F30 320dの試乗レポート

(Last Updated On: 2017年10月29日)

なかなか興味深い映像です。
BMW F30 320dのサーキット試乗レポートです。
320dのスペックは下記の通りでディーゼル車の絶対的トルクの太さがポイントですね。
BMW 320d ブルーパフォーマンス
直列4気筒 2.0L DOHCターボディーゼル
最高出力 184ps/4000rpm
最大トルク 38.7kgm/1750~2750rpm
圧縮比 16.5
8AT 最終減速比2.813
JC08モード燃費 19.4km/L
車両重量 1550kg
パワーウェイトレシオ:8.4
トルクウェイトレシオ:40.0
車両価格 470万円から

ディーゼル車のメリットを挙げるとすれば、
ガソリンよりも2,30円安い軽油、燃費の良さ
デメリットは、車両価格が20万高いこと、始動時の音の大きさなどでしょうか。
絶対的速さとしては320iのガソリンと遜色ないでしょう。
映像でも出てきましたトルクウェイトレシオって言葉も今まであまり出てこないキーワードです。
38.7kgmは、M3並の4リッター級。
このトルクの太さがもたらす余裕の走りはガソリンでは味わえない魅力かもしれません。


コメントを残す