BMW形式モデル・シリーズ別の一覧情報

(Last Updated On: 2019年8月8日)
BMWの開発コード、新旧モデルラインナップ、型式、形式の一覧、モデルコードでの製造国、製造番号の識別方法。シリーズ別のボディ形状、プラットフォームを解説します。

BMWのシリーズの呼び方とは

「シリーズ」という呼び方ですが、車種のカテゴリになります。
BMWとして多売シリーズでもあり、街中で良く見られる3シリーズの中にもセダンやツーリング(ワゴン)などボディ形状もバリエーションがあり、排気量も多様なラインナップがあります。
3シリーズの「320i」というグレードでは、最初の「3」はシリーズ名称、続く「20」は以前は排気量(2000㏄相当)を指します。
最近は排気量はサイズダウンしていますが、エンジンの馬力は2000cc相当を指しています。
末尾の「i」は、従来フューエルインジェクション(インジェクションのi:電子制御の燃料噴射システム)を指していました。
現在は、ガソリンエンジン搭載車全般になります。
320dの末尾「d」は、ディーゼルエンジン搭載車を指します。

BMWのシリーズ一覧

BMWのボディ形状・ドア枚数のラインナップ一覧です。
・セダン(4ドア・5人乗り)
・クーペ(2ドア・5人乗り)
・グランクーペ(4ドア・5人乗り)
・ツーリング(4ドア・ハッチバック・5人乗り)
・グランツーリスモ(4ドア・ハッチバック・5人乗り)
・アクティブツアラー(4ドア・ハッチバック・5人乗り)
・グランツアラー(4ドア・ハッチバック・7人乗り)
・SUV(4ドア・ハッチバック・5/7人乗り)
・ロードスター(2ドア・オープンスポーツカー・2人乗り)

BMW 1シリーズ

BMW1シリーズ情報(E87 F20 F40型の特徴・スペック)
2002年に発売されたビーエムダブリューのエントリーモデル「1シリーズ」は、2010年に全世界で100万台超の販売台数となる末弟モデルへと成長。5ドアセダン、3ドアハッチバック(日本未導入)の2タイプ。欧州ではCセグメントのモデルに分類される。
・セダン:5ドア、3ドア(日本未導入)

BMW 2シリーズ

BMW2シリーズ情報(F22 F23 F44 F45 F46型の特徴・スペック)
Cセグメントのコンパクトな2ドアクーペのエントリーモデルとして、2013年に1シリーズから「2シリーズ」として新たに独立させたモデル。
なお、初代1シリーズクーペは、2代目から2シリーズクーペへ移行。

  • クーペ:2ドア
  • カブリオレ:2ドアオープンカー
  • クランクーペ:4ドアクーペ
  • アクティブツアラー:4ドア、ミニバン
  • グランツアラー:4ドア、ミニバン7人乗り

BMW 3シリーズ

BMW3シリーズ情報(特徴・スペック・故障情報)
Dセグメントのコンパクトセダンとして世界の自動車メーカーのベンチマークとなる「3シリーズ」は、BMWの最多売シリーズとなる主力モデル。セダンとツーリングの2タイプ。

  • セダン:4ドア
  • ツーリング:4ドアワゴン
  • グランツーリスモ:4ドア

BMW 4シリーズ

BMW4シリーズ情報(特徴・スペック・故障情報)
Dセグメントのミドルサイズの2ドアクーペとして、2013年に3シリーズから「4シリーズ」として新たに独立させたモデル。
2ドアクーペ、カブリオレのタイプ。4シリーズ独立に伴って、外観も2ドア・スペシャリティカーとして個性的な魅力をアピールする。

  • クーペ:2ドア
  • カブリオレ:2ドア
  • グランクーペ:4ドアクーペ

BMW 5シリーズ

BMW5シリーズ情報(特徴・スペック・故障情報)
EセグメントのアッパーミドルクラスのセダンとしてメルセデスEクラスと競う人気のモデルとなる「5シリーズ」である。
4ドアセダン、ツーリング、グランツーリスモのタイプ。欧州ではEセグメントのモデルに分類される。

  • セダン:4ドア
  • ツーリング:4ドアワゴン

BMW 6シリーズ

Eセグメントのアッパーミドルクーペモデルが「6シリーズ」である。
4人乗りの2ドアクーペ、カブリオレと4ドア・サッシュレスのグランクーペのタイプ。
なお、初代グランツリーリスモは5シリーズに属していましたが、2代目から6シリーズへ。

  • クーペ:4ドア
  • カブリオレ:4ドア
  • グランクーペ:4ドアクーペ
  • グランツーリスモ:4ドア

BMW 7シリーズ

Fセグメントのアッパークラス・ラージセダンとして最上級装備の「7シリーズ」はドライバーズカーでもある。
4ドアセダン、ロングホイールベースのタイプ。欧州ではFセグメントのモデルに分類される。

  • セダン:4ドア
  • ロングホイールベース:4ドア

BMW 8シリーズ

Fセグメントの最上級のラージクーペモデルが「8シリーズ」である。
4人乗りの2ドアクーペ、カブリオレと4ドア・サッシュレスのグランクーペのタイプ。

  • クーペ:4ドア
  • カブリオレ:4ドア
  • グランクーペ:4ドアクーペ
  • グランツーリスモ:4ドア

BMW Xシリーズ一覧

4WDモデルを主軸としたSAV(スポーツ アクティビティ ビークル)のクロスオーバーSUVです。

シリーズ 内容
X1シリーズ X1シリーズは、SUVエントリーモデルのセダンタイプとして居住性重視のモデルであり、Cセグメントに属します。
X2シリーズ X2シリーズは、SUVエントリーモデルのクーペタイプとしてスタイリング重視のモデルであり、Cセグメントに属します。
X3シリーズ X3シリーズは、SUVのDセグメントモデルのセダンタイプとして居住性重視のモデルです。
X4シリーズ X4シリーズは、SUVのDセグメントモデルのクーペタイプとしてスタイリング重視のモデルです。
X5シリーズ X3シリーズは、SUVのEセグメントモデルのセダンタイプとして居住性重視のモデルです。
X6シリーズ X4シリーズは、SUVのEセグメントモデルのクーペタイプとしてスタイリング重視のモデルです。
X7シリーズ X3シリーズは、SUVのFセグメントモデルのセダンタイプとして居住性重視のモデルです。

BMW Zシリーズ一覧

4WDモデルを主軸としたSAV(スポーツ アクティビティ ビークル)のクロスオーバーSUVです。

シリーズ 内容
Z4シリーズ オープン2シーターモデルを主軸としたラグジャリーコンパクトなスポーツカーが「Zシリーズ」となる。
先代Z3からZ4へと進化しています。

BMW Mシリーズ一覧

BMWの車両をベースとし、M社専用のチューニングを施したスポーツ専用モデルです。
エンジン、足回り、外観、内装などM専用装備を備えた高性能モデルをラインナップ。

シリーズ 内容
Mシリーズ 一般車用をベースにMパフォーマンスの専用チューニングを施した「Mxxx」というモデル。
M専用モデルとして、より高度なチューニングを施した「Mx」のタイプに分かれます。

BMWの車体番号ルール

BMWの車体番号、掲載場所

型式・形式・モデルコード(開発コード)

  • モデルコードの先頭の頭文字の略語「Exx/Fxx/Gxx」は、Entwicklung(ドイツ語)の開発や発展を意味しています。
  • 最新モデルでは、モデルコードの先頭の頭文字の略語「G」は、Futurum(ドイツ語)の未来モデルを意味しています。
  • 頭文字のFやGの後の数字は、開発の順番として、開発コードを表記しています。
    ボディ形状の違い(セダンやワゴン、クーペ)を数字で分けています。最近では、ノーマルとMモデルを分けるようになっています。

 

BMW 型式別・モデル年式(年表)

  • 過去~現行~発売予定
  • 形式名:英字+数字の3桁の組み合わせとなっています。ボディ形状により番号を切り分けています。
  • 発売時期:生産開始から終了年
  • シリーズ:1~8シリーズ、Xシリーズ、Zシリーズなど
  • ボディ形状:セダン、クーペ、カブリオレ、ツーリング、SUV、SUVクーペなど(その他備考)
  • 2014年からノーマルとMモデルを形式名でも明確に分けています。
形式 発売期間 シリーズ ボディ形状
E3 1968-1977 2.5, 2.8, 3.0, 3.3 セダン
E9 1969-1975 2800CS, 3.0CS, 3.0CSL クーペ
E12 1972-1981 5 セダン
E21 1975-1983 3 セダン
E23 1977-1986 7 セダン
E24 1976-1989 6 クーペ
E26 1978-1981 M1 クーペ
E28 1981-1988 5 セダン
E30 1982-1991 3 セダン、ツーリング、クーペ、カブリオレ
E31 1990-1999 8 クーペ
E32 1986-1994 7 セダン
E34 1988-1995 5 セダン、ツーリング
E36 1991-1999 3 セダン
E36/5 1995-1998 3 コンパクト
E36/7 1996-2002 Z3 ロードスター
E36/8 1998-2002 Z3 クーペ
E38 1994-2001 7 セダン
E39 1996-2003 5 セダン、ツーリング
E46/5 2000-2004 3 コンパクト
E46/4 1998-2005 3 セダン
E46/3 1999-2005 3 ツーリング
E46/2 1999-2006 3 クーペ
E46/C 1999-2006 3 カブリオレ
E52 2000-2003 Z8 カブリオレ
E53 2000-2006 X5 初代X5 クロスオーバーSUV
E60 E61 2004-2010 5 E60セダン、E61ツーリング
E63 2004-2011 6 クーペ
E64 2004-2011 6 カブリオレ
E65 2002-2009 7 セダン
E66 2002-2009 7 ロングホイールベース
E67 2002-2009 7 セキュリティ強化モデル
E68 2006 7 ハイドロジェン7(水素自動車)
E70 2007-2013 X5 2代目X5 クロスオーバーSUV
E71 2008-2014 X6 初代X6 クロスオーバーSUVクーペ
E72 2009-2014 X6 アクティブハイブリッド
E81 2004-2011 1 初代1シリーズ 3ドアセダン(日本未導入)
E82 2007-2014 1 初代1シリーズ 3ドアクーペ
E83 2004-2011 X3 初代X3 クロスオーバーSUV
E84 2010-2015 X1 初代X1 クロスオーバーSUV
E85 2003-2009 Z4 初代Z4ロードスター
E86 2006-2009 Z4 クーペ
E87 2004-2011 1 初代1シリーズ 5ドアセダン
E88 2008-2011 1 カブリオレ
E89 2009-201X Z4 2代目Z4ロードスター
E90 2005-2012 3 セダン
E91 2005-2012 3 ツーリング
E92 2006-2013 3 クーペ
E93 2007-2013 3 カブリオレ
F01 2008-2015 7 セダン
F02 2009-2015 7 ロングホイールベース
F03 2009-2015 7 セキュリティ強化モデル
F04 2012-2015 7 アクティブハイブリッド7
F06 2010-201X 6 初代グランクーペ(4ドアクーペ)
F07 2009-201X 5 初代グランツーリスモ
F10 2010-2017 5 セダン
F11 2010-2017 5 ツーリング
F12 2011-201X 6 2ドアクーペ
F13 2011-201X 6 カブリオレ
F15 2013-2018 X5 3代目X5 クロスオーバーSUV
F16 2015-2019 X6 2代目X6 クロスオーバーSUVクーペ
F20 2011-201X 1 2代目 5ドアセダン
F21 2011-201X 1 2代目 3ドアセダン(日本未導入)
F22 2013-201X 2 初代2シリーズ 3ドアクーペ
F23 2013-201X 2 初代2シリーズ 3ドアカブリオレ
F25 2011-2017 X3 2代目X3 クロスオーバーSUV
F26 2014-2018 X4 初代X4 クロスオーバーSUVクーペ
F30 2012-201X 3 セダン
F31 2012-201X 3 ツーリング
F32 2013-201X 4 クーペ
F33 2013-201X 4 カブリオレ
F34 2012-201X 3 初代グランツーリスモ
F36 2013-201X 4 初代グランクーペ
F39 2018-202X X2 初代X2 クロスオーバーSUVクーペ
F40 2019-202X 1 3代目1シリーズ 5ドアセダン
F44 2019-202X 2 初代2シリーズ グランクーペ5ドアセダン
F45 2014-201X 2 初代2シリーズ アクティブツアラー
F46 2015-201X 2 初代2シリーズ グランツアラー
F48 2015-201X X1 2代目X1 クロスオーバーSUV
F49 2015-201X X1 2代目X1 ロングホイールベース(中国専用・日本未導入)
F52 2017-201X 1 2代目 FFセダン(中国専用・日本未導入)
F80 2014-201X M3 セダン
F82 2014-201X M4 クーペ
F83 2014-201X M4 カブリオレ
F90 2017-202x M5 セダン
F85 2014-201X X5M SUV
F86 2014-201X X6M SUV
F87 2016-201X M2 クーペ
F97 2019-202X X3M SUV
F98 2019-202X X4M SUV
G01 2017-202X X3 3代目X3 クロスオーバーSUV
G02 2018-202X X4 2代目X4 クロスオーバーSUVクーペ
G05 2018-202X X5 4代目X5 クロスオーバーSUV
G06 2019-202X X6 3代目X6 クロスオーバーSUVクーペ
G07 2019-202X X7 初代X7 クロスオーバーSUV
G11 2015-202x 7 セダン
G12 2015-202x 7 ロングホイールベース
G14 2018-202x 8 初代カブリオレ
G15 2019-202x 8 2代目クーペ
G16 2019-202x 8 初代グランクーペ
G20 2019-202X 3 7代目 セダン
G21 2019-202X 3 ツーリング
G29 2019-202x Z4 3代目Z4ロードスター
G30 2017-202x 5 7代目セダン
G31 2017-202x 5 7代目ツーリング
G32 2017-202x 6 2代目グランツーリスモ(5シリから6シリへ変更)
G38 2015-202x 7 ロングホイールベース(中国専用・日本未導入)

BMW iブランド形式

形式 発売期間 iシリーズ ボディ形状
I01 2014-202x i3 初代5ドアセダン
I12 2013-2020 i8 初代2ドアクーペ
I15 2013-2020 i8 初代2ドアクーペロードスター

プラットフォーム一覧

自動車におけるプラットフォーム(PLATFORM)とは、ボディ設計の基本部分を指す。「シャーシナンバー」や「車台」とも呼ばれる。
莫大な開発費用を投入するため、一定期間、複数のモデルで共有する。

プラットフォーム 搭載するモデル形式
E24プラットフォーム E24 E28
E30プラットフォーム E30 Z3
E36プラットフォーム E36 E46 E83 E85
E39プラットフォーム E39 E53
E65プラットフォーム E65 E66
L1プラットフォーム E60 E61 E63 E64
L2プラットフォーム E82 E84 E87 E88 E89 E90 E91 E92 E93
L3プラットフォーム MINI(R56)
UKL1(Untere Klasse,lower class in German)プラットフォーム MINI(F55 F56 F57)
FAARプラットフォーム
UKL2(Untere Klasse,lower class in German)プラットフォーム
F39 F40 F45 F46 F48 F49 F52(FF 1siri)
L6プラットフォーム F01 F02 F06 F07 F10 F11 F12 F13
L7プラットフォーム F20 F21 F22 F23 F30 F31 F32 F33 F34 F36 F80 F81 F82 F83
CLARプラットフォーム
(CLuster ARchitecture)
G01 G02 G05 G06 G07 G11 G12 G15 G20 G29 G30 G31 G32 F90(クラスターアーキテクチャ)
TOYOTA Supra(J29)

  • CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を部分採用し軽量化(2015~)

ボディタイプ一覧

ボディタイプ 特徴
4ドアセダン 4ドア構成。リヤがトランク形状のボディタイプを指す。3、5、7シリーズがこのタイプ。
4ドアクーペ 4ドアセダンよりも、やや全高が低くスタイリッシュなスタイリングで、ドアの窓枠(サッシ)が無くガラスのみとなる。リヤは斜めに傾斜したハッチバックスタイル。4、6シリーズのグランクーペがこのタイプ。
2ドアセダン クーペと呼ぶ場合が多いが、4ドアが2ドアになったタイプを指す場合もある。現在では2シリーズ、4、6シリーズがこのタイプ。
2ドアクーペ 2ドア構成、リヤがトランクのタイプを指す。現在では2シリーズ、4、6シリーズがこのタイプ。
カブリオレ 屋根がオープンカーとなるタイプ。材質がレザーの屋根がソフトトップ、スチールの屋根がハードトップと呼ばれる。2、6シリーズはソフトトップ、4シリーズはハードトップとなる。
グランツーリスモ 4ドア構成でドアサッシの無いクーペだが、車高はセダンよりも高い。リヤはハッチバックスタイル。3,5シリーズのグランツーリスモがこのタイプ。ボイールベースはセダンよりも延長され居住性を確保。
ツーリング 一般的に言うワゴンタイプ。ボディ構成はセダンと同一だが、セダン居住部分の屋根がボディ後端まで延長されている。リヤはハッチバックとなる。3,5シリーズに設定。
5ドアハッチバッグ 4ドアセダンの後部がハッチバック形式となっている。1シリーズに設定。
アクティブツアラー FFミニバンタイプの5人乗り。4ドアで後部がハッチバック形式。2シリーズに設定。
グランツアラー FFミニバンタイプの7人乗り。4ドア3列シート構成で、後部がハッチバック形式。2シリーズに設定。
Liモデル セダンのホイールベースを延長したロングホイールベース(リムジンタイプ)。7シリーズに設定。

BMWエンジン形式、特徴やスペック

BMWエンジン形式・種類
3気筒、4気筒、6気筒、V8、V12エンジンの特徴やスペックを解説

(Visited 4,408 times, 1 visits today)