BMWオーナーの情報交換ならBMW@FUN

E84情報 X1シリーズ

FR/sDrive18i 4WD/xDrivex20i 25i 28i


概要

クロスオーバーSUVをビーエムダブリューでは、SAV(スポーツ アクティビティ ビークル)と呼ぶ。2004年にデビューしたX3(E83)の登場後、一回り小型化した「BMW X1 E84」が2010年に登場。
3シリーズのE91ツーリングのシャーシをベースとしている。
BMW Xシリーズのエントリーモデルの位置付けとなる。
XシリーズのエントリーモデルとなるX1は、進化したxDrive(4wd)とsDrive(FR)の組み合わせとなる。ボディサイズは、全長4470mm×全幅1800mm×全高1545mmとなり、3シリーズよりも小さいサイズは、日本の市街地における使い勝手も良いだろう。 何といっても1800ミリを切る車幅は、狭い道にもマッチし、MspoモデルはSUV的なイメージが抑えられワゴン的なイメージである。

マイナー前モデルの18iモデルは300万円台中盤からとなり、ツーリングモデルや1・3シリーズユーザーからの乗り換えを促す魅力を備えている。28iモデルはコンパクトボディに直6エンジンを搭載し、小さなSUVとしての高級感も味わえる。

2012年よりデリバリーを開始した20i/28iは、2.0リッター直噴4気筒ターボと8ATを搭載し、よりパワフルかつエコな走りを両立する。同年9月にフェイスリフトを実施。

X1-E84フロント
E84-X1 xDrive20i サイドビュー

BMW X1 E84の歴史


日付内容
2015/7 2代目のF48型にバトンタッチ

初代X1のE84型が登場して6年。
X1初代モデルとして全世界73万台を販売した成功モデルが2代目X1のF48型にバトンタッチ。
新型プラットフォームのULK型を採用し、FRベースからFFモデルへ変更された。

2015/4/21 ナビとパーキングアシストを全車標準装備化
  • iDriveナビゲーションシステムパッケージ
  • パーキングサポートパッケージ(バックモニター)
  • 上記の2点を全車標準装備化で価格据え置き
2014/7/14 X1 エクスクルーシブ・スポーツ限定車(160台)

Mスポーツをベースにエクスクルーシブな装備を標準
サテンアルミニウム仕上げのルーフレール
クロームラインエクステリア
ベージュのネバダレザーシート
iDriveナビゲーションパッケージ
リヤビューカメラを含むパーキングサポートパッケージ

  • X1 sDrive:519万円
  • X1 xDrive:545万円
2013/9/25 X1 Fashionista(ファッショニスタ)限定車

ホワイトのボディーカラー
マットシルバーのグリルバー、サテンアルミのルーフレール
ベージュのダコタレザーシート(シートヒーター)
後方のPDC(パークディスタンスコントロール)
キセノンヘッド(オートライト)とレインセンサー
などの専用装備を備えた限定300台

  • X1 sDrive:449万円
  • X1 xDrive:475万円
2012/9/15 フェイスリフト(マイナー後)モデル日本発売

FRバンパーのデザインリニューアル、ライトのイカリングLED化、テールランプ変更
ウインカーがドアミラー内臓へ
マフラーエンドのクローム化、Sportはブラッククローム
ノーマル、人気のM Sportに加えて、内外装に専用装備のxLineとSportのグレードを追加し、
4グレード構成。(Normai/xLIne/Sport/M Sport)
燃費を重視した後輪駆動専用のX1 sDrive20iも追加。(JC08/14.9km/L)

  • X1 sDrive18i : 367万円〜411万円
    2L直列4気筒DOHC 150ps/6,400rpm、20.4kgm/3,600rpm 6速AT
  • X1 sDrive20i : 404万円〜448万円
    X1 xDrive20i : 427万円〜471万円 (4WD)
    2L直列4気筒DOHCターボ 184ps/5,000rpm、27.5kgm/1,250-4,500rpm 8速AT
  • X1 xDrive28i : 499万円〜543万円 (4WD)
    2L直列4気筒DOHCターボ 245ps/5,000rpm、35.7kgm/1,250-4,800rpm 8速AT

2012/4 ニューヨークモーターショー12にて、マイナー後モデルが登場。

デリバリー開始は2012年下期。

2011/10 X1 xDrive20i フロント 新開発の2.0リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載

X1 xDrive20i 2.0リッター直列4気筒DOHCツインパワー・ターボ・エンジン
184ps/5,000rpm,27.5kgm/1,250-4,500rpm 8速AT \ 4,240,000
X1 xDrive28i 2.0リッター直列4気筒DOHCツインパワー・ターボ・エンジン
245ps/5,000rpm,35.7kgm/1,250-4,800rpm 8速AT \ 4,950,000

2011/04 X1 Mスポーツ リヤ画像 X1 Mスポーツパッケージ発売

44万円のオプションパッケージとなる。

Mエアロダイナミクス・パッケージ(フロント・エプロン、サイド・スカート、リア・スカート、ワイド・ホイール・アーチ)
18インチアルミホイール「Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング355M」(F225/45 R18、R255/40 R18)
スポーツサス、Individualハイグロス・シャドー・ライン(ルーフ・レールとサイド・ウィンドー・フレーム・モールディング)

スポーツ・シート、マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール
ダーク・ブラッシュド・アルミ・インテリア・トリム
BMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライニング、専用ドア・シル・プレート

2011/01 X1 Mスポーツ フロント画像 X1 MスポーツがEUデビュー

M専用フロント・リアバンパー。ダブルスポークアルミホイール17inch。 ハイグロスシャドーラインの窓枠・ルーフレール。 アルミのインテリアトリム等、Mスポーツのインテリアとなる。

2010/04/20 日本仕様が初デビュー

363万円(sDrive18i)2リッター直列4気筒モデル。sDriveは、2WDを示す。
480万円(xDrive25i)3リッター直列6気筒モデル。xDriveは、4WDを示す。

2009/09 フランクフルトモーターショーでX1 E84正式デビュー。

ドイツ・ライプツヒ工場で生産開始し、2009年末よりEU市場に投入。

2009/07 BMW X1 E84をプレスリリース

ボディサイズは、全長4454 全幅1798 全高1545 ホイールベース2760mm
xdrive28i(3.0L直6ガソリン)、xDrive23d/20d/18d(ディーゼル:日本導入予定無し)の4タイプが4wdモデル

sDrive20d/18d(ディーゼル:日本導入予定無し)の2wdモデルもラインナップ
2009/05 X1のプロトタイプ

プレス向け試乗会を実施。

2008/10 E84(X1) コンセプトX1がパリショーにて公開

BMW X3 E83の弟分として、BMW X1 E84のショーモデルが「コンセプトX1」がパリショーにて公開。7シリーズF01モデルを踏襲した新しいデザインの流れを受け継ぐ。


BMW X1 E84スペック(装備・仕様一覧)

E84スペック

全長×全幅×全高
4457×1789×1535mmX1 E84フロント
ホイールベース
2760mm
トレッド前
1500mm
トレッド後
1530mm
最低地上高
194mm
車両重量
1560kg(18i)
ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション前 ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット、コイルスプリング、スタビライザー
サスペンション後 セントラル・アーム、コイル・スプリング、スタビライザー
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ベンチレーテッドディスク
タイヤ前 225/50R17
タイヤ後 225/50R17
最小回転半径 5.3m(カタログ値はEU計測5.9m)
乗員定員 5名
型式 6AT(-2011)、8AT(2012-)
駆動方式 sDrive18i(FR)、その他モデルはフルタイム4WDE84ホイール
特徴 トランク容量:420L

レビュー

2リッターエンジンを積むsDrive18iは、363万円とかなり戦略的な価格設定。 装備の差こそあれ、同じ2リッターを積む320i(445万円)とはかなりの価格差となる。 3リッターを積むsDrive25iは、ネーミングこそ25iだが218psパワーは、必要にして十分だろう。 28.6kgのトルクは排気量通り3リッター級である。

価格は480万円となり、320iユーザーに対する価格的なインパクトは強烈でお買い得感は一番なのが25iかと思う。 低めの車高1545mmはセダンやツーリングからの乗り換えもさほど違和感が無く受け入れられるだろう。 日本にベストマッチのエントリーモデルが加わった。(2010)

価格が424万円となるxDrive20iが登場。2.0リッター直列4気筒DOHCツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、 184ps、27.5kgmし非常にお買い得なモデルとなる価格設定であり、4WDと8ATの組み合わせターボパワーのトルクなど コストパフォーマンスが高い。(2011)
xDrive 20i

中古車としてのタマ数は豊富である。
X3よりも3シリーズツーリングとの競合になると思われるが、使い勝手は同等である。
ただ、質感や装備は3シリーズが上回っている部分も多く、スタイリングなど装備、排気量などの好みの部分も大きい。
寒冷地の方にとってはX1の4WDモデルが優先されるだろうか。
ボディサイズはコンパクトであるが、車重は1.5tを超えるため、予算に余裕があればNA2.5リッター以上のモデル。
後期型であれば2リッターターボモデルがお勧めである。

  • メンテナンスのポイント
  • 特に突出した弱点は無いが、バッテリーの早期交換を推奨。

各種データ

グレードは均等に分散。(2013)
グレード比率
X Line30%
Standerd30%
Sport20%
Msport20%

絶対的なホワイトカラー人気。中古車市場にも影響。
ボディカラー比率
アルピンホワイト350%
ブラックサファイア・メタリック20%
その他のカラー30%


駆動形式は、FR人気で、シティユース主体のユーザーが多いと思われる。 SUVのボディ形状ながらスタイル・ファッション優先でX1を選んでいる。 この結果から豪雪地帯のユーザー以外は4WDモデルを選ばなくても良いだろう。
駆動形式比率
sDrive(FR)70%
xDrive(4WD)30%

  • 最多売グレードは、20i(エコカー減税適用)
  • 人気オプションは、iDriveナビパッケージ+パーキングサポート