BMWオーナーの情報交換ならBMW@FUN

Zシリーズ情報

Z3 Z4の車種別スペック(SPEC)仕様、歴史・関連情報

Zシリーズ 形式別メニュー

Zシリーズは、ドイツ語で「Zukunft」の単語(未来)の頭文字をベースとしてZ1からスタート。 1990年代の後半、小型の2シーターオープンカーは、世界的に絶滅の危機に瀕していたが、 日本のマツダロードスター(Mazda MX-5 Miata)に端を発したライトウェイトの2シーターオープンカーブームは、 BMWとて例外ではなかった。そして、北米サウスカロライナ工場で初の生産車となる初代Z3を生み出した。

ロングノーズとショートデッキ、スモールキャビンの古典的なスポーツカーのスタイリングを踏襲した2シーターオープンカーとして、 最新モデルまで、その血統を受け継ぐ。

最新モデルでは、電動ハードトップとなり快適性や安全性もアップした。1シリーズ、3シリーズのクーペモデルに比べて、 その存在感やオープンカーの持つ楽しさは、圧倒的な魅力となる。

BMW Z4は、ズィーフォーと呼ぶ。ベースモデルは、2人乗りのオープンスポーツカーである。
Z4は、ライトウェイトモデルから一転し、若干ボディサイズを大型化し、ラグジャリー要素を加えて車重も増加した。
初代E85モデルは、アメリカサウスカロライナ州スパータンバーグ (Spartanburg)工場で製造。
2代目E89モデルは、ドイツバイエルン州レーゲンスブルク(Regensburg)工場にて製造される。

Z1

Z1 初代 (1989年-1991年)

Z系モデルとして初のモデルになる。 ボディサイズ3921x1690x1227、1250kgのZ1専用シャーシ、325iのエンジンをベースとした直列6気筒SOHC/M20型の170psエンジンを積む。 昇降式のドアは珍しいオープン2シーター専用モデルである。5MTのみ。約8000台が生産された。

Z3

Z3シリーズ E36/7/8情報 初代 (1997年-2003年)

E36/7ロードスター:Z3(1.9)/2.0/2.2i/2.8/3.0i/Mロードスター
E36/8クーペ:2.8/3.0i/Mクーペ
Z3 E36

Z4

Z4シリーズ E85/E86情報 初代 (2003年-2009年)

E85ロードスター:2.2i/2.5i/3.0i/3.0si/Mロードスター E86クーペ:3.0siMクーペ
Z4 E85後期モデル

Z4シリーズ F89情報 2代目 (2009年-201X年)

sDrive23i/sDrive35i/sDrive35is
Z4 E89前期

Z8

Z8シリーズ E52 初代 (2000年-2003年)

ボディサイズ4400x1830x1315、1585kgのオールアルミボディにE39-M5と同様のV8-5L/400psエンジンを積み、6MTモデルのみ。
約6000台が生産された。1950年代の507型をモチーフにしたモデルである。
Z8 E52