BMW E31情報(8シリーズ・カタログ)

BMWの初代8シリーズ(E31型)の歴史やスペック・サイズ・エンジン情報を整理しました。8シリーズ E31クーペ 840Ci 850i 850CSiのラインナップです。

E31フロント

BMW E31の概要

BMW E24(6シリーズ)の後継モデルとして、全く新しくリニューアルしたスペシャリティースポーツクーペが、8シリーズです。
BMW E32(7シリーズ)の車体をベースとしたクーペボディとなります。
スーパーカーBMW M1を彷彿とさせるリトラクタブルヘッドライトが特徴。
8シリーズのネーミングの通り、車両価格も同排気量の7シリーズを凌駕し、BMWのトップモデルにふさわしいラグジュアリーとスペシャリティーカーです。850CSiは5.6L-V12エンジンを搭載し、6MTとの組み合わせは、フラッグシップクーペに相応しい装備です。6速マニュアルトランスミッションに合わせたV12エンジンを提供する最初のロードカーであり、電子ドライブバイワイヤースロットルを搭載した最初のモデルです。8シリーズはBMW初のマルチリンクリアアクスルを装備しています。「M8」や「カブリオレ」は、E31型の販売不振などにより実現しませんでした。V12エンジンは、7シリーズ同様、片肺トラブルの発生が有名となり、メンテナンスをクリアしてこそ真のV12オーナーとなります。V8エンジンを搭載した840Ciの最終モデルは、ステップトロニックを搭載しており、トラブルも比較的少ないお勧めのモデルです。しかし、オーナーとなる為には、相応のメンテナンス費用が必要。8シリーズの後継モデルは、すぐ登場せず、BMW E63モデル(クーペ・カブリオレ)がその代役を務めています。

8シリーズE31バック

公式ビデオ

BMW E31の歴史

初代8シリーズのE31が生産終了:1999/3

2019年の2代目8シリーズまで、6シリーズがその代役を務めることになります。

840Ci リミテッド登場:1999/05

840Ci リミテッドが特別仕様車として設定。4.4L-V8 286ps ステップトロニック付き5AT。Mインディビジュアルの専用装備であるレザーシートやウッドトリム、デュアルエアバッグとABS標準装備

840Ci Mインディビデュアル登場:1996/8

840Ci Mインディビデュアルが設定。V型8気筒エンジンは、4.4リッターにパワーアップ。電子制御の5速ATはステップトロニックを搭載。インディビデュアルとして、内装色のオーダーが可能でした。

840Ciがデビュー:1994/03

V型8気筒4リッターのエンジンを搭載し、電子制御の5速ATを搭載。850iのリニューアルモデルとして850CSiが登場し、850iの販売終了。850CSiは、V12エンジンの最終型として5.6リッターにパワーアップ。381ps/56.1kgのパワートルクを誇った。6MTのみ設定のMテクニックが注がれた特別モデルである。エンジンのS70型は、マクラーレンF1用S70/2型エンジンを一般モデル用にリニューアルしたものという。

初代8シリーズの850iがデビュー:1990/03

850iがデビュー。V型12気筒5リッター300psのエンジンを搭載し、初代8シリーズ(E31型)が登場した。電子制御の4速ATを搭載。

1989年のフランクフルトモーターショーでデビュー:1989

設計は1984年に開始:1984

初代E31 8シリーズの設計作業は1984年に始まり、最終設計段階と生産開発は1986年に始まりました。ボディーの形は、その後BMWテクニック社でデザイン責任者に就任したクラウス・カピッツァが担当しています。

BMW E31のスペック・サイズ・エンジン

主要諸元 840Ci 850CSi
車種記号 840Ci
2ドアAT左ハンドル
850CSi
2ドアMT左ハンドル
全長mm 4,780 4,780
全幅mm 1,865 1,865
全高mm 1,340 1,330
ホイールベースmm 2,685 2,685
トレッド(前)mm 1,555 1,565
トレッド(後)mm 1,560 1,555
車両重量kg 1,860 1,910
車両総重量kg 2,080 2,130
定員 名
最小回転半径m 5.8 5.8
燃料消費率 10・15モード(運輸省審査値)km/㍑ 5.7
燃料消費率 60km/h定地走行(運輸省届出値)km/㍑ 11.9
型式 40 8S 56 12
種類 V型8気筒DOHC32バルブ V型12気筒SOHC
総排気量cc 3,981 5,576
圧縮比:1 10.0 9.8
最高出力ps/rpm(DIN) 286/5,800 375/5,300
最大トルクkgm/rpm(DIN) 40.8/4,500 56.1/4,000
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス
(DME/電子燃料噴射装置)
燃料/タンク容量 ㍑ 無鉛プレミアム/90 無鉛プレミアム/90
クラッチ トルクコンバータ(ロックアップクラッチ付) 乾燥単板式
トランスミッション 電子式油圧制御5速AT(プログラム・セレクター付) 6速MT
変速比(1速) 3.553 4.254
変速比(2速) 2.244 2.534
変速比(3速) 1.545 1.682
変速比(4速) 1.000 1.235
変速比(5速) 0.787 1.000
変速比(6速) 0.831
変速比(後退) 3.684 3.892
最終減速比 2.930 2.930
ステアリング形式 リサーキュレーティング・ボール式、
サーボートロニック・パワーステアリング
前輪 ダブルジョイント・スプリングストラット式、コイルスプリング
スタビライザー
後輪 インテグラル・アーム式、コイルスプリング
スタビライザー
主ブレーキ形式(前) ベンチレーテッド・ディスク
主ブレーキ形式(後) ソリッド・ディスク ベンチレーテッド・ディスク
制動力制御装置 ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)
駐車ブレーキ形式 機械式(リーディングトレーリング)
タイヤ 235/50WR16 235/45ZR17(フロント)
265/40ZR17(リヤ)
ホイール 7.5J×16アロイ 8J×17アロイ(フロント)
9J×17アロイ(リヤ)

 

BMW E31標準装備一覧 840Ci 850CSi
ABS/アンチロック・ブレーキング・システム
運転席&助手席エアバッグ(助手席はモニター機能付)
AHK/アクティブ・リヤ・アクスル・キネマチックス
ASC+T/オートマチック・スタビリティ・コントロール+トラクション・コントロール
ASC+T/オートマチック・スタビリティ・コントロール+トラクション・コントロール及び
リミテッド・スリップ・デファレンシャル(25%ロック)
4ピストン・ブレーキ・キャリパーと組み合わさるベンチレーテッド・フロント・ディスクブレーキ
フィストキャリパーと組み合わさるリソッド・リヤ・ディスクブレーキ
ツイン・サーキット・ブレーキ
コンピュータでプログラムされた衝撃吸収特性を持つクラッシャブル・ゾーン、
4km/h以下の衝撃を吸収して復元するフロント&リヤ・バンパー(ボディーと同色)
クラッシュ・センサー付セントラル・ロッキング・システム、
イモビライザー/電子式エンジン始動ロック・システム
安全機構付キー・シリンダー:異なるイグニッション・キーを使用した場合、キー・シリンダーが回転し始動することが出来ません
リモート・コントロール・キーにより集中ロック及びドア・ウインドーを閉じる等の操作が可能
ワンタッチ機能付パワー・ウインドー(ドア開閉時には数mmウインドーが下がる、セーフティ・ロック付
車速が150km/hに達すると自動的にドア・ウインドーを閉じる機能
ヒーターが組み込まれたドアミラー及びウォッシャーノズル
ショルダー部の高さ調節機能を備えたフロント・シートベルト(インテグラル・シートベルト・システム)
キャッチ部を外側に配置したエルゴノミック・リヤ・シートベルト・システム
サイド・モールディング:駐車時にボディが傷つかないように保護します
サーボトロニック・バック・センターに装備されたファースト・エイド・キット
非常停止表示板&ツールキット(トランクリッド組込式)
前輪タイヤと同一サイズのスペア・タイヤ
軽合金製V型8気筒エンジン
軽合金製V型12気筒エンジン
DME/デジタル・モーター・エレクトロニクス(オンボード診断機能付)
DME/デジタル・モーター・エレクトロニクス
各シリンダーバンク毎にDMEコントロールユニットを装備(オンボード診断機能付)
EML/電子制御エンジン出力コントロール:スポーツ、コンフォートの2種類のドライビング・プログラムを装備
バランス・シャフトが組み込まれたカムシャフト
フル・シーケンシャル・フューエル・イグ二ッション
プラスチック製インテーク・マニホールド
シリンダー選択式ノックコントロール
ソリッド・ステート型ダイレクト・イグ二ッション・システム
コンフォート・スタート・ファンクション
エンジンが始動するまでイグニッションキーを回し続ける必要がありません
3元触媒コンバータ、ヒーター付O2センサー、蒸発ガス発散防止装置
電子式油圧制御5速オートマチック・トランスミッション
6速マニュアル・トランスミッション
ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式フロント・アクスル
インテグラル・リヤ・アクスル
フロント&リヤにガスプレッシャー式ショックアブソーバーを装備
ファイナルドライブ・オイルクーラー
6年間防錆保証(毎年点検を条件とする)
メタリック・ペイント
遮熱構造アンダー・ボディ・フロア
ボディと同色のドアミラー
ポップアップ式ヘッドライト(ロービーム/ハイビーム/フォグランプ内蔵)
エリプソイド・ロービーム・ヘッドライト及びフォグランプ
リヤ・フォグランプ
ドア・カーテシライト:夜間に足元を照らすとともに後方車への注意を促します
グリーン遮熱ガラス
接触圧コントロール付速度感応式間欠ワイパー
アロイ・ホイール
サンバイザーに組み込まれた照明付バニティー・ミラー
防眩機構付ルームミラー
フロント・シート用マップ・リーディング・ライト
グローブボックスに装備されたハンドランプ
BMWスポーツ・シート
スキーバッグ及び可倒式リヤ・シート
レザー内装
レザー仕上げのセレクター・レバー/シフト・レバー及びハンド・ブレーキ・レバー
ベロアー・フロア・マット
メイプル材のウッド・パネル
トランクルーム容量320㍑(VDA規格)
AM/FMカセットステレオ
ダイバーシティ・アンテナ
BMW HiFiスピーカー・システム
CDオートチェンジャー
インスツルメイト・パネル:アナログ表示のスピードメーター&タコメーター、LCD表示のオドメーター及びトリップ・カウンター
赤い指針で示されるスピードメーター等の各メーター
オンボード・コンピューター(ターン・インジケータ・レバーにより操作)
LCDによりオンボード・コンピュータ、チェック・コントロール、サービス・インターバル・インジケータのデータを表示するMID/マルチ・インフォメーション・ディスプレイ
オートマチック・エア・コンディショナー(CFC/フロンを含まない代替冷媒使用):AUC/オートマチック・リサーキュレーティング・エア・コントロール、マイクロフィルターを装備
パーキング・ベンチレーション(オンボード・モニターより操作)
電動ステアリング・コラム
電動サンルーフ
電動ローラー・ブラインド
クルーズ・コントロール
Optional Equipment 840Ci 850CSi
電動サンルーフ
カラーライン(カラー・コーディネイトされた内外装)
フルレザー内装
コンポジット・クロススポーク・スタイル・アロイ・ホイール
-フロント:235/45R17タイヤ 8J×17ホイール
-リヤ  :265/40R17タイヤ 9J×17ホイール

BMW E31レビュー(review)

タミヤ製の1/24「BMW 850i」プラモデルは、絶版キットとしてマニア必見のアイテムです。

BMW 8シリーズ情報(歴代モデル一覧・スペック)

BMWの8シリーズ(E31 G14 G15 G16)の歴代の8シリーズから現行モデルまでの車種別情報。中古車の購入ポイントを解説します。

BMW 8シリーズの概要

BMWのラグジャリークーペとして最上級セダンの7シリーズよりも大きな数字を与えられた最上級クーペがBMW8シリーズです。

初代8シリーズの登場

1989年のフランクフルトモーターショーにおいて「6シリーズ」後継モデルとなる高級2ドアクーペ「初代8シリーズ(E31型)」を発表しました。日本には翌1990年3月に導入。従来、6シリーズ(E24型)がBMWの最上級クーペモデルでしたが、8シリーズクーペの登場により、6シリーズよりも格上の8シリーズクーペとしてラインナップされました。当時の最上級クラス7シリーズより格上の8シリーズとなります。V12エンジン搭載による動力性能も向上し、装備も充実しており、7シリーズと同等以上の高級感を備えています。スタイリング面でもリトラクタブルライトを採用し、最上級クーペに相応しいプレミアム性を備えたスペシャリティクーペモデルです。ボディ形状か2ドア・クーペモデルのみで、カブリオレタイプは試作車のみとなっています。

当時のライバル車

ライバル車としては、より大型メルセデスベンツSECとなります。当時売れていたメルセデスのSLモデルはオープン2シータークーペのためセグメント・ジャンルが異なります。

後継モデル(8シリーズ2代目)

初代8シリーズの19年後、2代目8シリーズとなるG14/G15/G16型が登場します。

  • G14:2ドアクーペモデル
  • G15:2ドアカブリオレモデル(ソフトトップ・オープン)
  • G16:4ドアグランクーペ

F91/F92/F93型は、G14/G15/G16型に対応するBMW M社製M8モデルとなります。

E31情報:初代8シリーズ

E31情報 初代8シリーズ(1990年-1999年)

6シリーズのクーペは『世界一美しいクーペ』と形容された好評を博しましたが、その後継かつBMWのフラッグシップモデルとして8シリーズが登場。1989年のフランクフルトモーターショーで登場。当時流行のリトラクタブルヘッドライトが採用。窓枠を持たないハードトップです。当時のSLクラスに比べてトランクルームの狭さやV12エンジンの気難しさがややネックとなりましたが、後半のV8モデルでは信頼性がアップしています。

G14 G15 G16情報:2代目8シリーズ

G14 G15 G16情報 2代目8シリーズ(2018年-202x年)

G14は2ドアカブリオレ、G15は2ドアクーペ、G16は4ドアクーペ(グランクーペ)のモデルコードになります。2018年に初代8シリーズ(E31)からおよそ19年ぶりに8シリーズクーペ(G15)を復活となりました。流麗かつ大胆なビッグサイズクーペは、BMWのトップモデルに相応しい性能とスタイルを備えています。

8シリーズ中古車ガイド

E31 8シリーズ

1990-1999までの絶版モデル。V8,V12の大型エンジンを搭載するビッグサイズのラグシャリークーペとなります。


中古車としてお目にかかれるケースは限りなく少ないです。ラージサイズクーペと用途が限られるために流通する残存車両はかなり少なくなっています。現状渡し車両は、初期コストが相当かかるためパスが無難です。もし、購入するのであればV12エンジンの850i/4ATではなく、V8エンジンの840i/5ATをおすすめします。
3/5シリーズと異なり、7/8シリーズの維持費は桁違いに多くなることを覚悟しましょう。購入車両のメンテナンス度合いに関わらず、年間50万円以上の維持費を継続しないと突発的な故障に見舞われるリスクを考慮する必要があります。
その維持費を払える前提やメンテナンス費用できるだけ抑えられる専門工場を見つけた上での購入をお勧めします。(2018/LAST)

BMW G14 G15 G16 F91 F92 F93情報(8シリーズのスペック、歴史)

G15/G16/G17/F91/F92/F93 2代目8シリーズ概要

2018年、約19年ぶりに8シリーズが復活したのがG14/G15/G16となります。
G14:2ドアカブリオレ、G15:2ドアクーペ、G16:4ドアクーペ(グランクーペ)として、バリエーションを増やしています。
F92:M8 2ドアクーペ、F91:M8 2ドアカブリオレ、F93:M8 4ドアグランクーペのM専用チューニングモデルも追加されています。

BMWのフラッグシップに恥じない性能とラグジャリーなスタイリング、装備を備えています。
M850i xDriveは4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。
「最高出力530馬力。最大トルク750Nm。0→100km/h加速は3.7秒」
「BMWパーソナルCoPilot」で、標準装備されるクルーズコントロールは、ブレーキ機能付き。
「BMWオペレーティングシステム7.0」iDriveコントローラー、タッチ操作、音声入力、ジェスチャーコントロールで操作。
スマートフォンはワイヤレス充電または専用トレイに置くだけで、エンジンが始動可

スペック(諸元)

BMW M850ix クーペG15型
エンジン:N63型 4.4L V8ツインターボ
最大出力は530hp/5500~6000rpm
最大トルクは76.5kgm/1800~4600rpm
駆動方式:4WD
変速機:パドルシフト付8速AT
全長:4,855mm
全幅:1,900mm
全高:1,345mm
ホイールベース:2,820mm
車両重量:1,990kg

歴史

19年ぶりのBMW8シリーズクーペ復活(2018/11/9)

8シリーズクーペが日本発売。約19年ぶりの8シリーズクーペ復活

M850i xDrive クーペが発売

2018年11月9日、M850i xDrive クーペが発売。

M850i xDrive カブリオレが発売

2019年2月19日、M850i xDrive カブリオレが発売。

クーペとカブリオレに840dが追加

2019年5月20日、クーペとカブリオレに840dが追加。価格は1,237万円~。

グランクーペが発売

2019年10月25日、グランクーペが発売。価格は1,152万円~。

クーペとカブリオレに840iが追加

2020年4月24日、クーペとカブリオレに840iが追加。価格は1,193万円~。

BMW M850i xDrive Edition Golden Thunder限定車(2020/8)


日本ではクーペ、カブリオレ、グランクーペそれぞれ1台のみ販売
BMW8シリーズ。ブラックのボディにゴールドのアクセント
BMW M社530ps4.4リッターV型8気筒ツインターボのガソリンエンジン
四輪駆動システムxドライブ
エクステリアは、ブラック・サファイアのボディカラー
ブラックの塗装を施したキドニーグリルとブレーキキャリパー
ドアミラーやボディサイド、ホイールには雷をイメージした専用のゴールド塗装
インテリアでは、ヘッドレストに「Edition Golden Thunder」のレタリング
Bowers & Wilkinsダイヤモンド・サラウンド・サウンドシステム
価格クーペ1882万円、カブリオレ1962万円、グランクーペ1851万円

M8モデル追加

2019年6月25日:M8 クーペ発売(F92型)。最高出力625psの「M8 クーペ コンペティション」もあり。価格は2,230万円より。
2019年7月24日:M8 カブリオレ発売(F91)。最高出力625psの「M8 カブリオレ コンペティション」もあり。価格は2,338万円より。
2020年1月28日:M8 グランクーペ発売(F93型)。最高出力625psの「M8 グランクーペ コンペティション」もあり。価格は2,194万円より。