[前回の表示画面に戻る] [BMW E90 E91 E92 E93オーナーズルーム掲示板へ戻る]

記事No.4445とレス記事を表示します。

  top冷間時アイドリングが上がる アルピン - [E93 335i]  ID:ci04o  
E93にのっています。
この前イグニッションコイルとプラグを交換したのですが
今度は冷間時アイドリングが高くなりボボボと音がなります。
警告灯がでないので理由がわかりません。
しかも、アイドリングが下がってエンストしそうとかなら
まだググっても出てくるのですが
高くなるのは何が原因でしょうか?
... 2018/07/16(Mon) 14:36 No.4445  

Re: 冷間時アイドリングが上がる GMS - [F30-320d]  ID:CFzms  

それが正常じゃないですか?冷感時は燃料が濃くなります
そう言う設定ですからね、いまは燃料噴射でコンピューター
制御ですので、昔ほど極端に燃料を濃くしたりはしませんが
それでも空燃比はガソリン濃い目にコンピューターが調整します
昔はエンジンが温まるまでチョークと言うのがついてて、それを引いて
ガソリン濃くして始動させていました、そうするとチョークを引いてる間
エンジンは回転数も上がり、音も大きくなっていました、チョークを戻したら
エンジンは静かになってアイドリングも普通に落ち着いていました
特に冬場は毎日やってたし、それが暖気運転と言われていたものです
いまはそれを細かく電子制御と燃料噴射でやっていますのでなにも気にせず
エンジンかけたらすぐにスタートしても問題無いんですけどね
昔のキャブ車はそうしないと初期着火で失火してプラグカブッたらエンジン
掛からないようになりますから、今のはそう言う事はほぼおきませんけどね
そして水温が上がり、ある程度エンジンが熱を持てば燃料を正常値に薄くしても
普通に燃えるようになりアイドリングも落ち着きます。その過程で燃料が濃くて
エンジンがまだ温まっていなければ排気音は大きくなります、M4やM3などでは如実に
解ると思います、ですから点火系があたらしくなってきれいに着火する
ようになったということで、何も問題無い正常だと思います

暖気が済んでも燃料が濃いままなら逆にエンジンが調子悪くなり、エンジン
警告灯が点灯するかもしれませんけどね
最悪どうしても音が大きいというのであればそれは排気系、マフラーの遮音
装置が抜けているか穴があいてるとかの問題かもです。
... 2018/07/17(Tue) 18:41 No.4448  

Re: 冷間時アイドリングが上がる MT -   ID:LKhH6  

この時代のBMWはイグニッションコイルがすごく弱く、明らかな不調がなくても新品に交換するとすこぶる好調になることがあります。
今回の件もこれかもしれません。
また、交換により燃焼状態が変化し、エアフロの学習値と合わなってる可能性もあります。
こちらはしばらくすると自動的に補正されます。
... 2018/08/03(Fri) 17:37 No.4462  


下のフォームから、この記事に返信ができます。
この記事を返信する
おなまえ 必須(ハンドル名)
愛車名 任意(例:E90 320i)
Eメール 任意
  非公開
URL 省略可
タイトル 必須:具体的に記事の内容が判るようなもの。「教えて下さい」等は不可
コメント 必須:短い文章はNG(全角80文字以上)。htmlは無効化。売買記事は売買掲示板へ

0 1 2 3 4 5 6
アイコン 必須:アイコンを選択 [アイコン一覧]
使用アイコン→img
画像 任意:管理者が許可するまで「COMING SOON」アイコンを表示
JPEG/PNG形式/50KB以内
削除キー 必須:投稿後の編集・削除に利用。英数字8文字以内