BMW X/iXシリーズ情報(歴代Xシリーズの型式・スペック)

X/iXシリーズ

BMWのXシリーズ(X1 X2 X3 X4 X5 X6 X7)の歴代のXシリーズから現行モデルまでの型式・スペック情報。中古車の購入ポイントなどを整理しました。

BMW X/iXシリーズ概要と特徴

BMWのクロスオーバーSUV車として、商標登録されているSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)というジャンルがXシリーズです。SUVモデルを選ぶならXシリーズということになります。
このベースとなるクロスオーバーSUVとは、ワゴンやミニバンではなく、スタイリッシュかつ躍動感に溢れたデザインに加え、レジャーやオフロード走行・タウンユースでのオンロード走行をマルチにこなし、さらに多人数での移動や荷室の広さから、あらゆるシーンをも万能にこなすSUVは、まさに時代にマッチしています。
デビューを飾った初代X5は、北米市場をターゲットとして発売された。当初、X5のみのXシリーズもX1/X3/X6/X4/X2/x7の順で、シリーズのラインナップ幅を広げ、用途に応じて多彩なモデルが選べるようになりました。エントリーモデルのX1から、トップモデルのX7まで用途と予算に応じたモデルが用意されています。ツーリングのワゴンモデルを選ばすにファッション性から、XシリーズのSUVを選ぶ方も増えています。iXシリーズは、電気自動車専用モデルとなります。

X1、X3、X5、X7のSUVセダンモデル

X1、X3、X5、X7の奇数数字モデルは居住性を重視したSUVセダンで、走りも使い勝手もバランスが良いモデルです。

X2、X4、X6のSUVクーペモデル

X2、X4、X6の偶数数字モデルは、スタイリングがクーペ風モデルとなり、リヤエンドが下がったスタイリッシュさが特徴です。BMWではSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)と呼びます。

全Xシリーズに4輪駆動(4WD)を設定

Xシリーズは、SAV、SACを問わず全モデルにxDriveが搭載されています。
xDriveは、BMW独自のインテリジェント4輪駆動システムとなり、車両安定装置「DSC」によって走行状況や路面状況の変化を把握し、どのような状況でも安定した走りが実現できる設計です。

xDriveの特徴やメリット

BMW xDriveは、常に走行状況を検知してオーバーステアやアンダーステア等の不安定な挙動を事前に察知し、瞬時に前後アクスルへの駆動トルクを最適に可変配分するインテリジェント4WDシステムです。常に安定したロード・ホールディングと最大限のトラクションを確保することで、2WDモデルに対し、優れたコーナーリング性能と走行安定性をもたらします

  • 雨でぬれた道でも不安定になる前に4輪のトラクションを最適化します。
  • 雪道などスリップの不安が大きい道路でも安定感のある走行フィールを保ちます。
  • 急カーブでもアンダーステアにならないようトルク配分を減らし、コントロールを保ちます。
  • 傾斜がきつい坂道や雨が降ったあとの坂道での発進も、スリップを軽減しグリップ走行を保ちます。

BMW Xシリーズのサイズ一覧

Xシリーズ毎のボディサイズの違い、エントリーモデルのスタート価格になります。(2021)

モデル 税込価格 全長 全幅 全高
X1 440万~ 4,455mm 1,820mm 1,610mm
X2 451万~ 4,375mm 1,825mm 1,535mm
X3 675万~ 4,720mm 1,890mm 1,675mm
X4 838万~ 4,760mm 1,920mm 1,620mm
X5 938万~ 4,935mm 2,005mm 1,770mm
X6 990万~ 4,945mm 2,005mm 1,695mm
X7 1,099万~ 5,165mm 2,000mm 1,835mm

X1シリーズ

E84情報 初代 (2010年-2015年)

E84情報 初代 (2010年-2015年)
sDrive18i/xDrive25i
X1 E84写真

F48情報 2代目 (2015年-201X年)

F48情報 2代目 (2015年-201X年)
xDrive20i/25i/20d
X1 F48

X2シリーズ

F39情報 初代 (2019年-202x年)

F39情報 初代 (2019年-202x年)

xDrive18i/18d/xDrive20i/20d/M35i

X3シリーズ

E83情報 初代 (2004年-2010年)

E83情報 初代 (2004年-2010年)
2.5i/3.0i/2.5si/3.0si/xDrive25i/xDrive30i
X3 E83写真

F25情報 2代目 (2011年-2017年)

F25情報 2代目 (2011年-2017年)
xDrive20i/20d/28i/xDrive35i
X3 F25リヤ

G01情報 3代目 (2017年-201x年)

G01情報 3代目 (2017年-201x年)
xDrive20i/20d/M40i/M40d
ix3(電気自動車2020-202X年)
X3 G01

X4シリーズ

F26情報 初代 (2014年-2018年)

F26情報 初代(2014年-2018年)
xDrive28i/35i/M40i

G02情報 2代目 (2018年-202x年)

G02情報 2代目 (2018年-202x年)
xDrive20d/30i/M40i

X5シリーズ

X5シリーズ特徴

BMWのクロスオーバーSUV車として、商標登録されているSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)というジャンルがXシリーズである。アメリカ合衆国サウスカロライナ州スパータンバーグのBMWサウスカロライナ工場で製造されています。アメリカではガソリンエンジン搭載モデルのみで、ヨーロッパや日本ではディーゼルエンジンを搭載したモデルも販売されています。

BMW初のSUVであり、BMW自身は、自社が商標登録した「SAV(Sports Activity Vehicle, スポーツ・アクティビティ・ビークル)」との造語を用いることで「BMWが発案した、まったく新しいカテゴリーの自動車である」と主張している。Xシリーズの初代モデルの先頭を切ってデビューしたのがX5です。BMWとしてのスポーツSUVという市場は、他メーカーにも影響を与えたと言われています。ターゲットとしては5シリーズ級のミドルアッパークラスのSUVモデルとしてのサイズ高級感が与えられており、サイズとしても十分に余裕のあるものです。エンジンも直6、V8エンジンを搭載したモデルが主力となります。日本モデルとしては2代目よりディーゼルモデルを投入し、人気を博しています。X5の登場以降、コンパクトなX3やX1が登場しました。X5をベースとしたクーペモデルのX6など、Xシリーズモデルとしてラインナップも強化されています。

E53情報 初代 (2000-2007)

E53情報 初代 (2000年-2007年)

3.0i/4.4i/4.6is/4.8is/X5M
X5 E53リヤ

E70情報 2代目 (2007-2013)

E70情報 2代目 (2007年-2013年)
3.0si/4.8i/xDrive50i/xDrive35i(2010-)
X5 E70 2代目

F15情報 3代目 (2013-2018)

F15情報 3代目 (2013年-2019年)
30d/xDrive50i/xDrive35i(2013-)/X5M
X5 F15 3代目

G05情報 4代目 (2018-)

G05情報 4代目 (2019年-202x年)

X6シリーズ

E71/E72情報 初代X6 (2009年-2014年)

E71/E72情報 初代X6 (2009年-2014年)

xDrive35i/xDrive50i/X6M/ActiveHybrid
X6 E71

F16情報 2代目X6 (2014年-2019年)

F16情報 2代目X6 (2014年-2019年)

xDrive35i/xDrive50i/X6M
X6 E71

G06情報 3代目X6 (2019年-202x年)

G06情報 3代目X6 (2019年-202x年)

xDrive35D/xDrive50i/X6M

X7シリーズ

G07情報 初代X7 (2019年-202x年)

G07情報 初代X7 (2019年-202x年)

xDrive35D/xDriveM50i

iXシリーズ

i20情報 初代ix (2021年-202x年)

i20情報 初代ix (2021年-202x年)

BMW初のSUV専用モデルとして開発されたモデルがi20です。
xDrive40、xDdrive50は、モーター駆動により、駆動力を4輪にバランスよく伝達します。

Xシリーズの中古車ガイド

X1シリーズ中古車

BMWのX1シリーズは、輸入車プレミアムSUVのエントリーモデルとして希少なFR・4WD(フロントエンジン・リヤ・4WD駆動)を採用し、BMWモデルのSUVモデルとして一番コンパクトなサイズに設定されています。新車価格設定は300台万円からとなり、比較的購入しやすい価格帯と日本の道路事象にベストマッチしたボディが人気となっています。4WDは高い走破性を備えたxDriveにより効率的かつ安全な運転フィールを提供します。中古車としても比較的購入しやすい価格帯であることから外車初心者にもおすすめです。

8年超の低年式、7万キロを超える多走行車の購入には故障のリスクが伴います。メンテナンス費用として購入時費用とは別に30万円は用意し、愛車のトラブル・コンディション維持に備えましょう。 中古車初心者は、BMW認定中古車(アプルーブドカー)を選びましょう。

E84(初代)

2008年からのモデルとなるE84型。初代のX1モデルとして購入しやすいエントリーモデルが、BMWとしても人気となり、販売台数でも多くを占める人気を確立しつつある。

中古車市場のタマ数はそれなりです。低年式モデルは、程度は良いものは少なくなっています。低年式モデルは、価格的にも求めやすくなっていますが、走行距離8万キロ超や初期モデルはパスしておくのが無難です。直6モデルが好みであれば2.5リッターモデルはお買い得です。

後期型からは4気筒2リッターターボエンジンを搭載し、現行モデルと同様に動力性能にも余裕がでてきており、2012年9月以降のマイナー後モデルが買い。
程度の良い低走行モデルがあれば、長く乗れるでしょう。(2017)

F48(2代目)

2015年からのモデルとなるF48型。FFベースの新プラットフォームで居住性もアップしています。

2代目となったX1はスタイリング的にもエントリーモデルらしくない存在感を備えており、先代3シリーズからの乗換でも居住性で不満を感じないレベルとなっています。

1.5リッターと2リッターのターボのラインナップでxLineとMスポーツのどちらかを選んでおけば、その後の買取も期待できます。タマは、ほとんどなく、新古車がたまに流通するレベルなので、もし店頭にあればお買い得です。まだ登場から新しく、どのタマを選んでも失敗は少ないので、好みのカラーと装備の良いタマを選ぶことがポイントです。(2017)

X3の中古車ガイド

E83 X3シリーズ

2004年からのモデルとなり、E46やE90ツーリングモデルと比べて割安な価格設定と手ごろなサイズで人気のX3。中古車としての供給量は少な目。ただ市場価格は割安感もあります。 走行距離や程度も悪くなく、希望のカラー・グレードがあれば買い。(2007)

価格帯としては190-500万となる。全長はコンパクトだが、全幅は1.85mあるため、駐車スペースを確認しておきたい。比較的タマ数もふえており、SUVの価格低下と重なり、お買い得感もアップしている。ツーリングモデルを検討中の方にとって、候補にも加えても良いかもしれない。2006/10にマイナーチェンジ後の後期モデルを予算が許せばねらいたい。初期モデルは多走行車も増えてきているので、程度については、十分に確認したい。前オーナーの用途によっては、ボディの下回りの錆びやダメージもあるので、セダンモデルとは、違ったチェックも必要となる。ライバル車も増えたSUVだが、ベンチマークモデルとしての完成度は高い、お勧めの一台である。中古車初心車は、迷わず認定中古車を選んでおきたい。(2009)

04年式は、200万を切るものが増えてきた。室内のゆとりなど、3シリーズのツーリングを上回る広さがある。全長は、コンパクトだが、全幅1850mmとなるため、駐車スペースに余裕があるならX5を選ぶ選択枝もある。X5に比べて、流通台数が少なく、中古車探しには苦労するかもしれない。カラーバンパー化した後期に人気があるが、値段はやや高め。長く乗るなら、後期型、低走行の認定中古車となる。(2010/11)

05年以前では、100万を切るものが増えてきた。タマの少なさか値落ちのスピードは緩やかである。内外装ともにデザイン的な古さを感じるが、好みなら買いです。
予算に余裕があれば後期型、低走行距離の認定中古車を探しましょう。(2015/12)

F25 X3シリーズ

2011年からのモデルとなります。

X1の登場により、F25の流通量はやや少なめ。既に後期型も登場しており、前期型2013年以前のモデルは値落ちも進んでいます。価格帯としては400万円以上を後期、以下を前期モデルとなっています。満足度が高いのは35iの直6モデルとなり割安感があります。
人気の20dはディーゼルターボで維持費も安く、長く乗るのであればこちらをお勧めします。リセールバリューの良いです。中古車としては、まだまだ鮮度も高く、多走行車も少ないので、前期・後期を問わず希望のカラーやグレードがあれば買いでしょうか。タマ数があまり多くないので、ネットで見つけたらキープしておくことがポイントです。(2017/1)

X5の中古車ガイド

E53 X5シリーズ

2000-2007年のモデルがE53型X5となる。
新型がデビューしたことにより、中古車市場もタマ数が増えて、さらにワンランク価格ダウンします。特にV8モデルの多走行車の値落ちが激しいです。人気は3リッターモデルの高年式車ですが、X5の車格を考えると余裕のあるV8の4.4リッターモデルを選びたいところ。アウトドアで使われた車は、内外装全般に疲れが見られますが、街中メインの車は比較的程度が良いものが多いようです。(2006)

E70の新型の予約が開始されました。E53/X5モデルの供給量もかなりあります。中古車のタマ数もかなり増え、5、6年落ちのモデルは値落ちも激しく程度が良ければ買い。新型がデビューすれば中古車の市場価格はさらに2、30万下がります。E70は、ボディサイズも大きくなった事がデメリットですが、E53オーナーにとってはサイズはあまり関係が無く、3列シートのオプション設定と相まって買い替えが進むでしょう。(2007)

価格帯としては、150-550万となる。順調に値落ちが進んでおり、中古車のタマ数も比較的多い。X3と比べて、ボディサイズは少し大きい程度だが、重量は2トンを超え、ふた回り上の重厚感である。取り回しや燃費にも影響してくるので、X3と比較してチェックしたい。SUVとしては5シリーズ並みの高級感となり、SUVの一段の価格低下と重なり、後期モデルの2003/10以降もお買い得なモデルとなっている。多走行モデルも増えている事から、予算が許すかぎり、低走行で高年式のタマを選びたいところ。3.0iモデルでも必要にして十分なパワーだが、一発のパンチ力は、V8モデルとなる。電装系部品も多く、今後の安心としても認定中古車を選びたいところ。(2009)

現行のE70モデルの流通が増え、E53の値落ちが一段と進んだ。中古車として買いである。200万ぐらいからのモデルが狙い目だろうか。BMW初のSUVとして、造りもしっかりしており、特に不安な箇所は無いが、多走行モデルはややリスクを考慮する必要がある。流通台数の少なさでやや高めX3に比べ、X5 E53は、その車格や装備と共にサイズが問題ないなら文句なくお勧めである。(2010/11)

中古車の主力はE70モデルの移った。先々代モデルとなるため、E53の中古車はピンキリとなる。後期モデルでは200万円を超えるケースもあり、スタイリング等、指名外でなければE70を買うことをお勧めします。維持やメンテナンスは、10年超の段階で故障のリスクが高まる年数になるため、高年式・低走行の中古車選びがポイントとなります。(2015/12 LAST)

E70 X5シリーズ

2007年からのモデルがE70型X5となる。オプションで7人乗りも選べる大型SUV。

価格帯は、580-880万と、まだ割高感が強いが、新車価格からすれば、値落ちも進んでいる。まだまだ程度の良いタマばかりで、好みのグレードとカラーが見つかれば買いである。メインは3.0iとなるがタマ数は、まだまだ少ないので見つけるのに苦労する。ボディサイズ的には全幅1900ミリを超えるサイズとなるため、駐車スペースや用途を考慮して、購入したい。まだまだ出たての車であり、新車同然のタマも多いが、電装系部品が多くなっているので、認定中古車を選んでおきたいところです。新車保障期間中でもあるため、一般の中古車店での購入もリスクは少ない。(2009)

価格帯は、3.0iであれば200万を切るラインから見つかります。お勧めは35iや35dの後期モデルです。値下がり率の大きいV8モデルはX5らしさが味わえますがビッグパワーを求めないならパスが無難です。

年式的には10年に近いタマも多く、経年劣化や多走行車もありますので、予算の許す限り低走行・高年式・後期モデルの35i、35dを選んでおくことをお勧めします。E70は、大型SUVとして国産SUVに対しても圧倒的なサイズ感や所有欲を満たせるモデルかと思います。中古車としては、新型のF15が登場したため、一番のお買い得モデルと言えます。店頭やネットで希望の車があったら、迷わずキープしておくことをお勧めします。特に夏季、冬季の休暇前のシーズンはタマがあっても売れてしまう時期です。(2017/1)

X6の中古車ガイド

E71 X6シリーズ

2008年からのモデルがE71型X6となる。X5ベースの大型クーぺSUV。

価格帯は、850-1050万と、まだ割高感が強いが、新車価格からすれば、値落ちも進んでいる。まだまだ程度の良いタマばかりで、好みのグレードとカラーが見つかれば買いである。メインは3.0iとなるがタマ数は、まだまだ少ないので見つけるのに苦労する。ボディサイズ的には全幅1900ミリを超えるサイズとなるため、駐車スペースや用途を考慮して、購入したい。まだまだ出たての車であり、新車同然のタマも多いが、電装系部品が多くなっているので、認定中古車を選んでおきたいところだが、新車保障期間中でもあるため、一般の中古車店での購入もリスクは少ない。(2009)

X6中古の中心がE71モデルに移ってきました。流通台数が増えてきました。
ボディサイズで問題なければ、価格的にもお買い得です。
程度も良いタマが多い。新型F16の登場により、一回り値下がりとなったE71の後期型が買いです。予算が許せば、後年年式の認定中古車を選んでおきたいです。(2015/12)

価格相場表

2018年2月カーセンサー買取価格

年式・型式 査定相場価格レンジ
平成28年(2016年) 型式 HS15
sDrive 18i 232~257万円
sDrive 18i xライン 264~289万円
平成27年(2015年) 型式 HS20 (4WD)
xDrive 20i xライン 309~334万円
平成27年(2015年) 型式 VL18
sDrive 18i スポーツ 147~174万円
平成26年(2014年) 型式 VL18
sDrive 18i 133~160万円
sDrive 18i Mスポーツ 157~184万円
sDrive 18i xライン 152~179万円
sDrive 18i スポーツ 156~183万円
平成26年(2014年) 型式 VL20
sDrive 20i 139~166万円
sDrive 20i Mスポーツ 198~224万円
sDrive 20i xライン 146~173万円
平成26年(2014年) 型式 VM20 (4WD)
xDrive 20i Mスポーツ 236~261万円
xDrive 20i xライン 169~196万円
平成25年(2013年) 型式 VL18
sDrive 18i 146~173万円
sDrive 18i Mスポーツ 111~138万円
平成25年(2013年) 型式 VL20
sDrive 20i 150~177万円
sDrive 20i Mスポーツ 191~217万円
sDrive 20i xライン 164~191万円
sDrive 20i スポーツ 153~180万円
平成25年(2013年) 型式 VM20
xDrive 20i 113~140万円
xDrive 20i Mスポーツ 190~216万円
xDrive 20i xライン 173~200万円
xDrive 20i スポーツ 177~204万円
平成25年(2013年) 型式 VM20 (4WD)
xDrive 20i 113~140万円
xDrive 20i Mスポーツ 190~216万円
xDrive 20i xライン 173~200万円
xDrive 20i スポーツ 177~204万円
平成24年(2012年) 型式 VL18
sDrive 18i 101~127万円
sDrive 18i Mスポーツ 141~168万円
sDrive 18i Mスポーツパッケージ 109~136万円
sDrive 18i xライン 106~133万円
平成24年(2012年) 型式 VL20
sDrive 20i 154~181万円
sDrive 20i xライン 133~160万円
平成24年(2012年) 型式 VM20 (4WD)
xDrive 20i 158~185万円
xDrive 20i Mスポーツ 178~205万円
xDrive 20i Mスポーツパッケージ 129~156万円
xDrive 20i xライン 110~137万円
xDrive 28i 142~169万円
xDrive 28i Mスポーツ 176~203万円
平成23年(2011年) 型式 VL18
sDrive 18i 83~105万円
sDrive 18i Mスポーツパッケージ 95~119万円
平成23年(2011年) 型式 VL25
xDrive 25i 112~139万円
平成23年(2011年) 型式 VL25 (4WD)
xDrive 25i 112~139万円
平成23年(2011年) 型式 VM20 (4WD)
xDrive 20i 85~108万円
xDrive 20i Mスポーツパッケージ 149~176万円
xDrive 28i 95~119万円
xDrive 28i Mスポーツパッケージ 146~173万円
平成22年(2010年) 型式 VL18
sDrive 18i 72~91万円
sDrive 18i ハイラインパッケージ 79~100万円
平成22年(2010年) 型式 VL25 (4WD)
xDrive 25i 93~118万円
xDrive 25i ハイラインパッケージ 92~117万円
タイトルとURLをコピーしました