BMWオーナーの情報交換ならBMW@FUN

7シリーズ G11 G12情報


G11セダン G12ロングホイールベース

740i 740Li 750i 750Li


概要

7シリーズの6代目となるG11型セダン、G12型ロングホイールベースモデルである。
先代F01モデルを踏襲したスタイリングだが、グリルと繋がったレーザーライトやLEDの使い方が新しい。
エクステリアデザインは永島譲二氏
グレードとエンジンバリエーションは先代同様の3リッター直6ターボと4.4リッターV8ターボ。
CFRP素材などを用いて130kgの軽量化を達成。
ステアリングを自動操舵して車線中央の走行を維持する「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」を全車標準装備。
ジェスチャーで車載コントロール・システム操作ができる「ジェスチャー・コントロール」やリモコンキーの操作でドライバーが車外から駐車ができる「リモート・コントロール・パーキングなど最新の装備を備える。
ハイブリッドモデルやV12モデルも追加予定。


BMW G11 G12の歴史


2017/10

750Li Individual Edition限定車30台

750Liエクセレンスのロングホイールベースのグレードを元に各種Individual仕様のパーツを追加した限定車。
1955万円から

全車右ハンドル Individualボディーカラー3色 V8 4.4リッターBMWツインパワー・ターボ
ボディカラーメリノレザーシートインテリアカラー
アズライト・ブラックスモーク・ホワイトユウカリ・スモーク・ブラウン・ハイグロス
ムーンストーンタルトゥーフォピアノ・フィニッシュ・ブラック
ルビー・ブラックキャラメルアッシュ・グレイン・ブラック/レッド・ハイグロス
  • Individual Edition専用標準装備
  • ホイールVスポーク・スタイリング649I
  • アルカンタラ・ルーフ・ライニング
  • マルチ・ファンクション・レザー・ステアリング・ホイール(ウッドトリム)
  • スカイ・ラウンジ・パノラマ・ガラス・サンルーフ
  • ヒート・コンフォート・パッケージ
  • リヤ・マッサージ・シート
  • Bowers&Wilkinsダイアモンド・サラウンド・サウンド・システム
  • アンビエイト・エア・パッケージ
  • エグゼクティブ・ラウンジ・シート
2016/10

740e iPerformance登場

プラグインハイブリッド車のサブネーム(iPerformance)が登場。
1169万円から

  • 直列4気筒2.0L直噴ツインパワーターボ + モーター
  • エンジン出力:258ps/40.8kgm
  • モーター出力:113ps/25.5kgm
  • ミッション:8速AT
  • バッテリーは、200Vの普通充電4時間で満充電可能
  • 最高速140km/h、最長42kmまでEV走行可
  • 0-100km/h加速:5.4秒
2016/10

M760Li xDrive登場

フラッグシップ「BMW 7 シリーズ」のトップ・エンド・モデルが登場
M760Li xDriveとM760Li xDrive V12 Excellenceは、M社がチューニングしたV12ターボエンジン。
610ps/5,250〜6,000rpm、800Nm/1,500〜5,000rpm
0-100km加速3.7秒
2420万円から

2016/10

740i/740Liへエグゼクティブドライブプロを標準装備

  • 車載カメラで前方の路面の凹凸を検知し、サスペンション制御を行い優れた走行快適性を実現。
  • ダイナミック・ドライブ(横揺れ防止)により、コーナーや直線走行時のボディの傾きを最小限に抑える。
  • 価格は740iが1225万円、740Liが1354万円。
2016/05

750Li Celebration Edition “Individualの限定車70台登場

750Liをベースとしたセレブレーション・エディション・インディビジュアルの限定車は70台(1880万円)

  • 特別な標準装備の数々
  • アズライト・ブラックのボディカラー。光加減で青い石にも見える特別カラー
  • 20インチIndividualタイリング649アルミ
  • キャラメルカラーのメリノレザーシートとアルカンターラの天井素材。
  • ピアノブラックのインテリアトリム
  • リモート・パーキング
  • LEDによるスカイラウンジパノラマガラスルーフ
  • Bowers&Wilkinsのサウンドシステム(1400W、16スピーカー、10チャンネル)
  • リアシートのマッサージ機能
2016/03

M760Li xDriveがショーデビュー

  • スイスのジュネーブショーにおいてM760Li xDriveがワールドプレミア
  • 6L-V型12気筒ツインパワーターボエンジンは600PS/5500rpm、800Nm/1500rpm。
  • 大パワーを4WDで分散し駆動するxDriveで0-100km/h加速3.9秒。
  • 20インチホイールが標準
2015/10

7シリーズ 第6代目(G11 G12) が日本デビュー

BMW740i 保守的なデザインの7シリーズ 第5代目(BMW F01 F02型)の流れを受け継ぎ、 BMWの新しいデザイントレンドを取り入れたG11(740i/750iセダン)G12(740Li/750Liロングホイールベース)モデルの6代目7シリーズがデビュー。
ボディの大幅な軽量化やプラグインハイブリッドモデルの追加による燃費向上により、エフィシェントダイナミクスを進化させたモデルでもある。 3.0L直6直噴ターボは326ps、4.4LV8直噴ターボは450psに進化。ATは8ATのままである。

  • 3.0L直6ターボ 740i:1217万円〜1288万円
  • 3.0L直6ターボ 740Li:1346万円〜1432万
  • 4.4LV8ターボ 750i:1485万円〜1537万円
  • 4.4LV8ターボ 750Li:1649万円〜1701万円

BMW G11 G12スペック


G11 G12スペック(740i/740Li/750i/750Li)
全長、全幅、全高 5110×1900×1480mm
5250×1900×1485mm(Li)
ホイールベース 3070mm
3210mm(Li)
最小回転半径 5.5m
6.0m(Li)
トレッド F1611/R1650
車両重量kg 1800kg/1845kg/1945kg/1990kg
エンジン B58B30A・直6-DOHC24Vシングルターボ
V型8気筒DOHC32Vシングルターボ
総排気量 2997/4395
最大出力 326ps/5500rpm
450ps/5500-6000rpm
最大トルク 45.9kg・m/1380-5000rpm
66.3kg・m/1800-4500rpm
内径×行程/圧縮比 11.0/-
燃料タンク -
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 8AT(ステップトロニック)
サスペンション Fダブルジョイントストラット、Rインテグラルマルチアーム/
Fダブルジョイントストラット、Rエアサス
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク
アルミ/タイヤ FR245-40R18(740i)
F245-45R19/R275-40R19(750i)
10・15モード燃費 7.8km/L
装備
  • LEDライト
  • レーザーライト(オプション)
  • タッチパネルのiDrvie
  • ジェスチャーコントロール
  • ドライビングアシストプラス(渋滞時の車線制御や側面衝突保護機能が追加)

G11 G12スペック(M760Li xDrive)
全長、全幅、全高 5250×1900×1485mm
ホイールベース 3210mm
最小回転半径 6.0m
トレッド F1620/R1620
車両重量kg 2140kg
エンジン V12-DOHC48Vツインターボ
総排気量 6592
最大出力 610ps/5500-6500rpm
最大トルク 81.6kg・m/1550-5000rpm
内径×行程/圧縮比 10.0/-
燃料タンク 78L
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 8AT(ステップトロニック)
サスペンション Fダブルジョイントストラット、Rインテグラルマルチアーム/
Fダブルジョイントストラット、Rエアサス
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク
アルミ/タイヤ F245-40R20/R275-35R20
10・15モード燃費 -.-km/L
装備
  • エグゼクティプラウンジシート
  • xDrive
  • LEDライト
  • レーザーライト(オプション)
  • タッチパネルのiDrvie
  • ジェスチャーコントロール
  • ドライビングアシストプラス(渋滞時の車線制御や側面衝突保護機能が追加)

BMW G11 G12 レビュー


登場時点では、自動パーキング機能はオプション設定されず、狭い駐車場では機能制限もあるので過大な期待は禁物。
外装はグリルと繋がったLEDライトやなど最新デザイントレンドを継承したデザインとなっている。
ボディは100キロ超の軽量化により、動力性能と燃費の向上が期待できるだろう。 ボディサイズの拡大はストップし、サイズ的には先代同様で、むやみな大型化には歯止めがかかっている。

G11 インテリア G11 image