BMW iDriveの機能概要と世代別OSの歴史

BMW総合情報

BMW iDrive上で稼働する歴代オペレーティングシステムの変遷から、最新のオペレーティングシステムまでを解説します。

iDriveの概要

車内通信およびエンターテイメントシステムとして、初代は2001年のE65型7シリーズに搭載されたiDriveが最初に登場となります。

  • 初代はWindows CEベースのOSを搭載。その後、RTOS(VxWorks)へ変更
  • 高いビットレートを持つ多重化MOSTバス/バイトフライト光ファイバーデータバスを採用

ATシフトノブの横に設置されたコントローラで操作する形態は、現在と同様です。
当時はタッチパネルよりも安全性が高いという発想です。ただ、カーナビなどは階層が深くなり操作性が市販ナビより劣っていたようです。
その後、徹底的な改良がされ、市販ナビと車両コントロールの統合システムに進化しています。

ナビ・オーディオ

  • ナビゲーション機能
  • BMWヘッドアップディスプレイ
  • オーディオビジュアルシステム(FM/AM、TV、CD/DVD、ハンズフリーテレフォン)

ドライビング

  • ドライビングパフォーマンスコントロール
  • アクティブクルーズコントロール

セーフティ

  • ドライビングアシスト
  • 車両情報のモニタリング
  • BMW Connected Drive
  • リアビューカメラ、トップビュー+サイドビューカメラ
  • パーキングアシスト
  • ETC

iDriveのバージョン確認方法

下記順で操作することにより、iDriveのソフトウエアバージョンを確認します。

  1. メニュー
  2. iDrive設定
  3. ソフトウェア更新
  4. 現在のバージョン表示

iDriveの種別

iDriveの世代毎の特徴と外観からの見分け方を解説します。

第1世代iDrive「CCC」

  • Car Communication Computer:カーコミュニケーションコンピュータ
  • メニューが十字形状のタイプ
  • DVDドライブ上のナビマップ

第2世代iDrive「CIC」

  • Car Information Computer:カーコミュニケーションコンピュータ
  • メニューのトップに「CD/マルチメディア」のタイプ(現在のメニュー形態へ)
  • 地図上の自車マークが赤色
  • HDDドライブ上のナビマップ

第3世代iDrive「NBT」

  • Next Big Thing:ネクストビッグシング
  • メニューのトップに「マルチメディア」のタイプ
  • 地図上の自車マークが青色
  • 後期モデルでコントローラのタッチパッド対応

第4世代iDrive「NBT-EVO」ID4

  • Next Big Thing:ネクストビッグシング
  • メニューのトップに「マルチメディア」のタイプ
  • 地図上の自車マークが青色
  • MEDIAの下にCOMボタン
  • 2GBメモリ

第5世代iDrive「NBT-EVO2」ID5

  • Next Big Thing:ネクストビッグシング
  • メニューが6個アイコン構成
  • 地図上の自車マークが青色
  • MEDIAの下にRADIOボタン
  • 4GBメモリ

第6世代iDrive「NBT-EVO2」ID6

  • Next Big Thing:ネクストビッグシング
  • メニューが3個アイコン構成
  • 地図上の自車マークが青色
  • MEDIAの下にCOMボタン
  • 4GBメモリ、ジェスチャーコマンド対応、タッチスクリーン

第7世代iDrive7

  • 2018年のX5(G05)より導入。G20/30型以降のモデルより本導入
  • iDrive 6.0のアーキテクチャを合理化する新しいデザインをiDrive 7.0に導入
  • MGU(メディアグラフィックユニット)ヘッドユニット
  • BMWタッチコントローラー

第7世代iDrive8

  • 2021/3:iXよりデビュー
  • 12.3インチのドライバーディスプレイ
  • 14.9インチのセンターディスプレイ
  • 合計27.2インチで曲線を描くディスプレイ一体型
  • クリアガラス調デザインのコントローラへ

第7世代iDrive:BMWオペレーティングシステム7

BMWグループ(BMW Group)は2月22日、「BMWオペレーティングシステム7」の最新バージョン、「バージョン11/20」への無線アップグレードを開始。

今回はBMWブランドの20モデル以上、全世界で100万台を超える車両が、ソフトウェアの無線更新を受ける予定だ。欧州の自動車メーカーとしては、史上最大規模の無線アップグレードになるという。顧客は、車両のアップグレードが利用可能になるとすぐに、車またはスマートフォンの「BMWアプリ」でプッシュ通知を受け取る。

車内からスマートホームデバイスを制御可

最新のソフトウェアバージョンのハイライト機能には、5か国の言語に対応したアマゾン(Amzon)の音声アシスタント「アレクサ(Alexa)」の車載化がある。アレクサの車載化により、ユーザーは、自宅と同じ方法で、アマゾンの音声アシスタントを車内で利用できるようになった。その結果、買い物リストの編集、最新ニュースへのアクセス、音楽の再生がさらに簡単になるという。また、ユーザーは車内からスマートホームデバイスを制御できるようになった。

スマートフォンにダウンロードした「My BMWアプリ」でQRコードをスキャンすれば、個人の「BMWドライバープロファイル」を、レンタカーを含めた他のBMW車にすばやく簡単に転送できるようになった。エアコン制御とナビゲーション設定は、ドライバーのお気に入りとともに自動的に車両にインポートされる。シート位置、ドアミラー、先進運転支援システム(ADAS)の設定などの個人設定も、プロファイルに保存できる。顧客が自分のプロファイルを車両のキーにリンクさせている場合、その設定は車両のドアロックを解除した時に適用される。

BMW M ラップタイマー

「BMW M ラップタイマー」は、アクセル開度、エンジン回転数、G-など、車両のセンサーから収集したデータによって、サーキットでより大きなドライビングプレジャーを追求する。ラップタイム、運転時間、走行距離は、移動中いつでも表示できるため、顧客はサーキットでのパフォーマンスを向上させることができるという。セッションが終了すると、BMW M ラップタイマーからのすべてのデータがユーザーフレンドリーな形式にコンパイルされ、自由に分析できるようになる。

さらに、BMWインテリジェントパーソナルアシスタントの最新のアップグレードにより、BMWMモデルのサウンドを味わうことが可能に。「ハイBMW、BMW M8はどのようなサウンドを発する?」などの質問に応えてくれる。

安全かつ適切なタイミングでの車線変更を支援するために、アクティブナビゲーションがステアリングの拡張機能として提供され、レーン管理アシスタントが利用できるようになる。計算されたルートを走行する必要がある時はいつでも、車線変更を行うことを提案する。交通渋滞が検出された場合、アクティブナビゲーションは、渋滞が解消されてから、ドライバーに車線変更を促す。

My BMWアプリで画像とプロファイル同期可

パーソナライズされたプロフィール画像を、ユーザーのドライバープロフィールに追加できるようになった。My BMWアプリを使用すると、画像とプロファイルを簡単に同期できる。

顧客が車両を売却する時に、個人データとMyBMWアプリのリンクを削除できるように、顧客が車両を工場出荷時の設定にリセットすると、MyBMWアプリや「BMW ID」とのすべての関連付けがクリアされるようになった。リモートソフトウェアアップグレードでは、車両のオーナーズマニュアルも、最新の情報に更新される。

2018年以来、BMWオペレーティングシステム7とリモートソフトウェアアップグレード機能は、BMWのドライバーに、迅速かつ簡単な方法で最新のソフトウェアを提供し、車両を最新の状態に保つことを支援してきた。新しい機能は、無線で車両に簡単にインポートできる。インストールファイルは、バックグラウンドで車両に用意されている。大がかりなアップデートでも、インストールに20分以内に完了。

第8世代iDrive:BMWオペレーティングシステム8

第8世代iDriveの特長は、インフォメーションディスプレイとコントロールディスプレイをグループ化した「BMWカーブドディスプレイ」に進化しています。

レイアウトの変更が可能

  • 「ドライブレイアウト」ではディスプレイ中央に、カスタマイズ可能な情報を表示する。
  • 「フォーカスレイアウト」は、ダイナミックな走行シーン向けに設計されている。

BMW カーブドディスプレイとは

最新の人間工学に基づいた設計。ドライバーに向かってカーブを描く設置

  • 直感的なタッチコントロールが容易
  • 200ppiの高解像度ディスプレイモニターを採用
  • 12.3インチのドライバー向け情報ディスプレイ
  • 14.9インチのカーナビを含む情報ディスプレイ
  • 合計27.2インチのコントロールディスプレイが、1つのユニットに収められている。
タイトルとURLをコピーしました