BMW G07情報(X7シリーズ・カタログ)

BMWの初代X7シリーズ(G07型)の情報。X7シリーズ(G07型)の概要、特徴や装備、スペックのカタログ、歴史などの関連情報を解説します。
xDrive35d、xDrive M50iのラインナップです。

BMW X7シリーズ(G07)型の概要

BMWのキングオブSUV。トップグレードに位置する初代X7シリーズのG07型です。従来、長らくそのポジションをX5シリーズが守って来ましたが、X7の登場によりその座を譲ることになりました。
新ジャンルとしてSAV(スポーツアクティビティビークル)のX5を発表したのを皮切りに、X3、X1を発表し、SAVのラインナップを拡充。
ライバルメーカーのフルサイズSUVに対抗すべく、X7シリーズの発売となります。
全長5165mm、全幅2000mm、全高1835mm、ホイールベース3105mmと、BMWのSUVとしては全長とホイールベースは最大。モジュラー型プラットフォーム(CLAR) を使用しています。
3列シートは大人の乗車にも十分なスペースを確保しています。エクステリアではキドニーグリルは縦長に大型化され、トップモデルに相応しいインパクトがあります。
ダブルウィッシュボーンフロントサスペンションとマルチリンクリアサスペンションを備えたセルフレベリングエアサスペンションシステムを備えています。
40mmで上げたり下げ可能です。荷室は326リットル、シートを倒せば2120リットルの容量が確保できます。

装備装備品

ヴェルナスカレザー、4ゾーン気候制御、iDrive 7.0、アダプティブLEDヘッドライト、ワイヤレス充電、シートヒーター付き3列シート。
中央の列は2座席構成の3つの座席を備えています。
ACCクルーズ制御やブレーキ介入による衝突検出を含む運転支援システム

オプション装備

冷却および加熱されたカップホルダー、LEDライトパターンを備えたパノラマサンルーフ、レーザーヘッドライトなどがあります。

BMW X7(G07)型のスペック

BMW X7 xDrive M50iスペック

全長:5151mm
全幅:2000mm
全高:1805mm
最高速度:250km/h(リミッター)
0-100km/h加速:4.7秒
燃費:9.0-9.2km/L
乾燥重量:2580kg
エンジン:V型8気筒4395ccツインターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:530ps/5500-6000rpm
最大トルク:76.3kg-m/1800-4600rpm
ギアボックス:8速AT
燃料タンク容量:80L

BMW X7 xDrive 35dスペック

全長:5151mm
全幅:2000mm
全高:1805mm
最高速度:250km/h(リミッター)
0-100km/h加速:4.7秒
燃費:9.0-9.2km/L
乾燥重量:2420kg
エンジン:2992cc直6ディーゼルターボ
使用燃料:ディーゼル(軽油)
最高出力:265ps/4000rpm
最大トルク:63.2kg-m/2000-2500rpm
ギアボックス:8速AT
燃料タンク容量:80L

BMW X7(G07)型の歴史

コンセプトカー「X7 iパフォーマンス」を発表:2017/9

2017年9月に開催されたドイツフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「X7 iパフォーマンス」を発表

プレスリリースX7シリーズG07型デビュー:2018/10

2018年10月発表。「xDrive40i」「xDrive50i」「xDrive30d」「M50d」の4モデルが発表。

  • 「xDrive40i」最高出力340psの直6ガソリンターボ
  • 「xDrive50i」最高出力462psのV8ガソリンターボ
  • 「xDrive30d」最高出力265psの直ディーゼル6ターボ
  • 「M50d」最高出力400psの直6ディーゼルターボ

X7シリーズG07型ショーデビュー:2018/11

2018年11月に開催されたロサンゼルスモーターショーにて市販モデルであるX7を世界初一般公開。

ドイツ本国X7シリーズG07型デビュー:2018/17

2018年4月、発表された[2]。モデルは「xDrive40i」「xDrive50i」「xDrive30d」「M50d」の4モデルが発表された。エンジンは「xDrive40i」には最高出力340psの直6、「xDrive50i」には最高出力462psのV8、「xDrive30d」には最高出力265psの直6、「M50d」には最高出力400psの直6が搭載された。

日本発売X7シリーズG07型:2019/6/24

2019年6月24日、日本市場向けに「xDrive35d」「M50i」の2モデルが導入

  • 「xDrive35d」には最高出力265psの3リッター直6ディーゼルターボ
  • 「M50i」には最高出力530psの4.4リッターV8ガソリンターボ
  • xドライブ35d:1099万円(税込)
  • xドライブ35dデザイン・ピュア・エクセレンス:1229万円(税込)
  • xドライブ35d Mスポーツ:1265万円(税込)
  • M50i:1595万円(税込)

BMW E71 E72情報(X6シリーズ・カタログ)

BMWの初代X6シリーズ(E71 E72型)関連情報。E71 E72の歴史やスペック・サイズ・エンジン、メンテナンスなどを解説します。
E71:xDrive35i xDrive50i X6M、E72:ActiveHybridの2タイプに分かれています。

X6シリーズ E71の概要


BMW Xシリーズの流れを組むX6(BMW E71)は、X5をベースとして、クーペスタイルに仕上げたスペシャリティーSUVモデルである。「スポーツアクティビティクーペ」というサブネームを持ちます。
4885x1985x1690mmの圧倒的なサイズは、存在感をアピールするのに十分で、都会的なスタイリッシュさも兼ね備えています。
2トンを超える車重を感じさせないエンジンパワーに加えて、リアの駆動力を可変にする(DPC:ダイナミック・パフォーマンス・コントロール)と
xDriveによって、卓越したスポーティなハンドリングが楽しめます。
アクティブハイブリッドモデルはE72型となります。
2013年には、全世界での販売台数21万台を達成。

X6シリーズ E71の歴史

2014/06

2代目X6シリーズにF16型へバトンタッチ

2代目となるX6シリーズ(F16型)が発売され、後継モデルにバトンタッチとなった。

2012/06/07

X6 Mをマイナーチェンジ

X6 Mにおいては、L字型リアコンビネーションライトに従来型より幅広のLEDライトバーを採用。(X6 Mが1495万円)

xDrive35i/50iもイヤーモデル変更を実施

  • ヘッドアップディスプレイ
  • 新デザインの20 インチ・アルミホイールを標準装備
  • ヘッドアップディスプレイ
  • USBオーディオ・インターフェイスを標準装備
  • LEDを基調としたL字型Wの新しいトレンドの流れを組むフロントグリル、リヤテールランプ
  • xDrive50i装備:ヘッドアップ・ディスプレイ、アルミスポークスタイリング336

xDrive35i: 856万円
xDrive50i:1132万円

2010/11

X6 xDrive35i減税適合

xDrive35iが9.4km/lの燃費達成で、自動車取得税および重量税が約50%減税で、約22万円が優遇される。

2010/07

20台限定で「X6 Performance unLimited」登場

945万円(35iの特別仕様車)
パール・シルバー(Individualボディ・カラー)
ネバダ・レザー(シャトー)、ブラッシュド・アルミインテリア
Performanceエアロダイナミックパッケージ、21インチ・アロイ・ホイール Yスポーク・スタイリング375
F:10Jx21ホイール + 285/35R21タイヤ、R:11.5Jx21ホイール + 325/30R21タイヤ
Performance ブラックキドニーグリル、アルミペダルセット
専用インテリア・バッジ、サンプロテクション・ガラス

2010/07

ActiveHybrid X6日本発売

4.4LV型8気筒ツインターボ、400ps/5500-6400rpm、62.2kgm/1750-4500rpm。6速AT

2つの電気モーターと高性能なニッケル水素バッテリーにより、エンジンとモーターをそれぞれ別々に駆動可能なシリーズパラレル方式のハイブリッドとなる。
システムトータル485ps、79.6kgm

価格1490万円

2010/05

初代X6マイナーチェンジ後期モデル

xDrive35i:直列6気筒エンジン:856万円
xDrive50i:V型8気筒エンジン:1096万円

エンジンのリニューアル、ATの多段数化による動力性能のアップ、燃費改善
・ツインパワーターボテクノロジー
・高精度ダイレクトインジェクションシステム
・マイクロハイブリッドテクノロジー(ブレーキ・エネルギー回生システム)
・8速AT

エクステリアの変更
・FRバンパーの形状変更。
・テールランプのLED化(シルバーの横ライン)

X6Mに標準装備
マイクロハイブリッドテクノロジー

2009/11

装備充実、価格改定

  • トップビュー(駐車場支援機能)
  • iDriveのリニューアル(2009年後期型へ)
  • ナビのリニューアル(2009年後期型へ)
  • 地上デジタルチューナ対応改定後価格
  • X6-35i:885万円、X6-50i:1098万円
2009/07

X6M:日本発売

4.4LV型8気筒ツインターボ、最大出力555ps/6000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5650rpmを発揮。
6速Mスポーツ・オートマチックトランスミッション、ステアリングパドルシフト、Sport/Efficiencyのモード選択。
価格1490万円

2009/04

X6Mが海外デビュー

4.4リットルV8ツインターボをベースに最大1.5バールの過給により最大出力555ps/6000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5650rpmを発揮。
インタークーラーは水冷と空冷のダブル冷却とアルミ製オイルサンプを装備。0-100km加速は4.7秒とM5同等。最高速リミッター解除で275km/hをマーク

2008/11/20

コンフォートアクセス標準装備

キー操作無くドア・ロック開閉やエンジンの始動/停止が出来るコンフォート・アクセスを標準装備、価格改定
X6 xDrive35i 8,750,000
X6 xDrive50i  10,950,000

2008/6

初代X6シリーズの「E71型」がデビュー

2代目X5シリーズ(BMW E70) X5をスタイリッシュなクーペSUVに進化させたX6シリーズとしては初代モデルとなる「E71型」がデビュー
日本:デリバリー開始 3.0L-直6ツインターボ(306馬力)xDrive 35iと4.4L-V8ツインターボ(407馬力)xDrive
50iの2グレードのラインナップ。 xDrive50i右/左ハン、xDrive35i右ハンのみ設定。アメリカBMWスパータンバーグ工場製

X6シリーズ(E71)スペック(諸元)

性能・主要諸元 xDrive35i/50i
全長、全幅、全高 4885×1985×1690mm
ホイールベース 2935mm
最小回転半径 6.4m
エンジン エンジンスペック
10/15モード燃費 6.5/6.3
トレッド F1645,R1700mm
車両重量 2250kg/2330kg
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6AT(パドルシフト付き)
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ FRベンチレーテッドディスク
アルミ/タイヤ FR255/50R19/FR285-45R19
装備 パドルシフト付き6AT、リヤシート6:4分割式、トランクスペース(最大1450L:シート全倒時)

BMW X6M E71

X6M リヤサイドショット

ボディ型式:ABA-GZ44
エンジン型式:S63B44A・V型8気筒DOHC
総排気量:4,394cc
最高出力:408kW〔555ps〕/6,000rpm
最大トルク:680Nm〔69.3kgm〕/1,500-5,650rpm
燃料タンク:85リットル
車両重量:2,360kg
車両総重量:2,635kg
定員:5名
最小回転半径:6.0m
タイヤ:F275/40R20 R315/35R20
ホイール:F10J×20 R11J×20
ダブルスポーク・スタイリング 300M

東京モーターショー2011における一コマ

X6M REAR
X6 フロントグリル
X6 フロントビュー
X6M フロント
X6 M

BMW F16情報(X6シリーズ・カタログ)

BMWの2代目X6シリーズF16型の関連情報。F16の歴史やスペック・サイズ・エンジンなどの情報を整理しました。
X6(F16):xDrive35i xDrive50i、X6M(F86)のラインナップです。

X6 F16front

BMW F16概要

X6 F16rear

XシリーズにおけるX6の2代目となるF16型は、F15型のSUVをクーペスタイルに仕上げたスペシャリティーモデルである。
「スポーツアクティビティクーペ」というサブネームを持ちます。
4925x1990x1700mmの圧倒的なサイズは、存在感をアピールするのに十分で、先代比べてより一層のロングノーズなクーペスタイリングを実現し、スタイリッシュさに磨きがかかった。
Msportも最初から設定され、ラグジャリーとスポーツの2タイプが選べます。
3リッター直噴ターボのxDrive35iと4.4リッターV8直噴ターボのxDrive50iを8ATとxDriveでインテリジェントに駆動させます。
内外装の装備はF15のX5に準じた内容が与えられており、スペシャリティーかつラグジャリーなSUVクーペに仕上がっています。

2014年のパリモーターショーでは、8速ATを搭載し、大きな荷室に拡大された、第2世代X6シリーズです。
ツインターボ4.4リッターV-8を搭載したBMWシリーズの他のモデルと同様、xDrive50iは、5500rpmで445馬力(332 kW)に上昇しています。
トルクも2000rpm650Nmとなり、先代より50馬力、41Nmそれぞれパワーアップしています。
X6 M (F86) BMW Mの性能モデルは、カタールのロセイル国際サーキットで発表されました。

BMW F16の歴史

日付 内容
2019/11

3代目X6シリーズG06型発売

2代目X6シリーズF16型は、3代目X6シリーズG06型にバトンタッチしました。
2019/7に3代目X6シリーズG06デビュー。X6 MおよびX6 Mコンペティションのパフォーマンスも登場。

2016/3/10

レーンチェンジウォーニングを標準装備

  • 自車の左右後方の死角位置をチェックし、車両の存在や急接近などを警告する「レーン・チェンジ・ウォーニング」
  • 衝突の危険がある場合にフロントシートベルトを引き締めたり、ウィンドウ類が開いている場合は自動的に閉めたりする「アクティブ・プロテクション」
  • 上記2つの装備を標準装備化
  • 価格:865万円~1598万円
2014/11/06

X6 Mのオーダー開始(F86型)

  • Mモデル初の8速AT
  • 575馬力にパワーアップした4.4リッターV型8気筒Mツインパワー・ターボ・エンジン
  • 0-100km加速は、4.2秒
  • 20インチMライト・アロイ・ホイールなど、M専用のインテリア、エクステリア
  • 上級グレードの快適装備を標準装備。
  • 価格:1588万円
2014/8/7

2代目X6シリーズF16型が日本発売

スポーツ・アクティビティ・クーペ「X6」が新型となり、受注を開始。
xDrive50iは納車2014年12月より。xDrive35iは納車2015年2月より。

初代X6シリーズのE71型からバトンタッチとなります。

  • xDrive35i:898万円
  • xDrive35i M Sport:975万円
  • xDrive50i:1185万円
  • xDrive50i M Sport:1285万円
2014/6

2代目X6シリーズF16型がプレスリリース

初代X6のBMW E71型からバトンタッチした、2代目X6シリーズとなるF16型である。

動力性能、燃費性能が向上し、車重も先代比で軽量化された。
ボディサイズや全体的なデザインは、ほぼキープコンセプトとなるが、
エクステリア、インテリアのデザイン、装備内容は、最新のトレンドをカバーしている。
リアシートの背もたれは、40:20:40の分割。
ラゲッジルーム容量は、580L/MAX1525L
北米市場がメインとなるX6は、アメリカBMWスパータンバーグ工場製

  • 0-100km/h加速
  • xDrive35i:6.4秒
  • xDrive50i:4.8秒

F16のスペック・サイズ・エンジン

性能・主要諸元 xDrive50i 内容
全長、全幅、全高 4925x1990x1700mm
ホイールベース 2935mm
重量 -kg
エンジン 4.4L V8直噴ツインパワーターボ
パワー・トルク 450ps/5,500rpm、66.3kgm/2000-4500rpm
10/15モード燃費 -.-
トランスミッション 8AT(パドルシフト付き)
サスペンション Fダブルウィシュボーン/Rマルチリンク
ブレーキ FRベンチレーテッドディスク
アルミ/タイヤ FR255/5019
主要装備
  • エンジン・オート・スタート/ストップ機能
  • ドラインビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • サーボトロニック(車速感応式パワー・ステアリング)
  • アダプティブLEDヘッドライト(LEDハイ/ロービーム、LEDフロント・ターン・インジケータ、LEDスモール・ライト・リング、LEDコーナリング・ライト、LEDフロント・サイド・マーカー。光軸自動調節機構付)
  • LEDフォグ・ライト
  • PDC/パーク・ディスタンス・コントロール(フロント&リア、ビジュアル表示機能付)
  • リア・ビュー・カメラ(予測進路表示機能付)
  • トップ・ビュー/サイド・ビュー・カメラ
  • ドライビング・アシスト・プラス(レーン・ディパーチャー・ウォーニング:車線逸脱警告システム)
  • 前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、
  • アクティブ・クルーズ・コントロール[ストップ&ゴー機能付]
  • ヘッドアップ・ディスプレイ
  • SOSコール/BMWテレサービス
  • ハッチバック自動開閉(オープン/クローズ)
  • 電動フロント・シート(運転席&助手席、運転席メモリー機能付)
  • 40:20:40分割可倒式リアシート
  • HDDナビゲーション・システム(VICS3メディア対応)
  • 10.2インチ・モニター
  • スピーチ・コントロール(音声入力システム)
  • インテグレイテッド・オーナーズ・ハンドブック
  • iDriveコントローラー(2014年タイプのタッチコントロール・パッド付)
  • 地上デジタルTVチューナー(12セグ/ワンセグ自動切替)
  • USBオーディオ・インターフェース
  • ハンズフリー・テレフォン・システム