BMW i20情報(iXシリーズ・カタログ)

X/iXシリーズ

BMWの初代iXシリーズ(i20型)の情報。iXシリーズ(i20型)の概要、特徴や装備、スペックのカタログ、歴史などの関連情報を解説します。xDrive40、xDdrive50のラインナップです。

BMW iXシリーズ(i20)型の概要

iXシリーズSUVのEVは初

BMWのiXシリーズとしての初代SUV(SAV)電気自動車のモデルとなるBMWiXは、開発モデルコード「i20」型です。i4のG26型と異なり、EV専用モデルであることから、開発コードの頭文字も「i」となっています。

内燃エンジン搭載のX3をベースとしたEVモデルのiX3に次いで二世代目となります。iXはベースモデルが無く、EV車専用SUVモデルとしては初登場となります。

特徴

BMW iXは、卓越したダイナミクスと優れた快適性を両立し、日常での実用性における新たな基準を確立します。第5世代のBMW eDriveテクノロジーを搭載し、e-AWDシステムにより4輪駆動をコントロールします。すべての乗員が快適に過ごせる5つのフルサイズ・シートにより、あらゆる旅において最適なパートナーとなる存在です。
薄型のLEDヘッドライトとテールライト、M3/M4に始まった大型キドニーグリルが特徴的です。グリルはブラックアウトされ迫力も十分です。空気抵抗Cd値は0.25を達成し、21/22インチホイールと合わせて空力性能は燃費性能向上にも寄与しています。
BMWの第8世代iドライブシステムを搭載した12.3インチインフォテインメント・スクリーン、14.9インチの曲面デジタルディスプレイ、スポーツシート、3ゾーンのオート・クライメート・コントロールを標準装備。大型テールゲートには電動開閉機構を標準装備し、トランク容量は通常時470リットルで、最大1290リットルまで拡張可能。
ドイツ・ミュンヘンのディンゴルフ工場で生産されます。

  • ESSENCE:航続距離425km、0-100km加速6.1秒
  • BALANCE:航続距離630km、0-100km加速5秒未満、スポーツ仕様
  • SIGNATURE:航続距離630km、0-100km加速5秒未満、高級装備仕様

BMW i20スペック

iX用のプラットフォームは、電気自動車専用として、モジュール式CLARプラットフォームと「高い互換性」を持つが、全く新しい開発とされています。

  • ボディサイズ:全長4953mm、全幅1967mm、全高1695mm
  • ホイールベース:2997mm

BMW iX M50スペック

  • フロントモーター258ps、リアモーター312ps
  • システム総合出力523ps、最大トルク77.8kgm
  • 0-100km/h加速:4.6秒
  • バッテリーの蓄電容量:105.2kWh
  • 車両重量:2530kg

BMW iX eDrive40スペック

  • 最大出力は326hp、最大トルクは64.2kgm
  • 航続距離425km、0-100km加速6.1秒
  • バッテリーの蓄電容量:71kWh
  • 車両重量:2380kg

充電ステーションの利用

BMW Connected Chargingを利用すれば、ルート上にある最寄りの充電ステーションを簡単に探し出すことが可能です。DC(直流)急速充電できる。

BMW iX xDrive50は最大200kW、BMW iX xDrive40は最大150kWの急速充電に対応しており、BMW iX xDrive50の場合は10分で最大150km、BMW iX xDrive40の場合は10分で95km以上の航続が可能になる。

「BMW Charging」提携ステーション

最大12か月間「0円」で充電可能。車両付属のBMW Chargingカードで、全国の公共充電ステーションのネットワークが利用可能。(最初の12ヶ月間は、基本料金が無料という特典付き)

自宅充電

BMW ウォールボックスの設置による充電が便利です。最大11kWでBMW iXのバッテリーを8.5時間でフル充電します。車両ご購入時には、ご家庭用のフレキシブル高速充電器および公共充電用のケーブル(モード3)、BMW Chargingカードが付属されています。

BMW iXの歴史・変遷

BMW iX市販モデル公開:2021/6

  • 欧州11月発売
  • 4WD駆動:xDrive40、xDdrive50

日本での発売価格:2021/6

  • iX xDrive40ローンチエディション:1155万円
  • iX xDrive50ローンチエディション:1373万円
タイトルとURLをコピーしました