BMWオーナーの情報交換ならBMW@FUN

モデルラインナップ・形式別一覧


過去から未来まで、モデルラインナップ 形式別 一覧表


シリーズとは

シリーズ内容
2002年に発売されたビーエムダブリューのエントリーモデル「1シリーズ」は、2010年に全世界で100万台超の販売台数となる末弟モデルへと成長。5ドアセダン、3ドアハッチバック(日本未導入)の2タイプ。欧州ではCセグメントのモデルに分類される。
  • セダン:5ドア、3ドア(日本未導入)
コンパクトな2ドアクーペのエントリーモデルとして、2013年に1シリーズから「2シリーズ」として新たに独立させたモデル。
  • クーペ
  • カブリオレ
  • アクティブツアラー
コンパクトセダンとして世界の自動車メーカーのベンチマークとなる「3シリーズ」は、BMWの最多売シリーズとなる主力モデル。セダンとツーリングの2タイプ。欧州ではDセグメントのモデルに分類される。
  • セダン
  • ツーリング
  • グランツーリスモ
ミドルサイズの2ドアクーペとして、2013年に3シリーズから「4シリーズ」として新たに独立させたモデル。
2ドアクーペ、カブリオレのタイプ。4シリーズ独立に伴って、外観も2ドア・スペシャリティカーとして個性的な魅力をアピールする。
  • クーペ:2ドア
  • カブリオレ:2ドア
  • グランクーペ:4ドアクーペ
アッパーミドルクラスのセダンとしてメルセデスEクラスと競う人気のモデルとなる「5シリーズ」である。
4ドアセダン、ツーリング、グランツーリスモのタイプ。欧州ではEセグメントのモデルに分類される。
  • セダン
  • ツーリング
  • グランツーリスモ
最上級のラージクーペモデルが「6シリーズ」である。
4人乗りの2ドアクーペ、カブリオレと4ドア・サッシュレスのグランクーペのタイプ。
  • クーペ:2ドア
  • カブリオレ:2ドア
  • グランクーペ:4ドアクーペ
アッパークラス・ラージセダンとして最上級装備の「7シリーズ」はドライバーズカーでもある。
4ドアセダン、ロングホイールベースのタイプ。欧州ではFセグメントのモデルに分類される。
  • セダン
  • ロングホイールベース
4WDモデルを主軸としたSAV(スポーツ アクティビティ ビークル)が「Xシリーズ」となる。
X1、X3、X4、X5、X6のタイプから選べるクロスオーバーSUVでもある。
オープン2シーターモデルを主軸としたラグジャリーコンパクトなスポーツカーが「Zシリーズ」となる。
先代Z3からZ4へと進化している。


車体番号ルール

車体番号(VINコード:Vehicle Identification Number)

BMW車には、車両識別番号(VIN)というシリアルナンバーがプレートに刻印され車体に固定されています。 VINから、製造メーカー、車種と生産国など様々な意味が含まれています。 VINコードは国際基準で決まっており、17桁で構成されています。

車体番号の表示位置

表示位置は、フロントガラス左下、エンジンルーム右ボディ内側、モニター画面でも確認可。

VINコードの内容詳細

桁目コード:内容
1-3
  • 1桁目:生産国(製造国)
  • 2桁目:メーカー識別コード1
  • 3桁目:メーカー識別コード2
  • WBA:ドイツ・ミュンヘン
  • WBS:ドイツ・モータースポーツ
  • WB1:ドイツ・モータサイクル
  • 4US:アメリカ・スパータンバーグ
  • 5UM:アメリカ・モータースポーツ
  • 5UX:アメリカ・Xシリーズ
  • WMW:ドイツ・Werk Oxford
  • 3AV:メキシコ
  • X4X:ロシア・カリニングラート
  • MMF:タイ
  • NC0:南アフリカ
  • WBX:オーストリア・マグナ・シュタイアー
4-7
  • 車両識別コード
8
  • 安全装置識別(フル装備のBMWにとってはあまり意味が無い)
9
  • チェックデジット(数字チェック項目)
10
  • 製造年コード
11
  • コード:地名(工場)
  • A/F/K:ドイツ・ミュンヘン
  • B/C/D/G:ドイツ・ディンゴルフィン
  • E/J/P:ドイツ・レーゲンスブルグ
  • L:アメリカ・サウスカロライナ(スパータンバーグ)
  • H/N:南アフリカ・プレトリア(ロスリン)
  • V:ドイツ・ライプツィヒ
  • W:オーストリア・グラーツ
  • X/Y/Z:ドイツ・ベルリン
  • R:メキシコ・Toluka
  • S:中国・Shenyang
12-17
  • シリアルナンバー

モデルコード(開発コード)

  • モデルコードの先頭の頭文字の略語「Exx/Fxx/Gxx」は、Entwicklung(ドイツ語)の開発や発展を意味しています。
  • 最新モデルでは、モデルコードの先頭の頭文字の略語「G」は、Futurum(ドイツ語)の未来モデルを意味しています。
  • 頭文字のFやGの後の数字は、開発の順番として、開発コードを表記しています。 ボディ形状の違い(セダンやワゴン、クーペ)を数字で分けています。最近では、ノーマルとMモデルを分けるようになっています。

BMW 型式別・モデル年式(年表)

過去〜現行〜発売予定
先頭は形式番号カッコ内・シリーズ名

形式発売期間シリーズボディ形状
E31968-19772.5, 2.8, 3.0, 3.3セダン
E91969-19752800CS, 3.0CS, 3.0CSLクーペ
E121972-19815セダン
E211975-19833セダン
E231977-19867セダン
E241976-19896クーペ
E261978-1981M1クーペ
E281981-19885セダン
E301982-19913セダン、ツーリング、クーペ、カブリオレ
E311990-19998クーペ
E321986-19947セダン
E341988-19955セダン、ツーリング
E361991-19993セダン
E36/51995-19983コンパクト
E36/71996-2002Z3ロードスター
E36/81998-2002Z3クーペ
E381994-20017セダン
E391996-20035セダン、ツーリング
E46/52000-20043コンパクト
E46/41998-20053セダン
E46/31999-20053ツーリング
E46/21999-20063クーペ
E46/C1999-20063カブリオレ
E522000-2003Z8カブリオレ
E532000-2006X5初代X5 クロスオーバーSUV
E60 E612004-20105E60セダン、E61ツーリング
E632004-20116クーペ
E642004-20116カブリオレ
E652002-20097セダン
E662002-20097ロングホイールベース
E672002-20097セキュリティ強化モデル
E6820067ハイドロジェン7(水素自動車)
E702007-2013X52代目X5 クロスオーバーSUV
E712008-2014X6初代X6 クロスオーバーSUVクーペ
E722009-2014X6アクティブハイブリッド
F812004-20111初代1シリーズ 3ドアセダン(日本未導入)
E822007-20141初代1シリーズ 3ドアクーペ
E832004-2011X3初代X3 クロスオーバーSUV
E842010-2015X1初代X1 クロスオーバーSUV
E852003-2009Z4ロードスター
E862006-2009Z4クーペ
E872004-20111初代1シリーズ 5ドアセダン
E882008-20111カブリオレ
E892009-201XZ4ロードスター
E902005-20123セダン
E912005-20123ツーリング
E922006-20133クーペ
E932007-20133カブリオレ
F012008-20157セダン
F022009-20157ロングホイールベース
F032009-20157セキュリティ強化モデル
F042012-20157アクティブハイブリッド7
F062010-201X6初代グランクーペ(4ドアクーペ)
F072009-201X5初代グランツーリスモ
F102010-20175セダン
F112010-20175ツーリング
F122011-201X62ドアクーペ
F132011-201X6カブリオレ
F152013-201XX53代目X5 クロスオーバーSUV
F202011-201X12代目 5ドアセダン
F212011-201X12代目 3ドアセダン(日本未導入)
F222013-201X2初代2シリーズ 3ドアクーペ
F232013-201X2初代2シリーズ 3ドアカブリオレ
F252011-201XX32代目X3 クロスオーバーSUV
F262014-201XX4初代X4 クロスオーバーSUVクーペ
F302012-201X3セダン
F312012-201X3ツーリング
F322013-201X4クーペ
F332013-201X4カブリオレ
F342012-201X3初代グランツーリスモ
F362013-201X4初代グランクーペ
F452014-201X2初代アクティブツアラー
F462015-201X2初代グランツアラー
F482015-201XX12代目X1 クロスオーバーSUV
F492015-201XX12代目X1 ロングホイールベース(中国専用)
F802014-201XM3セダン
F822014-201XM4クーペ
F832014-201XM4カブリオレ
F852014-201XX5MSUV
F862014-201XX6MSUV
F872016-201XM2クーペ
G102015-202x7セダン
G112015-202x7ロングホイールベース
G302017-202x5セダン
G312017-202x5ツーリング

iブランド形式

形式発売期間iシリーズボディ形状
I012014-202xi34ドアセダン
I122013-202xi82ドアクーペ

プラットフォーム一覧

自動車におけるプラットフォーム(PLATFORM)とは、ボディ設計の基本部分を指す。「シャーシナンバー」や「車台」とも呼ばれる。 莫大な開発費用を投入するため、一定期間、複数のモデルで共有する。

プラットフォーム搭載するモデル形式
E24プラットフォームE24 E28
E30プラットフォームE30 Z3
E36プラットフォームE36 E46 E83 E85
E39プラットフォームE39 E53
E65プラットフォームE65 E66
L1プラットフォームE60 E61 E63 E64
L2プラットフォームE82 E84 E87 E88 E89 E90 E91 E92 E93
L3プラットフォームMINI(R56)
UKL1(Untere Klasse,lower class in German)プラットフォームMINI(F55 F56 F57)
UKL2(Untere Klasse,lower class in German)プラットフォームF45 F46 F48 F49 F52(FF 1siri)
L6プラットフォームF01 F02 F06 F07 F10 F11 F12 F13
L7プラットフォームF20 F21 F22 F23 F30 F31 F32 F33 F34 F36 F80 F81 F82 F83
CLARプラットフォームG11 G12(クラスターアーキテクチャ)
  • CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を部分採用し軽量化(2015〜)

ボディタイプ一覧

ボディタイプ特徴
4ドアセダン4ドア構成。リヤがトランク形状のボディタイプを指す。3、5、7シリーズがこのタイプ。
4ドアクーペ4ドアセダンよりも、やや全高が低くスタイリッシュなスタイリングで、ドアの窓枠(サッシ)が無くガラスのみとなる。リヤは斜めに傾斜したハッチバックスタイル。4、6シリーズのグランクーペがこのタイプ。
2ドアセダンクーペと呼ぶ場合が多いが、4ドアが2ドアになったタイプを指す場合もある。現在では2シリーズ、4、6シリーズがこのタイプ。
2ドアクーペ2ドア構成、リヤがトランクのタイプを指す。現在では2シリーズ、4、6シリーズがこのタイプ。
カブリオレ屋根がオープンカーとなるタイプ。材質がレザーの屋根がソフトトップ、スチールの屋根がハードトップと呼ばれる。2、6シリーズはソフトトップ、4シリーズはハードトップとなる。
グランツーリスモ4ドア構成でドアサッシの無いクーペだが、車高はセダンよりも高い。リヤはハッチバックスタイル。3,5シリーズのグランツーリスモがこのタイプ。ボイールベースはセダンよりも延長され居住性を確保。
ツーリング一般的に言うワゴンタイプ。ボディ構成はセダンと同一だが、セダン居住部分の屋根がボディ後端まで延長されている。リヤはハッチバックとなる。3,5シリーズに設定。
5ドアハッチバッグ4ドアセダンの後部がハッチバック形式となっている。1シリーズに設定。
アクティブツアラーFFミニバンタイプの5人乗り。4ドアで後部がハッチバック形式。2シリーズに設定。
グランツアラーFFミニバンタイプの7人乗り。4ドア3列シート構成で、後部がハッチバック形式。2シリーズに設定。
Liモデルセダンのホイールベースを延長したロングホイールベース(リムジンタイプ)。7シリーズに設定。