BMWでドアが中から開けられない不具合対応

(Last Updated On: 2020年9月18日)

BMWで外からキーレスでドアロックし、中からドアで開けられないトラブルの対処方法を整理しました。

質問:BMWで中からドアが開かず、閉じ込められました。

運転手がリモコンキー(キーレス)でドアをロックして先に出かけてしまいました。助手席や後席には人が乗ったままです。降りようとしたらドアが開きません。運転席、助手席、後席も全て開きませんでした。キーレスで外側からドアロックされ、まだ乗車している状態で、中からドアが開かない場合の緊急時、ドアを開ける方法とは?という質問です。

特に炎天下などでは、車内の温度も上がり、危険な状態となります。最近、話題の幼児を放置したりするケースも同様ですね。

回答:キーレスでロックした場合は、開錠できません

BMWに限らず、国産・外車は、外側からキーレスでカギを閉めると完全に閉じ込められます。
キーレスで閉めると盗難防止機構が働き、ドアの外側、内側から開けることは、できなくなります。
よって、人が車内にいるときは絶対にキーレスで閉めてはいけ無い事を覚えておきましょう。
盗難防止装置の解除はできませんので、回避策はありません。

対応策:キーレスでロックした方に連絡する

この例の場合、キーレスでロックしたドライバーに連絡を取り、キーレスで早急に解除してもらいましょう。
携帯電話などで、連絡がつかない場合は、この対応は出来ません。

対応策:スペアキーを別の方が持ち歩く

近場の移動では、持ち歩くケースは少ないかもしれません。
遠方の旅行などでは、大切な車のキー紛失に備えて、スペアキーを持参しておくと効果的です。

対応策:緊急用ハンマーを車内に常備する

非常用に「車 ガラス割る 道具」として「緊急脱出用ハンマー」なるものが売られています。
価格も千円以下と安いものですので、万が一の緊急用に車内に常備しておくのも手です。
車内側からトランクスルーが可能な車であれば、リアシートを内側から倒して、届く位置においておけば、困りません。
ただ、緊急用途としては、乗車位置から、すぐ手の届く場所に置くのが理想的です。

バッテリーが上がると開けられない

最近の車は、トランクなどで盗難防止の面からキーシリンダ(キーを差し込む穴)を無くしています。
基本的に、車体やキーレスの施錠開錠ボタンで操作するようになっています。
質問の状態でドアやトランクをロックした状態で、万が一バッテリーが上がってしまうと、一切開けられなくなります。
セキュリティの関係で、詳細は記載しませんが、外部から電源を供給し、最低限の車側電力を回復させ、キーレスで開錠しましょう。

まとめ

キーレス用の電池や車側の電子装備など、電気を使う装備が満載です。日頃からバッテリーや電池の管理・メンテナンスはしっかりと行っておきましょう。
対応策は、あくまで緊急的な対応策です。
車内に人がいる状態で、外から絶対にキーレスでロックしないよう、心がけましょう。