BMW@FUN オーナーの情報交換

owners room
BMW情報サイト、質問疑問はオーナーズルーム掲示板へ、お気軽にご投稿下さい。 BMWの各種ランキング&アンケートも必見。愛車のBMW写真もフォトギャラリーへ掲載。
5500万アクセス達成  本日today  昨日yesterday 
BMW@FUNのタイトル画像

メンテナンス Q&A

メンテナンス・チューニング・ドレスアップの質問

BMWライフをサポートするマル秘情報

お気に入り追加

フォトギャラリー

 愛車プロフィール


モデル別フォトギャラリー-Update-
あなたの愛車写真を随時募集中!
トップページにも写真を掲載!





BMW情報

BMWは、1916年の航空機をはじめとした各種汎用エンジンの製造からスタートしました。
日本がまだ大正5年の頃です。

グスタフ・オットー航空機製造会社

BMW社の前進としては、1910年、ドイツ南部のバイエルン地方のミュンヘン郊外にグスタフ・オットー氏が「グスタフ・オットー・フルークツォイク・ヴェルケ」 (Gustav Otto Flugzeug Werke・グスタフ・オットー航空機製造会社)という航空機の機体製造会社を設立。 グスタフ・オットー氏は、ガソリンエンジン理論を確立したニコラウス・アウグスト・オットーの息子になります。

オーストロダイムラー社

ドイツダイムラー社から、技術資本供与を受け、オーストリア(オーストロ)で自動車生産を開始したのがオーストロダイムラー社である。 オーストロダイムラー社のフランツ・ポップ氏は、技術力の高いラップエンジン社へ航空機のエンジン生産を委託した。 フランツホップ氏は、ラップ社のマックスフリッツ氏の才能と技術力を評価し、引き抜き工作を開始する。

ラップ エンジン製造会社

航空機関連企業役員のカール・フリードリッヒ・ラップ氏が、1913年10月にミュンヘン郊外にて「ラップ・モトーレン・ヴェルケ」(Rapp Motoren Werke・ラップ エンジン製造会社)」 という航空機や船舶用のエンジン製造会社を設立。ラップエンジン社は水冷4気筒の航空機用エンジンを航空機製造会社に納入するようになります。 入社間もない、若きマックス・フリッツ氏はラップ社で、その才能と技術力を開花させた。 その後、フランツホップ氏は、ラップ社とフリッツ氏の技術を高く評価し、同社の経営権を取得し、創業者のラップ氏は会社を去った。

バイエリッシェ・フルークツォイク・ヴェルケ株式会社

1916年3月7日にグスタフ・オットー氏は、グスタフ・オットー航空機製造会社とラップ エンジン製造会社を合併し、 「バイエリッシェ・フルークツォイク・ヴェルケ株式会社(BFW/Bayerische Flugzeug Werke)」というバイエルン航空機製造という名称で設立し法人登記を行っています。
航空機の製造を禁止されBMW製のM2B15型エンジンを購入してモーターサイクル「ヘリオス」を生産。 1922年にBMW社と合併し、モーターサイクルの生産を継続。
1928年に航空機製造部門をBFW社として分離しました。
1938年にBFW社は、メッサーシュミット社と改称しています。

バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社

その後、1917年に「バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社」(BMW社)に改名して現在に至ります。
その名の通り、ドイツバイエルン州のエンジン製造メーカーとして企業活動を始めます。 同年、10月には現在のエンブレムマーク(ロゴ)を帝国特許事務所に登録しました。 当時は、現在のような大きな規模の会社ではなく、ダイムラー社(現メルセデスベンツ)や他のドイツメーカーに航空機関連のエンジンを提供する関係でした。

BMW R32 FLATTWIN 1919年6月28日に第一次世界大戦後のベルサイユ条約により、航空機関連は製造禁止となりました。 エンジニアのマックス・フリッツを雇用し、フリッツ氏の設計よりBMW社として初の航空機エンジン「タイプIIIa」を生産開始。
1920年には、エンジニアのマーティン・ストールがダグラス500のフラットツインエンジンをベースに研究開発に取り組み、モーターサイクル用のM2B15型エンジンが完成します。 ニュルンベルクのビクトリア社へ納入しています。 1922年には、バイエルン航空機製造会社(BFW/Bayerische Flugzeug Werke)と合併しモーターサイクルメーカーとなった。BMWの社名は継続。。 マックス・フリッツは、チーフデザイナーとしてモーターサイクルの開発に着手。 乗り物としては1923年の2輪車が先になります。
今でも受け継がれるのが水平対向2気筒(フラットツイン)のとシャフトドライブ駆動の組み合わせによるR32型オートバイです。 第一次世界大戦後の復興の波に乗って生産台数を伸ばし、BMW製オートバイの生産台数は着実に伸びはじめます。 企業規模拡大の中でBMWは欧州レースで次々に好成績を挙げ、最高速の記録も向上させています。 新興メーカーであったBMWブランドはこれらのイメージアップにより評判を高めていきます。
企業規模の拡大に伴い、オースチンセブンをライセンス生産するディクシー社を買収し、1928年には、自動車工場を買収し、自動車生産を開始。自動車ビジネスも軌道に乗り、1929年には「BMW3/15 PS」を発売し、現在の自動車製造メーカーの基礎が確立しました。

続く

サイトについて コンセプト、注意事項、質問、メール、プライバシーポリシー
@FUNのコラム 
 (C) 1996-2016 BMW@FUN
BMWランキング!
BMWアンケート投票