目次

通販自動車保険は、なぜ安いのか?

通販型自動車保険が安い理由


インターネットによる自動車保険申込により、事務手続きの手間を大幅に簡略出来る事です。
ネットからの契約により、人件費などの手間が削減され、保険料が安くなります。
大手保険会社は、損害保険代理店を仲介として一般のお客さんに保険を販売しています。
事故が発生した時は、代理店とやりとりを行います。

代理店手数料が不要


通販型保険では、通常の損害保険代理店を仲介しません。
そのため、仲介役となる代理店手数料というものが省略され、保険料を安くする事が出来るのです。
団体割引などの大幅割引のメリットが無ければ、同じ条件で比較すれば通販型の方が保険料は安くなります。

インターネット通販 自動車保険

リスクの高い契約者は、保険料も高くなる


あまり運転しないペーパードライバーや事故を起こす確立の低い、15等級などの優良契約者や、30才以上の運転経験の長い方は、事故の確率も低くなります。
こうした事故リスクの低い方を優先的に安くする保険料の設定としている事も安くなる理由です。
1年間に走る走行距離なども加味した保険料を設定しているところもあります。
この場合、走行距離が少ない方が事故を起こす確立が低い=保険料が安い・・・となります。

リスクの低い契約者は、保険料も安くなる


リスク細分型というのも魅力です。
ゴールド免許や年間走行距離が少ないなど、事故の危険が少ない人は、それだけ保険料が安くなります。
加えてインターネット申し込みや、保険証券を発券しないことによる割引など、通販ならではの割引もあります。
インターネットを使えば、余計なパンフレットや書類もいらないし、契約内容は専用サイトで確認すれば良いのです。


国内の保険会社は、リスクに応じた保険料設定を行っています。通販の場合は、事故を起こして保険を使い、等級が下がったり、家族に若年層が加わったりした場合は、国内損保に比べて、逆に高くなる可能性もあります。

通販型自動車保険を選ぶポイント

  • まず、保険金額の充実と、保険料の安さを重視したい。
  • 事故時に、保険を使って修理した事がない。だから自動車保険は出来るだけ安く抑えたい。
  • 通販の場合は、事故を起こして保険を使い、等級が下がったり、家族に若年層が加わったりした場合は、 国内損保に比べて、逆に高くなる可能性もあります。
  • サービス内容よりも、スペック重視。

事故対応力も心配不要

大手保険会社に比べると、なんとなく不安という方もいるでしょう。
保険会社に求めるものとしては、実際の事故発生時の「示談力」を重視する方も多いと思います。
双方に過失がある事故の場合に、双方の過失割合を決めます。
保険料が安い分、示談・交渉能力に不安があると感じる方もいらっしゃるようです。
しかし、実態は、過去の裁判事例・判例を参考に過失割合が決められるのです。
毎年70万件超の事故が発生し、似た事例や判例を参考に示談交渉のプロが行うので心配する必要はありません。

これで、あなたも保険貧乏から脱出

ネットでラクラク申し込み。まずは、無料一括見積りが便利です。
現在、ご加入の大手自動車保険の保険料と早速比べてみましょう。最大で数千〜数万円も変わりますよ。
自動車保険は、掛け捨てですから、今までかなり太っ腹だったのかもしれません。

おすすめの無料一括見積りは、こちらです。