スーパーGT300 BMW Z4

(Last Updated On: 2014年11月16日)

2011年スーパーGT 第3戦 富士スピードウェイ400kmを見に行ってきました。
東日本大震災の復興支援も兼ねたこのレースは、距離も300kmに縮小。
当日は、曇り空から一転、雨も降り出し、風も強い最悪のコンディション。
雨天で気温13℃、路面温度14℃という悪条件の中、レーススタート。





フォーメーションラップからそのままセーフティーカーが5周ほどを先導。
さて、ミクZ4は、2011年になりE89の現行型マシン変更。戦闘力もアップしているに違いない。
スタート後、一気に2位へと踊り出るもジリジリと順位を落とす。
インターミディエイトのタイヤが裏目にでて、レインタイヤへの交換によるピットインを余儀なくされる。
39周まで谷口選手、ピットインでドライバー交代で、番場選手へバトンタッチ。
給油、タイヤは交換無しでピットアウト
順位を5位に上げたところで天候がさらに悪化。
他車がスピン続出の為、赤旗中断。そのまま数周を残してレース終了
E89 Z4のミクZ4は、GT300クラスで5位となった。


コメントを残す