BMWオーナーの情報交換ならBMW@FUN

BMW F10 F11 F07 5シリーズ情報

5シリーズ セダン(F10) ツーリング(F11) グランツーリスモ(F07)


F10 F11 F07の概要

上級FRセダンとしてBMWの主力モデルに位置するBMWの5シリーズの6代目となるセダン(F10型)である。ワゴンタイプのツーリング((F11)も同様にラインナップされる。エクステリデザインはエイドリアン・ファンホーイドンク氏をデザイン責任者として、エクステリアデザイナーはヤチェック・フレーリッヒ氏が担当。先代(E60)のシャープなスタイリングからに比べて、マイルドのスタイリングに路線を変更された。
7シリーズベース(F01)のシャーシは、ロングホイールベース化とスタビリティの安定化に寄与。iDriveは、第3世代のコントローラとなる。また、8速ATとの組み合わせにより、シャープな加速と燃費向上の両立を果たす。アルミのドアは先代比23キロの軽量化。50:50の重量配分によるスポーティなハンドリングを踏襲。
インテグレイテッド・アクティブ・ステアリングは、取り回しの良さと高速時の安定性に寄与。

エンジンのダウンサイジングに加えて、ディーゼルやアクティブハイブリッドのモデルも追加され、低燃費と環境性能を重視した車種バリエーションを展開する。さらに5シリーズGT(グランツーリスモ:形式名F07)は、セダンとSUVとの融合を図った新しいコンセプトのモデルが追加された。ボディサイズは7シリーズに迫るサイズと3mを超えるホイールベースは、新しいジャンルのセダンとなる。

生産は、ドイツのディンゴルフィン工場である。F10セダンをロングホイールベース化したモデル(F18)は、中国の華晨宝馬汽車で生産(洛陽)され中国専用モデルになる。

M5(F10)は、V10エンジンから直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボへ変更。7速M-DCT。560ps、69.3kgmのパワートルクは先代を大きく上回る。

523iツーリング(F11)の画像
アクティブハイブリッド5(F10)の画像

F10 F11 F07の歴史


日付内容
2017/02

7代目の5シリーズ(G30型セダン)がデビュー

7代目、5シリーズとなるG30セダンにバトンタッチした。

2016/10/29

523i Mスポーツベースの限定車「THE PEAK」登場(260台)

523i Mスポーツと523d Mスポーツのセダンとツーリングに「ザ・ピーク」の限定車
F10/F11型のファイナルとなる限定車が登場。712〜770万円

  • ボディカラー:アルピン・ホワイトV、ブラック
  • ホイール:ダブルスポークスタイリング351M(19インチ)
  • 専用ブラック・キドニー・グリル
  • ダコタレザー・シート(ブラック)、シートヒーター
  • ファイン・アンソラジット・ウッド・トリム
  • 専用レザー・キー・ケース(シリアル・ナンバー入り)
  • 専用インテリア・バッジ(シリアル・ナンバー入り)
2016/04/29

セレブレーション・エディション・バロン限定車

523dをベースとしたセレブレーション・エディション・バロンを200台限定車
ミネラル・グレーとメディテレーニアン・ブルーの2色設定
ビジネス紳士のフォーマルさをイメージ。

  • 19インチ351Mホイール、F245/40R19、R275/35R19
  • アダプティブLEDライト
  • BMW Individual アルミニウム・ライン
  • ソフト・クローズ・ドア(フロント&リヤ)
  • オートマチック・トランク・リッド・オペレーション
  • ダコタレザー:オイスター or ヴェネト・ベージュ
  • ファインライン・アンソラジットウッド・トリム
  • Rウインドー・ローラーブラインド(電動)
  • Rサイドウインドー・ローラーブラインド(手動)
  • マルチディスプレイ・メーター
  • 専用インテリア・バッジ、コートハンガー、インテリア・アロマ・ディフューザー
  • 専用レザーキーケース(シリアル・ナンバー刻印)
2016/04/11

F10/F11/F07が累計生産200万台を達成

現行5シリーズの世界販売は、先代比で42%と大幅な増加。
2015年だけでも、5シリーズセダンは、世界で34万7000台以上を販売。
好調なセールスを記録。

2015/11/09

マエストロ(523dベースの限定車)登場

ブラックサファイアカラーのマエストロは99台限定

  • ボディカラー:ブラックサファイア
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • Mスポーツエアロとメッキのドアモールの組み合わせが限定車ならでは
  • レザーシート:アマロブラウン
  • ウッドパネル:ファインウッドシカモアレッドブラウンダーク
  • オーディオ:600W/16個スピーカーのharman/kardonサラウンドサウンドシステム
  • オートマチックトランクリッドオペレーション
  • ソフトクローズドア
  • フロントシートヒーター
  • 価格798万円
2015/6/29 F10のフロント画像

523dの値下げと523i/528i価格改定

売れ筋モデル523dセダン・ツーリングが約57万円の値下げ。

  • レーン・チェンジ・ウォーニングを標準装備化
  • アクティブ・プロテクションを標準装備化
  • 523d/523i/528iの価格改定
2015/6/13

Grace Line(グレース・ライン)の160台限定車が登場

523i/523dスタンダードをベースモデルとして、ミネラルグレーとミネラルホワイトのボディカラーが特徴。

  • 専用18インチ ダブルスポーク・スタイリング609アロイ・ホイール:
  • クローム仕上げキドニー・グリル(マットクロームバー)
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • BMW Individualハイグロスシャドーラインエクステリア
  • ダコタレザーシート(オイスターのカラーで専用ステッチ付)
  • スポーツシート(運転席&助手席)
  • マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(シフト・パドル付)
  • レーンチェンジウォーニング
  • マルチディスプレイメーター・パネル
  • リヤウィンドーローラーブラインド(電動)
  • 限定モデル専用インテリア・バッジ
  • 523i GraceLine:720万円
  • 523d GraceLine:743万円
2014/6/27

528iにアダプティブLEDヘッドライトを標準装備化

adapitive LED 528iのセダン・ツーリング・グランツーリスモに 追加オーダーの多かったLEDライトを標準装備化。価格710万より。
535i以上は以前から標準。

2014/5/28

523iセダンの限定車「イノベーター」

210台の限定車は特別なアイテムを標準装備

  • BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム
  • マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • ボディカラー:アルピンホワイトV、ブラック・サファイア
  • 18インチ スタースポーク・アロイ・ホイール365:
  • 8Jx18ホイール+245/45R18タイヤ
  • ダコタレザーシート: シナモン・ブラウンとファインライン・アンソラジットウッド
  • オートマチック・トランク・リッド・オペレーション(オープン/クローズ)
  • 電動フロント・シート(8ウェイ/運転席&助手席、運転席メモリー機能付)
  • フロント・シート・ヒーティング
2014/5/7

M5に30周年記念モデルは、600psへパワーアップ

「30 Jahre M5」という名称の30周年のアニバーサリーモデルである。
パワー・トルク560ps/6000-7000rpm、69.3kgm/1500-5750rpmのM5エンジンをベースに 600ps/71.4kgmへパワーアップ。0-100km加速は3.9秒となり最速セダンの領域に入った。

  • 全世界300台限定(日本向け11台)。納車2014/11より開始。
  • Mカーボンセラミックブレーキシステムを標準装備する。
  • ボディカラー:Individualフローズンダークシルバー
  • ブラック塗装20インチMライトアロイホイール
  • ダーククローム・キドニーフレーム、サイドギル、ドアハンドル、テールパイプ
  • レザーメリノブラック/アルカンタラアンソラジットコンビネーション:Mマルチファンクションシート
  • 専用アルミニウムトレースダークインテリアトリム
  • 専用アルカンタラアンソラジット・マルチファンクションMスポーツステアリング
2013/11/29

ドライビング アシスト プラスを標準装備。スタンダードのグレード復活

運転支援システム「ドライビング アシスト プラスを標準装備(M5を除く)
カメラとミリ波レーダーセンサーを併用した運転支援システム 衝突回避・被害軽減ブレーキやアクティブ・クルーズ・コントロールの機能を包括する。

  • 前車接近警告機能:衝突の危険性が高まった際、ドライバーに警告する。
  • 衝突回避・被害軽減ブレーキ:警告後の危険度に応じて自動的にブレーキによる衝突の軽減を図る。
  • 歩行者検知機能:歩行者に接近した際もドライバーへの警告やブレーキングを実施する。
  • アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き):前方との車間距離維持し、車速を自動的制御。
  • レーン・ディパーチャー・ウォーニング:カメラで車線の逸脱を検知し、ドライバーに対して警告を行う。
  • 従来には存在したスタンダードのグレードを復活。
  • 523iセダンの615万円より。
  • 523iツーリングの648万円より。
  • 528iグランツーリスモの731万円より。
2013/9/12 523d Luxury

マイナーチェンジ実施

LCI(ライフサイクルインパルス)となる大きな変更である。
523iノーマルモデルを廃止し、ModernとLuxuryを用意し、大幅な装備充実を図ったが価格もアップ。 528iは実質値下げ。デザインはキープコンセプト。

全車改定内容 グリル(12本→10本)、ヘッドライト、テールランプの内部デザインの変更。
iDriveのダイヤル表面をタッチパッド化。
ドアミラーにウインカー内臓。
モニターのサイドにクロームトリム追加。
内装のウッドパネル、シートカラーと形状変更。チタンシルバーのボディカラー廃止。
ヘッドライトの眉毛がLED化。Mspoのハンドル形状変更。

Msportのバンパー形状に変更無し。ModernとLuxuryバンパー形状変更。
グランツーリスモの535iを廃止し、528iへ変更(お手頃価格へ)

  • オプション装備品の注意
  • LEDアダプティブヘッドライト(535i以上に標準。下部が直線のイカリング。523/528iに19万円OP)
  • キセノンヘッドライト(523i/528i標準。丸いイカリング、ウインカーはバルブへ変更。)
  • マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル(528i以上に標準)
  • ドライビングアシストプラスは、この時点ではオプション
  • セダン:660〜1510万円
  • ツーリング:693〜1151万円
  • グランツーリスモ:748〜1196万円
2013/7

M5ナイトホーク(限定10台)

LCIマイナーチェンジ後モデルをベースとして、 M5車両にコンペティションパッケージを含む、専用内外装の加え、約500万円分の装備を追加。
フローズンブラックのボディカラーとマットブラックのホイールは、まさにナイトホーク仕様。
サキールオレンジのシートが特徴的。
15psアップの575psエンジンやMカーボンセラミックブレーキなど、走りも強力。
セダン:価格1820万円

2013/4/11

エクスクルーシブ・スポーツ(限定300台)

523i Mスポーツパッケージをベースに19インチMライトアルミ
シナモンブラウンのダコタレザーシート
ピアノフィニシュブラックのインテリアトリム
マルチディスプレイメーターパネルとヘッドアップディスプレイ、HiFiシステム・プロフェッショナル
などの特別装備を備える。アルピンホワイトV、カーボンブラックの2色設定
セダン・ツーリング:価格719万円〜772万円。

2013

2013年モデル仕様追加

USBオーディオインターフェースを標準装備化:USBメモリー(外部記憶媒体)から、MP3等のファイルを直接再生可能。

iDriveのナビバージョン:01.00.0004
Road Map JAPAN Next 2012-2
新東名高速道路、反映済みバージョン

2012/10 Alpina D5

ALPINA D5ターボリムジン登場

3リッター直6直噴ツインパワーターボエンジン
280ps4000rpm、61.2kgm1500-3000rpmを発揮。
十分なパワーとディーゼルの強大なトルクを持つエンジンは日本専用。
995万円の価格は、550iよりもお買い得。

2012/09/12

535i/550iグランツーリスモ(F07)のエンジン改良

4.4リッターV8の直噴ツインパワーターボエンジン(ツインターボ)
450ps、66.3kgmへパワーアップ。0-100km/h加速は5.0秒。
535i/550iエンジンオートスタート/ストップ機能、ドライビングパフォーマンスコントロールを追加
燃費性能改善:535i(JC08/12.2km/l)、550i(JC08/9.6km/l)
標準装備の向上:テールゲートの自動開閉とUSBインターフェイス
535i グランツーリスモ:884万円
550i グランツーリスモ:1140万円

2012/08/29

F10 523dブルーパフォーマンス(ディーゼル)を追加

F10(5シリーズ)初となるディーゼルターボエンジンを搭載。
直列4気筒DOHC 2.0リッター 直噴可変ジオメトリーターボディーゼル
184PS/4000rpm、38.7kgm/1750-2750rpmのパワー・トルク。燃費もJC08/16.6km/l
標準モデルは、ガソリン版より23万円アップの633/663万円より(セダン/ツーリング)
日本のポスト新長期規制対応のクリーンディーゼル
尿素SCRを装備せず、NOx(窒素酸化物)を吸蔵還元触媒により、 排出ガス処理技術「BMW ブルーパフォーマンステクノロジー」備え、メンテナンスフリーのクリーンディーゼル化を達成する。

ドイツ本国では520dと呼ばれるモデルだが、日本では523dとなる。

2012/08/29

F10 アクティブハイブリッド5にMスポーツパッケージを設定

各種のMsportパーツを装着したインテリア、エクステリアとなる。
Mスポーツパッケージのオプション価格は37万円アップ。

2012/06/21

EU向け550iのV8がパワーアップ

4.4リッターV8の直噴ツインスクロールターボエンジンはは、
449ps、66.3kgmへパワーアップ。従来比、42ps、5.1kgmのアップになる。

2012/04/27

F07 グランツーリスモにMスポーツパッケージ追加

535i:52.0万円のオプション設定。
550i:40.5万円のオプション設定。
インテリア:専用スポーツシート、マルチファンクションMステアリング、アッシュグレインアンソラジットのウッド
エクステリア:Mエアロ、19インチMライトホイール、Mスポーツサス
Mスポ用にカーボンブラックのボディカラー設定も有。

2012/05

Mパフォーマンスのパーツ発売開始

5シリーズ・Mパフォーマンス専用パーツ

  • フロントスポイラーセット
  • サイドスカート
  • カーボンタイプのリヤスポイラー
  • カーボンミラーカバー
  • ストライプのライン
  • ブラックキドニーグリル、
  • 赤のセンターマークが入りのアルカンターラ素材のステアリングホイール
  • カーボン製シフトグリップ
  • カーボン製のトリム
  • ロゴ入りホイール
  • フロント4ピン、リア2ピンのアルミニウム製ブレーキキャリパー(カラー選択可能)
  • 軽量ベンチレーテッドブレーキディスク
  • 専用ステッカー、エンブレム
2012/04

ニュルブルクリンクタクシーがF10 M5へ

ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(20.8km)でドライバートレーニングの一環として、
サーキットの限界体感が出来るタクシーである。(約216ユーロ)
車両としてF10 M5を用いる。正式名称は「リングタクシー」である。

2012/03/22

F10 アクティブハイブリッド5 市販開始

アクティブハイブリッド5 リヤサイド

直列6気筒3リッター直噴ツインスクロールターボエンジン(306ps)を搭載する535iセダンをベースにモーター追加したハイブリッドモデル。 電動モーターは55ps/21.4kgm
最大出力時の総合出力は340ps。モーターのみで60km/h以下での単独走行が可能。
ベースとなる535iに比べ、燃費消費率を約15%向上。価格も10万円アップの850万円は、バーゲンプライス。
インテグレーテッド・アクティブステアリングを標準装備

2012/02

F10 ALPINA B5 BiTurbo ショーデビュー

スイスのジュネーブショーでデビュー
直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。
507ps、71.4kgm
ZF製8速AT(スイッチトロニック)、0-100km/h加速4.5秒、最高速319km/h(リミッター解除)

2011/11/27

直4ツインパワーターボの528i登場、燃費向上の装備追加

528iは、新型の直列4気筒ツインパワースクロールターボエンジンを搭載。

180kW(245ps)5,000rpm、350Nm(35.7kgm)/1,250-4,800rpmのスペック。
エンジン・オート/スタート・ストップ機能
ECO PROモード(燃費向上のためのエンジン・電装系の総合コントロール)
上記装備により、燃費の向上が図られた。
528iセダン: 13.8km/L:\ 7,150,000
528iツーリング: 13.4km/L:\ 7,450,000

ドイツ本国では528iと名乗るモデルが、日本そのまま名称を継承した。 よって、520i(本国)→523i(日本)のみ名称変更されたことになる。

2011/11/25

F10 M550DxDrive登場

直列6気筒3.0Lディーゼルエンジン+直噴トリプルターボ
381ps、75.5kgmの大トルクを発生。xDriveにより強烈なトルクを効率的に路面へ伝える。
0-100km加速は、ディーゼルエンジンとしては驚異的な4.7秒は、Mのネーミングに恥じない性能。
日本導入予定なし

2011/11/14

F10 アクティブハイブリッド5 ショーデビュー

アクティブハイブリッド5が「第42回東京モーターショー」でワールドプレミア。

直列6気筒3リッター直噴ツインスクロールターボエンジンを搭載する535iセダンをベースとし、モーター追加したハイブリッドモデル。
モーターのみで60km/h以下での走行が可能。

535iセダンと比べ、燃費消費率を約15〜20%向上。発売は2012年

2011/10

F11 535i xDriveツーリング、550i ツーリング

535i xDriveツーリングが登場。ツーリングモデルの使い勝手と走破性の高さがポイント。
フルタイム4輪駆動のxDrive(エックス ドライブ)は、走行状況に応じて前後駆動トルク配分を電子制御する。
直列6気筒ツインスクロールターボ306psのパワーは4WD化により、強力なトラクションを確保する。

550i ツーリングは、407ps/5,500rpm、61.2kgm/1,750-4,500rpmの4.4リッターV型8気筒ツインパワーターボエンジンを搭載。 ツーリングのトップモデル。

いずれも、ECO PRO(エコ・プロ)モードを搭載し、燃費の向上を達成。

  • 535i xDrive ツーリング:\8,900,000
  • 550i ツーリング:\10,700,000
2011/10

直4ターボの523i登場。燃費向上の装備追加

523iは、新型の直列4気筒ツインパワースクロールターボエンジンを搭載。

135kW(184ps)5,000-6,250rpm、270Nm(27.5kgm)/1,250-4,500rpmのスペック。
エンジン・オート/スタート・ストップ機能
ECO PROモード(燃費向上のためのエンジン・電装系の総合コントロール)
上記装備により、燃費の向上が図られた。

  • 523iセダン: 14.4km/L(約26%改善)\ 6,100,000
  • 535iセダン: 12.8km/L(約21%改善)\ 8,400,000
  • 523iツーリング: 13.6km/L(約31%改善)\ 6,400,000
  • 535iツーリング: 12.4km/L(約17%改善)\ 8,700,000
  • 528iは廃止。

ドイツ本国では520iとなる184ps(2.0L相当)だが、日本では523iを名乗る(格上げ)ところがポイントである。 従来の523i直6モデル204ps(2.3L相当)に比べて、当然であるがパワーダウンしているのだが、価格据置となっている。

2011/09

アクティブハイブリッド5(F10)

535iの直列6気筒ツインスクロールターボにモーターを追加したアクティブハイブリッド5が登場。
306ps、40.8kgmのエンジンに加えて、55ps、21.4kgmのモーターを組み合わせた8ATで駆動するハイブリッドモデル。
リチウムイオンバッテリーを搭載し、市販は2012年の第二四半期。

2011/09

528i 30th Anniversary Edition(F10)

528iセダンのM Sport パッケージをベースとして、ディープシーブルーの専用カラー
ヘッドアップ・ディスプレイ、HiFi システム・プロフェッショナル、USBのオーディオインターフェース
BMW Individualの特殊装備として、

  • ファインウッド・サテン・ウォールナット・ハニーブラウンインテリア・トリム
  • サンプロテクションガラス
  • 30周年ロゴ入りシリアルプレート
  • 価格789万円(限定200台)
2011/07

M5日本予約開始(F10)

直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。
560ps/6000-7000rpm、69.3kgm/1500-5750rpm
7速M-DCT、0-100km/h加速4.4秒、最高速305km/h(リミッター解除)
燃費は30%の向上。アイドリングストップ機構
M5専用エアロを装備する。19インチMライトアルミホイール
4本出しのマフラー
7/25予約開始→納車2012/1。価格1495万円

M5フロント M5リヤ
2011/07

EU先行投入 4気筒ターボデビュー

・520i:1997cc、184ps、27.5kgm
・528i:1997cc、245ps、35.7kgm、0-100km/h-6.2sec、MAX250km/h
・直噴4気筒ツインスクロールターボシステム、バルブトロニック、ブレーキエネルギー回生システム

2011/03

B5ビターボ ツーリング デビュー(F10)

Alpina B5ビターボ ツーリング デビュー

4.4リッターV8ツインターボエンジンは、520ps 72.9kgmのパワートルクを誇る。 8速ATの設定。アルピナのエクステリア、インテリアのカスタマイズが施され価格は1574万円。

アルピナB5 Biターボツーリング サイド アルピナB5 Biターボツーリング リヤ
2011/01

衝突テストで5つ星

欧州の公的衝突テスト「ユーロNCAPコンソーシアム」における衝突安全テストで5つ星を獲得。
テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突29km/h、歩行者衝突40km/hの項目。

2011/03

xDriveデビュー

xDrive搭載の4WDモデルが追加

本国にて、535i xDrive、530d xDrive、530d xDriveツーリングの3タイプが2011/04デビュー

2011/01

衝突テストで5つ星

欧州の公的衝突テスト「ユーロNCAPコンソーシアム」における衝突安全テストで5つ星を獲得。
テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突29km/h、歩行者衝突40km/hの項目。

2010/12

B5 bi turbo発売(F10)

アルビナB5ビターボがデビュー。

550iベースのV8ダブルVANOSのツインターボは、アルピナマジックのチューニングによりパワーアップ。
N63B44Aエンジンベース
520ps/5500rpm
72.9kgm/3000-4750rpm
ハネウェル・ギャレット製タービンとマーレ製ピストン、ジーメンス製CPUも強化。
専用エアロ、アルピナブルーのメーター、ミルテウッド、アルピナライン。
1495万円。おなじみのアルピナブルーカラーは55万のオプション。

2010/10

エコカー減税対象拡大

セダン・ツーリングのエコカー減税対象拡大 523i/528iのセダン・ツーリングが、平成22年度燃料消費率+20%達成。取得税と重量税が50%減税。
535iセダン・ツーリング・グランツーリスモ、平成22年度燃料消費率+15%達成。取得税と重量税が50%減税。

2010/10 523i Mスポーツ

Mスポーツパッケージ(M-Sport)発売

Mスポーツパッケージ(M-Sport)がデビュー

標準より29〜49万円アップ

専用スポーツシート、Mスポーツレザーハンドル(シフトパドル付)
ATスポーツオートマチックシフトレバー
アルミニウムヘキサゴンインテリアトリム
BMW Individualアンソラジット・ルーフライニング
Mスポーツサスペンション、エアロダイナミクスパッケージ、
Mスポーツ用アルミ

Mスポーツ用カーボンブラック色も設定。

2010/09 523iツーリング

F11ツーリング発売

モデルコードは「F11」がツーリングとなる。

523iツーリング:2.5NA(204PS/6300rpm 25.5kgm/2750-3000rpm)640万円
528iツーリング:3.0NA(258PS/6600rpm 31.6kgm/2600-3000rpm)745万円
535iツーリング:3.0ターボ(306PS/5800rpm 40.8kgm/1200-5000rpm)865万円
荷室容量560L、リアゲートのガラス部分は開閉可。
ラゲージカバーは、2ウェイで、どちらでも自動開閉
リアシートは4:2:4の分割可倒式、リアシートを倒せば560→1670Lに拡大。
オプション:「ラゲージ・コンパートメント・パッケージ」リアシートの角度調整可(MAX11度:荷室容量30Lアップ)
アクセサリー:「インテリア・バイシクル・ホルダー」2台のマウンテンバイク搭載可。

2010/08

F07 550i xDrive グランツーリスモを追加

550iグランツーリスモをベースとして4輪駆動モデルのxDriveを追加。

前後のトルク配分を電子制御する。価格1132万円
エンジン、装備は、550iグランツーリスモと共通。

2010/07

523i追加(F10)

523i 523iセダンがデビュー。エンジンは2500ccの直6エンジンを搭載。価格610万円

204ps/6300rpm、25.5kgm/2750-3000rpmのパワートルクとなる。
11.4km/Lの燃費を達成(F60-525i比で30%UP)。エコカー減税適合モデル。
8速AT、電動パワステ、マイクロハイブリッドテクノロジーなどは528iと同様。
・先代525iの8.8km/Lから11.4km/L燃費向上
・アッシュウッドインテリアトリムが標準

528iは標準のダゴダレザーシート(メモリー付きパワーシート)、電動ランバーサポート、リヤ電動ローラーブラインドが 523iは、付かない点がポイント。Hi-Lineパッケージ390,000円をプラスすることで装着可。

2010/07 523i Mspo日本仕様

Mスポーツパッケージ海外デビュー

Mスポーツパッケージ・プレスリリース

Msport専用のフロント・リヤーバンパー
専用のインテリアトリム・シート
18インチMダブルスポークアルミ(350M 標準)
19インチMダブルスポークアルミ(351M オプション)

ダブルスポークアルミの復活は、E39を彷彿とさせる。2010/9 欧州リリース。

2010/04/15

528i・エコカー減税適用

E60-525i比で約19%、約18%の燃料消費量向上

10/15モード・JC08モード燃費10.4km/L
2010年度燃費基準+15%と2005年排ガス基準75%低減レベルにより、
BMW車初の自動車取得税と重量税が約50%軽減のエコカー減税に認定
新車購入補助対象モデルにも認定され、エコカー減税と新車購入補助金で計43万円の減税効果。

2010/03/25 F10のフロント画像

6代目5シリーズ F10国内発売

5シリーズセダン(F10)国内発売

550i:4.4リッターV型8気筒ツインターボ:1040万円
535i:3.0リッター直列6気筒直噴ツインスクロールターボ:835万円
528i:3.0リッター直列6気筒:715万円
全車8速AT、ハンドルは全グレード右左有り
528iは「エコカー減税対象車」の見込み

2010/03

ハイブリッドモデル発表

コンセプト 5シリーズ アクティブハイブリッド(5SERIES ACATIVE HYBLID)がジュネーブモーターショーでデビュー。

他シリーズでデビュー済の4.4L-V8エンジンのハイブリッド版ではなく、直列6気筒エンジンをベースとしたハイブリッドモデルとなる。
8速AT+モーター(54ps/40kw)+直6エンジンの組み合わせ。
EV単独走行も可能でトータル10%の燃費向上。
エンジン+モーターと各単独の走行パターンが選べる。アイドリングストップ機構を装備。
ハイブリッドモデルとして、ブレーキング時は充電モードになる。

2010/03

ツーリング(F11)発表

523iツーリング 注目のリヤゲートは、先代よりも大きく傾けられスタイリッシュに変化。
ボディサイズは、全長4907、全幅1860、全高1462mm、ホイールベース2968mm、セダンより全長が+8mm。

  • 荷台は、560L。最大1670Lの容量。
  • リアシート40:20:40の3分割。
  • 独立開閉式リヤウインドー
  • セルフレベリング機能付きのリアエアサスペンション
  • セダンと似たようなデザインのテールランプ。
  • アンダーフロアストレージ(荷台下の収納スペース)
  • ラゲージパーティションネット(荷台の荷物を安定)
  • 最大積載量は650kg
  • ガラスハッチとリヤゲートの2パターン開閉。
  • その他、エンジン、快適装備はセダンと共通
  • ドイツ・ディンゴルフィング工場製(F10/F11/F07/F01同様)
  • 2010/4ライプツィヒモーターショーで正式公開

オプション装備

  • ラゲージコンパートメントパッケージ
    (後席バックレスト角度調節:最大11度)荷室容量約30Lアップ、フック付きパーセルレール
  • BMW純正アクセサリー:インテリアバイシクルホルダー:マウンテン・バイク2台積載可

2009/11

6代目5シリーズショーデビュー

ロサンゼルスモーターショーにて公開予定

2009/11/27

グランツーリスモ予約開始

535iグランツーリスモ: 878万円。3.0直6ツインターボ
550iグランツーリスモ:1114万円。4.4V8ツインターボ

2009/11/23

6代目5シリーズ発表


535iリヤ

5代目の5シリーズ(BMW E60セダン E61ツーリング)からバトンタッチし、 6代目のBMW F10セダン F11ツーリングがプレスリリースされる。

海外でのラインナップは、4タイプ。

  • 523i:2.5L直6(2.3リッター相当のパワー)
  • 528i:3.0L直6(2.8リッター相当のパワー。258ps、31.6kgmは、E60-530iよりダウン)
  • 535i:3.0L直6シングルターボ(306ps、40.8kgm)
  • 550i:4.4LV8ツインターボ(407ps、61.2kgm)
    ドイツ南部のディンゴルフィング工場で生産開始
2009/09 F07グランツーリスモ(ハッチバック)

5シリーズGT本国発表

本国では、530d グランツーリスモのディーゼルターボもラインナップされる。(日本導入予定無し)

2009/03 F07グランツーリスモ

5シリーズGT グランツーリスモ デビュー

スイス・ジュネーブショーで5シリーズGT グランツーリスモ(形式F07)がデビュー。
7シリーズベースのシャーシを用いて、全長4998mm、ホイールベース3070mmのSUV使い勝手とセダン走りを融合させた新しいボディが5シリーズのラインナップに加わる。2段階で開閉するトランクは440Lを確保。

日本導入予定は、2タイプ。
・「535i」3.0L直6シングルターボ(306ps、40.8kgm)
・「550i」4.4LV8ツインターボ(407ps、61.2kgm)

仕様(スペック)


F10 F11スペック/2010〜2011/09 ディンゴルフィング工場生産・ドイツ
523i/528i/535i/550iスペック
全長、全幅、全高 4910×1860×1475
ホイールベース 2970
最小回転半径 5.5m
トレッド F1600/R1625(550i-R1600)
車両重量 1770/1770/1820/1960kg
エンジン エンジンスペック
直列6気筒DOHC24V/523i
直列6気筒DOHC24V/528i
直列6気筒DOHC24Vシングルターボ3.0L/535i
V型8気筒DOHCツインターボ4.4L/550i
総排気量 2496/2996/2979/4394
最大出力 204ps6300rpm/258ps6600rpm/306ps5800rpm/407ps5500-6400rpm
最大トルク 25.5kgm2750-3000rpm/31.6kgm2600-3000rpm/40.8kgm1200-5000rpm/61.2kgm1750-4500rpm
圧縮比 10.7/10.7/10.2/10.0
燃料タンク 70L(95RON)
操舵装置 電動パワーステアリング
トランスミッション 8AT(ステップトロニック)
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ 225-55R17/225-55R17/245-45R18/F245-45R18,R275-40R18
10/15モード燃費 11.4/10.4/10.6/8.3kml
標準装備
535i rear トランク容量520L/燃料タンク70L/定員5名
ABS/DSC/DBC/EBV
デュアルエアバッグ/サイドエアバッグ/ヘッドエアバッグ
電動格納ドアミラー/PS/PW/集中ドアロック/電波式キーレスエントリー・イモビ
電動チルト・テレスコステアリングハイマウントブレーキランプ/フォグランプ
Pシート/ウッドパネル/ダイバーシティアンテナ/自動防眩ミラー
HIFIスピーカー/マルチインフォメーションディスプレイ
オンボードコンピュータ/オートエアコン/AUC(空気汚染物質関知内気循環)
ホイールベースの拡大で、後席ニールームも13ミリ拡大
10.2インチに大型化されたモニター

■日本仕様
8速AT
インテグラルアクティブステアリング:前輪に加えて、後輪のアクティブステアリングを制御する。「ダイナミックドライビングコントロール」
レザーシート(フロントシートヒーター)
リアビューカメラ、アンビエントライト
■550i
アダプティブドライブ
ヘッドアップディスプレイ

エフィシエントダイナミクス
ブレーキエネルギー回生システム、エアフラップアクティブコントロール、電動パワーステアリング
オプション装備
コネクテッドドライブ(ナビやネット接続、緊急通報システム、レーン逸脱警告、ナイトビジョン、アクティブクルーズコントロール)

F10 F11スペック/2011/11〜 ディンゴルフィング工場生産・ドイツ
523i/型式DBA-XG20、528i/型式DBA-XG28スペック ()Mスポーツ
全長、全幅、全高 4910(4920)×1860×1475(1470)
ホイールベース 2970
最小回転半径 5.5m
トレッド F1600/R1625
車両重量 1750/1770kg
エンジン 直列6気筒DOHC16V
523i/N20B20B
528i/N20B20A
総排気量 1997
最大出力 184ps5000rpm
245ps5000rpm
最大トルク 27.5kgm1250-4500rpm
35.7kgm1250-4800rpm
圧縮比 11.0/10.0
燃料タンク 70L(95RON)
操舵装置 電動パワーステアリング
トランスミッション 8AT(ステップトロニック)
4.714/3.143/2.106/1.667/1.285/1.000/0.839/0.667/3.295
最終減速比:3.231
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ 225-55R17
JC08モード燃費 14.4(14.2)kml/13.6kml

アクティブハイブリッド5スペック
全長、全幅、全高 4910×1860×1475
ホイールベース 2970
最小回転半径 5.7m
トレッド 1600/1625
車両重量 1960kg
エンジン 直列6気筒DOHC24V直噴ターボ
総排気量 2979cc
最大出力 306ps5800rpm+55ps(モーター):トータル出力340ps
最大トルク 40.8kgm1200-5000rpm+21.4kgm(モーター):トータル出力45.9kgm
圧縮比 10.2
燃料タンク 70L(95RON)、リチウムイオンバッテリー
操舵装置 電動パワーステアリング
トランスミッション 8AT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ 245-45R18
JC08/10-15モード燃費 13.6/14.6kml
その他 トランク容量375L(535i比、-145L)

M5スペック
全長、全幅、全高 4920×1890×1470
ホイールベース 2965
最小回転半径 5.8m
トレッド 1625/1585
車両重量 1980kg
エンジン V型8気筒DOHC32V直噴ツインターボ
総排気量 4394
最大出力 560ps6000rpm
最大トルク 69.3kgm1500-5750rpm
圧縮比 10.0
燃料タンク 70L(95RON)
操舵装置 電動パワーステアリング
トランスミッション 7DCT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ 265-40ZR19/295-35ZR19
10-15モード燃費 9.1kml

BMW F07のスペック・サイズ・エンジン


BMW 5シリーズグランツーリスモ(F07)スペック
CBA-SN30:535iグランツーリスモ
ABA-SN44:550iグランツーリスモ
全長、全幅、全高 4998×1901×1559
ホイールベース 3070
最小回転半径 5.5m
トレッド F1610/R1655
車両重量 2020kg
2150kg
エンジン エンジンスペック
直列6気筒DOHC24V
N55B30A/直列6気筒DOHC24Vターボ3.0L
N63B44A/V型8気筒DOHCツインターボ4.4L
総排気量 2,979cc
4,394cc
最大出力 306ps/5,800rpm
407ps/5,500rpm
最大トルク 40.8kgm/1,200-5,000rpm
61.2kgm/1,750-4,500rpm
圧縮比 -
燃料タンク 70L(95RON)
操舵装置 ラック&ピニオン式、車速感応式パワー・ステアリング(電動、xDriveは油圧)
トランスミッション 8AT(ステップトロニック)
サスペンション Fダブル・ウィッシュボーン式、コイル・スプリング、スタビライザー
Rインテグラル・アーム式、エア・スプリング、スタビライザー(セルフ・レべリング機能付)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ 535i:FR 8J×18 245/50R18
550i:F 8.5J×19 245/45R19、R 9.5J×19 275/40R19
10/15モード燃費 535i:9.4km/l
550i:7.4km/l
標準装備
トランク容量520L/燃料タンク70L/定員5名
ABS/DSC/DBC/EBV
デュアルエアバッグ/サイドエアバッグ/ヘッドエアバッグ
電動格納ドアミラー/PS/PW/集中ドアロック/電波式キーレスエントリー・イモビ
電動チルト・テレスコステアリングハイマウントブレーキランプ/フォグランプ
Pシート/ウッドパネル/ダイバーシティアンテナ/自動防眩ミラー
HIFIスピーカー/マルチインフォメーションディスプレイ
オンボードコンピュータ/オートエアコン/AUC(空気汚染物質関知内気循環)
ホイールベースの拡大で、後席ニールームも13ミリ拡大
10.2インチに大型化されたモニター ■日本仕様
8速AT、 インテグラルアクティブステアリング:前輪に加えて、後輪のアクティブステアリングを制御する。「ダイナミックドライビングコントロール」、 アダプティブヘッドライト、アラームシステム、コンフォートアクセス、リヤビューカメラ、ダイナミックブレーキライト、 DSC、ブレーキエネルギー回生システム、インテグレイテッド・アクティブステアリング、 アンビエントライト、TVチューナー(地デジ・ワンセグ)、Musicコレクション、インテグレイテッドオーナーズハンドブック、 ヘッドライトウォッシャー ■550i
アダプティブドライブ
ヘッドアップディスプレイ
グランツーリスモ標準装備
  • トップビュー(駐車アシスト)
  • リヤビューカメラ
  • バイキセノン・ヘッドライト
  • アダプティブ・ヘッドライト
  • クルーズ・コントロール
  • 地デジチューナー
  • HDDナビゲーション・システム
  • Bluetooth対応ハンズフリー・テレフォン・システム
  • ETC車載器システム
  • ダコタレザー
エフィシエントダイナミクス
ブレーキエネルギー回生システム、エアフラップアクティブコントロール、電動パワーステアリング
オプション装備
コネクテッドドライブ(ナビやネット接続、緊急通報システム、レーン逸脱警告、ナイトビジョン、アクティブクルーズコントロール)

Mスポーツ仕様


M Sportパッケージ

523i/\490,000(レザーシート・シートヒーター別オプション)
528i/\390,000
535i/\370,000
550i/\290,000

専用のMサス・Mエアロを装備するパッケージ
スポーツ・シート、マルチファンクション M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール
8速スポーツ・オートマチック・トランスミッション(スポーツ・オートマチック・シフト・レバー、シフト・パドル付)
アルミニウム・ヘキサゴン・インテリア・トリム、BMW Individual アンソラジット・ルーフ・ライニング
Mロゴ付のドアシルプレートなど専用パーツを装備する。

・標準ホイール:M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング350M
・ボディカラー:ブラックII、アルピン・ホワイトIII、チタン・シルバー、スペース・グレー、ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト、インペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクト、カーボン・ブラック(専用色)より選択可能
523i Mスポーツ内装 523i Mスポーツ内装(2011)
528i Mスポーツ 528i Mスポーツ(2011)


F10のマイナーチェンジ内容

前期と後期の違いとは

F11-535i (LCI) LCI(ライフサイクルインパルス)となる大きな変更である。
523iノーマルモデルを廃止し、ModernとLuxuryを用意し、大幅な装備充実を図ったが価格もアップ。 528iは実質値下げ。デザインはキープコンセプト。

全車改定内容 グリル(12本→10本)、ヘッドライト、テールランプの内部デザインの変更。
iDriveのダイヤル表面をタッチパッド化。
ドアミラーにウインカー内臓。
モニターのサイドにクロームトリム追加。
内装のウッドパネル、シートカラーと形状変更。チタンシルバーのボディカラー廃止。
ヘッドライトの眉毛がLED化。Mspoのハンドル形状変更。

F11-535i (LED) Msportのバンパー形状に変更無し。ModernとLuxuryバンパー形状変更。
グランツーリスモの535iを廃止し、528iへ変更(お手頃価格へ)

  • オプション装備品の注意
  • LEDアダプティブヘッドライト(535i以上に標準。下部が直線のイカリング。523/528iに19万円OP)
  • キセノンヘッドライト(523i/528i標準。丸いイカリング、ウインカーはバルブへ変更。)
  • マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル(528i以上に標準)
  • ドライビングアシストプラスは、この時点ではオプション

レビュー


スタイリング

F10のスタイリングは、鋭い顔つきのE60から一転。やや万人向けの大人しいイメージになった。 先行してデビューしたF01-7シリーズの弟分として考えれば、シリーズのイメージを継承しており、 同一コンセプトの流れを受け継いだ正常進化だろうか。 ボディをじっくりと眺めれば、各部のディテールに新しさを感じられる。

アメリカでのグランツーリスモ

アメリカでは、グランツーリスモ(F07)のみが導入され、ツーリング(F11)が導入されていない。 グランツーリスモの人気はいまひとつで、ツーリングワゴンモデルの購入層は、他社へ流れてしまった ようだ。この経験から、次期モデルを待たずにツーリングモデルがアメリカに導入される可能性も高いが、ラインナップ見直しの気配はない。(2013/3) 日本では、グランツーリスモとツーリングの両方が選べるわけで、恵まれているとも言える。 いずれにしてもツーリングの方が人気であるが。

右ハンドル専用ワイパー

ワイパーは、右ハンと左ハンがそれぞれ別になった。E60では左ハン用のみのワイパーであったので、不満に思っていた方も多かったようである。E60は、複雑なリンク機構でワイパーの稼動面積をカバーしていたが、やはり右・左が別々の方が一般ユーザーにとっては違和感が少ないだろう。

ロードテスト

  • 550i
  • 0-100km加速:5.0秒
  • 最高速:250km/hリミッター
  • 535i
  • 0-100km加速:6.1秒
  • 0-400m加速:14.3秒
  • 最高速:250km/hリミッター
  • 528i(直6)
  • 0-100km加速:6.7秒
  • 最高速:250km/hリミッター
  • 523i(直6)
  • 0-100km加速:8.2秒
  • 最高速:234km/h

CMソング

F10が登場するTV CM曲「クルマは単なる移動手段ではない。」これはCM専用に製作されたもので非売品です。
作曲:松井亮(meister)、プロデュース:佐藤能久、制作:サーティース
(2011/6)

2012/04東京モーターショー2011で登場したアクティブハイブリッド5が発売。

ガソリンエンジンとモーターのハイブリッドシステムは、ノーマルの535iと比較して圧倒的なハイパワーと燃費を両立。
価格も535iの840万円と比べて、850万円となり日本のハイブリッドカーからみれば、考えられないような価格設定である。
大型バッテリーの搭載により、トランク容量は520Lから375L減った。 搭載場所が、後席の後ろのバッテリーが搭載されるためトランクスルーの機能も無くなった。
ハイブリッド化によるウィークポイントも顕在化しているが、850万円という価格設定は、ハイブリッド大国の日本でアクティブハイブリッド5を売り込もうとしているメーカーの本気度を感じるのであった。

富士スピードウェイのオフィシャルカー

ホワイトカラーのM5と535i xDrive ツーリング Mスポーツがオフィシャルカーとして導入された。(2014)

  • M5:コースカー(ペースカー、コース点検、サーキットTAXY用途):ミシュランタイヤのサポート
  • 535i xDriveツーリング:レスキューカーで使用:ブリジストンタイヤがサポート

2013版ナビの地図へのバージョンアップ

画面表示は「06.00.2000」「Road MAP JAPAN PREMIUM 2013」となる。
価格は\33,000で、定価であれば、工賃込み4万弱となる。
地図のみの更新となり、その他機能のバージョンアップは無し。


直列6気筒から直列4気筒ターボへ変更の意味

2011年10月、直6-NAの523i/528iから、直4ターボの523i/528iにチェンジ

多売グレートとなる523iの4気筒ターボ化による推移は下記の通り。
タイプ523i(直6NA)523i(直4ターボ)
馬力204ps6300rpm184ps5000rpm
トルク25.5kgm2750-3000rpm27.5kgm1250-4500rpm
最高速234km228km
0-100km/秒8.2秒7.9秒
10-15モード燃費11.4km/l14.4km/l

2リッター4気筒ターボ化というダウンサイジングは、シルキーシックス支持派にとって、当初は理解に苦しむかもしれない。 それは、シリンダー数の削減という物質的・コスト的なものだけでなく、シルキーシックスという官能的な音や回転フィールが得られない事でもある。

ターボエンジンは、1250回転という低い回転数からフラットな最大トルクを発生し、8ATの伝達効率により、
エンジンを回さずに加速が完了します。
従来の6気筒NAエンジンでは、細いトルクのために回転数を上げて、車速を上げており、回してフィールを楽しむという感覚とは、全く異なります。
NAエンジンは、トルク不足感を補う為にシルキーな回転フィールが必須であったのです。

5000回転以上では、4気筒の音とフィールが顔を出すが、 日常の4000回転以下では、車内での遮音は保たれます。
5シリーズの遮音の高さとターボエンジンの厚い低速トルクは、エンジンを回さずに済むため、車内の静粛性向上にも繋がっています。

厚いトルクと8ATによるエンジンを回さない車速の上げ方は、低燃費に繋がり、日常の移動シーンでその真価が発揮される。これこそが、最新のBMWが提唱するefficient dynamicsなのです。