BMW E70情報(X5シリーズ・カタログ)

X/iXシリーズ

BMWの2代目X5シリーズ(形式E70型)の歴史やスペック・サイズ・エンジンなどの関連情報を整理しました。30i 35i xDrive35d 48i 50i X5Mのラインナップです。

BMW E70の概要

BMW SUVモデルの2代目X5シリーズは、モデル型式名E70型です。
ボディサイズは先代E53型から、一回り大型化しました。SUV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)のコンセプトに磨きがかかったX5シリーズ(E70型)は、北米生産モデルとして、北米市場のニーズに応えるべく3列シートの7人乗りモデルもラインナップに追加。電子制御4WDのxドライブを搭載し、アクティブステアリング、アダブティプドライブを装備し、走行性能の充実を図っています。
iDriveを加えたインテリアは質感も向上し、フラッグシップSUVにふさわしい装備を備えている。
特に、E70型からクリーンディーゼルを提唱するディーゼルエンジンモデルのxDrive35dが追加され、人気を博しています。

E70ボディサイズ

  • 全長x全幅x全高:4854×1933×1766mm
  • ホイールベース:2933mm
    X5 E70リヤ

BMW E70の歴史

3代目X5(F15型)にバトンタッチ:2013/11/16

SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)というセグメントを確立した2代目とE70型は、先代E53以来、全世界130万台以上が販売され、SUVでのベンチマークのポジションを確立した。
3代目となるX5シリーズ(F15型)が発売され、後継モデルにバトンタッチとなった。

3代目後継モデルF15型のX5が公開:2013/05

3代目後継モデルF15型のX5が公開される。
xDrive50iは、直噴4.4LのV型8気筒エンジンを搭載し、450ps/66.3kgmへパワーアップ。

X5 xDrive35dの受注は全体の8割:2012/07

X5 xDrive35d ブルーパフォーマンスの受注比率は全体の8割となり、ディーゼルエンジンの人気の高さを物語る。

X5 xDrive35d ブルーパフォーマンス登場:2012/01/18

X5 xDrive35d ブルーパフォーマンスは、排ガス処理のため、還元剤となる尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を噴射し、排気ガス中のNOx(窒素酸化物)を大幅に低減するSCR(選択触媒還元)システムや、排気ガス中のPM(粒子状物質)をフィルターに吸着し、燃焼・除去するDPF(粒子状物質除去フィルター)などを搭載。ピエゾインジェクター(コモンレールダイレクトインジェクション)にて最大1800バールの燃料噴射。

  • 直列6気筒3.0Lツインパワー・ターボ・ディーゼルは、245PS、55.1kgm
  • X5 xDrive35d ブルーパフォーマンス、価格8,390,000円。

xDrive35d BluePerformanceショーデビュー:2011/11

X5 xDrive35d BluePerformanceは、日本向けのディーゼルエンジンがBMW初登場。
SCR(選択触媒還元)、DPF(粒子状物質除去フィルター)装備で、日本のポスト新長期規制、EUのEURO6規制をクリア。新世代コモンレール ダイレクト インジェクションの3リッター直列6気筒ディーゼルのツインパワー・ターボ。パワートルクは245ps、540Nm。

X5 xDrive35d
X5 xDrive35d ディーゼルエンジン搭載

xDrive35i減税適合:2010/11

xDrive35iが9.4km/lの燃費達成で、自動車取得税および重量税が約50%減税で、約21万円が優遇される。オプションのサンルーフ+3列目シート装備で、約36万円の優遇となる。

E70マイナーチェンジ後期モデル:2010/05

前期と後期の違いとは

エンジンのリニューアル、ATの多段数化による動力性能のアップ、燃費改善
  • BMWツインパワーターボテクノロジー
  • 高精度ダイレクトインジェクションシステム
  • マイクロハイブリッドテクノロジー(ブレーキ・エネルギー回生システム)
  • 6速ATから、8速ATへ変更に伴う燃費向上。
エクステリアの変更
  • テールランプのLED化(シルバーの横ラインを追加)
  • ヘッドランプ変更
  • リヤテールランプのセンターにシルバーのライン
  • 前パンパーのエアインテークのシルバーのバー追加。
  • 後バンパーのマフラー下部デザイン変更(ディフューザー風)
X5Mに標準装備
  • マイクロハイブリッドテクノロジー
  • ショートカットキーを周辺に配置したiDriveコントローラ。
販売価格
  • xDrive35i:直列6気筒エンジン:798万円
  • xDrive50i:V型8気筒エンジン:1045万円

50iスペシャルエディション:2010/04

エアロダイナミックパッケージと21インチホイール、3色のカラーラインナップで限定15台

2010年モデル:欧米でLCI:2010/02

  • xDrive30iから、35iへ。直6/3.0L-NAから、直6/3.0Lシングルターボへ。
  • xDrive48iから、50iへ。V8/4.0L-NAから、V8/4.4Lツインターボへ。
  • トランスミッションは6AT→8ATへ変更に伴う燃費向上。
  • ショートカットキーを周辺に配置したiDriveコントローラ。
  • ヘッドランプ変更
  • リヤテールランプのセンターにシルバーのライン
  • 前パンパーのエアインテークのシルバーバー追加。
  • 後バンパーのマフラー下部デザイン変更(ディフューザー風)
  • ステアリングパッド下部のシルバー装飾
  • 6.5インチモニターは標準だが、今となってはやや小さいかも。

X5CSL:非売品(M5誕生25周年記念モデル):2009/11

M5に対して、カーボンによる軽量化で50kg軽い1780kgを達成。排気量を500ccアップの5.5Lとして、580ps、55.3kgmのパワー・トルクを達成。73ps、2.2kgmのアップを果たす。
M-DCTの7速AT。ドイツ・ニュルブルクリンクのラップタイムは、7分50秒(X5M比で20秒アップ)

X5M:日本予約開始:2009/07

X5にMが付いた、Mチューニングモデルが登場。0-100km/h加速4.5秒の俊足。最高速リミッター解除:275km/hをマーク

  • 4.4LV型8気筒ツインターボ、最大1.5バールの過給。インタークーラーは水冷と空冷のダブル冷却とアルミ製オイルサンプを装備。
  • 最大出力555ps/6000rpm
  • 最大トルク69.3kgm/1500-5650rpmを発揮
  • 6速Mスポーツ・オートマチックトランスミッション、ステアリングパドルシフト
  • Sport/Efficiencyのモード選択
  • 価格1440万円

コンフォートアクセス標準装備:2008/11/20

キー操作無くドア・ロック開閉やエンジンの始動/停止が出来るコンフォート・アクセスを標準装備、モデル名称変更、価格改定

  • BMW X5 xDrive30i 7,800,000(旧X5 3.0si)
  • BMW X5 xDrive48i 9,950,000(旧X5 4.8i)

日本:2代目X5 E70が発売:2007/06/21

X5 4.8i テールランプ

  • 3.0siが753万円
  • 4.8iは963万円

キャッチコピー「圧倒的なダイナミズムとラグジュアリー。すべてを先駆する、SAV誕生」

独BMWはE70型X5登場:2006/08

X5 4.8i ライト
BMW初代X5(E53)からバトンタッチし2代目X5モデルのE70を発表。
「X5 4.8i」335psの4.8L V8、「X5 3.0si」272psの3.0L 直列6気筒、「X5 3.0d」231psの3.0L 直列6気筒(日本導入予定無し)。ミッションは6速AT。オプションで3列シート選択可能。アメリカBMWスパータンバーグ工場製

BMW E70のスペック・サイズ・エンジン

性能・主要諸元 3.0si/4.8i
全長、全幅、全高 4854×1933×1766mm
ホイールベース 2933mm
最小回転半径 6.4m
エンジン エンジンスペック
10/15モード燃費 8.0/6.2
トレッド F1644,R1650mm
車両重量 2100kg/2245kg(2325kg/7人)
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6AT(ステップトロニック)
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ Fベンチレーテッドディスク・Rディスク
アルミ/タイヤ FR255/55R18/FR255-55R18

E70の故障を起こしやすいポイント

エンジンの注意点

  • タイミングチェーンからのカタカタ音、テンショナーの伸びに注意する。
  • 燃料インジェクターの不良による始動性悪化
  • 排気ガスが白い:ターボアクチュエーターの故障
  • 後期型のディーゼル:DPF(パティキュレート・フィルター)の不具合
  • 初期型のディーゼル:グロープラグの詰まり

足回り・その他

過去のリコール対応が実施されているのかをチェック。未実施の場合はディーラーへ持ち込み。

サスペンション

10万キロ超えの車両は、足回りのリフレッシュを推奨。特にブッシュ類は要交換。
リアサス(エアサス)の空気漏れ・車高調整の具合を要確認。

ブレーキ

オートパーキングの作動状況の確認。

タイトルとURLをコピーしました