BMWをリフレッシュする最適なオイル交換時期とは?

BMWのディーラーで購入したときに疑問に思うのが、このオイル交換サイクルではないでしょうか。
特に国産車からの乗り換えの方が疑問に思う方が多いと思います。
2万キロ交換不要、新車購入後の1000キロ交換も要らない。
重要なエンジンに流れる血液となるオイルは大丈夫なのでしょうか。心配になりますね。
このBMW車のエンジンオイルの交換時期とメンテナンス方法について解説します。

サービスインターバルインジゲーター


BMWにはエンジンオイルの交換時期をコンピュータが計算・検知して、車内の警告灯やモニターに表示する仕組みが標準で搭載されています。
SIA/Service Intervall Anzeige(サービスインターバルインジケータ)
CBS/Condition Based Service(コンディションベースドサービス)
による総合管理が行われています。

交換時期に達するとOIL SERVICE(オイル・サービス)または、INSPECTION(インスペクション)が表示されます。

標準的な機能

基本的な機能としては、最大25000キロに達した場合に交換時期を知らせますが、車載コンピューターが愛車の利用状況をチェックします。

  • エンジン回転数
  • エンジンオイル温度
  • 走行距離
  • 走行時間
  • ラジエター温度、車外の温度など

その他、最新車両ではセンサーが検知できる項目を含めて、多角的に交換時期を計算していると判断されます。
上記の状況を自動的に計算し、オイルの交換時期を表示させます。
日本でのBMW車としては、12000キロ程度でOIL SERVICEが点灯する場合もあれば、25000キロの最大まで点灯しないケースもあるようです。
夏場の長時間渋滞が多いケースでは、交換時期が短くなります。
一般的に空いた高速道路利用が多い方や郊外の寒冷地の方は、距離が長い傾向になると認識していれば問題なさそうです。

日本車のオイル交換時期

従来の国産車・日本車で言われている通説は、以下のようなものがあります。

  • 新車の納車後交換:1000キロ交換
  • 走行距離としての交換サイクル:3000、5000、1万キロ毎の交換
  • 期間としての交換サイクル:3か月、6か月、12か月の

欧州でのオイル交換時期

最近のドイツ車の傾向は、従来の日本車から見るとかなり長期間の交換サイクルとなり、ロングライフ化の傾向が見られます。

  • 1万キロ
  • 1.5万キロ
  • 2万キロ
  • 2.5キロ

日本の気候や車の利用状況を考慮すべき点

欧州の状況

欧州にも渋滞があり、寒暖の差が激しいところもありますが、その状況は日本に比べるとエンジンオイルには優しい環境であるとも言えます。
ドイツを含むアウトバーンでは、速度無制限というよりも現状では150キロ以下で走行するケースが多く、アクセル全開の高負荷となる状況ではありません。
オイル冷却としては渋滞に比べれば過酷ではない状況です。
ドイツの脱原発や電気自動車の推進など、なるべくオイルの廃油を減らす環境への影響を考慮した事情もあります。

日本の状況

やはり、欧州に比べると年間を通して高温多湿な環境であると言えます。
湿度や真夏の温度などが過酷であり、アスファルト上の照り返しにより、さらに強烈な高温にさらされます。
さらに高速道路や一般道の日常でも多くの渋滞が発生し、エンジンオイルは過酷な状況にさらされています。

最近のロングライフ化したオイルを標準装備するBMWであっても、オイルにとっては劣化が早まる可能性が高いと言えます。
実際、オイル交換時期に達したオイルは、サラサラしたオイルの粘度が無くなり、ドロドロの状態が見られるようです。

オイルフィルター・オイルエレメント交換の重要性

エンジンオイルの汚れやエンジン内の摩耗により発生したゴミを取り除く重要なパーツになります。
交換時期としては、基本的にディーラー推奨タイミング(警告灯表示)での交換で問題ありません。
費用的にも高額ではありませんので、必ず交換指示に従って対応しておきましょう。

エンジンの工作精度の向上により、フィルターで除くべきゴミは、1980年代の車両に比べて減っていると言えます。
その点で、従来の価値観で早期交換を語っても意味はありませんが、重要なメンテナンス部品に変わりはありません。

ディーラーのエンジンオイル・エレメント交換費用

  • オイル部品代:14000~18000円
  • オイル交換工賃:3000~5000円
  • エレメント部品代:2000~3000円
  • エレメント部品代:2000~3000円

エンジンの気筒数やディーラー毎の工賃などに微妙な差はあります。
キャンペーンなどでは、割引が効くケースもありますが、込み22000~28000円の予算を見ていれば良いと思います。
ロングライフということを考えれば、1回1万円程度の国産車の倍ですが、驚くほど高額でないことがわかります。

なお、新車時にBMWのサービス・インクルーシブ(消耗部品の交換と点検整備費サービス)に加入していると、サービス期間中のオイル・エレメント交換は無料になります。
2015年からエンジン・オイル/フィルター交換がCBSに準じてだけでなく年間走行距離が15,000km以下の場合は毎年、車検時も含めて3回交換されます。
SBIの2年延長パッケージも毎年エンジンオイル交換してくれることになります。
上記により、BMWディーラーのみでメンテする場合はお得なサービスになる点がポイントです。

BMW純正オイルのバリエーション

BMW エンジンのポテンシャルを引き出す3つのカテゴリー(スタンダード・プレミアム・Mシリーズ)があります。
最近のBMWはターボを搭載しており、エンジンオイルにはシビアな品質が求められます。
メーカー指定の100%化学合成油になります。

スタンダードエンジンオイル


BMW Longlife-01 5W-30
ガソリン・エンジン用
低温時から高温時まで安定した性能を保ち、バランスの取れたスタンダード・オイルです。
BMW Longlife-04 5W-30
ディーゼル・エンジン用
信頼性の高いディーゼル車用スタンダード・オイルです。

プレミアムエンジンオイル


BMW Longlife-01 FE 0W-30
ガソリン・エンジン用
環境性と省燃費性に優れ、最新のエンジンにも最適です。
BMW Longlife-12 FE 0W-30
ディーゼル・エンジン用
優れた省燃費性を実現。最新のエンジンにも最適です。

Mシリーズエンジンオイル


BMW 10W-60
ガソリン・エンジン用
BMW Mの超高回転型エンジンに最適なエンジン・オイルです。
過酷なドライビング・コンディションにおいても、優れたベアリング保護性を発揮します。
BMW Longlife-01 0W-40
ガソリン・エンジン用
高回転型エンジンに最適なハイパフォーマンス・オイルです

BMWの純正オイルは、どこのメーカー製か


従来のカストロールから、2015年から純正指定オイル(グローバルサプライヤー)として、Shell製オイルが指定されました。
Shell製の「HELIX Ultra」のというオイルになります。
ベースオイルはXHVI合成油100%(100%化学合成オイル)です。

メリットとして、スラッジ発生が少なくオイル寿命が長い点が挙げられます。


他メーカー製でもLL01(LONGLIFE01)規格に適合しているものであれば、問題ありません。

カー用品店は賢く利用するのが効果的

交換工賃無料など、ある意味お店に足を運ぶことを前提としていますので、過剰宣伝の意味が大きいです。
昔は流行ったターボタイマーが絶滅している状況にあります。
これは、最新の車は工作精度の向上、信頼性の向上し、車が故障しにくくなっている結果でもあります。
さらにオイルのロングライフ化などにより、カー用品店の儲け口が減っていると言えます。

しかし、ディーラーに比べれば交換工賃や部品代は圧倒的に安いのは事実です。
カー用品店を賢く利用することで同じメンテナンス費用を軽減させることが出来ます。

BMWオーナーのオイル交換関連の調査結果

オーナーのオイル交換時期とは
http://bmwfun.x0.com/cgi-bin/tv/bmw_v32.html

オーナーが選ぶ エンジンオイルとは
http://bmwfun.x0.com/cgi-bin/tv/bmw_v79.html

まとめ

基本、車両のサービスインジケーターの交換時期を守って交換していれば、BMWの保障条件は満たしていると言えます。
オイルのさらなる品質改善とエンジンの精度向上、テクノロジーの進化は止まりません。
従来のマメな交換は、時代遅れな価値観になっているとも言えます。

1990年以降、超ロングライフのオイルが登場し、BMWも標準装備化してから世界各国の状況は把握しつつ、データをフィードバックしていると思われます。
ネット上ある交換時期を守ったことでエンジン寿命が短くなったという事象は少数派であり、実態としてはメンテナンス時期を放置した不具合が多いと思われます。
当然、高温多湿のアジアや中東向けにも多数輸出していますから、データが反映されていない事は考えられません。

日本の環境をふまえた推奨交換時期

コンピュータが最適な交換時期を計算するため、カー用品店が推奨する3000キロ交換などは全く無駄であると言えます。

しかし、年間走行距離が5千キロ以下で渋滞だけの短距離走行であれば、10000キロに達していない状態でも経年劣化が進んでいきます。
そのため、以下の要件で交換すると愛車に優しいです。

  • オイル交換の推奨タイミング:走行距離1万キロ、または期間1年
  • オイルフィルター交換の推奨タイミング:走行距離2万キロ、または期間2年(余裕があればオイルと一緒の交換)

エンジンオイル量警告灯点灯のケース

エンジン内のオイルの量が適正値を下回っている事を警告しています。
高回転域を多用するエンジン負荷が高い場合は、オイル消費量もアップします。

  • ガソリン・ディーゼル車最大消費許容量:0.7L/1000km走行あたり、0.7L
  • Mエンジン最大消費許容量:1000kmあたり、1.5L

上記以外で、適正なメンテナンスを行っていれば、このランプが点灯することはありません。
原因としてはオイル漏れが考えられます。
過度なエンジン負荷のかかる走行は避けて、50キロ以内のディーラーで補充しましょう。
もし、近隣に無い地域の場合は、ディーラーへ電話して指示を仰ぎましょう。

愛車への労りがポイント

エンジンオイルは、エンジンの血液とも言われます。
愛車のメンテナンス費用として絶対に削れない項目です。
スタンド車検などで費用を削減することは、別の次元で愛車を労わることが重要です。

愛車のためにもサービスインジケーターの順守は絶対条件になります。

コメントを残す