BMW M社(M Gmbh)エンジン型式 スペック

BMWのM社製の型式別エンジン仕様、スペック(SPEC)や特徴、搭載車種などの関連情報を集約しました。

M社エンジンの概要

M4GTS 500ps watercool

M社((BMW M Gmbh)エンジンの特徴とは

レース経験をBMWの市販車にフィードバックさせるというコンセプトにより、Mエンブレムを持つモデルに搭載されたエンジンである。
Mスポーツなどエアロと足回りだけのモデルと違い、Mモデル専用のスペシャルエンジンを搭載している。
ノーマルグレードとはエンジンの設計が異なり、エンジン形式も専用となる。
エンジンのパワーを的確に路面に伝えるよう、専用エアロと専用の足回りで武装する。

NAエンジン

Mエンジンの特徴としては、ターボやスーパーチャージャーなどのデバイスに頼ることなく、
自然吸気エンジンのままパワーとスポーツフィールを追及したエンジンを開発していた。現在ラインナップからは消えてしまったが、一世代前の高回転エンジンの回転フィールは他社では味わえない魅力であった。
NAエンジンのラインナップとしは、直6、V8、V10型である。
最近ではメルセデスAMGやアウディRSは、さらなる大排気量、ターボ化によりスペックだけを見ると凌駕されているケースもあった。
しかし、M社のエンジンを含むトータルな車体チューニングにより、サーキットのタイムではライバル他車を上回っていた。

直噴ターボエンジン

直6、V8のラインナップとなり、燃焼室内にピエゾインジェクターで直接高圧な燃料を噴射する直噴ツインターボである。
このターボ化により、エンジンの排気量と気筒数のダウンサイジングにより、従来のNAエンジンに比べて、より高出力、高トルク化と軽量化の両立が図られている。
当然、ノーマルグレードとは異なるエンジン設計、形式となる。

2019年登場の6気筒ターボエンジンは510馬力を発生

S54B32型エンジン

S54B32型スペック
エンジン 直列6気筒DOHC24V
総排気量 3254
ボアストロ-ク 87 x 91.0
最大出力 252kw/343ps7900rpm
最大トルク 37.2kgm/4900rpm
圧縮比 11.5
給排気デバイス ダブルVANOS
シリンダーブロック 鉄ブロック
重量 216kg
特徴 リッターあたり106psを発生。鉄ブロックは重いが耐久性は抜群。
搭載モデル
  • 3シリーズ:E46-M3
  • Z4:E85/E86-Mcoupe/Roadstar(2006/05~)
  • S55B30A型エンジン

    S55B30A型スペック
    エンジン 直列6気筒DOHC24Vツインターボ
    総排気量 2979
    ボアストロ-ク 84 x 89.6
    最大出力 431ps5500-7300rpm
    最大トルク 56.1kgm/1850-5500rpm
    圧縮比 10.2
    給排気デバイス ダブルVANOS、バルブトロニック、直噴ツインターボ
    シリンダーブロック 335iとは別物のシリンダーブロック
    重量 -kg
    特徴
    • 3気筒x2のターボ過給。
    • 7DCT:0-100km/4.1sec
    • 6MT:0-100km/4.3sec
    • M4GTS:0-100km/3.8sec、500ps ウォータークールによるピストン冷却によるパワーアップ
    搭載モデル
  • 3シリーズ:F80-M3
  • 4シリーズ:F82-M4:
  • S65B40型エンジン

    S65B40型スペック
    エンジン V型8気筒DOHC32V
    総排気量 3999
    ボアストロ-ク 92 x 75.2
    最大出力 420ps/8300rpm
    最大トルク 40.0kgm/3900rpm
    圧縮比 12.0
    給排気デバイス ダブルVANOS
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 202kg
    特徴 ウェットサンプ
    搭載モデル
  • 3シリーズ:E90-M3
  • S63B44A型エンジン

    S63B44A型スペック
    エンジン V型8気筒DOHC32V
    総排気量 4395cc/84.0×89.6
    最大出力 555ps/6000rpm(M5 560ps/6-7000rpm)
    最大トルク 69.3kgm/1500-5650rpm
    圧縮比
    給排気デバイス 直噴ツイン・スクロール・ターボ(ツインターボ)、ダブルVANOS・バルブトロニック
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴 V型のシリンダーの谷間にツインターボを設置し、他メーカーのV型エンジンとは異なる。6速ATとの組み合わせにより、パワフルなターボパワーを効率的に路面に伝える。
    搭載モデル
  • X5M/X6M
  • M5
  • S85B50型エンジン

    S85B50型スペック
    エンジン V型10気筒DOHC40V
    総排気量 4999
    ボアストロ-ク 92 x 75.2
    最大出力 373kw/507ps7750rpm
    最大トルク 53.0kgm/6100rpm
    圧縮比 11.5
    給排気デバイス ダブルVANOS
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴 ウェットサンプ
    搭載モデル
  • 5シリーズ:M5
  • 6シリーズ:M6
  • S70型 V12エンジン

    S70型スペック(1988-1996)
    エンジン V型12気筒DOHC48V
    総排気量(エンジン型式) 5576cc(S70B56型/1992年/E31-850CSi)
    6000cc(S70/1-B60型/1992年/E31-M8)
    6064cc(S70/2-B60型/1992年/マクラーレンF1)
    6064cc(S70/3-B60型/1997年/マクラーレンF1-LM)
    ボアストロ-ク 84 X 75
    84 X 75
    86 X 87
    86 X 87
    最大出力 381ps/5300rpm
    558ps/6000rpm
    627ps/7400rpm
    677ps/7800rpm
    最大トルク 55.1kgm/4000rpm
    60.1kgm/4500rpm
    66.3kgm/4000rpm
    70.5kgm/4500rpm

    圧縮比

    9.8
    10.0
    10.5
    10.5

    給排気デバイス DME
    シリンダーブロック 鉄ブロック
    重量 280kg
    280kg
    266kg
    266kg
    特徴 ウェットサンプ

    BMW V型12気筒エンジン型式 スペック

    BMW製のV型12気筒エンジンの型式別仕様、スペック(SPEC)や特徴、搭載車種など、エンジンラインナップ解説します。

    BMW V12型エンジンの概要

    V型12気筒エンジンは、レシプロエンジン等のシリンダー配列形式の一つで、シリンダーの配置がV字型のエンジンにおいて片バンクに6気筒ずつ合計12気筒になる事からV12と呼ばれます。
    BMWの場合、直列6気筒部分を共用した設計としています。
    1986年からBMWが製造した開始したV型12気筒エンジンは、M70、M73、N73、N74のラインナップになります。
    「エンジン屋のBMW」のファクトリー群の中、V12エンジンの専用工場で技術と拘りを盛り込んだ究極のエンジンです。
    圧倒的なパワーとウルトラスムーズな回転フィールは、BMWのトップモデル・フラッグシップモデルに搭載するエンジンにふさわしいエンジンです。
    V12エンジン

    最新エンジンでは、最新テクノロジーが惜しみなく投入されています。ロールスロイスに搭載のエンジンもBMW製V12がベースです。
    水素ハイブリッドのハイドロジェン7のベースにもなっています。
    サウンドや回転フィールの演出も、国産車とは違ったBMWの世界を堪能できるエンジンです。

    なお、自動車用以外としては、1920年代の大戦時中、BMWはドイツ主要航空エンジンメーカーであり、(BMW VI型)液冷式V型12気筒の航空用エンジンが存在していました。

    BMW V12型エンジンの歴史

    第一世代としては、第二次大戦後のドイツ車で初のV型12気筒エンジン搭載車は、E32のM70エンジンです。
    M70は1987年から1994年まで製造されています。
    第二世代は、E38に搭載されたM73です。
    第三世代は、E66に搭載されたN73です。
    そして、第四世代(現行)は、F02に搭載されたN74で、何れのV12も緻密でウルトラ・スムーズ且つパワフルなエンジンに仕上がっている。

    M73は、1999年度のInternational Engine of the Year(4L以上の部門)を受賞しており、1998年にはロールスロイスのシルヴァーセラフに搭載されました。

    1990年にはM70をベースに、そのスポーツ・バージョンのS70型に発展しています。
    初期のS70/1では、M8プロトタイプに搭載されます。
    このS70/1の詳細なスペックは公表されていませんが、排気量は約6Lに拡大され、410kW(558PS)という高出力でした。
    S70/1はS70/2に発展し、あのマクラーレンF1に搭載されることになります。
    このS70/2は6064cc、DOHC4バルブ、86mmX87mm、627PS、66.3mkgという驚きのエンジンでした。
    又、S70/2はモータースポーツ部門で成功し、BMW V12 LMRに搭載され1999年のルマン24時間レースで勝者となっています。

    2012年にはV12エンジンの25周年を記念した、7シリーズの特別モデルがアメリカで15台限定で販売されました。
    水素V12エンジン

    M70B50型エンジン

    M70B50型スペック
    エンジン 60度V型12気筒SOHC24V
    総排気量 4988
    最大出力 300ps/5200rpm
    最大トルク 45.9kgm/4100rpm
    圧縮比 8.8
    給排気デバイス Lジェトロニック電子燃料噴射装置、デジタルモーターエレクトロニクス(DME)
    シリンダーブロック
    重量 280kg
    特徴 M20型の直列6気筒シリンダーを60度のV型バンクで連結したV12気筒構造である。
    搭載モデル
    • 7シリーズ:E32 750i/iL
    • 8シリーズ:E31 850i

    M73B54型エンジン

    M73B54型スペック
    エンジン 60度V型12気筒SOHC24V
    総排気量 5379
    最大出力 320ps/5000rpm
    最大トルク 49.1kgm/3900rpm
    圧縮比 10.1
    給排気デバイス Lジェトロニック電子燃料噴射装置、デジタルモーターエレクトロニクス(DME)
    シリンダーブロック
    重量 280kg
    特徴 M70型の排気量拡大、チューニング版
    搭載モデル
    • 7シリーズ:E32 750i/iL
    • 8シリーズ:E31 850Ci

    N73B60A型エンジン

    N73B60A型スペック
    エンジン V型12気筒DOHC48V
    総排気量 5972
    最大出力 327kw/445ps6000rpm
    最大トルク 600Nm/61.2kgm/3950rpm
    圧縮比 11.3
    給排気デバイス ダブルVANOS・バルブトロニック・直噴
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴 水冷式オルタネータ、10/15モード燃費は5.4km/l
    搭載モデル
  • 7シリーズ:E66 760Li
  • N74B60A型エンジン

    N74B60A型スペック
    エンジン V型12気筒DOHC48Vツインターボ
    総排気量 5972
    最大出力 544ps5250rpm
    最大トルク 75kgm/1500-5000rpm
    圧縮比
    給排気デバイス ダブルVANOS・バルブトロニック・直噴ツインスクロールターボ(ツインターボ)
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴 8AT、エネルギー回生システム、10/15モード燃費は5.4km/l
    搭載モデル N74B60A型V12エンジン

  • 7シリーズ:F02 760Li
  • BMW V型8気筒エンジン型式 スペック

    BMW製のV型8気筒エンジンの型式別仕様、ガソリン・ディーゼルのスペック(SPEC)や特徴、搭載車種などを解説します。

    BMW V型8気筒エンジンの概要

    V型8気筒の存在感

    BMWといえば、直6のシルキーシックスが有名だが、V8は、その滑らかにも磨きがかかります。
    V8といえば、アメリカ市場では無くてはならない存在であり、高級エンジンの代名詞といえばV8なのです。
    過去5シリーズ(E34型)では、3リッターエンジンにもV8が搭載されていた時期がありました。
    静粛性に関しては、国産車と異なり、エンジンの存在感をあえて演出しています。
    6気筒に比べてジェントルな味付けではあるが、圧倒的なパワーを伴ったサウンドや回転フィールは、スポーティな走りのイメージを強調しています。
    最新エンジンでは、ダブルVANOSバルブトロニックを装備し、パワーとトルク、燃費の向上を図っています。

    OHVエンジン(1954-1965)

    BMW OHV V8は1954年から1965年まで生産されたオーバーヘッドバルブ(OHV)V8ガソリンエンジンです。
    エンジンには公式モデルコードがないため、BMWが製造する唯一のオーバーヘッドバルブ(OHV)V8エンジンを使用して識別されることが多く、他のすべてのBMW V8エンジンはデュアルオーバーヘッドカムシャフトバルブトレインを使用しています。
    1992年発売のBMW製M60型エンジン(DOHC)により、V8エンジンのラインナップが再開されました。

    排気量:2580cc

    M502/1 100ps4800rpm/184Nm2500rpm 1954-1961
    M502/100 100ps4800rpm/185Nm2500rpm 1961-1963
    M502/110、M533 110ps4900rpm/186Nm3000rpm 1961-1963

    排気量:3168cc

    M506/1 120ps4900rpm/214Nm2500rpm 1955-1961
    M506/140 140ps5400rpm/242Nm3000rpm 1961-1963
    M503/1 140ps4800rpm/220Nm3800rpm 1956-1961
    M507/1 150ps5000rpm/240Nm4000rpm 1956-1959
    M503/160、M532 160ps5600rpm/245Nm3600rpm 1961-1963

    N62B40A型エンジン

    N62B40A型スペック
    エンジン V型8気筒DOHC32V
    総排気量 3999
    最大出力 225kw/306ps6300rpm
    最大トルク 390Nm/39.8kgm/3500rpm
    圧縮比
    給排気デバイス ダブルVANOS・バルブトロニック
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴
    搭載モデル
  • 5シリーズ:540i
  • 7シリーズ:740i
  • N62B44A型エンジン

    N62B44A型スペック
    エンジン V型8気筒DOHC32V
    総排気量 4398
    最大出力 245kw/333ps6100rpm
    最大トルク 450Nm/45.9kgm/3600rpm
    圧縮比
    給排気デバイス ダブルVANOS・バルブトロニック
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴
    搭載モデル
  • X5シリーズ:4.4i
  • N62B48A型エンジン

    N62B48A型スペック
    エンジン V型8気筒DOHC32V
    総排気量 4798
    最大出力 265kw/360ps6200rpm
    最大トルク 500Nm/51.0kgm/3600rpm
    圧縮比
    給排気デバイス ダブルVANOS・バルブトロニック
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴
    搭載モデル
  • X5シリーズ:4.8is
  • N62B48B型エンジン

    N62B48B型スペック
    エンジン V型8気筒DOHC32V
    総排気量 4798
    最大出力 270kw/367ps6300rpm
    最大トルク 490Nm/50.0kgm/3400rpm
    圧縮比
    給排気デバイス ダブルVANOS・バルブトロニック
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴
    搭載モデル
  • 5シリーズ:E60/E61 550i
  • 6シリーズ:E63/E64 650i
  • 7シリーズ:E65/E66 750i
  • N63B44A型エンジン

    N63B44A型スペック
    エンジン V型8気筒DOHC32V
    総排気量 4395cc/84.0×89.6
    最大出力 300kw/407ps5800rpm
    最大トルク 600Nm/61.2kg/1750-4500rpm
    圧縮比
    給排気デバイス ツインターボ、ダブルVANOS・バルブトロニック
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴 V型のシリンダーの谷間にツインターボを設置し、他メーカーのV型エンジンとは異なる。8速ATとの組み合わせにより、パワフルなターボパワーを効率的に路面に伝える。
    搭載モデル N62B48B型V8エンジン

  • X6シリーズ:xDrive50i
  • 5シリーズ:F10/F11/F07 550i
  • 7シリーズ:F01 750i
  • S63B44A型エンジン(M5)

    S63B44A型スペック
    エンジン V型8気筒DOHC32V
    総排気量 4395cc/84.0×89.6
    最大出力 555ps/6000rpm(M5 560ps/6-7000rpm)
    最大トルク 69.3kgm/1500-5650rpm
    圧縮比
    給排気デバイス 直噴ツイン・スクロール・ターボ(ツインターボ)、ダブルVANOS・バルブトロニック
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴 V型のシリンダーの谷間にツインターボを設置し、他メーカーのV型エンジンとは異なる。6速ATとの組み合わせにより、パワフルなターボパワーを効率的に路面に伝える。
    搭載モデル
  • X5M/X6M
  • M5
  • S65B40A型エンジン

    S63B44A型スペック
    エンジン V型8気筒DOHC32V
    総排気量 3999cc/92.0×75.2
    最大出力 420ps/8300rpm
    最大トルク 40.8kgm/3900rpm
    圧縮比 12.0:1
    給排気デバイス MダブルVANOS
    シリンダーブロック アルミニウム
    重量 —kg
    特徴 8300回転の超高回転ユニットだが、低速域もフレキシブル。0-100km4.8sec
    搭載モデル
  • E90/E92-M3