のエンジンが回りだしたかのごとくに加速します。しかも、静かに。これは人によっては、迫力がないとか、エンジン音がねぇー、と評される方もいらっしゃるかもしれません。でも、静かで馬鹿っ速い車をジェントルに乗る、というスタイルを標榜している(私だけ?)ALPINA乗りとしては、こちらの方が遥か満足です。(ちななみ、最近のAMGのV8は、昔々のアメリカンV8のような排気音で、これはこれで、いいかもしれませんが)。

ALPINAの速度レンジについてお話しましょう。
AMG E55やM5なども同様ですが、それらの速度レンジは日本ではありえないですね。300km/h越えの世界、体験できるのは、新幹線くらいでしょうか(笑)。でも、そうした車をDriveする満足感が、”ALPINAの魅力”につながっている気がします。

何を基準に車を選ぶかについて考えてみると、私の場合、結構重要 な要素は、1)スタイリング、2)動力性能(加速指標、最高速度指標)、3)静粛性、4)ハンドリング、などです。B5は、このいずれの要素でも、最高点かというと、いろいろありますが、私の中では、E60/B5が、どれも高得点でした。E60型B5に行き着いた経緯をお話します。まずは、ベースがBMWであることから出発してました。BMWの始まりはE39 540iからでした。結構乗りまして8万km位乗ったと思いますが、E60が記事に出て、スタイリングがピピンと来てしまい、E60型545iに。そして、それからE60 型を3台も乗り継ぐことに…当時、初の試みであったアクティブ・ステアリングには、仰天しました。いろいろ賛否両論ある中、私はすごく気 に入ってしまいました。中速までは、実にQuickで、これが違和感になっていたと思いますが、慣れると超便利。まるでゴーカートのようでもあり、ワイン ディングが面白いし超楽。また、車庫入れも超楽。まあ、話はALPINAから横道にそれてしまいましたが、まずはベースが、超大好きに…この後、550が 出始めて、Engine Power/Torqueが上がったため、移行。走行しているうちに試乗会があり、M5, B5それぞれに乗る機会が…これが、また、B5に移るきっかけに。それまで、ベースのE60でも結構気に入っていたものが、アクティブス テアリングがないことに後ろ髪を引かれましたが、B5の圧倒的なPower / Torqueのパフォーマンスで吹っ飛び、ついに、E60 B5に、という経緯でした。紆余曲折(それほど、行ったり来たりじゃないかもしれませんが)の後、”(すごろくの)上がり”の選択に行き着いてしまいました。E60型からF10型に移行した現在、F10のB5も気になるかと思いきや、実はE60型B5の方が、まだまだ行ける、なんて感じています。まさに上がりの選択ですね。 あ と、MとALPINAでALPINAを選んだ理由は、Mは排気音が豪快で、頼もしいのですが、私は静かで早い車が好きなもので、どうしてもMは選択肢に 乗ってこないのです。多分、サーキットを楽しむのであれば、Mの方が楽しいと思います。

次の話財は、クラフトマンシップ。ヨーロッパには未だに超精密機械式腕時計を作るマイスターがいっぱい活躍していると 聞きます。これらと共通する、超精密な加工、組立を、熟練マイスターが一台一台作り上げるフル・オーダーシステムをとっている。そのため、それぞれ一台一 台に、通し番号がふられていますよね。コンソールの上部にそれらが、貼られています。単なる順番としての番号というより、多分、それぞれの車が、世界で1 台しかない、ということを証明しているようなものでしょうね。

さて、続きでインテリア周りと、ステアリングです。ドアのアームレストなどには、アルピナのステッチが入っていますし、ステアリングもそうです ね。こうしたところにも、細かいこだわりがあるのでしょうね。さらに、ステアリングには、+と−の表示がさりげなく、ステッチされています。これが、実 は、スイッチトロニック、ですね。初めて、アルピナに触れた頃は、なんのことかわかりませんでした(笑)。ステアリングの裏にエンベッドされた、シフトダ ウン、アップのスイッチは、ステアリングから全く手を離さずに、マニュアル・シフトを可能にしてくれます。Dレンジでは、このマニュアル・シフトを利用し ても、数秒たつと、通常のDレンジ操作に戻ってくれますし、Sレンジでは、そのまま、本来のフル・マニュアル・シフトに移行できる。このあたりのUser Interfaceは、大変使いやすいです。山岳路など、ちょっとしたワインディングを走る際にに、このスイッチトロニックは、他車で採用しているレバー タイプのシフト操作より、明らかに優れていると思います。

>2012/6
E60型B5をOwnすることになってから、3年程ですが、若輩ながらE60 B5を中心としたImpressionを投稿させて頂きます。他にもALPINAは、 いろいろなモデルがあるし、年代を遡っても、はたまた、新世代のALPINAも、それぞれの時代での魅力があると思います。ですので、是非、興味を持たれていらっしゃる方、これからALPINA Worldに入られる方、計画を練っている方、もちろん、それぞれのOwnerの方、いろいろなお話できればうれしいです。

by アルピナ君

D5 (F10)

【モデル名:ALPINA D5 Turbo(F10)】
D3に続いて、日本市場の為に特別に開発されたディーゼルエンジンを搭載するD5 Turboが投入されました。

3Lの直列6気筒エンジンは、コモンレール・ダイレクト・インジェクションと可変タービン付きターボチャージャーを組み合わせる。
最大トルクは61.2kgmに達し、最高出力は280psを獲得、圧倒的な力強さが得られる。
更には、B5 BiTurboから引き継がれた排気システムにより、ディーゼルでありながら高回転域では驚くほど刺激的なサウンドを響かせます。
アクセルを踏み続けば一気に5000rpmを超えるまで吹き上がり、ディーゼルエンジンとは気づかない滑らかで力強い走りを実現している。
それでいてすぐれた燃費です。

エクステリアには当然ながらALPINA流儀のエアロパーツやストライブ、20インチのタイヤ&CLASSICホイールは勿論、インテリアも同様です。
トランスミッションは8速スポーツATとなり、ALPINA独自のスイッチトロニックを組み合わせている。

サスペンションにはダンパーの減衰力を連続可変制御するダイナミック・ダンピング・コントロールを組み合わせる。
コストを惜しまず高精度で生産されており、その動きはスムーズそのもで軽快な走りです。

ALPINAとディーゼルはイメージが一致しない様に思えるが、BMWより先駆け日本にディーゼルエンジンを導入(D3)。
ALPINAのディーゼル、エンジン特性はスポーティです。

D5 TurboはALPINAマジックにより、至高のエレガンスに秘められた驚異のエフィシェンシーです!

by アル君

B6 (E63)

【モデル名:ALPINA B6(E63_B6)】
ALPINAの、性能と豪華さが日常生活における高い実用性と結びついた、新たな可能性をもつ真のマシンB6(E63)が2005年9月に登場です。
ALPINAにはクーペの伝統がある。
欧州のレースシーンを圧倒した3.0CSL、ターボを採用した6シリーズベースのB7ターボ クーペ、300km/hの最高速を誇る8シリーズベースのB12 5.7クーペ。
そして、その伝統をB6クーペが引継ぐ!

当時はALPINAラインナップの中、最もラグジュアリーでスポーティな演出です。
エクステリアのエアロパーツはデザイン的には控えめだが、単なるアクセサリーでは無く優れた空気力学的な効果を生み出し、ボディに発生する揚力を抑える。
それだけに、高速域になるほど直進時の安定性が向上します。
スタイルは抜群!!!

インテリアのウッド・トリムはElmと呼ぶALPINA専用仕様であり、深みのある艶やかさをたたえる。
ステアリングは5シリーズ用だが、リム部は形状を含めALPINA専用デザインです。
又、スポークとリムの接合部の裏側にはスイッチ(スイッチトロニック)が装着され、それを押す事で6速ATをマニュアル操作できる。
セレクターの手前にはEDC用の切替スイッチを装備。
メーターもALPINA専用デザインです。

ALPINAデザインのダコタ・レザー・インテリアとスポーツ・シート。
例によってシリアルナンバーが刻まれた銀メッキ仕上げのプロダクションプレートが天井の前方に装備される。
タイヤはミシュランのパイロット・スポーツ2を装備。

搭載するエンジンは、4400ccのV型8気筒エンジンにASA社製のラジアル・コンプレッサー(スーパーチャージャー)を組合せ510psのパワーを獲得。
当時のM5、M6がV10エンジンを引っ提げて登場したのとは実に対象的である。
「Mは低速は要らない考え方だからV10でも良いが、基本的にV10とATの組合せは振動の問題で無理があるから、ALPINAの方法はセダン系の大パワーに対する方向性だと思います。
バルブトロニックは高回転には向かないが、逆に此のバルブトロニックの御蔭でタービンタイプのスーパーチャージャーにより、効率の良さを実現化されている。

ALPINAが採用したスーパーチャージャーはASA社製のラジアル・コンプレッサーであり、最大で15万rpmを許容する。
それだけに、高回転域で高い過給圧が獲得できる余力を持っている。
アクセルを踏み込むとDレンジのままでもレブリミットまで一気に吹き上がる。
だが、エアコンのコンプレッサーぐらいの大きさがあるスーパーチャージャーや過給された空気を冷却して密度を高め充填効率を向上させる大型のインタークーラーを装備する為、フロント回りの重量増加は避けられない様だ。
その為、前後重量配分は53対47になる。
FRとしては優れた配分だが、残念ながら50対50にはなっていない。

ところが、フロントヘビーな印象は全く感じない。
さすがに、ステアリングをズバッと切り込んで一気に向きを変えるといった操作には追従しないが、そもそもそうした走りはALPINAには似合わない。
上質な本革を硬く細めに巻いたステアリングに軽く手を添えて、コーナーの曲がり具合に合わせてスーッとステアリングに与える舵角を増やすと、操作に合わせてB6の長いノーズが以外なほど軽快に向きを変えてくれる。
実はこうしたステアリング操作に対する応答性の気持ち良さは、ALPINAが伝統的にもたらしてくれる特徴です!

情熱の内側に秘められたALPINAの高度な技術!!!

by アル君


B6S (E63)

【モデル名:ALPINA B6S(E63_B6)】
 BMW6シリーズ(E63)をベースにした、ラグジュアリークーペのトップモデル、B6は2005年9月に発表されました。

〈B6の特徴〉
ビッグサイズの2ドアクーペとしての優雅さにスポーティ&ラグジュアリーの雰囲気を兼ね備えたB6クーペである。カブリオレ設定もあり。
型式名E63のBMW 6シリーズをベースとしたV型8気筒4.4Lガソリンエンジンにメカニカル駆動のラジアル・コンプレッサーのスーパーチャージャーを追加。2500rpmから200PSを発生し、5500rpmでトップパワーの510PSを出力しています。
駆動系には、ZF製6速ATが強大なパワーを受け止め、20インチALPINAホイールにミシュランの大径タイヤ(F255/35 ZR20、R285/30 ZR20)がFR駆動で路面に伝えます。
インテリアは、ALPINAお馴染のウッドパネルとレザー張りに加え、3本スポークステアリング(SWITCH-TRONIC)、HDDナビゲーション・システム、盗難防止装置、クラッシュ・センサー付きセントラル・ロッキング・システム、DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)を標準装備。
価格は1995万円から2387万円まで。


B6 GT3 (E63)

【モデル名:ALPINA B6 GT3(E63)】
ALPINAがモータースポーツから撤退して20年振りに戻ってきた。
それが、巨大なウイングが特徴的なB6 GT3です。
(FIA・GT3選手権に参戦するために開発されたレース専用車)

佇まいは、B6(E63)をベースに、思い切り低いエアダムスカートや大きく張り出したホイールアーチ、並外れて巨大なウイングがGT3レーサーを醸し出す。
ホイールアーチにおさまるミシュラン製のタイヤは、F300/65・18、R310/71・18です。
アルミホイールはアルピナの伝統、20本スポークが装着される。
ステアリングとシートにはアジャストが残されており、快適なドライビング・ポジションにするのは簡単だが、実際にはシート位置がB6(E63)よりも後方なので、一見では前方のボンネットが大きく遠くに見える。

B6 GT3のエンジンは、ロードゴーイングバージョンのB6(V8 スーパーチャージド 4398cc)からの変更が全く施されていない。
ノーマルでも最高出力530ps/5500rpmで最大トルク74.0kgm/4750rpmなのだから、戦闘力は充分です。
エンジン・サウンドは基本的には、V8特有の低音ではあるものの、より硬質な精密感を感じさせられる。

トランスミッションは変更されており、油圧式のパドルで操作する本格的なシーケンシャル6段式を採用している。
発進時にはクラッチ操作を要するが、その後のギヤシフトにクラッチ操作は不要である。
更にこのシステムは、シフトダウンでオーバーレブを起こしてエンジンを損傷しない様、パドルを操作しても無視する安全機構もあり、ドライバーには優しく有難いです。

ボディパーツにはカーボンファイバーを採用し、ノーマルのロードカーに比べて400kgの軽量化を実現化した。
スパルタンな容貌だが、懐の深い扱い易さを兼ねるのは、ALPINAですネ!

by アル君

B6 (F13)

【モデル名:ALPINA B6 BiTurbo Coupe(F13)】
BMW6シリーズ(F13)をベースに、スポーティネスとエレガンスを完璧なる融合させた、B6は2011年12月に登場。
2012年4月には、スーパー・スペック仕様が登場。

ALPINAラインナップの中、最もラグジュアリーでスポーティな演出し、秘めたる高性能ぶりを隠していないモデルです。
エクステリアのディテールは、フロント・スポイラーの下にはレーシーなカーボン・ファイバ−製のリップ・スポイラーを追加。
リア下部には、ディフューザーを装備し揚力を低減。
4本出しテール・ピースのマフラーは、モータースポーツの世界では著名なブランドであるアクラポビッチ製の高強度チタン・エキゾースト・システムを採用。
此のエキゾースト・システムは、低く響きの良いサウンドスケープ(音景)を生み出します。
又、力強くスポーティーでありながら、インテリジェントに操作できるエキゾースト・フラップにより騒々しいということは全くありません。
ドライバーは、ドライブ・エクスペリエンス・ボタンで素晴らしいサウンド効果を体験できます。

エンジンは、B7(F01)やB5(F10)と同様に4.4LのV型8気筒がベースとなる。
Vバンクの間には2基のターボチャージャーが配置され、ハネウェル・ギャレット社との共同開発によりタービンを大型化。
コンプレッサーのインペラを変更し過給効率を向上させ、燃焼温度の上昇対応にALPINAエンジン定番のマーレ社と共同開発した専用ピストンを採用。
エンジンの制御も独自であり、トルクが二次曲線的に盛り上がり、刺激の度合いが一段と高まる。
結果、最高出力550ps(405KW)と最大トルク74.4kgm(730Nm)を発揮する。
性能データーでは0→100km/h加速を4.3秒、巡航最高速度は320km/hです。

乗り心地は、驚くほど洗練度の高さを獲得している。
ダンパーの減衰力を連続可変制御するダイナミック・ダンピング・コントロールを装備。
此の装備により、エンジンの応答性、8速ATのシフト制御、電動パワーステアリングの手応え、DSCの設定と統合され、走行モードの制御が可能となる。

洗練を極めた走りはALPINA本来の価値だが、B6ならではの刺激も存分に楽しめる。
スポーツ性とパフォーマンスに於いて、ALPINAの世界で頂点に立つものです!

by アル君

B7 (E65)

【モデル名:ALPINA B7(E65_B7)】
 BMW7シリーズ(E65)をベースにした、ALPINAのフラグシップサルーンとして、B7は2003年10月に発表されました。

〈B7の特徴〉
 搭載されるエンジンは、ベースとなる745iの4398ccバルブトロニックV8。
排気量はそのままALPINA自製のコンロッド、鍛造クランクシャフト、不等長マニフォールド付き排気システムを装着し、ノーチラス型スーパーチャージャーの過給(最大0.8bar)により、ベースユニットの50%増にあたる最高出力500ps(368KW)/5500rpmを発生する。
最大トルクも56%増の71.4mkg(700Nm)/4250rpmに達する。
 フラットトルクの極致、速さを感じさせないスーパーチャージドV8。
バルブトロニックと過給機の組合せは初の試みで、バルブ開度とブースト圧を緻密に調整している。
 その結果、ALPINA・BMWロードカー史上最速のデータは、単調とすら言いたくなる展開の中で記録された。
 又、自動車の最高速度を計測するイタリアのナルド・テスト・コースにて、B7は最高速度325km/hという驚異的な数字を叩き出しました(ドイツの自動車専門誌『auto motor und sport』調べ)。
[325km/hの衝撃! 世界最速リムジン!]

 変速機は、ZF社の6速ATを基本に、ステアリング上のスイッチによる容易なマニュアル・シフトを可能とした、ALPINAのアイデンティティといえる、スイッチトロニック機構を組み合わせた。
増大されたトルクに対応すべく、強化されると供に冷却フィン付きアルミ製のオイルパンを採用、最終減速比の変更等に手が加えられている。

 足回りは、フロントスプリングのみALPINA専用で、その他は純正品を流用している。
前後スタビライザーは欧州仕様745iスポーツ要を、リアサスペンションは745Li用エアサスペンションを採用し、フロントダンパーは745i用のままです。
 ブレーキシステムは、前後ブレーキディスクとキャリパーを欧州仕様760Li用(大容量)に換えている。
ブレーキのキャパシティも十分である。

 エクステリアには、ALPINA自身が掲げる「フォーム・フォローズ・ファンクション(機能のための形状)」というコンセプトを具体化し、控えめであるものの確実な性能向上を果たすモディファイが行われている。
前後のスポイラーは高速走行時のリフト量を低減させ、冷却性も確実な効果を発揮している。
 ホイールはCLASSICホイール、20本スポーク・デザインの21インチ径。
ミシュラン製タイヤのサイズは、フロントに245/35R21、リヤに285/30R21となっている。
 キャビンの仕上げは、まさに高品質の極みといった印象。
その贅沢な空間に身を委ねることも、ALPINAというブランドを選択する大きな理由となる。

〈B7のインプレッション〉
「‘上質・上品’である」
 全てに渡り、ぜんぜん威圧的なところが無く、‘上質・上品’である。
500psのエンジン、アクセルをドンと踏んでも驚かさせる事なく、スムーズに超高速域まで引っ張っていく。
但し、踏み込めば、高回転域では爆発的に回る怒涛の加速が体感できます。
路面の状況悪いとDSCが介入するし、リアの太いタイヤを簡単にホイールスピンさせる500psの実感を味わえます。
 スーパーチャージャーのメカニカルノイズが少なく、アクセル開度以上のパワーとトルクが体感でき、それでいて平然としていられる。
どこからでも加速する、スーパーチャージャーの効果は大きい。

 足が良い。実はこれがALPINAをもっとも実感させる部分です。
どの領域でもダンパーがガツンとは絶対に動かない。ちゃんとストロークするから、しなやかです。
このセットアップ能力の高さ、ダンパー性能は世界最高峰です。

 エンジン・サウンド音は敢えて静かで、それでもV8独得のビートはハッキリ認識でき、この加減が上手い演出です。
マフラーに関して、このB7は片側出しテールエンドを採用しています。
これは、全てのシリンダーからの排気が同じ強さで共鳴するようパイピングをまとめることで、倍音成分が増加し、より官能的なサウンドを発揮させております。
又、フラーの出口の一つに可変式バルブが付いており、ALPINAの拘りを感じます。

 まさに‘上質500ps’。このパワーに対し、質の高い足を持つ。
さすがは「ALPINAマジック」と謳われるだけの世界観です!

by アル君


B7 (F01)

【モデル名:ALPINA B7 BiTurbo(F01_B7)】
BMW7シリーズ(F01)をベースに、より鋭くパフォーマンスに磨きをかけたB7は2009年7月デビューしました。

〈さらなる極上。高品質の極み〉
トータルバランス、ALPINAが最も大切にする哲学。
闇雲にパワーを追求せず、より奥深い神秘的な違いをいつの時代も表現し、他を寄せ付けない極上のオーラが秘められた、4世代目となるフラグシップサルーンです。

内外装の設えはいつもながらのALPINA流儀、「フォーム・フォローズ・ファンクション(機能のための形状)」というコンセプト通りです。
控えめながらも3割増のダウンフォースを確保するエフェクトパーツ、ブルー地にレッドのアローを持つメーター類、エレガントなウッドパネルは北米産の月桂樹(ミルテ)を使用する。
385mmという若干小径ステアリングの裏には、6速ATのマニュアルコントロール用スイッチ(スイッチトロニック)が配されている。
ホイールは新デザイン「ALPINA CLASSIC(StylingV)」の21インチ径。
タイヤはミシュラン製でサイズは、前245/35R21、後285/30R21の太さはグリップに貢献。

エンジン、BMWから出荷されるベースから十分にスポーティなキャラクターが演出されているが、ALPINA独自のエンジニアリングはクラフトマンシップが魂を込め緻密に組み上げ、その魅力を更に高めている。
ベースは4.4LのV型8気筒ビターボ・エンジン、ALPINAは各バンクに備わるターボチャージャーをハネウェル・ギヤレットと共同開発し、タービン径は44mmまで拡大されている。
圧縮比は9.2、最大過給圧は1バールと、当時ALPINA史上でも屈指のハイパワーユニットである。
水冷と空冷で、合計3個が用いられるインタークーラーのシステムもALPINA独自で、吸気温度はオリジナルBMWと比較して35%の低下が実現されている。
近年のALPINAはアクセル踏む量が少ない領域での力強い立ち上がりを意図的に抑え、72.9kgmもの最大トルクを持て余す事は無い。
これは、究極のフラグシップサルーンに相応しい上質感ある走り、アクセル操作に対する余計な気遣いをさせない配慮です。
そして、アクセルを踏み込むと、ALPINA独自のエンジン制御プログラムにより、高回転域でのトルク落ち込みを抑えパワーの伸びに勢いを感じる。
高回転域では頭打ちがなく6500rpmあたりまではパワーが充実しており、ボリュームを抑えながらも高密度で乾いたビートを刻む。
この一直線に上昇するパワー特性は、ALPINA最大の特徴です。
最高出力382kW/520PS(回転数5500rpm)、最大トルク715Nm/72.9kgm(回転数3000-4750rpm)

しなやか・・・最大の要因はサスペンションのチューニングにある。
21インチの大径タイヤを平然と装着しているが、尖った突き上げや強い横ゲインといった不快な要素が見当たらない。
前はALPINA専用スプリング、後のエアスプリングはレートを上げ、車高は前15mm、後10mm落とされているものの、ピッチングの量は実に小さく抑えられている。
大径タイヤを見事に履きこなす技、老練のエンジニアが手塩に掛けて磨いている賜物です。

過激な主張をする時代に、まさに大人の理論を提言する。
ALPINAがALPINAたる由縁、B7 BiTurboは極上・高品質の極みです!

by アル君


B9 (E24)

【モデル名:ALPINA B9 3.5Coupe(E24)】
「ALPINAの快感と大人の知性が共存したクーペ」、6シリーズ(E24)をベースとしたB9 3.5Coupeの登場です。

逆スラントのノーズを、最も美しい造形で実現しているのはE24型6シリーズです。
空力的な事を考慮すれば不利なフェイスデザインも、美しく睨みのきいた力強いルックスには圧倒的に魅了されます。
細かく繊細なピラーデザイン、低いトランクデッキ等、クーペを美しく見せる手法が盛り沢山で素敵過ぎです。

搭載されるエンジンは、徹底的なメカニカルチューニングが施されたSOHCの直6ユニット。
89mmのボアを92mmに拡大、9.0の圧縮比は10.2まで高められ、280度のオーバーラップを持つ専用のカムシャフトにより、チューニングユニットらしい回す程にイキイキとしたフィーリングを得ています。
又、ハイカムと組合せで、ベースモデルの180psに対して245psを絞り出す。
「ALPINAらしい繊細なフィーリングを味わえます」

それにしてもB9 3.5Coupe、走らせる楽しさは抜群です。
手前に突き出した380mm径のステアリングを握り、いかにもスロットルバルブに直結された感触のアクセルを踏む。
フロント53に対してリアが47と、理想に近い重量バランスのボディは、ビルシュタインのガス式ショックアプソーバーによって支えられ、フラットな姿勢のまま思いのままに向きを変える。
そして、意図的に演出されていない、心に響くようなエキゾーストノートです。
「この感触は素晴らしいです」

逆スラント時代のALPINAしかない快感と、大人の知性が共存したクーペです!
「世界一!美しいクーペ!!!」

by アル君


B10 (E34)

【モデル名:ALPINA B10 3.5/1(E34_B10)】
BMW5シリーズ(E34)をベースにした、最後のビックシックスを積むALPINA。
生産期間は1988年4月〜1992年12月。

ボディ剛性を高め、デザインも洗練されたE34ベースのB10は、ALPINAが高いクオリティで仕上げました。
スモールシックスと比較すれば重いフィーリングの直6も、ALPINA流儀のファインチューンにより、アクセルを開ければ繊細な鋭さで活気付いております。
エグゾーストサウンドは、BMWが特有とする重厚なものより、回転を上げれば乾いた心地良いものへと変わる。
これも「ALPINAマジック」と云われるものです。
エンジンは直6SOHCで、最高出力258馬力を発揮します。

インテリアもALPINAらしいモディファイが施されており、乗車する嬉しさを高めております。
エクステリアもフロントスポイラーと共にリファインされた繊細なデコラインにより、新世代ALPINAの幕開けとなりました。
ホイールもセンターハブにカバーが付き、よりスポークが長くなり、気品を増したデザインに進化しました。
乗り心地も適度に硬められ、ジェントルなスポーティさには魅了されます。

ALPINAのフィールを感じるB10には魅了されます。

by なな男@B10



B10 BiTurbo (E34)

【モデル名:ALPINA B10 BiTurbo(E34_B10 BiTurbo)】
ALPINAのイメージリーダーとして君臨したスーパーサルーンであるB10 BiTurboの登場です。
1988年から市販車の生産に専念したALPINAが求めたのは強力なイメージリーダー、此の使命を背負ってALPINAの高い技術力をアピールしました。
生産台数は507台。
製造期間は1989年8月〜1994年3月。

ビッグシックスの排気量は其のままに、ギャレット製のT25タービンをツインで装着。
シングルターボより低い回転域から豊かなトルクが湧き出し、そのままトップエンドまで維持する事によって無理のない高出力化を実現している。
パワースペックは最高出力370ps/6000rpm、最大トルク53.0kgm/4000rpmを発揮し直6ユニットとしては強烈で、その走りは異次元の世界です。
ボディ空力特性の追及も含め、最高速度290km/hをマークする。
重量のあるE34のボディ、走り始めの一転がりは揺ったりとした感触だが、そこから一瞬にして豪快な力強さに満たされていく。
強靭なボディによるカタマリ感と暴力的な加速は、此のB10 BiTurboが持つ個性的な乗り味。
乗り易く、恐ろしく速いと云うキャラクターはゲトラーク製MTさえ操れば誰でも乗りこなせる反面、あっけなく非日常的な速度まで加速していく。
強化されているクラッチは極端な重さでは無く、ミートに気を使う事も無い。

ガーリング製の4ピストンキャリパーを備えるフロントのベンチレーテッド・ディスクブレーキは強力で、一気に減速させ又リアブレーキとのバランスが取れ、荷重移動に対して過剰な反応を示さないため挙動が乱れる心配はない。
フロントにビルシュタインのガスショック、リアにオートレベライザーを組み合わせたサスペンションは、ステアリング操作に合わせて適度にボディをロールをさせながらリニアリティが実感できる。

インテリアは内張りやステアリングコラム下などにも、天然のウッドが用いられたパネルが配置する。
MTながらクルーズコントロールが装備され、超高速クルーザーの性格を表している。
メーターの下部には吸気圧や油温などを表示するデジタルコクピット・インジゲーター、センターコンソールには電気式のブーストコントローラーが備わり、スペシャル感が詰まっています。
前席にはレカロの電動スポーツシートが採用され、ワインディンクでは乗員のホールドに多大な威力を発揮する形状である。

近代のALPINAは上品かつ繊細なチューニングが魅力。
B10 BiTurboは尖ったチューニングで、ダイレクトな感覚やコントロールする楽しみがあり今より濃厚で刺激的です。
それでいて、乗り心地が極めてしなやかであり、静観性はベース535iにさえ勝るほど、ALPINAの洗練された世界を思い知るでしょう。

by アル君


B10 3.2 (E39)

【モデル名:ALPINA B10 3.2(E39)】
ベストバランス・ミディアムの誉れ高い、5シリーズ(E39)をベースとしたB10 3.2の登場。
製造年月は1997.8〜1998.12。

当時はより大きく・安楽・ラクシュリーにと、ドライビングの楽しさよりも、洗練度の高さや快適性を重視する傾向の中、ALPINAの原点・生来復帰を狙ったモデルです。
意のままに操れて、しかも気持ち良いドライビング・プレジャーを実感。

B10 3.2のノーズに納まるのは、そのネーミング通り3.2Lユニット、伝統の‘ライトシックス’6気筒です。
86.4×89.6mmのボア・ストロークによる3152cc、DOHC4バルブのヘッドデザイン、10.5の圧縮比、SIEMENS DME MS41.1エンジンマネジメント・システムのスペックを持ち、260ps/5900rpmのパワーと33.6kgm/4300rpmのトルクを生み出す。
スムーズさの中にも機会としての鼓動や息遣いを残すストレートシックスならではの味わいは、やはり何物にも代えがたいです。
特に際立つのは、その圧倒的なトルク感で、基本的にはフラットで下から上まで使い易い、また着実に切れ味の鋭さを増していくダイレクトな刺激もあります。
もちろんフリクションの増加を全く感じさせない軽快な吹け上がりもALPINAの名に恥じないもので、高回転域に達してもノイズや振動の高まりを一向に意識させないバランスの良さを誇る。
走行性能は0→100km/h加速を6.5秒で、最高速度は260km/h以上を可能とします。

このモデルにALPINA自慢のスイッチトロニックの設定はないが、5速マニュアルを駆使しての走りは軽快で心地良い。
上質の木目を配したインテリアもALPINAの魅力。
又、シートには青と緑のALPINA・ラインが走る。
ALPINA流儀のエクステリア、独自の前傾姿勢や超扁平極太タイヤによる佇まい。

ベストバランス・ミディアム!!!

by アル君


B10 V8 (E39)

【モデル名:ALPINA B10 V8(E39_B10 V8)】
BMW5シリーズ(E39)をベースに540iのユニットをチューンしたB10 V8です。
生産期間は前期1997年1月〜1998年8月、後期1998年9月〜2002年9月。

5シリーズ(E39)のボディでスポーツ性も十分に発揮しながら、高級セダンらしいしなやかな乗り味はALPINAです。
18インチホイールを履いてタイヤはフロントに235/40ZRとリヤに265/35ZR、更にはノーマルより20mmほど低くセットされても、ソフトながらステアリングの動きに繊細に反応し俊敏な走行はお見事です。
エクステリアは、フロントスポイラーがE39の穏やかなフェイスを引き締め、リアスポイラーがイメージを強めております。

此のモデルよりB10の排気量は全て4600ccとなり、トランクリッドのエンブレムは「B10 V8」とシンプルになる。
4600ccV8エンジンは、ミリグラム単位での微調整を施し、マーレ製のピストン、ボッシュ・モトロニック、エミテック・メタル・キャタライザー等々の採用をしている。
スペックは、最高出力347ps/5700rpm、最大トルク48.9kgm/3800rpmを発揮する。
性能データーでは0→100km/h加速を5.9秒で、最高速度は275km/hを可能とします。
あくまでジェントルながら、踏むと怒涛の加速力を見せつけます。

キャビンは、ベースのE39がよりラグジャリー志向を強めたので、ALPINAの出番は少ないが、それでもALPINA流儀は健在です。

直6以上にスムーズなALPINAのV8に、しなやかでストロークの豊かなサスペンションのALPINA足を融合したB10 V8。
ALPINA味濃厚なB10 V8は素晴らしいです!

by アル君


B11 3.5 (E32)

【モデル名:ALPINA B11 3.5(E32_B11)】
11番目のALPINAとして登場したB11 3.5です。
初めて7シリーズ(E32)をベースに昇華したALPINAモデル。
製造期間は1987年1月〜1993年12月。

エクステリアに於いて、強く印象づけるのはオリジナルより2インチも径が大きいALPINAパターンの軽合金ホイールである。
フロントが8.5J、リアは10Jもあり、そこにミシュランの超偏平タイヤMXX(235/45ZR17と255/45ZR17)が組み合わさられる。
ALPINAは之までタイヤはすべてピレリーを使用していたが、此の時代よりミシュランへ変更となりました。
ボディ・サイドにはデコレーションラインがあり、大型のフロント・スボイラー効果的に装着される。

サスペンションは、ベースを基本的にフロントはダブルジョイント付きのマクファーソン・ストラット、リアはセミ・トレーリングアームの独立懸架であるが、ノーマルより25%ハードなセッティングを持つビルシュタインのドカルボン・タイプのダンパー及び短く固められたスポーツコイルによって、フロントで約20mm、リアでは約10mmほど低くセットされている。
このフロント下がりのサスペンション・セッティングはALPINAの特徴でもあり、ワイドなタイヤを使用する事によって過度のアンダーステアを弱める働きと、視覚的にも精悍な印象を与える。
従来からALPINAは他のチューナーとは異なるサスペンション・チューニングを行なっていた。
其れは単にコーナリング性能を高めるために乗り心地を犠牲にすることはなく、適当な粘り感を上手く残した優れものです。

前ヒンジのボンネットを開くと、ALPINAがチューニングしカムカバーが美しく塗装された、3.5リッターSOHC直列6気筒エンジンが見えます。
軽合金シリンダーヘッドの燃焼室は半球形に加工され、排気量は其のままにしてフリクションの少ないマーレー製のスペシャル軽量ピストンを組み込む。
この為にコンロッドは8ミリ長いものが採用された。
圧縮比はオリジナルの9.0から9.8に変わり、ここにより多くの混合気を送り込むために、カムシャフトはリフトの大きいものへ変更され、同時にアウトレット・バルブの径も1mmミリ大きくなった。
キャタライザーの組み込まれたエキゾーストシステムも、抵拡のできるだけ抵抗の少ないものへと変わっています。
ボッシュ・モトロニック・システムも、ALPINAのエンジン特性に合わせてプログラムは当然ながら変更されています。
此れら等のチューニングを施し、出力は258psとベ−スの211psより47ps上回るパワーを得ました。
又、徹底したバランス取りは当然として、吸排気効率を高めるために、シリンダーヘッドそしてマニホールドのポート壁面が美しく研摩されています。
排気量を拡大しないでパワーアップさせるには、細部まで丹念に仕上げ、各部分から少しずつパワーを引き出すしか方法は無く、ALPINAならではの技法となります。
只、そのぶん多大な人手を要するので、価格は高くなりますが仕方ない事です。

インテリアは7シリーズ(E32)の装備品は高級且つ充分なので、ALPINAは新しいデザインの4スポーク・ステアリングホイールとストライブの入ったシート等に留めている。

低回転からのトルクは充分に太く、高速巡航中はフラットな乗り心地とノイズの少なさは優れており、直進時における挙動は素晴らしい。
コーナーでは、スポーツカー的なハンドリングです。


フォーマルセダンをスポーツカー感覚で乗るには最適である。
自分だけのエクスクルーシブカーとして所有する満足感を得られるでしょう。
一人になって、ゆったりとくつろげる空間を満喫できるB11は、そんなエグゼクティブにぴったりの1台です。

by アル君


B12 5.0 V12 (E31)

【モデル名:ALPINA B12 5.0クーペ(E31_B12)】
8シリーズ(E31_850i)の華麗なるフォルムとV12をベースに開発された、グランツーリスモのB12 5.0クーペの登場です。
ALPINAの製造工程として、ホワイトボディを含む必要なパーツのみBMWより入手し仕立てており、仕上がりは高品質です。
世界限定97台、日本での正規販売は10台と云うレアモデル。
製造期間は1990年6月〜1994年5月。

エクステリアは、控え目ながら、ノーズの下にはエアロダイナミクス効果を発揮するフロントスボイラーが与えられている。
インテリアはシックに装われ、ALPINAのコーポレートカラーであるブルーとグリーンのストライプがアクセントとるWALK NAPPAレザーでシートは仕立てられる。
ステアリングは、3本スポークのスポーツステアリングが標準で装備される。
ステアリングを握るだけで自分(ALPINA)ワールドが完結するとでも言おうか、独自の充実感に満たされてしまう。

エンジンは4988ccのV型12気筒を搭載する。
ベース・850iの300ps対し、ALPINAがチューニングにより排気量は同じで360psと47.9kgmを得ている。
V12はフラットなトルク特性を持ち、街中をゆったりとしたスピードで走っても良し、アクセルをグッと踏み込むとシートにグググッと背中が張り付くようなトルク感は素晴らしく、ALPINA社の技術力は確かなものです。
又、ALPINAのテクノロジーが加えられる事でBMW本来のティストが遺憾なく発揮され、頭の中を覚醒して胸のわだかまりを拭い去ってくれるような加速が堪能できる。
しかも、その間にドライバーを緊張させる振る舞いは一切ない。
ステンレススチールのBOYSENエキゾーストシステムが奏でるサウンドも、意識すれば聞こえてくる程度のBGM的なボリュームに抑えられている。

サスペンションは引き締まった設定で、タイヤのプロファイルがスリックタイヤ並みの剛性を伝えるだけに、限界の予知性が犠牲になりがちだが、其の不安は感じられない。
フロント245/40ZR18、リア285/35ZR18と云うスーパーロープロファイルのミシュラン装着にもかかわらず、外乱に対する耐ワンダリング性能はベース・850iより優れ、足の奥深さはALPINAマジックの誉れ通りです。

追記として、ベース・850iの300psというスペックは、敢えて性能を絞り込んだ結果です。
4988ccのV型12気筒の最高出力を必要以上に引き上げる事を、BMWは好まなかった。
パワー競争を加熱さすことが社会環境に反すると考慮し、真摯な態度で自重した訳である。
ALPINAの考えは、頂点に位置するB12は極めて限定されたオーナーに委ねられ、そうしたオーナーは知性と教養を持ち備え、B12を走らせる事に対し社会的な責任が理解できると判断している。

ALPINAの最上級グランツーリスモです!

by アル君


B12 6.0 V12 (E38)

【モデル名:ALPINA B12 6.0(E38_B12)】
BMW7シリーズ(E38)のV型12気筒エンジンをベースに、完全無欠のスーパーリムジンとしてB12 6.0が登場です。
製造期間は1999年7月〜2001年7月。

ALPINAはBMW製V型12気筒5379ccをベースに5646cc(B12 5.7)へ拡大し、更に研ぎ澄ますべくチューンにより排気量を5980ccへと拡大させた。
(ネーミングの6.0は排気量を示す)
施したチューニングは他に、エンジン回転を更に滑らかにする為、より軽量化されたピストンの採用やシリンダーヘッド改良などが徹底して行われている。
其の結果、此のV12エンジンは最高出力440ps/5600rpm、最大トルク61.2kgmを発揮する。
エンジン特性は、スムーズ且つパワフルな二面性を持ち合わせている。
ALPINAによる最後のV12、現世ではB12のような「Huge engine」はあり得ないようです。

環境問題にも積極的に取組み、エレクトニック・プリヒーティング・システム(電気余熱式)付きのキャタライザーを搭載し、エンジン・スタート直後に発生する有害物質を除去する。
素材に排気抵抗の少ないエミテック金属キャタライザーを採用するのもALPINAの証です。

フロントに245/40ZR、リヤに275/35ZRという20インチの超扁平タイヤを装着しているが、素晴らしく見事に履きこなしており、あらゆるシチュエーションに対応した懐の深い足回りのセッティングは最高です。
これぞ、ALPINAの真骨頂といえます。
ハンドリングは軽快な操縦性を示し、スポーツカーとも呼べる操りがいもある。

インテリアはブルーとグリーンのストライプで飾られ、ウッドパネルやシート表皮などはALPINA流儀。
ステアリングホイ−ルには、スイッチトロニック機能も備わる。

7シリーズ(E38)を昇華させたB12、気品とスポーツ性を兼ねた特別な存在感が漂っております。
ALPINAが磨きを掛けた飛びっきり贅沢な超高性能リムジンです!

by アル君


インプレッション募集

アルピナオーナー皆様のインプレッションを募集しております。投稿フォームはこちら


Supported by アル君様、アルピナ君様、hn0725hn様、なな男@B10様、ニコニコ様
/運営者