BMWとBYDの関係

(Last Updated On: 2013年7月13日)

一時期、まんまBMWパクリのエンブレムやエクステリアデザインが話題になった
中国の自動車メーカーBYD比亜迪汽車。
電池から自動車に参入した新興メーカーですが、BYDの勢いに急ブレーキがかかっている。

上記がパクり中のエンブレム。中国の感覚には恐れ入る。
現在は、BYDのサイト見てもらえれば、わかりますが社名が単純にロゴ化されているだけ。
いつから変わったのか不明だが、パクリとは無縁な状態になっているようだ。
ただ、車がBMWには似ていないが、カローラやエスティマ、ハリアーにソックリな状況であり、
日本のトヨタにとって微妙な状況になってしまっている。
米資産家ウォーレン・バフェット氏が大掛かりな支援、投資策でBYD社が有名になっていたが、
今後の情勢は、電気自動車の性能や売れ行きが微妙であり、
普通の乗用車販売も手厚いリベートによる施策が主で、
同社の株価は急落している。
電気自動車の場合、部品点数が少なく、後発の中国企業が参入しやすい状況にはあったが、
状況は悪くなっていることが株価からうかがえる2011年である。
2007年の上海モーターショーでは
http://www.carview.co.jp/sms/2007/take_car/byd_auto_f6/default.asp
あのBMWちっくなBYDは、このショーでどうなったのか?
F6は、E65 7シリーズから、レクサスLSのような感じに変身。
F8は、メルセデスのライトを取り込み。
・・・とエンブレムのBMWに止まらず、トヨタ、メルセデスと多国籍メーカージョイントモデルへ変貌を遂げている2007上海オートショーでした。


「BMWとBYDの関係」への5件のフィードバック

  1. 中国メーカーのような意識はないでしょうが?
    新型インプレッサHB、E87ぽいです(唖
    力のないフロントマスク、スバルに足を向けて寝られない私ですら、落胆するしかないデザインです(あちゃー)。
    そんなだったら、いっそ中国メーカーのような贋作の方がマシかな、なんて(毒

  2. 日本車は、欧州車や米国車のデザインの一部を上手く?取り入れることは大昔から行われていますが、中国車は露骨すぎますね。
    最近の日本車の中で、この2007インプレッサについては、近年まれに見るマネっぷりですね。
    セダンのWRXの写真は、1シリーズを連想しなかったのですが、5ドアモデルは意識しすぎかも・・・です。
    ボディサイズアップ、サッシュ付きドアなど、大幅接近。

  3. さすが運営者さん、2007インプレッサHBのデザイン寸評、その通りなのですよ(笑
    私個人的には、R2を超ワイドトレッドでロー・フォルムにしたデザインにする程度で、スバル・オリジナルの良いデザインにされるよう祈っていたのですが、「うわ、なんじゃ、コレ?!」でした。
    スバル、確か数年前にアルファのデザイナーが加入されたような気がしますが、どうしちゃったのでしょうね?
    AUDIの和田氏ら、欧州ブランドでウデを振るうジャパニーズ・デザイナーは、こうした日本車のエクステリア、あるいは、中国車の状況をどう見ているのでしょう。聞いてみたいです。

  4. スバルもステラ、トライベッカ(マイナー後)、インプレッサには、R2や旧インプレッサの特徴的なグリルデザインは継承されていませんね。
    他メーカーでもブランドイメージを全シリーズ共通化する流れに沿って、スバルも同様かと(R2化)思われましたが、その路線を方針転換したのでしょう。
    販売成績、市場調査の結果か、デザイン的には×としたのかも。
    スバルは、水平対抗エンジンや特徴的なエンブレムなど、個性的な部分もあり、その部分をブランドイメージとして強調していけば良いのかなとも思います。
    レガシイが3シリーズと対比されるケースが多いようにインプレッサも1シリーズとの対比されることによるイメージアップを狙ったと思われます。
    日本のスバルファンは望んでないとすれば、スバルも北米市場を重視した戦略かも。

コメントを残す