BMWオーナーの情報交換ならBMW@FUN

BMWのディーゼル車情報


ディーゼル車のラインナップと関連情報



概要

ディーゼル車がシェアを伸ばした要因
1990年代前半には15%以下であった欧州ディーゼル車シェアは、2010年代には過半数を超えるシェアとなっています。 これはヨーロッパ(EU)の税制の要因も大きいですが、 シェアを伸ばした要因として、クリーンディーゼルの技術革新による点も挙げられます。

  • アクセルを踏んだ瞬間の高トルクとレスポンス
  • 排出ガスを低減するクリーンディーゼル
  • ガス代が安く燃費も良い。

2012年に日本でもクリーンディーゼルのBMW車が日本に導入された。
日本にはポスト新長期規制という高いレベルのディーゼル車の排気ガス規制に対して、欧州のユーロ6規制が適合可能してきたことが挙げられる。
以降、その圧倒的な高トルクによるドライブフィールや、環境性能や経済性、多彩なラインアップなどが支持され、ツーリングモデルやXシリーズだけでなく、セダンでもクリーンディーゼルを選ぶ方が増えています。

X3 xDrive20d

Blue Performance

クリーンディーゼルの320d 車両グレード名の例えば320dであれば末尾の「d」はディーゼルエンジンを表します。
「ブルーパフォーマンス」は排出ガス中に有害成分が少ない、クリーンディーゼルのエンジンを搭載しています。

最先端の排出ガス処理技術であるBMW BluePerformance テクノロジーは、排出されるNOx(窒素酸化物)について、SCR(選択触媒還元)システムのような後処理なしで、メインテナンスフリーのクリーン・ディーゼルを実現しています。
仕組みは、DPF(粒子状物質除去フィルター)により、黒煙やすすの主成分である排出ガス中の粒子状物質をフィルターに吸着させ、エンジン制御によって燃焼・除去。
NOxの方はというと、「NOx吸蔵還元触媒」が排出ガス中のNOxを触媒内に一時的に吸蔵した後、水、窒素、二酸化炭素に還元して排出するという。


クリーンディーゼルのステッカー コモンレール式の燃料直噴システムの採用による高効率化とディーゼル車の特有の高負荷まで対応しています。 低回転域から高回転域までをカバーする可変ジオメトリーターボチャージャーを装備し、低燃費とガソリン車並のパワーを両立しています。 2リッターディーゼルターボでは、3.5から4リッター並NAガソリンエンジン並みの高トルクを獲得しています。

ディーゼル車の歴史


年月 内容
2015/9

BMW製ディーゼルエンジンの排気ガスに不正無し

アメリカにおけるフォルクスワーゲンのディーゼル車の不正排気ガス問題により、 BMW製ディーゼルエンジンの不正が疑われたが、VW車のような不正は行っていないとのBMW公式発表がされた。

2015/5

2シリーズ アクティブツアラー(F45)にディーゼル追加

  • 2シリーズ アクティブツアラー(F45)にディーゼル追加
  • クリーンディーゼルエンジンを搭載の218dアクティブツアラー(F45)が登場。
  • 新型4気筒直噴ディーゼルエンジン:150ps4000rpm、33.7kgm1750-2750rpm
  • 8ATを搭載。JC08モード燃費は22.2km/L
2014/02

直噴2リッター直列4気筒ターボディーゼルがリニューアル

新型2リッター直噴ツインパワーターボディーゼルエンジンは、ソレノイドバルブインジェクターを用いて最新のコモンレール直噴システムの採用。
高圧のシリンダー内直接噴射(2000バール)により、190ps4000rpmのパワーと40.8kgm1750-2250rpmのトルクを達成。これは3リッター直6ターボ(335i/535i)と同等のトルクである。

2012/09

BluePerformanceテクノロジー採用の320d、523d発売

2リッター直列4気筒ディーゼル・エンジンは、燃料直噴技術であるコモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムと、可変ジオメトリー・ターボチャージャーの組み合わせにより、最高出力184psと最大トルク38.7kgmを発生。
2リッターNAガソリン並みのパワーと4リッターNAガソリン並みのトルクを獲得。
8速ATやアイドリングストップ、ブレーキエネルギー回生システムなどより、燃費向上を達成。

  • 523d:19.4km/L(JC08モード)
  • 320d:16.6km/L(JC08モード)
2012/08

BluePerformanceテクノロジー採用の320d、523d発売

2リッター直列4気筒ディーゼル・エンジンは、燃料直噴技術であるコモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムと、可変ジオメトリー・ターボチャージャーの組み合わせにより、最高出力184psと最大トルク38.7kgmを発生。
2リッターNAガソリン並みのパワーと4リッターNAガソリン並みのトルクを獲得。
8速ATやアイドリングストップ、ブレーキエネルギー回生システムなどより、19.4km/リッター(JC08モード)の燃料を達成。

2012/01

日本での第三世代ディーゼル日本導入開始

X5 xDrive35d ブルーパフォーマンス発売、価格839万円。
ブルーパフォーマンスの仕組みは、排ガス処理のため、還元剤となる尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を噴射し、排気ガス中のNOx(窒素酸化物)を大幅に低減するSCR(選択触媒還元)システムや、排気ガス中のPM(粒子状物質)をフィルターに吸着し、燃焼・除去するDPF(粒子状物質除去フィルター)などを搭載。
直列6気筒3Lツインパワー・ターボ・ディーゼルは、245PSと55.1kgmパワートルクを発生。
ピエゾインジェクター(コモンレールダイレクトインジェクション)にて最大1800バールの燃料噴射。

2009

ALPINA D3 (E90)日本導入

EU市場のディーゼルエンジン技術の革新により、ネガティブなイメージが主流であった日本でもエコ意識の高まりと共にメルセデスベンツも導入されたが、 BMWは導入されておらず、並行輸入車を購入する以外無かった。
アルピナが本家より一足早く、日本市場に3シリーズのディーゼルセダンを導入。
214ps/4100rpm、45.9kgm/2000-2500rpm、896万円より

2007

コモンレール燃料噴射が2000barを達成(ピエゾ素子)

ピエゾインジェクターを搭載し、コモンレール燃料噴射が2000barを達成
テクノロジーは、第二世代に進化。

2004

バリアブル・ツインターボディーゼル搭載

可変のツインターボを搭載し、燃費向上と出力アップに貢献した。
さらにディーゼル微粒子捕集フィルター「Diesel particulate filter(DPF)」が搭載され、排気ガス中の粒子状物質を漉し取り軽減させるフィルターが追加し、マフラーに装着された。
この仕組みにより、粒子状物質(PM:Particulate Matter)とNOxに代表される排出ガス中の有害成分の軽減に繋がった。
テクノロジーは、第二世代に進化。

2001

コモンレール燃料噴射が1600barを達成

コモンレールの燃料噴射システムは,サプライポンプにて生成した高圧燃料をパイプを経由してレール(蓄圧室)に蓄えます。
インジェクタ内の電磁弁によるノズル背圧の制御により、噴射の開始と終了を決定する電子制御燃料噴射システムです。

1999

V8ディーゼルエンジンを初搭載

直噴式のV8ディーゼルエンジンを搭載した、7シリーズ(E38)740dが登場。
M67D40型は、3.9リッターV8エンジンは、238ps4000rpm/57.1kgm2000rpmのパワートルクを発生。
以降、M67TUD44型として、4.4リッターまだ拡大され330ps4000rpm/76.4kgm2500rpmまで向上していきます。(2006-2009)

1998

320dがニュルブルクリンク24時間耐久レースで勝利

ディーゼルエンジンを搭載した、3シリーズ(E36)320dが、ニュルブルクリンク24時間耐久レースで優勝した。

1990

酸化触媒(Diesel Oxidation Catalyst:DOC)の搭載

ディーゼル車の排気ガス中有害成分である、HC(炭化水素)、CO(一酸化炭素)、NOx(窒素酸化物)、PM(粒子状物質)パティキュレートマターの排出量を低減するためDOCが搭載された。
機能としては、HCとCOの低減である。軽油を燃焼させてCSF(Catalyzed Soot filter)に溜まったPMを除去する仕組みである。
課題としては、貴金属の使用により高コストがデメリットである。

1987

First Digital Diesel-Electronic (DDE)搭載

ディーゼルエンジンの燃料噴射制御を行うデジタルディーゼルエレクトロニクス(DDE)システムが搭載されました。
従来よりも燃費向上と環境への影響を最小限に抑えて排出ガスを軽減が図られました。
コモンレール式燃料噴射が搭載され、DDEは、アクセルの開度により、適切な燃料噴射を制御し、エンジンのパワーコントロールの最適化を行っています。
またイモビライザーとの連携機能も追加されました。

1983

初のディーゼルエンジン搭載車デビュー

E28型5シリーズの524tdが登場。本国同様に日本のBMWジャパンでも販売(1983-1986)されていた。

直列6気筒12バルブエンジンをベースとして、2.4リットルの排気量とターボチャージャーにより、115ps、21.4kgmのパワートルクを発生。
0-100km加速13.5 秒、最高時速180キロの性能。5速マニュアル。
第一世代のBMWディーゼル車。