BMWのディーラー車検費用は高いのか?

BMWのディーラー車検費用(車検代)は、実際に高いのでしょうか?。実態に迫ります。

ディーラー車検のメリット

BMWの自動車メーカーとして、新車販売と合わせて車検などの点検整備網を整備しています。全世界のBMW製品に対する故障対応など豊富な情報を蓄積しています。整備士もBMWを専門に整備を行っていますので技術面でも優れていると言えます。当然、民間の整備工場よりも慣れている点で安心です。

車検費用(車検代)とは

1回目の車検(3年目)

車検費用の例
【整備費用】〈サービス〉(無料)
エンジンオイル交換
オイルフィルター交換
ワイパーブレード交換
エアクリーナーエレメント清掃
エアコンマイクロフィルター交換
ブレーキ液交換

【劣化部品交換】
ブレーキパッド面取り(鳴きが出るため):6480円
給油キャップ交換:3196円
左右Fドア内側に防音材:8640円

【追加注文】
カーナビ更新:37800円

2回目の車検(5年目)

車検費用の例
BMW2年定期点検:33,480円
診断テスト:2,160円
パーツクリーナー:1,620円
発煙筒:1,620円
ウインドウクリア(不凍剤付き):1,188円
保安確認検査:5,832円
検査機器測定量:5,832円
継続検査代行料:10,497円

【整備費用】
ブレーキフルード交換:6,580円

【法定費用】
重量税:20,000円
自賠責保険:25,830円
印紙・証紙代:1,800円

3回目の車検(7年目)

車検費用の例

【法定費用】
重量税(1.5㌧超~2.0㌧以下):40,000
自賠責保険(24ヶ月):24,950
検査印紙代 1,100

【2年法定点検整備費用】
24ヶ月法定点検整備工賃:  37,000
下廻り・エンジンルーム・スチーム洗浄:9,500
車検代行料金:12,500
総合検査料金:14,500
ショートパーツ:1,000

【劣化部品交換】
ワイパーブレードラバー交換工賃:1,000
ブレードラバー(575mm):1,100
ブレードラバー(500mm):1,100
レインチャンネルストリップ工賃:3,100
ルーフモール左右:33,000
クランプx15:2,900

【劣化修理】
オイルフィルター脱着シール交換工賃:20,000
ガスケット:900

【予防保守】
ウォーターポンプ交換工賃:18,500
ATウォーターポンプ:16,100
クーラント 21L:6,200
サーモスタット交換工賃:5,200
サーモスタット、ハウジング部品:14,500

サーモスタッドカートリッジ交換工賃:3,100
クーラント・エクスパンションタンク交換工賃:6,200
サーモスタット:10,500
ラジエターキャップ:3,200
エクスパンション・タンク:16,100
レベリングS/W:2,300

ラジエーターホース交換工賃:3,100
ウォーターホースアッパー:5,100
水温センサー:3,300
ロアウォーターホース:4,700

吸気側カムシャフトセンサー交換工賃:5,250
排気側カムシャフト、パルスジェネレータ交換工賃:1,000
Oリング:1,700
カムシャフトセンサー:17,800
カムシャフト・パルスジェネレーター:17,800

車検費用が高い理由

輸入車の車検費用が高いと言われる理由は何かを解説します。基本的に海外生産ですから、国内生産に比べてコストアップは避けられないところです。

部品代が高い

最近は、電気部品もAssyとして一体化しており、高額な部品も多くなっています。BMWも日本製部品を使用している箇所もありますが、基本的に海外製部品となり国産車に比べて割高となります。

部品の輸入コストがかかる。

海外生産の部品を日本に輸入するための送料がかかります。基本的な消耗品は、日本でもストックがありますが、故障頻度の少ない部品は、海外からの輸入が必要となり、運送コストが上乗せされてしまいます。

部品の寿命サイクルが短い

国産車では、長寿命のゴム類なども欧州車では定期交換部品としているケースもあり、部品コストが割高となる理由の一つです。

欧州車専用の整備事情

共通化された部品は、従来に比べて特殊技能は不要となっています。コンピュータ診断の結果から、不具合原因を特定し、部品発注や交換が必要となります。この点では、国産車と同様のイメージですが、BMW専用の整備スキルが求められるケースがあり、作業工賃が割高となったり、長時間の作業時間が必要なケースも出てきます。

車検費用(車検代)は安いのか

上記の1回目、2回目、3回目の例は、ほんの一例になります。新車購入後の1回目は、国産車と変わらないイメージです。

点検必須項目

法定点検として電球切れやベルト切れのままでは、法定車検に通りません。壊れて使えない部品、メーター上もエラーが出ており交換必須の部品についても、必須項目として部品交換が実施されます。

推奨・予防保守項目

車検の実施前に、車両を点検し、必要な部品交換を実施するため、費用見積を行い、ユーザー側に提示されます。見積書上、車検整備の必須項目とは別に「推奨・予防保守項目」については、過去の整備データやディーラー側の経験則から導き出されたものです。予防保守ですから、早期交換により、不測のトラブルを未然に防ぐ効果があります。

点検整備予算に余裕のある方

愛車を正しく維持するためには、早期の部品交換が必須です。整備費用の予算にも余裕がある方は、車検見積の見積項目(推奨・予防保守項目)について、そのまま実施を依頼しましょう。愛車の性能・維持管理としては、早期の部品交換によるコンディションの維持を推奨します。

少しでも費用を抑えたい方

高額な整備費用を全ての方が払えるわけでもなく、少しでも安くしたいというユーザーの意見もあります。一方でディーラーにとっては、車両販売以外に車両の保守・整備費用も貴重な収益源でもあります。見方を変えれば、まだ使える部品があることも事実なのです。ズバリ、車検見積書における、推奨・予防保守項目について下記を確認しましょう。

  • 即、部品交換が必要な状態ですかですか?
  • 部品寿命は、あと、どのぐらいの持ちますか?
  • 部品を交換すべき時期を教えて下さい。

合わせて、ディーラーへ車検費用・予算を削減したい旨を伝えます。

  • 車検整備点検としての要否
  • 部品交換寿命の観点でのアドバイス

上記の回答により、交換の優先順位を判断しながら推奨・予防保守を行えば、支出も抑えられます。ユーザーにとっても、部品寿命を考慮した維持費を確保など、メンテナンス計画も立てられるのです。

BMWディーラー車検の代車とは

BMWディーラーで車検を預けた際の代車事情について解説します。

代車に関しては各ディーラーの裁量

  • ディーラーによって代車サービスがある所、無い所もあります。
  • 代車の台数に限りがあり、予約が必要な場合があります。
  • 多くは代車を借りる際の契約が必要です。(返却時のガソリンや事故時の保証)

代車のパターンも新車や軽自動車の場合もあり

次の買い替えを促したり、買替頻度の高いお客には試乗車を貸し出すケースもあり。
販売促進、営業的な要因で、代車には差があって当然と考えておきましょう。

  • BMWの新車同然の車や試乗車が割り当てられる場合もある
  • ボロボロのBMW中古車の場合もある
  • 国産の軽自動車の場合もある

基本、多いケースは旧型の1/3シリーズでしょう。

車検費用のまとめ

新車や認定中古車など、もしくは年式の新しい中古車購入で車検費用は大きく削減できます。
推奨項目を絞り込むことで、愛車に合った車検点検を実施することができるでしょう。


BMWの雑誌おすすめ紹介

BMWの雑誌紹介、ビーエムダブリュー関連の本を紹介します。お勧めの本を紹介するページ。あなたの探す本が見つかるかも。

BMW COMPLETE (コンプリート)

クルマ誌「ル・ボラン」プロデュースのBMW専門誌!
自動車専門誌「ル・ボラン」がプロデュースする、ナンバーワンBMW専門誌です。BMWに関する情報を広く深く分析し、解説を加えるとともに、BMWのある生活の魅力をあますことなく伝える一冊です。


BMWER(ビマー)

BMWの新車はもちろん、ヒストリックカーからノイエクラッセ、80年代とすべての年代を対象としたBMW専門誌。


BMW af imp

パーフェクトスタイルアップとチューニングドレスアップなら、この雑誌。
オートファッションの最適化なら、BMW af imp


Motor Magazine(モーターマガジン)

MotorMagazineは1955年に創刊された日本で最も歴史のある自動車誌。信頼性と実用性に富んだ記事内容と密度の濃い国内外のクルマ関連の情報を発信する。


LEVOLANT(ルボラン)

国産車、輸入車の新車情報、試乗記、イベント情報など、クルマに関する最新情報からお役立ち情報まで、老舗自動車雑誌「ル・ボラン」と共にあなたのカーライフを充実の情報が満載


過去のおすすめ

BMW COMPLETE (コンプリート)

表紙 概要(内容紹介)
BMW COMPLETE Vol.67 (Gakken Mook)

2016年06月23日発売
M2クーペの実力と魅力のすべてを公道試乗やダイナミクステスト、M235iやM4などと徹底分析。
次期5シリーズのリポート

BMW COMPLETE Vol.66 (Gakken Mook)

2016年01月22日発売
1シリーズおよび3シリーズからプラグインHVを加えたX5など、BMW最新の日本導入モデルの試乗記、詳細解説。
最新情報や最新モデルの海外試乗記。

BMW COMPLETE Vol.65 (Gakken Mook)

2015年11月02日発売
初マイナーチェンジの3シリーズ、X1などBMW主力モデルの国内試乗インプレッションを掲載。
今秋にデビューした7シリーズの国際試乗会の模様やドイツ本国で発表されたニューモデルの解説。

BMW COMPLETE Vol.64 (Gakken Mook)

2015年06月22日発売
2シリーズ・グランツアラーや、スタイリッシュになった1シリーズなどコンパクトBMWを総力特集。

BMW COMPLETE Vol.63 (Gakken Mook)

2015年01月22日発売
1シリーズや2シリーズ、Xモデル、Mモデルからアルピナに至るまで、BMW日本導入全モデルのダイジェスト試乗記と解説。
「2015BMWモデル・イヤー・ブック」。

BMW COMPLETE Vol.62 2014年 12月号

2014年10月21日発売
欧州パリ・モーターショー出展予定モデルから、来年以降のBMWの動向をチェック。BMW初のコンパクトMPVとなる2シリーズ・アクティブツアラーを検証。新着のX4をはじめ人気のXモデルたちを紹介。

BMW COMPLETE Vol.61 2014年 09月号

2014年7月22日発売
国内新着のM3セダン/M4クーペに緊急試乗。上陸間もないBMWのニューモデルや気になるi3の走りと実用度を徹底チェック。本国からは4シリーズ・グランクーペ、X4など話題の新型モデルをはじめ、PHVスポーツi8の試乗リポートを掲載。

BMW COMPLETE (コンプリート) Vol.60 2014年 06月号

2014年4月21日発売
国内デビューとなる4カブリオレや注目のM235iクーペを紹介。発売開始となる電気自動車のi3の国内初試乗。ドイツ本国からはX3フェイスリフトや初のFFモデル2シリーズ・アクティブツアラーをリポート。

BMW COMPLETE (コンプリート) Vol.59 2014年 03月号

2014年1月21日発売
2014年国内仕様BMWのフルライナップ試乗記ダイジェストを掲載。注目の2シリーズ・クーペや4シリーズ・カブリオレ、M3セダンとM4クーペの続報とBMWi3の試乗インプレッションなどを紹介。

BMW COMPLETE (コンプリート) Vol.58 2013年 12月号

2013年10月21日発売
BMW4シリーズ・クーペや新型X5の試乗リポート。IAAフランクフルトショーでデビューするM4クーペ、EVスポーツのi8などの新着情報。好評連載モデルアーカイブとオススメ中古車はE8X型1シリーズを予定。

BMW COMPLETE (コンプリート) Vol.57 2013年 09月号

2013年7月22日発売
3シリーズ・グランツーリスモやM6グランクーペ、フェイスリフト版Z4などのリポート。最新アルピナB3ビターボのドイツ本国試乗などホットな話題も満載。

BMW COMPLETE (コンプリート) Vol.56 2013年 06月号

2013年4月20日発売
1シリーズ、3シリーズ、Xモデル、Mモデルまでのすべて試乗リポート。320i/320d/アクティブハイブリッド3の走り、燃費・環境性能を徹底チェック。本国デビュー、M6 グランクーペ

BMW COMPLETE (コンプリート) Vol.55 2013年 03月号

2013年1月21日発売
国内仕様モデルBMWフルラインアップの試乗ダイジェスト。アクティブハイブリッド3とクリーンディーゼルの320dのロングツーリングテストで、走りと燃費を検証。

BMWER(ビマー)

表紙 概要(内容紹介)
BMWER(ビマー)Vol.29 (NEKO MOOK)

2016年05月31日発売
BMW創設100周年にあたる2016年
特集はM4 GTSとM2。

BMWER(ビマー)Vol.28 (NEKO MOOK)

2016年02月29日発売
オープンになったBMW

BMWER(ビマー)Vol.27 (NEKO MOOK)

2015年11月30日発売
M2の紹介。

BMWER(ビマー)Vol.26 (NEKO MOOK)

2015年08月31日発売
3series 40年の軌跡の紹介。

BMWER(ビマー)Vol.25 (NEKO MOOK)

2015年05月30日発売
アルピナ50周年記念特集

BMWER(ビマー)Vol.24 (NEKO MOOK)

2015年01月30日発売
i8日本公道試乗など

BMWER(ビマー)Vol.23 (NEKO MOOK)

2014年10月31日発売
M3&M4の比較研究など。

BMWER(ビマー)Vol.22 (NEKO MOOK)

2014年7月31日発売
日本上陸を果たしたニューM3&M4特集。試乗報告。

BMWER(ビマー)Vol.21 (NEKO MOOK)

2014年4月30日発売
特集『アルピナの精神』

BMWER(ビマー)Vol.20 (NEKO MOOK)

2014年1月31日発売
特集『M3&M4の全貌』開発ドライバーの話。

BMWER(ビマー)Vol.19 (NEKO MOOK)

2013年10月31日発売
3シリーズクーペ改め4シリーズへ。M3クーペもM4と名称変更。
V8から直6ターボへとダウンサイジングされたM3とM4を検証します。

BMWER(ビマー)Vol.18 (NEKO MOOK)

2013年7月30日発売
アルピナの世界を紹介。

BMWER(ビマー)Vol.17 (NEKO MOOK)

2013年4月30日発売
特集『はじめてのM3』

Motor Magazine(モーターマガジン)

表紙 概要(内容紹介)
Motor Magazine 2016年6月号

2016年4月30日発売
新着スポーツカーでは「BMW M2 クーペ / M4 クーペ 比較試乗記」「BMW M4 GTS トラックテスト 海外試乗記」を紹介
SUV車では「BMW X4 M40i」を紹介など

Motor Magazine 2016年5月号

2016年4月1日発売
《別冊付録》「輸入車ハンドブック 2016」。
特集として『BMWの過去・現在・未来』について紹介など

Motor Magazine 2014年8月号

2014年7月1日発売
メルセデスベンツGLAクラスとBMW X1とアウディQ3のライバル比較。特集は「BMW新世代“M”の衝撃 」 M4 Coupe M3 Sedan M235i Coupe M135i 一般道を試乗。市街地、ワインディング、高速道。、サーキット試乗。DVD特別付録[BMW Mモデル in Circuit] など。

Motor Magazine 2014年7月号

2014年5月31日発売
特集は「BMWの壮大なシナリオを読み解く」
国際試乗会「M4クーペ / M3セダン」「4シリーズグランクーペ」「X4」「i8」「X3」「ライトデイワークショップ」
比較試乗「120i / 220i Coupe / 320i」など

その他

表紙 概要(内容紹介)
Studie Style for BMW Life 10 (Gakken Mook ル・ボラン)

2016年04月21日発売
最新モデルのカスタマイズプランや今季モータースポーツ活動の計画などを紹介。

BMW MAGAZIN 2016 (メディアパルムック)

2015年11月30日発売
「M4 GTS」、「7シリーズ」、「X1」、「X3」がフルモデルチェンジ。「3シリーズ」のマイナーチェンジなどの紹介。

BMW MAGAZINE 2014(ビーエムダブル・マガジン 2014) (メディアパルムック)

2013年11月25日発売
BMW全モデル完全ガイド&2014パーツ別厳選カタログ

af imp. (オートファンションインポート) 2014年 08月号

2014年7月10日発売
af imp.スーパーカーニバル2014 in 富士スピードウェイ。輸入車カスタマイズカー220台が集結。BMWの魅力を味わい尽くした一日 ・第3回 ECJ全国オフミーティング@裾野など。

BMW×af imp.3 (CARTOP MOOK af imp. limited series)

2014年5月30日発売
BMW M4特集。2014スタイリング公開。SPECIAL Parts CATALOG。BMW ON BRANDS。内装コーティング。音楽。中古車紹介

BMW i3のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/インポート 39)

2014年5月2日発売
BMWi3についての紹介。

BMWエマージェンシーサービスとJAFとの比較

BMWの故障やトラブルなどの緊急時に、24時間365日きめ細かく対応するサービスの総称です。メリットとデメリットも解説します。

BMWエマージェンシーサービスの概要

BMWエマージェンシー・サービスは、BMW正規ディーラーで保証期間中の車両やBMWカード、BMW保険の加入者が対象となります。
路上修理からレッカー移動まで、最適なサービスが迅速に提供されます。

  • 応急処置のアドバイス
  • 出張修理
  • レッカー手配
  • 代替交通手段やホテルの確保

トラブル時の電話サポート

突発的な路上故障などで車が停止してしまった場合など、専任のBMWスタッフが、24時間365日の年中無休で電話サポートされます。

出張修理

各種トラブルの応急処置のアドバイス、電話応対での解決が出来ない場合は、出張修理。

  • 簡易路上修理
  • バッテリー上がり
  • パンク時の簡易対応
  • キーのとじ込み
  • ガス欠など

レッカー手配

  • 旅行先であれば最寄りディーラーへ搬送
  • ディーラー営業時間開始まで車両の保管

交通手段の確保、宿泊手配

ドライバーや同乗者の代替交通手段(公共交通機関、タクシー、レンタカー)やホテルの手配・確保が行われ、場合により費用まで負担されます。
BMW Cardを契約者は期間に関係なく利用可です。

  • 修理に時間が掛かる場合は2日まで負担

BMWコネクテッド・ドライブ

「BMWコネクテッド・ドライブ」が装備された車両は、ConnectedDriveメニューから連絡により、車両情報と現在位置データが、エマージェンシー・サービスのコールセンターへ送られます。
コールセンターとの会話により、エマージェンシー・サービスの各種手配が的確に実施されます。

BMW Card の加入者

BMWカード加入者の特典として、サービスが提供されます。
BMWダイナースカードとBMW VISA CARDの紹介

BMWエマージェンシー・サービス〈PREMIUM〉

BMW自動車保険加入者はよりプレミアムなサービスが提供されます。
BMW自動車保険の評判とメリットデメリット

BMWエマージェンシーサービスの費用とは

ドライバーや同乗者の代替交通手段(公共交通機関、タクシー、レンタカー)やホテルの手配・確保が行われ、場合により費用まで負担されます。

サービス対象

BMW エマージェンシーサービスを受けられる権利は下記の方です。下記に該当する方は、費用が掛からずにエマージェンシーサービスを受けられます。

  • BMW 新車保証
  • BMW 新車延長保証
  • BMW 認定中古車保証
  • BMW Premium Selection 延長保証

BMWエマージェンシーサービスの中古車とは

下記の中古車については、トラブル発生時にエマージェンシー・サービスを受けられます。

  • BMW 認定中古車保証
  • BMW Premium Selection 延長保証

JAFなど他サービスとの比較

BMWエマージェンシーサービスは、対象車の故障(保証の範囲)よって生じた費用については一定の範囲で無料です。
バッテリー上がりや自損事故など、保証範囲外のアクシデントについて生じる関連費用は有償となります。

JAFの無料サービス範囲

JAFの場合、年会費を払うために会員ならバッテリー上がりやパンク、キー閉じこみ、燃料切れなど、さまざまなロードサービスを無料で受けられます。
また、自然災害に起因した事故や故障、雪道・ぬかるみ等からの引き上げなど、自動車保険では対象外のロードサービスにも対応しています。
さらに、重大なトラブルが起きていなくても、気になる異音や異臭などのトラブル点検でもご利用いただけるため、安心です。
やはり、専門の車両サービスだけあり、無料の範囲も広いようです。

自動車保険やクレジットカードの特典

皆さんが加入されている自動車保険やクレジットカードにも同様のサービスが無料付帯されているケースが多いです。
あまり利用する機会は無いと思いますが、選択の一つとして規定を見ておくと良いでしょう。

サービスを使い分ける選択

BMWの保証期間中で、故障理由が保証の範囲内であれば、BMWエマージェンシーサービスを利用する方が、前述のメリット・特典があります。

  • BMW保証期間中の車両故障
  • キーのとじ込み
  • BMWの機能に特化した専門的な故障

BMWの保証期間中であっても、自損事故などのトラブルで保証の範囲外であれば、BMWエマージェンシーサービスでも有料対応となるため、他のロードサービスを利用する方が、無料のメリットが大きいです。

  • BMW保証期間中の車両事故
  • 一般的なパンクやバッテリー上がり、ガス欠など
  • 旅行先で、近隣のディーラーへのレッカー

地元で故障した場合

地元で担当ディーラーに連絡し、指示を仰ぐのが一番です。あえて、ロードサービスを利用するのは無駄でしょう。

ロードサービスの注意点

全ての各種ロードサービスに言えることですが、ロードサービス会社と修理工場、レッカー、交通機関、宿泊先など各サービス提供会社は別会社であるため、一体サービスの提供とはいえ、連携が上手く取れておらず、トラブルになるケースが多々あるようです。

  • 電話応対・路上サービス・レッカー:ロードサービス
  • レンタカー:別会社
  • 修理:出先ディーラー、提携工場
  • 宿泊・交通費:別手配

サービスに丸投げで上手くいく場合もありますが、別会社を横断したサービスが提供されるため、手配ミスや勘違いも発生します。費用の範囲、車の修理期間や引取時期など、サービス任せでなく、なるべく確認する事をお勧めします。

まとめ

新車や認定中古車の保証期間中、明らかに車の故障であれば、BMWエマージェンシーサービスを利用する。
それ以外は、自動車保険、クレジットカード、JAFなど賢く利用することで、安心のカーライフを送りましょう。