BMWオーナーの情報交換ならBMW@FUN

BMW@FUNホームページについて


ご利用方法、注意事項等


お気に入りの新規・変更登録はコチラ!→お気に入りに登録
 

コンセプト

  • 当HPはBMWオーナーの情報交換を応援します。
  • 当ホームページの閲覧、参加は自由です。
  • 活動の主体はWeb上がメインです。
  • 毎日リアルタイムに更新される掲示板でのBMW情報の共有。
  • 無料で全てのコンテンツを提供、情報量拡充、新コンテンツの導入。
  • 読者のリクエストに応じて、情報拡充とカスタマイズを行う。
  • 個人情報保護、及びプライバシーポリシーに沿った運営を行っております。

注意事項

  • 何でも掲示板は、車関連の話題であれば自由です。
    売買情報は売買掲示板へお願いします。HP宣伝文だけの場合、予告なく削除。
  • 各掲示板ではHTMLのタグは使えません。(全て無効化)
  • 各掲示板への投稿はネット上のマナー厳守
  • 売買掲示板への車関連の広告は自由です(車以外は予告なく削除)
  • 各掲示板へ投稿頂いた記事は、当HPに全て寄贈するものとします。
    基本的にはメンテナンス記事等へ引用集約を行い、
    皆さんの情報交換、情報共有のお役に立てる様、有効活用します。
  • 各掲示板への投稿済記事の削除は自由です。(過去記事を除く)
  • 返信記事付の親記事削除の場合、子記事が削除されますのでご注意下さい。
  • オーナーズルームは車種別に話題を集約しています。
  • 管理人へメールでのBMWに関する質問(メンテナンス、購入等)については一切お応えしていません。
    BMW関するご質問は、BMW何でも掲示板へご投稿下さい。
  • 記事は定期的なバックアップを行なっています。
  • 当HPからのリンク先、及び掲載広告の内容について、当HPは一切関知しません。免責とします。
  • 他HP等へコンテンツの無断転載を禁止します。

リンク、マスメディアへの掲載

■雑誌等で当HPが紹介
・「サーチエンジン・Lycos」ベストサイトカテゴリに選定
・「サーチエンジン・Goo」厳選サイトに選定
・「サーチエンジン・Excite」厳選サイトに選定
・「インターネット情報誌・ISIZEあちゃら」今後の注目サイトとして掲載
・「輸入車専門誌・ル・ボラン」お勧めサイトとして掲載
以降、読者より数回紹介される。
・「中古車情報誌・カーセンサー」BMWサイトとして掲載
・「中古車情報誌・特選外車総特集CHARGE」E34特集で掲載
・「ハイパーレブインポート BMW E36/3シリーズ・ニューズ出版」掲載
・「中古車情報誌・カーセンサー」100万円で買えるV8エンジン車特集にて掲載
・「ベストカー」(BMW3シリーズの壁はどれだけ高いのか)にて掲載
掲載前にご連絡ください。メールフォーム


■BMW@FUNへリンクして頂ける場合は、下記をご利用ください。

当HPは、リンクフリーです。リンク許諾の連絡は不要です。

バナーは下記ファイルを保存してご利用ください。(サイズ変更自由)
バナーL バナーM バナーS 

  • リンクは、下記をコピーペーストしてください。
    <a href="http://bmwfun.x0.com/">BMW@FUN 【オーナーの掲示板】</a> 

  • 紹介文は、下記をコピーペーストしてください。
    BMWオーナーの情報交換を応援するサイト。車種別情報満載。

訪問者数

2012/12/24(Mon) に5000万アクセス達成。

アル君様より、5000万アクセス達成のスクリーンショットをご提供頂きました。

読者からのよくある質問・Q&A


  • Q、ご意見・ご感想は
  • A、こちらからどうぞ。メールフォーム(お問い合わせ全般)


  • Q、リンクを張っていいですか。
  • A、リンクフリーです。どのページにリンクして頂いてもかまいませんが、トップページ以外はリンク予告無くリンクを変更する場合がございますので、ご注意下さい。

    バナーはトップページのバナーをご利用ください。
    リンクは、↓コチラをコピーしてください。
    <A HREF="http://bmwfun.x0.com/">BMW@FUN 【オーナーの掲示板】</A> 
    紹介文は、↓コチラをコピーしてください。
    BMWオーナーの情報交換を応援するサイト。車種別情報満載。
    リンクの依頼は、こちらからどうぞ。メールフォーム(リンク)


  • Q、スクープ写真を載せて欲しいのですが
  • A、雑誌等のスクープ写真は出版社に著作権があります。国内外サイトに掲載されている写真にも同様に著作権があります。相応の取材費やCG作成費をかけている著作物を勝手に当HPに引用・掲載する事は出来ません。

    海外サイトでは無断引用のサイトも見られますが、そういったサイトからの引用も著作権違反となることは言うまでもありません。リンクについては著作物を移転、引用している事にはならない為、関連サイトにリンクを張る事は問題ありません。当然、リンクを張っているからとしても、写真を引用・転載は不可です。最近のブログでは写真を無断転載する事が当たり前になっていますが、これは、著作物の勝手な転用・引用です。HPの品位を下げる写真の無断引用は当HPでは行いませんので、ご了承下さい。


  • Q、掲示板にある削除キーとは何か?
  • A、掲示板に記事を投稿後、内容が間違っていたり、誤字脱字を見つけた時に削除したい場合もあると思います。その場合に、任意の英数字による「削除キー」を設定しておく事によって、投稿後に自分の削除する場合に使用するものです。(記事投稿者と管理人以外は削除出来ません)また、削除キーは英数半角で入力して下さい。(削除キーはブラウザが記憶していますので再入力は不要ですが、とりあえずメモっておいて下さい)


  • Q、掲示板で「Server Error」と表示されますが。。
  • A、HPを置いているコンピュータ(サーバー)が混雑時に、処理件数の増大により正常に処理出来なくなる場合があります。その場合、掲示板をクリックすると「Server Error」となる場合があります。いずれも混雑時(夜間帯など)に起きる現象なので、多少時間をずらして掲示板をクリックして頂くと正常に稼動する場合があります。まれに1日中サーバートラブルにより、常時エラーとなる場合もありますが、予めご了承下さい。また利用者が円滑に利用出来る様、サーバーを管理するプロバイダにはサーバーエラー改善&混雑改善要求を随時、行っております。
    サーバーエラーと掲示板の不具合(バグ)の区分けの判断が難しいのですが、バグ場合は使用者の多数からご指摘を受けるので、そういった現象が多発する場合は、即時対応します。また十分テストを行い不具合の発生を少なくするよう心がけています。


  • Q、投稿記事を削除してほしいのですが。
  • A、トップページの「メール」よりご連絡下さい。
    1:掲示板名
    2:記事番号
    3:削除理由(具体的に)
    4:削除したい文字列(メールアドレス、IPアドレス、名称等)

    必ず上記4点を記載の上、ご連絡下さい。
    1点でも未記入の場合、削除出来ない場合があります。1週間以内に、ご要望の内容を判断し適切な対応を行いますが、対応完了のご連絡は致しません。

    ※削除理由(例)
    ・会社IPアドレスが掲載されて都合が悪い。会社より指摘を受けた。
    ・記事内容が適切でない。間違っている。好ましくない内容である


    過去記事についてはシステム上、削除キーによる削除は出来ません。基本的に投稿後の記事は当HPに寄贈したものと考えております。明らかに投稿者に何らかの不利益がある場合以外、削除しません。不利益となる情報等が掲載されていると判断された場合は、部分的なキーワードの修正、又は記事の削除を行います。

    ※ウイルスメール対策
    メールアドレスを掲載していない場合は、IPアドレスからメールアドレスを割り出して、第3者がウイルスを送りつける事は不可能です。ご安心下さい。
    メールアドレスを記入して投稿した場合は、第3者にメールアドレスを知られてしまいウイルスを送付される場合があります。その場合、掲示板記事上のEメールアドレスを削除しても、既に手遅れです。今後のウイルスを防ぐには、あなたのアドレスを変更する以外、手はありません。よって、上記の場合は記事削除の対応は行いません。

    ※IPアドレス対策
    全ての投稿記事はIPアドレスを記録しております。一部の掲示板ではIPアドレスの表記も行い、責任ある投稿記事となるよう、注意を促しています。会社、職場等からの掲示板投稿は、会社名等のIPアドレスがそのまま掲載されますのでご注意下さい。IPアドレス等に会社名等が掲載され、都合が悪い場合はIPアドレス部分のみを変更します。記事本文については削除しません。

    ※サーチエンジン対策
    Googleなどのロボット系サーチエンジンはネット上のあらゆるHPを収集しサーチエンジンに登録していきます。当HPも例外なく記事が登録されますので、読者の投稿記事もサーチエンジンの検索対象となります。例えば「○○商事」という文字を含む記事を投稿した場合、サーチエンジンで「○○商事」で検索すると当HPのリンクが表示される仕組みです。従って「○○商事」関係者がサーチエンジンに登録されている事を好ましくないと考え、当HPは削除要請に従って記事を削除したとしても、サーチエンジンの検索情報には記録が残ったままです。

    ネット上から関連記事を削除する事は完全には不可能であり、今後も記事が増えていく可能性は当り前の様に有るという事です。従ってネット上で適切な情報提供を行うのであれば「○○商事HP」を立ち上げる事が最善かと思います。(サーチエンジンの最上段に表示される)


  • Q、入力項目に自分のメールアドレスが表示されているが。?
  • A、一度でも投稿すると、掲示板の入力項目には前回投稿時のハンドル名等が再表示(記事本文を除く)されます。再表示させる事によって名前などの入力の手間を省く事が出来ます。情報を保存する場所は、あなたのパソコンの中(ブラウザのクッキーを利用)なので、他の方の画面に表示される事はありません。
    またクッキーには掲示板の再投稿時に必要な最低限の情報しか保存しません。


  • Q、HPに対して意見、要望があるのですが。?
  • A、トップページの下部にある「ご意見、ご感想入力フォーム」より投稿下さい。掲示板の機能追加、新コンテンツなど、出来る範囲で実現していきます。


  • Q、BMWXXXiの情報がもっと見たいのですが。?(車種別レポート)
  • A、特定車種の情報は皆さんの投稿が全てです。従いまして運営者が提供する情報には限界があります。出来れば、あなたの愛車レポートを投稿してみませんか。あなたの投稿記事を見た同じオーナーからのメールやご意見が頂けるかもしれません。
    コンテンツは車種別に情報を区分けし、情報の集約化を図ります。


  • Q、デジカメ撮影の写真を掲載して欲しいのですが。
  • A、フォトギャラリー BBS過去記事を設置しましたので、ご利用下さい。
    その他、オフミ等の大量の写真は別途メールにてご相談下さい。全て掲載させて頂きます。


  • Q、発言内容の基準を教えてください。
  • A、基本的には、膨大な過去記事が当HPにおける投稿基準のサンプルとなります。当HPの判断により、好ましくないものは削除されています。記事に関連したものであれば他HPの紹介もかまいません。その他、違法行為、誹謗中傷、公序良俗に反する投稿、管理人がふさわしくないと判断したもの、HP宣伝文だけの単なる宣伝広告、第3者からの削除要請があった場合、プライバシーに関するもの、売買情報の売買掲示板以外への投稿は予告なく削除されます。

    削除対象以外の投稿内容については、当HPは一切関与しませんので、投稿者が文章に責任を持って投稿下さい。
    その場合も他者からの削除要請があれば、予告無く削除する場合がありますので、ご了承下さい。
    当HPのマナーとして、質問投稿後、質問に対する返事があった場合は、返事を頂いた方に必ず返信投稿して下さい。


  • Q、値引きに関する投稿をしても良い?
  • A、上記と同様に過去記事が当HPにおける投稿基準のサンプルとなりますので値引き情報はどんどん投稿して下さってかまいません。当HPとしては一切削除致しませんし、HP読者の情報取得の自由を奪う事は、行いません。

    自動車雑誌でも値引き情報をメインに扱う雑誌もあり、値引き情報は一般に溢れています。またネット上では自由に値引き額を情報交換する事が可能であり、数多くの値引き情報が瞬時に広まるのがインターネットです。数多くのHPの中で、当HPだけが情報統制・規制しても全く無意味なのは言うまでもありませんね。

    しかしインターネットで仕入れた情報が嘘であるか本当であるか、その情報を元に行動するかは読者の判断に委ねられます。


  • Q、違法行為に関する投稿について。
  • A、上記と同様に過去記事が当HPにおける投稿基準のサンプルとなります。

    どこまでの範囲を反社会的、違法行為として削除対象とすべきか、明確な規定化は行えません。しかし「某高速道では最高速を出せるような直線があります、、等」明らかに違法行為となるような投稿は削除致します。

    他の一般的な自動車関連HPでも見られるような「改造系、走り屋系、スピード系」に関する話題は、社会的にも「許容範囲」として認められているものと考えております。


  • Q、コンピュータウィルスについて。
  • A、当HPよりコンピュータウィルスを発信する事は一切ありません。またHP掲示板等がウィルスにおかされる事もありません。

    HP管理人としても市販ウィルスソフト(最新版へリアルタイムアップデート)にて、読者からのウィルス送付や管理人側よりの送信を防いでいます。 管理人宛にウィルスを誤送信された場合もご一報頂かなくても結構です。 サーバー上のコンテンツはデイリーのバックアップ及びウィルスチェックを行っております。

    掲示板等に掲載されているIPアドレスからメールアドレスを割り出される事はありません。(第三者より、ウイルス送付の危険性無し)

    メールアドレスを記入して投稿した場合は、第三者にメールアドレスが知られてウイルスが送付される危険性があります。メールアドレスの記入については、十分にご注意下さい。(ウイルス対策等)

    万が一、見知らぬ第三者からウイルスが送付されて困る場合、ウイルス対策ソフトにより防備するしか手はありません。完全な防備対策は、現在のメールアドレスを変更し、信用のおける他者にしか教えない事です。


  • Q、ドメイン取得はしないのですか?
  • A、ドメイン取得費用も安価になり数年前から検討していた事項ですが、個人HPにとっては、あまりメリットはありません。当HPのURLも長く覚えずらいものでありながら、これだけのアクセス数があるのも通常HPを訪れる際にはサーチエンジンによる検索が一般的であり、アドレス欄に直接入力する方が少ない事の証明です。またアドレスを変更すると、リンク及びお気に入りの再登録が必要となり、リンク先、及び読者に多大な迷惑がかかります。ドメイン取得は営利を目的としない個人HPにとっては、運営者の自己満足でしかないという事です。


  • Q、アンケートで皆さんに聞いてみたい質問があるのですが。
  • A、掲示板では、返信して頂く意見が、読者の多数派意見とは限りません。アンケートであれば気軽に投稿が出来る為、多くの方が投票してくれます。投票内容は、多数派、少数派の傾向を数字として読み取る事が出来ますので、自分の考えは、どうなのか客観的に判断が出来ます。もし聞いてみたい設問があればお気軽にメールでお寄せ下さい。車に関する設問であれば、アンケート項目を新設します。


  • Q、アクセス制限は、ありますか?
  • A、マナー違反の投稿者については、アクセス制限を行いますのでご注意ください。例として、意図的なアンケート重複投稿。アダルト系。HP宣伝目的。他者の誹謗中傷。独断と偏見に満ちた内容。悪意の感じられる不愉快な投稿。客観的にBMWオーナーにとって好ましくないと判断される内容を意図的に行う投稿者。




  • Q、会員制にする予定は無いのでしょうか?
  • A、現在検討中です。この件に関しては読者から数々のご意見を頂いていますので紹介しましょう。

    • 読者は全国各地に分散している実状
      オフミ実施も場所が首都圏?に限られ遠隔地の方の参加は難しい。高額な交通費は不公平感を伴う。結果的に会員登録するもののオフミ参加は無理となる。インターネットという環境で集めた会員に対しては、会員全員にオフミに参加して頂く事は元々不可能なのである。
    • 幽霊会員の増大
      無料の会員制では当たり前。。積極的に参加する方は決まった方に限られ、会員登録したもののROM会員が過半数では、なんの為の会員制だかわからない。数万名の名簿を集めたとしても、その名簿が何の意味を持つのか、といった論議が十分なされないようでは無意味であろう。
    • より多くの情報を集めるには。。
      今後も増大するインターネットユーザーを集めるには会員&非会員の区別なく、コンテンツを開放する事が結果的に情報を多く集める事につながる。会員制のみの閉鎖的な空間では、内容も限られる。また会員のみが有用な情報を持っているとは限らない。
    • 個人情報。。
      インターネットでは個人情報のセキュリティ強化が一番重要になっている。個人情報を集める必要がある会員制に、抵抗あるユーザーも多い中で、会員登録に抵抗があるユーザーからの情報も貴重な情報源に違いない。
    • インターネットの匿名性
      ハンドル名で記述する特有の世界がWebであり、正確な住所、氏名等の情報は必ずしも必要ではない。また正確な住所などの個人情報公開は危険であり公開は出来ない。
    • 会員登録内容
      会員制にあたって、どういった内容を収集すべきか、といった根拠がありません。収集するにあたってはWeb上の入力フォームから投稿してもらいデータベース(会員名簿)に反映する形となるでしょう。入力内容は虚偽申告、重複、誤字脱字等の問題が必ず発生します。しかし、システム的に回避する手段が現在の所、確立していません。また身分証明書の提示等は事務処理が煩雑となり現実的には無理でしょう。
    • 名簿の陳腐化
      登録内容は随時、異動(住所変更、メールアドレス変更等)が行われる為、登録者は必ず自分の登録内容を更新する必要があります。自動車免許証のように強制的に更新されなければ内容は古いままとなります。登録者全員が確実に内容を修正する可能性は低く、期間が経つにしたがって名簿は陳腐化していきます。例えば、登録会員にメールを全員に送ったとしても、相当数がエラーで戻るようでは、登録内容自体が意味を持たなくなります。Web上ではEメールが住所の代用となりますが、変更頻度が多い為、数十万人を有するHPがあっても、その相当数は無意味になってしまっていると言えます。
    • 会員間の情報共有。。
      会員間での情報共有化が、会員制のメリットです。しかし会員名簿の共有化はデータの流失といった問題が必ず発生する為、現実的ではありません。結果的にご近所に会員がいても知らない結果となります。共有化が出来ないような住所氏名情報を収集する必要性は全く無く、言い換えれば、管理人のみが収集し「管理」する権利も無いでしょう。
    • とりあえず。。
      色々な側面をふまえてWebの事情を勘案すると、「ハンドル名、メールアドレス(非公開)、車名、県名」ぐらいまでの情報を集めるのが妥当でしょうか。ゲストブックの再設置については検討中です。
  • Q、@FUNに似ているHPやコンテンツがあるようですが。。?
  • A、当HPとしては黙認の姿勢をとります。真似をする対象となる事は、Webオーナーにとっては誇らしい事?かもしれません。

    読者のご意見を紹介します。(仮名、文章抜粋)

    <Aさん>
    あるHPでは、トップページ特殊効果から、掲示板の車名入力項目、テーブルの背景色、カウンター画像、HPタイトルの「〜〜@〜〜」のアットマークの位置。HPサブタイトルの「〜〜〜のページ」、最近ではクリックバナー広告、CGIの構成まで、何を勘違いしたのか、色々な部分でBMW@FUNに似ていて、見ていると笑っちゃいます。無いのはアンケートぐらいで、パクリ過ぎって感じ。。
    ※読者からの指摘で確認したのですが、もうビックリというか呆れました。

    -----------------------------------------------------------------------------------------
    当サイトは、パクられた被害者である。パクリの加害者(以降Zサイトと呼ぶ)の行為詳細について、今後の再発防止の意味も含めて掲示を継続する事にした。
    Zサイトは、パクリという行為を行っておきながら、被害者意識を装い、このページから「文章の無断転載」を行った挙句、関係者が読んでも「憶測と推論の内容」がかなり占めていた。
    他サイト間との詳細なやりとりなど知らないハズなのに、「見聞きした話だけ」で、よくそこまで「嘘」を書けると関心した。
    当サイトとZサイトとのやりとりも、自分に都合の良い独自のシナリオに書き換えてあった。

    某SNSへの参加についても、こちらは、悪意のカケラも何もない。ネットサーファーとしての単なる訪問者に過ぎない。このページを訪問しているZブログ管理人と何ら変わりなかった。その訪問自体、宣戦布告でも何でもない。過ぎ去った過去である。このQAも他の特定個人・サイト名を特定する厳密な情報は記載していないし、コピーコンテンツの撲滅の為の啓発に過ぎない。


    さて、パクリの加害者が、あたかも「中傷された被害者のような言い回し」は、常識を逸脱していると言う他は無い。
    相変わらず、モラルの低さは変わっていなかった。


    改めて申し上げるが、当サイトからのご忠告に対して、言い分はあると思うが、「大人の対応」を実施して頂いた他サイト様は99%である。
    ご忠告後、指摘した「コンテンツのごく一部」について、全て適切な対応を頂いている。
    一方、Zサイトは、こちらからの指摘後、一方的な逆切れによる相互リンク解除・・・本来なら、当方が相互リンク解除を申し出る立場だが、逆切れ解除されるとは・・・唯一、この逆切れZサイトのみである。
    そして、トドメを刺すような事件が起きる。「相互リンク解除をいいことに、その後、さらにパクリが一気に爆発」したのだ。明らかな「真似」は、サイト全体に及んだ。そのようなサイトは、上記、Zサイトのみなのである。

    だからこそ、当HPを良く見ている読者から、複数のご連絡を頂くほど、パクリの酷さが目に止まったのである。


    詳細は、パクリ元とパクリ先の全キャプチャ画面の対比・解説付きURL(非公開)があります。
    過去、掲示板上でのパクリ関連の書き込みは、BMWとは無関係のため削除済みですが、全文(非公開)があります。
    Zサイトの行為詳細、及び誹謗中傷の論旨、妥当性・・・皆さんに判断頂く材料は全て揃っています

    ■テーマ
    例えば、「オートバイに関連」するサイトのジャンル内では、ネットサーファーが自由に行き来している。
    各メーカー、中古車情報、ツーリング情報など、カテゴリ・テーマは関係なく、ユーザーは自由に行き来する。そのような閉鎖的なジャンル内でのコピーコンテンツは、モラルの無さをネットに吊るしているようなものである。盗難車情報のサイトはカテゴリが違うから、「コピーコンテンツを作って良い」なんて言い分は、まるで子供のようだ。

    ■読者とは
    当HPにおける、全ページ総計のアクセス履歴で、リード(読み)のアクションは、その99%以上を占める。残りがライト(書き)のアクションになる。
    行動的な方でも、訪問先で毎回コメントを書き込む事は少ないだろう。基本的に読む行為が多いハズである。従って、読者という言い方に不自然さは全くない。
    当HPは会員制ではなく、会員という言い回しは適切でない。いつもご利用して頂いている読者の皆様なのである。

    ■アクセス履歴
    Zサイト管理人は、この存在を知らないのだろうか。SNSの訪問者履歴機能と同様、HPやブログで実現出来る機能である。
    Zサイト管理人が、定期的に、このページを閲覧していることが確認できるし、その行為は、当HPにとっては「読者」なのである。
    閲覧している間は、単なる読者であり、特別な悪意など、存在しない事は言うまでも無いだろう。アクセス履歴上は、単なる読者(ネットサーファー)に過ぎない。Zサイト管理人の批判は、その無知による過剰反応が、引き金になったと言っても過言ではない。なぜなら、当方が、アクセス訪問履歴をネタに「Z管理人襲来」と騒ぐのも筋違いなのだから・・・。

    ■Zサイトとの経緯
    1.読者からの複数の指摘により、コピーコンテンツの存在が明らかになる。
    2.Zサイトに、コピーを止めて欲しい旨のメールを送る。
    3.指摘したコピーは、一旦削除されたが、他の部分でコピーが多数見られることが、読者の指摘により明らかになる。
    4.Zサイトに、再度、コピーを止めて欲しい旨のメールを送る。(呆れる・・・)
    5.Zサイトより、一方的なリンク解除済のメールが届く。(これって、本来なら、こちらのセリフでしょ。さらに呆れる)
    6.Zサイトにて、コピーコンテンツが、さらにエスカレート。(リンク解除は、コピー開始のサイン?)
    7.自分のモラルの無さを棚に上げて、逆切れし、こちらを誹謗中傷呼ばわりとは・・・開いた口が塞がらない。
    8.Z管理人ブログで当方を批判。この記述を削除せよと命令。
    9.当方は、それに従う。(双方が削除することで、過去は水に流す判断)
    10. しかし、Z管理人ブログで削除するどころか、批判がエスカレートする。(上から目線の主張に対して、堪忍袋の..)
    11.Z管理人ブログの有無に関わらず、再発防止の為に行為詳細をココに掲示する。

    ■最後に
    Zサイトは、他サイトの話を持ち出し、他サイトと連帯した被害者のような言い回しが目に付くが、実態は全く異なる。
    したがって、Zサイト以外の他サイト様は、「一切、関係無い話」である事を申し上げておく。
    過去、サイト運営暦十数年において、唖然とする事例は、Zサイトだけである。その他サイト様は「全て大人の対応」を頂いている他サイト様が99%である。
    あくまで「Zサイトに限定した」驚くべき全容の数々である。
    ----------------------------------------------------------------------------------------



    <Bさん>
    似ている、またはアイデアを引用するといったレベルではなく、 @FUNのコンテンツ(文章&記事)そのものを転載したHPがありました。具体的に記事を引用したコンテンツがありました。これっていいんですか?

    <Cさん>
    数ある自動車HPの中で、これだけ多数のアンケート項目があるのは、@FUNだけだと思います。国産車関連HPを見ても、これだけアンケートを設置してるHPは日本には無いようです。しかし、身近な関連HPに@FUNと同一の設問を複数設けたHPがありました。これって、明らかに真似じゃないですか?

    当HPのコンテンツは登録商標したものではありませんから、コピーやアイデアの引用が発生するのは、いたしかたない所でしょう。当HPの訪問者の中には関連HPの作成者も含まれますから、良さそうなネタがあれば、ついつい身近なHPから引用してしまうのでしょうか。
    しかし、当HPとしても黙認するしかありません。ただ、@FUNも認知度が高まっていますから、後々になって似たようなコンテンツが出現すると、「あ〜@FUNを真似したのかな?」と読者が感じても不思議はないでしょう。また当HPの関知しない所で、抗議する方がいるでしょう。

    HP作成はHTML文書がコピー出来る事から、簡単に真似する事が可能です。作成者も自分がよく訪れるHPに、必然的に似てしまうという傾向があるようです。そして、その作業はあまりにも簡単ゆえに、作成者にとって罪悪感が無い事も原因の一つです。
    また第3者にチェックされる事も無い為に、フルコピーのHPを立ち上げる事さえ可能です。
    しかし、個人HPだから真似をしてもかまわない。似たようなコンテンツはいくらでもある。と言った発想は真似を正当化し、Web発展の妨げとなります。

    これを読んでいるHP管理人の方に申し上げます。
    例えば自動車のHPであれば、自動車好きのネットサーファーが多数、行き来しているでしょう。そのような場合、身近にある同じ自動車のHPからネタを引用する事は、ネタを引用した事を読者に知らしめる結果になります。「あ〜真似してる」、、と。

    当HPでの人気コンテンツの車種別オーナーズルームも他のBMW関連HPが「E36/E39/E46/E60/E90-Owner'S」なんて似た名前で作ればこれもパクリが明らかになってしまいますね。安易に他HPのパクリを行なっても、すでにパクリ元のHPが主役として先行しており、単純にアクセスアップには直結しません。アクセスアップに直結しないどころか、パクリを読者に周知するようなものですから、
    パクリはHP作成者としては非常に愚かな行為です。

    HP作成は、真似から始まると言っても過言ではありません。よって、他のHPを全く参考にしないコンテンツ作りは不可能でしょう。しかし、同一分野からの真似は、自滅行為となる事は前に申し上げた通りです。そう思われない為にも、よく訪れるHPを全く参考にしないコンテンツ作りが、より多くの読者を獲得するのではないでしょうか。


  • Q、写真の引用は著作権違反でしょうか?
  • A、他HPからの無断転載は著作権の侵害です。フォトギャラリー等への投稿については掲載を見送らせて頂きます。
    最近、他ブログ等では他HPから写真の無断転載を当たり前のように行い、さも、自分のHPコンテンツのように掲載しているHPが散見されますが、これは明らかな著作権違反行為です。転載元のURLを掲載すれば良いという問題ではありません。

    このような安易な無断転載は、相応の取材費・制作費をかけた元HPの労力を無駄にするだけでなく、コンテンツの無断引用により、自分のHPのアクセスアップに繋げるという行為ですから、損害賠償請求に値する行為です。コンテンツを使うなら、掲載元のHPに正当な対価を払わなければいけません。

    ニュースは、ニュース先のHPへの誘導するための最低限の見出しだけとし、(ニュースの見出しについては合憲の判決あり)ニュース先で「写真や記事詳細」を読者に見せるのが筋でしょう。ブログや掲示板ではニュース記事に対するコメントだけが掲載されていくのが、対価を払わないHPが出来る範囲だと思慮します。

    読者側としても、安易な著作権違反は見逃さない姿勢が必要でしょう。

作成環境

  • ソフトウエア
    動作確認ブラウザ:IE/Mozilla/Firefox/Operaの各種最新バージョン
    作成ツール:HyperEdit、Anhttpd、ActivePerl、MovableType、各種シェア・フリーウエア
    利用素材:各種フリーウエア素材。利用許諾確認済み

  • ハードウエア(ローカル)
    4台構成(無線LAN)、バックアップHDD/UPS

  • サーバー(Web)
    大手商用サーバーによる安定性・信頼性を確保。
  • アクセス 逆リンク統計