目次


BMW残価設定

ローンの種類

ローンの種類としては、大きく2パターンに分れます。

残価据置ローン

あらかじめ車両本体価格の一部を最終回のお支払額(据置額)として据え置き、月々の支払を軽減できる据置型ローン・プログラムです。
据置額には、さらにオープンとクローズドと呼ばれる2つのタイプが存在しますので、意味を良く理解しておきましょう。

オープン

オープンとは、残価設定の価格であり、契約時の目安価格になります。そのため、ローン完済時の愛車査定額により「変動」します。(多くは追金発生)
あらかじめ、3年や5年後の下取り価格を予想するため、固定ではありません。 3年や5年後の時価の買取価格が反映されますので、人気車種や希少車種であれば契約時の価格を維持できる可能性が高くなります。
残価設定価格(下取り価格)が高めとなり、ローンの支払額を軽減できます。
しかし、不人気カラーであったりすると時価価値が下がり、当初の下取り予想価格を維持できない場合もあります。 その場合は、追金が発生するケースが多いようです。
BMWバリューローンがこのタイプのローンになります。

クローズド

クローズドとは、残価設定の価格は、契約時の「固定価格」です。ローン完済時、基本的に変動しません。
あらかじめ、3年や5年後の下取り価格を固定する方式です。 そのため、今後の人気度に関わらず契約時に下取り価格を決定してしまうため、どうしても残価設定価格は低めになります。
下取り時点で、想定した価値を下回る場合(多走行や内外装の大きなキズ・劣化)は、追金が発生します。
BMWフューチャー・バリューローンがこのタイプのローンになります。

通常ローン

金利固定型のプログラムです。支払期間、ボーナス併用など、支払いのニーズに合わせた柔軟な設計が可能です。
BMWスタンードローンと呼ばれるものです。

BMW バリューローンとは

BMWバリューローン バリューローンとは、残価据置設定(ざんかすえおき)が出来るローンです。
BMWジャパンファイナンス株式会社が1989年に設立され、法人向け輸入車リースの導入や、今では一般的なローンとなった据置型ローンの早くから提供し現在に至ります。

  • 最初にローンの支払い期間(3年、4年、5年)を選択。
  • ローン完済時の市場価格から、愛車の下取り額を設定(据置価格)し、車は返却します。
  • 最長5年(60回払い)の設定が可能。

購入時の金額から、据置価格を差引き、残高を毎月の支払いローンとして返済していくシステムです。
新車、認定中古車のどちらも利用可能です。

新車の場合は、数年後(最大5年)でも下取り額がゼロになる事はありません。
中古車の場合は、価値がほとんど無くなる事も予想されます。
BMW認定中古車(アプルーブドカー)の高年式車は、車両の程度も良く商品価値が維持する為、バリューローンも選択も可能です。

仕組み

  • 新車購入価格 − 数年後の下取価格(据置価格) = 残高(毎月のローン)
  • ローンの最終支払いの回目に、据置価格に対して、下記の方法が選択可能です。

    • 一括現金支払(車両はそのまま)
    • 再契約によるローン継続(車両はそのまま)
    • 車両を返却により、一括清算(車両返却)

メリット

期間限定で良いから新しい新車に乗り換えたい。法人登録のための節税対策などに有効です。

  • ローンの支払い総額を軽減出来る。
  • 支払い額が少なくなる事で、購入対象のグレードや装備をアップ出来る
  • 収入が少ない若年層でも負担が減る。

デメリット

据置額がオープンタイプなので、期間満了時の査定額が大きく変動します。車両の人気度などにより、大きく異なるリスクがあります。
その多くは当初設定した据置額よりも査定額が下回り、追徴が発生するケースが多いようです。 また、期間満了時まで大切に愛車を乗り続けて返却することを意味しています。 言い換えれば、愛車は期間限定でレンタルされているようなものです。契約内容に従って適切な車の利用が求められます。 休日や買い物程度の利用であれば問題ありません。

  • ローン完済時に、愛車の査定額が下がった場合に差額(追徴)が発生します。
    例えば、事故車扱いとなるような損傷やディーラーの保証範囲を超えた改造は減点です。
  • 年間走行距離9千km以内を想定しており、それ以上の走行は減点です。
  • 支払い総額も不利:通常のローン < 残価設定ローン(+残価決済)
  • 金利も不利:スタンダードローン < バリューローン
  • ローン期間中だけリースしているイメージであり、決して自分の車ではない。
  • 下取り額は、ディーラーの言い値である事。買取専門店などは、この下取り額を大きく上回る可能性が高い為、支払い総額では損をしていることもある。
  • バリューローン完済後、愛車を継続して乗る場合、ローンではなく、一括購入しましょう。再ローンは、かなり損です。
  • ローン完済後も乗る予定なら、スタンダードローン(一般ローン)を利用する事。

バリューローンのシュミレーション

以下、5年ローンの試算例です。
車種の発売時期、グレードや装備・カラーなどにより、据置額は変動します。 よって、モデル末期や不人気グレードだと据置額が安くなってしまうことは避けられません。 そのためにも人気車種やグレードを選ぶことがローンの支払総額を少なくするために重要なポイントです。

  • 116iの新車価格:3,170,000円、オプション無し。
  • バリューローン:5年
  • 金利:実質年率2.5%(例:市場金利により変動)
  • 5年後の下取り額(据え置き額):1,056,666円に設定(例:市場価格により変動)

  支払額 支払い回数 支払い額計
頭金 0 0 0
初回 28,847 1 28,847
毎月(58回) 23,300 58 1,351,400
ボーナス(年2回) 100,000 10 1,000,000
据え置き額 1,056,666 車の返却で充当 1,056,666
総支払い合計     3,436,913

BMW フューチャーバリューローンとは

BMWブランド用の「BMWフューチャーバリューローン」、MINIブランド用の「MINIフューチャーバリューローン」を2016/4/19から開始。

フューチャーバリューローン

フューチャーバリューローンとは、将来の車両価値に連動して、モデル・グレード別に厳密に予測した結果を反映し、四半期ごとに据置率を見直し、最終回(据置額)をBMWグループ・ジャパンが保証する仕組み。
据え置き額を保証しているので、将来的な価格低下に影響されず、車両返却時の価格は、保証されています。(全国統一保証) この新ローンの利用により、顧客は通常ローンよりも低い月額支払でBMWやMINIを購入できる点は従来と同様。契約満了時には車両返却や車両買取など、多彩な選択肢を持つことが可能となる。そのため、短期でクルマを乗り換える場合にも、長く乗り続ける場合にも、その時点の顧客ニーズに合わせられることも大きな魅力となる。

  • <ローンの最終回で下記の選択を行う>
  • 据置額の一括払い
  • 据置額の再ローン
  • 車両返却
  • 新しいBMW車へ乗り換え

ただし、四半期毎の据え置き率の見直しが従来よりも悪化するケースは無いとは言えないのがデメリットである。

仕組み

クローズドタイプですから、据え置き価格は保証されます。 ローン契約時に確定し、据置額は固定なので変動しません。ここがポイントです。

  • 新車購入価格 − 数年後の下取価格(据置価格) = 残高(毎月のローン)
  • ローンの最終支払いの回目に、据置価格に対して、下記の方法が選択可能です。

    • 一括現金支払(車両はそのまま)
    • 再契約によるローン継続(車両はそのまま)
    • 車両を返却により、一括清算(車両返却)

メリット

据え置き価格が固定されますので、下取り額の変動要素がなく、法人などの計画的な購入に向いています。
ローン完済時に、愛車の査定額が下がった場合に差額(追徴)が発生しません。 期間限定で良いから新しい新車に乗り換えたい。法人登録のための節税対策などに有効です。

  • ローンの支払い総額を軽減出来る。
  • 支払い額が少なくなる事で、購入対象のグレードや装備をアップ出来る
  • 収入が少ない若年層でも負担が減る。

デメリット

据置額を保証する仕組みなので、販売店は数年後の価格低下のリスクを背負うことになります。 よって、かなり安い据置額が設定されます。 また、期間満了後は、愛車を返却しますので、契約内容に従って大切に車を乗ることが求められます。 規定を超える過走行や傷や事故、改造などは許されません。

  • 例えば、事故車扱いとなるような損傷やディーラーの保証範囲を超えた改造は減点です。
  • 年間走行距離9千km以内を想定しており、それ以上の走行は減点です。
  • 支払い総額も不利:残価ローンオープン < 残価ローンクローズド
  • 金利も不利:残価ローンオープン < 残価ローンクローズド
  • ローン期間中だけリースしているイメージであり、決して自分の車ではない。
  • 据置額は、ディーラーの言い値である事。買取専門店などは、この下取り額を大きく上回る可能性が高い為、支払い総額では損をしていることもある。
  • ローン完済後、愛車を継続して乗る場合、ローンではなく、一括購入しましょう。再ローンは、かなり損です。
  • ローン完済後も乗る予定なら、スタンダードローン(一般ローン)を利用する事。

BMWフューチャーバリューローンのシュミレーション

以下、>X1 xDrive20i Msportで、3年ローンの例です。
車種の発売時期、グレードや装備・カラーなどにより、据置額は変動します。 よって、モデル末期や不人気グレードだと据置額が安くなってしまうことは避けられません。 そのためにも人気車種やグレードを選ぶことがローンの支払総額を少なくするために重要なポイントです。

X1 xDrive20i Msport金額(2017/5)
車両本体5,330,000
据置額2,516,944
据置率47.2%

ローン返済中車売却

ローン返済中、何らかの理由により買換えや車を売却したい場合
  • ローン返済期間中、経済的事情で支払いがNGとなった。
  • ライフスタイルの変化で、買い替えが必要になった。
  • 今の車に飽きた。
  • 他に良い車が発売されて買換えたくなった。

今後、ローン返済中の買い替えが予想できるなら、バリューローンの利用は絶対に止めましょう。
「ローン返済中は、買換えない事」を前提に考えましょう。 数年後の下取りを前提としたローンで支払中ですから、中途解約によるペナルティが発生します。ローンの中途解約になりますから当たり前ですね。 少なくともローン返済期間満了まで、頑張って支払うことをお勧めします。
次の愛車購入資金も必要となりますので、非常に厳しい状況となります。
※バリューローンを利用する際は、今後の愛車ライフと返済計画を十分に練って利用しましょう。

どうしても車の売却が必要となった場合

ディーラーでの買い取りは、買い叩かれる可能性が高いですから、買取専門店で売って、一括返済に充当しましょう。買取専門店では、ローン返済中の手続きを代行してくれるところもありますので、相談してみましょう。

まとめ

法人の方が必要経費軽減の目的で、3〜5年のサイクルで車を買い換える場合は、バリューローンを利用するメリットはあります。
単に目先だけの支出費用を抑えることを目的として、安易に残価据置ローンに飛びつくのは避けたいものです。
購入前に「ローン支払い中は、乗り続ける固い意思」を自身に確認する事です。

ディーラーも残価設定ローンで車を売り、残価で償却(買い取ってもらう)することを意図しているのではなく、 ローン終了後に、また新車を購入(ローンで)してもらう事を意図しているのです。 ディーラーも、新車を一定期間で買換えてもらうメリットがあります。 ユーザーは、一定期間で新車に乗り換えるキッカケになりますが、ローン地獄?からは永遠に抜けられないのです。
個人の方は、購入時の現金一括完済がベストであり、ローンを利用するなら短期間をスタンダードローンで支払うぐらいの返済計画をお勧めします。

愛車の価値もバリューアップ。買取査定も納得の金額!
おすすめの簡単無料査定を紹介します!

ズバット車買取比較がお勧めです。
車買取一括査定依頼[無料]

ガリバーはどこよりも高額買取。10年連続No1