BMWオーナーの情報交換ならBMW@FUN

BMW M情報(歴史や特徴)


BMW M社(BMWモータースポーツ)の歴史や特徴


BMW Mとは


BMWモータースポーツ社(BMW Motorsport GmbH)は、BMW AGの100%出資子会社として1972年5月1日に設立。ドイツ・ミュンヘンに本社、および工場がある。当初、8人の従業員によりスタート。 1988年には従業員400人に成長。 レースの最初のプロジェクトとして「BMW 3.0 CSL」がリリースされました。

Mエンジン 高性能スポーツ車としてレースシーンでの成功の後、M社は、一般向けに市販車を導入。
1978年のパリのモーターショーで、Mエンブレムを装着したM1がデビュー。当時のスーパーカーとしてのスタイリング・性能を誇りました。

M車の方向を変えたのは1979年の5シリーズの高性能バージョンとしてM535iから始まり、 このモデルから市販モデルの高性能スポーツ車やMテクニックなどのライトチューンの車を手がけるようになりました。 またドイツのニュルブルクリンクサーキットにテストセンターを所有し、研究開発のテスト走行により、熟成が図られています。

現在は、Mシリーズとして標準モデルにおける高性能トップモデルやオプションの企画・開発を行うBMWの子会社となり社名も「BMW M GmbH」が正式名称となります。
生産としては特別仕様の「インディビデュアル」のみとなり、モータースポーツやトレーニングスクールの運営も行っています。
Mモデルは、高回転型のNAエンジンを特徴としていたが、最新モデルではダウンサイジングしたターボモデルにより一層の高出力化と低燃費化を図っているのは時代の流れでもあります。

Mエンブレム


Mエンブレム マーク BMW MOTORSPORTのMの頭文字をデザインしたエンブレムマークとなっています。左から青・紺・赤のラインの横にMの文字で構成されたマークは、 BMWとしてのモータースポーツ用途に向けた高性能モデルとしてのエンブレムをアピールしています。
左の青は、Mモデルのイメージカラーでもあるエストリルブルーのボディカラーにもマッチしています。

Mパフォーマンス


Mパフォーマンス マーク 2012年より、M社内にMパフォーマンス自動車部門が設立され、Mモデルのモータスポーツのコンセプトを受け継いだチューニングモデルをデビューさせている。
グレード名の先頭にMを付けたモデルが対象である。
ノーマルモデルやMスポーツのアフターパーツとして、Mモータースポーツ・チューニングイメージを継承した「M performance」の純正アクセサリーパーツがラインナップされている。

モータースポーツ

ビジョングランツーリスモ(F22)

1970年代の市販ツーリングカーレース市場において勝てる車が必要となりBMWモータースポーツを新たに設立し、市販車をベースに特殊なチューニングを施したMモデルを市販すると共に、レースシーンにフィードバックしていく。
高性能自動車のイメージ戦略から、モータースポーツの活動も積極的である。635CSIから派生したM1、M3(E30)のグループAレースなど、ツーリングレースカーのシーンでも活躍した。現在でも2リッターセダンで積極的に活躍している。

F1でも、1982年から直列4気筒ターボエンジンをブラバムチームに供給。その後のターボブームに火が付くと共に、ネルソン・ピケにより勝利へ導いた。予選では1000〜1400馬力という強烈なパワーはターボの威力である。2000年からは、ウイリアムズチームにV10エンジンを供給。2006年からはザウバーチームを買収し、セミワークスチームとして本腰を入れてF1を戦い2009年に撤退。

2012年にDTM(ドイツ・ツーリングカー・マスターズ)へM3DTMコンセプトで復帰。

M635CSi (1985..1989)

6シリーズ(E24/1976〜)は、今見ても非常に美しいクーペであり、
以降のクーペスタイリングに影響を与えた。
1985年登場のM1エンジン24バルブの直列6気筒をベースに286psエンジンを搭載したモデルがM635CSiとなる。今ではおなじみとなったMスポーツの元祖的な市販モデルである。

M1 (1978..1981)

BMW M1 グループ4/5レース(シルエットフォーミュラ:市販車似のボディを乗せたレースカー)
を開発するべく生まれた。
24バルブの直列6気筒3.5リッターエンジンをミッドシップに搭載。
277ps、0-100km5.6秒、最高速261kmと、当時のスーパーカーのカタログスペックには及ばないが実測ベースでは肉薄していた。
ジウジアーロのデザインは今でも美しい。
あのランボルギーニとの合作にて生産を開始したが、バウアー社に生産を移管していく。
派手はスーパーカーの影に隠れて目立たない存在だが、実力はピカイチのスーパーカーである。

ザウバーF1

BMWザウバーF1 プライベートチームのザウバーをBMWが買収し、メーカー支援となるBMWザウバーチームとしてコンストラクターズポイントを競っている。
ドライバーは、ドイツ人のニック・ハイドフェルドとポーランド人のロバート・クビサを主としていた。
2009年11月にF1からの撤退を発表。

BMW Mの歴史


概要、及び販売台数:世界(カッコ内は、日本)
1972 1972年5月1日にBMWモータースポーツ社設立。
ヨッヘン・ニーアパッシュ(元ポルシェワークドライバー)が中心となり、有名なドライバーを集めたチームを率いていった。
  • クリス・エイモン
  • トワン・ヘゼマンス
  • ハンス=ヨアヒム・スタック
  • ディーター・クエスター
  • ラリー・ドライバー
  • ビョルン・ワルデガルド
  • アヒム・ヴァルムボルト
1972BMW Turboのプロトタイプカーがデビュー。
1972BMWモータースポーツ社(BMW Motorsport GmbH)ドイツのミュンヘンに設立。
1972E9型の3.0CSLがデビュー。アルミ製のボンネットやトランクで軽量化し直列6気筒エンジンを搭載した美しいクーペ。数々のレースシーンを席巻
19732002tiiをベースとした燃料噴射装置の2リッター直列4気筒SOHCエンジンに世界初のターボチャージャーを備えた2002ターボがデビュー。
ニュルブルクリンクのレースシーンにて優勝を飾った。
1974BMWのロゴをベースとしたモータースポーツ社のエンブレムが商標登録される。
1978M1がデビュー(市販車)。3.5リッター直列6気筒DOHCエンジンをミッドシップに搭載したスーパーカー。Mエンブレムを装着した最初の車両。 モータースポーツ参戦用のFIAグループ4のホモロゲーション取得のため、生産台数400台クリアする453台を生産。
名車のカーデザインを手がけたイタリア人デザイナーのジウジアーロによるデザイン。
当初、BMWをベースとし、ランボルギーニがボディとフロア・パネルを提供する予定だったが、ランボルギーニの財政問題により、作業は大幅遅延。 結果、イタリアモデナでの作業分担で製造が行われた。
  • スペース・フレームはマルケージ社
  • ガラス繊維強化プラスチック製ボディ・シェルはT.I.R.社が製造。
  • ジョルジェット・ジウジアーロのイタルデザイン社が組み立て、インテリア装備も供給。

組み立て後の車両をシュトゥットガルトへ輸送し、バウア社によってすべての機械部品が組み込まれた。

レーシングドライバー養成のために「ドライバートレーニング」が開始。
「BMW Driving Experience」と名称を変え、ドライバーの運転技術向上に努めている。
1979F1の前座レースであるProcarシリーズにM1ベースのレース車両が参戦。ネルソンピケやニキラウダなどのF1ドライバーを育てた。
モータースポーツ社の責任者ヨッヘン・ニーアパッシュは、F1の責任者バーニー・エクレストンおよびマックス・モズレーと協力し、1979/80年シーズンのヨーロッパF1グランプリの前座レースてProCarシリーズを誕生させた。 Group4カテゴリのProCarレーシング・カー(277psから470psへチューニング)でニキ・ラウダは3勝。 米国では、IMSA GTOクラスの「レッド・ロブスター」チームのM1が連勝した。
1979M535iがデビュー。初代5シリーズがベース。
1982エンジン供給により、BMW製ターボエンジンを初搭載したF1(ブラバムチーム)がデビュー
1983F1においてブラバムチーム(BT52/BT52B)のネルソン・ピケがドライバーズチャンピオン(3勝)を獲得。
1984M5(E28)E28型の(初代M5)デビュー
1984E24型の(635CSi)デビュー

初代M6デビュー。北米と日本での排気ガス規制対応モデル(1986-1989)デビュー。
欧州ではM635CSiのネーミング継続。

1986E30型の(初代M3)デビュー
1987ヨーロッパツーリングカー選手権で、M3が優勝。ドライバーはヴィンフリート・ヴォクト。
世界ツーリングカー選手権で、M3が優勝。ドライバーはロベルト・ラヴァーリア。
M3の生産台数5000台達成。 以降、世界のツーリングカーシーンでM3が活躍する。
1988M5(E34)E34型の(2代目M5 リムジン)デビュー
従業員数が400名超となる。
1988E30型の(M3 カブリオレ)デビュー
1989DTMタイトル獲得。M3のドライバーはロベルト・ラヴァーリア。
1992M3(E36)E36型の(2代目M3 クーペ)デビュー
1992M5ツーリング(E34)E34型の(M5 ツーリング)デビュー
1992E31型の(850CSi)デビュー
1993BMWモータースポーツ社から、BMW M社(BMW Gmbh)へ社名変更。Mエンブレムが社名に採用される。
1994E36型の(M3 カブリオレ・セダン)デビュー
1997Z3の(Mロードスター)デビュー
1998Z3 MクーペZ3の(初代Mクーペ)デビュー
1998M5 (E39)E39型の(3代目M5 リムジン)デビュー
2000M3 (E46)E46型の(3代目M3 クーペ)デビュー
2001E46型の(M3 カブリオレ・GTR/レース専用)デビュー
2001M3がアメリカン・ル・マン・シリーズ(American Le Mans Series)耐久レールに参戦。ドライバーはヨルグ・ミューラー。
2003M3CSL(E46)E46型の(M3 CSL クーペ)デビュー
200424時間ニュルブルクリンク耐久レースでM3 GTRが1,2フィニッシュ。M3-GTRとしては2年連続タイトル。
2005M5(E60)E60型の(M5 リムジン)デビュー
2005E63型の(M6 クーペ)デビュー
2006E64型の(M6 カブリオレ)デビュー
2006E85 E86型の(Z4 Mロードスター・クーペ)デビュー
2007E90型の(M3 クーペ・セダン)デビュー
2007E60型の(M5 ツーリング)デビュー
2008E90型の(M3 カブリオレ)デビュー
2009E70 E71型の(初代X5M X6M)デビュー
2009E90型の(M3 GTS)デビュー
2010E82型の(1シリーズ Mクーペ)デビュー
2011F10型の(M5 リムジン)デビュー
フリードリヒ・ニュチケが社長に就任
2012F12 F13型の(M6クーペ・カブリオレ)デビュー
F21型の(M135i)デビュー。
E70 E71型の(X5M X6M)リニューアル。
F06型の(初代M6グランクーペ)デビュー。

Mオートモビル内にMパフォーマンスオートモビルが設立され、Mモデルのコンセプトを受け継いだチューニングモデルをデビューさせている。
M135iやM50d/M550dなど、グレード名にMを付けたモデルが対象である。
モータースポーツ・チューニングイメージを継承した「M performance」の純正アクセサリーパーツがラインナップされている。

2013M3とM4のコンセプトモデルがショーデビュー
F80型の(M3セダン:3シリーズ)
F82型の(M4クーペ:4シリーズ)
  • 世界新車販売台数3万1281台。前年比+14%
  • M車:Mパフォーマンス車=55:45
  • Mパフォーマンス車:M135i/M50d/M550d
  • Mパフォーマンス第1弾。1シリーズM135iがデビュー
2014
  • M5の30周年記念モデル「30Jahre M5」が600psにチューン。300台限定
  • 富士スピードウェイのオフィシャルカーとしてM5が採用。
  • Mパフォーマンス第2弾。2シリーズM235iがデビュー
2015
  • 2014 DTMドライバーズチャンピオンを記念したM4 DTM Champion Edition.登場。
  • X5に2代目のX5Mが登場。
  • X6に2代目のX6Mが登場。
2016
  • Mパフォーマンス第3弾のX4 M40iがデビュー
  • 2シリーズにMモデル初登場のM2がデビュー。M4に比べて軽いボディで370psの設定