[前回の表示画面に戻る] [BMW X5 E53オーナーズルーム掲示板へ戻る]

記事No.382とレス記事を表示します。

  topエアサス交換 ボク - [E53 3.0i]  ID:LSkHI  <Mail>  

382.jpg(47900 byte) 愛車はリアのみエアサスです。車齢14年、もう少し乗りたいので交換しました。純正は高額なので米国のArnott社製にしました。交換マニュアルは同社より公開されています。

http://arnottmanuals.com/Reader/default.aspx?part=A-2501

交換は思っていたより簡単でした。
デフにガレージジャッキをかけて車体を上げ、馬を掛けてホイールを外せばもう見えています。
トランク内は左右の樹脂カバーを外し、エアタンクホースの締め付けナット(10mm)を2回転位緩めエアー圧を抜きます。

それよりビックリしたのは、2t超の車体を支えるものなのに、こんな材質と取付け方でいいのだろうかと思うものでした。車体上部は、2つの薄い鉄板クリップ(写真の正方形のもの)で留めるだけ。ナットで固定しなくていいのだろうか。

そして、下部はもっとびっくり、、、続く。
... 2016/09/27(Tue) 22:15 No.382  

エアサス交換のコツ ボク - [E53 3.0i]  ID:LSkHI  <Mail>  


383.jpg(39052 byte) ジャッキアップして馬をかけると、サスアームが下がりきってしまうので、加圧されていないエアサスをいれると車体上部に届きません。
助手がいれば、エアサスを上にあげてもらい、上部クリップを嵌めれば簡単です。
一人でやるには、エアサスが車体上部に密着するまで、サスを別のジャッキで上げればOKです。

さて、一番ビックリしたのは、エアサス本体下部が樹脂製だったことです。
常に荷重がかかる所なので、もしクラックでも入ればエアー抜けが生じて危険な状態になると思います。
また、下部とサスの固定はこの針金のピンのみです。
まあ今までトラブルが起きたわけではないので、これでいいのでしょうが、個人的には??な構造です。

外したエアサスをよくみると、ゴムが相当硬化しており、ひび割れも入っていました。
14年間使用しましたが、この劣化状況と下部が樹脂製であることを考えると、10年位で交換したほうがいいと感じました。

取付け後、馬を外して一気にジャッキダウンすると、リアがシャコタン状態になってしまいます。
その状態でエアポンプを作動させるのは負担がかかると思ったので、ジャッキを途中まで下げた状態でエンジンをかけてエアポンプを作動させてみました。

交換後はリアの突き上げが緩和され、乗り心地がよくなりました。
... 2016/09/29(Thu) 21:18 No.383  


下のフォームから、この記事に返信ができます。
この記事を返信する
おなまえ 必須(ハンドル名)
愛車名 任意(例:E90 320i)
Eメール 任意
  非公開
URL 省略可
タイトル 必須:具体的に記事の内容が判るようなもの。「教えて下さい」等は不可
コメント 必須:短い文章はNG(全角80文字以上)。htmlは無効化。売買記事は売買掲示板へ

0 1 2 3 4 5 6
アイコン 必須:アイコンを選択 [アイコン一覧]
使用アイコン→img
画像 任意:管理者が許可するまで「COMING SOON」アイコンを表示
JPEG/PNG形式/50KB以内
削除キー 必須:投稿後の編集・削除に利用。英数字8文字以内