BMW 4シリーズ情報(歴史・スペック・カタログ)

4/i4シリーズ

BMW4/i4シリーズ(クーペ、カブリオレ、グランクーペ)に関する情報を整理しました。

BMW4シリーズの概要

従来、3シリーズクーペとして存在していた2ドアクーペ・カブリオレのモデルが、2013年のF32型クーペから「4シリーズ」として新たに独立しました。
1,3,5,7シリーズを4ドアセダンモデルとし、2,4,6,8シリーズを「2ドアクーペ」「2ドアカブリオレ」「4ドアグランクーぺ」モデルとする体制が整ったことになります。
上位モデルとしても格上げされた事により、3シリーズと共通部分を残すものの、より個性的なエクステリアとインテリアを前面に押し出したシリーズです。また、新たに追加されたジャンルとなる4ドアクーペの「グランクーペ」もクーペ扱いで4シリーズとなります。
ラグジュアリー&スポーツクーペとして3シリーズとは異なる4シリーズのスペシャリティーなイメージを確立しています。

4シリーズ・クーペ

2シリーズ、4シリーズ、6シリーズ、8シリーズの2ドアクーペモデルの中でエントリーモデルからら2番目に位置しています。サッシュレスドアの2ドアクーぺです。

4シリーズ・カブリオレ

2シリーズ、4シリーズ、6シリーズ、8シリーズの2ドアクーペモデルの中でエントリーモデルからら2番目に位置しています。サッシュレスドアの2ドアクーぺをベースにオープン化しています。

4シリーズ・グランクーペ

2シリーズ、4シリーズ、6シリーズ、8シリーズの2ドアクーペモデルの中でエントリーモデルからら2番目に位置しています。サッシュレスドアの4ドアでトランクはハッチバック形状となっています。車高は3シリーズセダンよりも低く、よりスタイリッシュです。

BMW4シリーズの機能・性能・特徴

プラットフォーム、エンジン、インテリアは、基本的に3シリーズの部品を共用しています。
エクステリアは、4シリーズ独自のものになります。

BMW4シリーズの型式

  • 初代4シリーズ(F32 F33 F36型)2013年~
  • 2代目4シリーズ(G22 F23 G26型)2020年~

BMW F32 F33 F36情報

BMW F32 F33 F36情報 (2013-)


F32クーペ・F33カブリオレ・F36グランクーペです。3シリーズ(F30型)セダンからクーぺとカブリオレが、4シリーズへ移行し、4シリーズ・クーペ(F32)とカブリオレ(F33)としてデビューした初代モデル。エクステリアなど独立シリーズとしての個性を前面に押し出します。カブリオレは、静粛性と剛性を考慮したハードトップを採用し、20秒で自動開閉できます。
8AT搭載など、環境性能も大幅に向上したモデル。4シータークーペとして、6シリーズの弟分となるグランクーペ(F36)も登場。サッシュレスドアなど、スタイリッシュな外観が魅力でトランクはリアウインドウごと跳ね上がるハッチバック型式となっています。

BMW G22 G23 G26情報

G22クーペ・G23カブリオレ

BMW G22 G23情報 (2020-)

4シリーズ2代目となったクーペスタイルモデルです。G20の3シリーズとエンジンやインテリアを共用しますが、ボディ形状はすべて4シリーズ専用となります。
自動運転制御や安全性も3シリーズの最新レベルに引き上げられています。

G26グランクーペ

BMW G26情報 (2021-)

i4シリーズ初代の電気自動車です。グランクーペのボディはスタイリッシュな4ドアですが、バッテリーの小型化を達成し、高性能の動力性能と航続距離、居住性を両立しています。内燃エンジンモデルの登場について、導入は見送りの可能性が高いです。

タイトルとURLをコピーしました