BMW1500情報、ノイエクラッセの意味とは

総合情報・全モデル

BMWのノイエクラッセと呼ばれる1500シリーズです。以降のBMWデザインやスポーツセダンの原型ともなった歴史的モデルのスペックや歴史を解説します。

BMW 1500モデル概要

製造期間は、1961~1972年、以降のBMWモデルの基礎・原型を作り上げ、スポーツセダンとしてのBMWイメージの確立に繋げたBMWとしても歴史的なモデルです。直系としては5シリーズの先祖とされるモデルです。

時代的な背景

BMWイセッタ(1955-1959)のベースモデルは、イタリアのイソのライセンス生産により、第二次世界大戦後の混乱後、BMW経営状況も徐々に回復しました。後継としてのモデル「BMW700」も経営の回復に寄与したモデルです。(写真はBMW700)
高級車市場では、V型8気筒を搭載する501や507では、ライバル・メルセデスの優勢の状況が続きます。1960年、投資家のHerbertとHarald Quandtは、経営不振のBMW経営権を獲得。
当時の市場では小型・中型セダンが求められており、BMW1500の開発に着手します。

開発プロジェクト

  • プロジェクト総括:フリッツ・フィドラー
  • シャシーデザイン:エバーハルト・ウォルフ
  • スタイリング・ボディエンジニアリング:ヴィルヘルム・ホフマイスター
  • エンジン設計:アレックス・フォン・ファルケンハウゼン

ノイエクラッセの意味とは?

小・中型車へのニューモデルとして、BMWが社運をかけて開発し、投入したのがBMW1500です。

ノイエクラッセの社内呼称

BMW社内において「ノイエクラッセ」と呼ばれたネーミングの意味とは、第二次世界大戦後に作っていたどの車種とも異なる新しいコンセプトによる設計内容に由来します。

  • ノイエ・クラッセ(ドイツ語:Neue Klasse )
  • 新しいクラス(英語:New Class)

新世代の小型・中型車としてのBMWのみならず、他メーカーにも影響を与えたベンチマークとなる先進機能と装備を備えた内容でした。

BMW1500の特徴

ライバルを凌駕する性能の数々

  • 当時としても先端の高剛性モノコックボディ
  • SOHCのエンジンヘッド(当時の小型車クラスは、OHVが主流)
  • フロント:マクファーソン・ストラットのサスペンション
  • リア:セミトレーリングアームのサスペンション
  • 全車フロントディスクブレーキ
  • BMWデザインコンセプトの確立(BMWマーク、キドニーグリル、ホフマイスターキンク)

歴史(変遷)

BMW1500としての歴史

  • 1961年9月:フランクフルトモーターショーでBMW1500発表
  • 1962年10月:正規生産を開始
  • 1964年12月:製造を終了。全生産台数:23,554台

派生モデルと後継モデル

  • 1963年:BMW1800登場。1.8L直列4気筒SOHCで、最高出力は90ps、最高速度は162km/h
  • 1964年:BMW1800IT登場。ソレックスのツインキャブレター装着した1800TI。TI(Touring Internationalの略)。ンは最高出力110psに向上。
  • 1966年:BMWBMW2000/2000TI登場。2L直列4気筒SOHCエンジン搭載。最高出力100psを発生。2000TI:120ps
  • 1966年:派生モデル1600-2発表。以降、BMW2002シリーズに発展、さらに、後継の3シリーズ(E21)へ受け継がれます。
  • 1967年:直列6気筒エンジンを搭載したBMW2500/2800が登場。後継の7シリーズに受け継がれます
  • 1969年:2000tii登場。インジェクション採用で最高出力は130ps
  • 1972年:初代5シリーズ(E12)にバトンタッチします。

スペック

BMW1500スペック

ボディサイズ

  • ホイールベース:2,550mm
  • 全長:4,500mm
  • 全幅:1,650mm
  • 全高:1,420mm
  • 車両重量:1060kg

エンジン型式:M10(バージョンM115)

  • 排気量:1,499cc
  • ボアストローク:82mmx71mm
  • 圧縮比:8.0
  • 吸気:ソレックス製キャブレター
  • 馬力:80ps/5700rpm
  • トルク:118Nm/3000rpm
  • 0-100km加速:15秒
タイトルとURLをコピーしました