M5リングタクシーがクラッシュ

(Last Updated On: 2017年10月29日)

ドイツのニュルブルクリンクサーキット北コース(ノードシュライフ)では、
73のコーナーで構成される、一周20.832kmのサーキットである。
「BMW Ring Taxi」と言う、同乗試乗サービスが行われており、一種のアトラクションとなっている。

このタクシーは、1986年の業務開始以降、延べ9万人以上の人々を乗せ、
北コースで30万周にあたる64万キロを走破しました。
だが、2011年に収益の採算悪化を理由に、OKスピード・マーケティング社は近々このプログラムを終了した。
終了時の車両は「E60 M5セダン」で料金は、185ユーロとなっていた。

現在、「F10のM5セダン」を用いて、サービスが再開されている。
料金は225ユーロで、日本円で約3万円と、これまたいい料金設定である。
危険が伴う乗車のため、契約書を書かされるとのこと。

そのリングタクシーが2013年10月27日、走行中にクラッシュした。

とりあえず、事故による負傷者は無いとのこと。

さらにリングタクシーが2014年8月3日、走行中にクラッシュした。

今回も負傷者は無い様子。
リヤが突然流れて、リカバリーできずガードレールにフロントから衝突という感じでしょうか。