BMW Z4ベースのスープラが左ウインカーレバーが流れを変える

ウインカーを動かすつもりがワイパーを動かすミス

国産とBMWの二刀流使いの方にとって、ウインカーを出そうとしてワイパーを動かしてしまう、ミスをした方も多いのではないでしょうか。
せめて右ハンドルであるならば、ウインカーレバーを右側に統一してほしいのですが、それは無理なのでしょうか?

欧米の車が右ハンドル車を作ることが出来るのに、ウインカーレバーは左にあるのはなぜなのでしょうか?

人間工学的にはシフトレバーの反対側にウインカーがあるべき

運転者が自動車を操作するとき、シフトレバーと同列にウインカーレバーがあることは操作上、不都合です。
MTの場合、左手でMTを操作しつつ、同じ左手でウィンカーレバーを操作するのは無理があります。
そのためシフトレバーとは、反対側にウインカーレバーがあるべきで、操作的にも人間工学的にも、走行時の安全性を考えれば当たり前といえます。

そのような仕組みは、マンマシンのインターフェースを考えれば、おのずと答えは出てくるのですが、各国の車は左ウインカーなのでしょうか?

世界的にはISO規格(ISO国際標準化機構)で左ウインカー決め打ち

EUを含む欧米では、左ハンドル圏であり、左ハンドルと左ウインカーが主流です。
世界の自動車生産の大半が左ハンドルといっても良い状況です。
これは、工業製品としてみると右ハンドル仕様を作ることは、コスト面での無駄でもあり、力関係としてもISO規格として左に決まったのでしょう。

人口的にも左ハンドル圏のユーザーが、右ウインカーで間違えないため、人間工学的な合理性よりも左ハンドル圏ルールに片寄せしたことを意味しています。

右ハンドル圏は異議を唱えなかったのか?

本来、ハンドル位置とウインカーは人間工学的にも同じであるべきです。
右ハンドル圏の国々は、その存在異議を訴えるべきだったのですが、規格は左になってしまいました。
これは単なる努力不足といえます。

ISO規格(ISO国際標準化機構)が策定される前の英国では、BMWに買収される前のMINIが生産されていました。
これは、右ウインカーレバーでした。
しかし、英国の自動車産業の衰退、世界的な影響力の低下とEU加盟により、力と数の関係でも
ISO規格(ISO国際標準化機構)としての左ハンドル左ウインカー仕様に決まってしまったようです。

英国ではISO規格策定の1980年頃の生産より、右ハンドル車にも拘わらず左ウインカー仕様に片寄せしていきます。
これは、国のルールとしても苦渋の決断であったとは思います。
ユーザー側から見れば、一時的な混乱は避けられないものの、ISO規格のルールに乗ることは良い決断だったのかもしれません。

一方、日本車もイギリスの法規や車をベースとしていますので、右ウインカー仕様となっています。
皆さんの教習車も基本的に日本車を使用しているので、右ハンドル右ウインカーのユーザーが大半のはずです。

日本車は、ISO規格策定時として世界のマーケット向けには左ハンドル左ウインカーを作っており、片寄ルールは全く困らなかったのです。
そのために異議を唱えなかったのでしょう。

日本向けには、一定のマーケットが存在しており、JIS規格として右ハンドル右ウインカーが存在します。
日本メーカーだけが日本仕様と海外仕様を作り分けるという二重コストを払う状況となっているのです。
日本はガラパゴス市場ですが、日本メーカーにとって一定の市場規模が存在し、日本向けの専用仕様も存在するため大きく無駄なコストではないかもしれません。
世界市場向けの生産台数が多い点でも、ガラケー携帯とは意味が異なります。

トヨタキャバリエは右ウインカー

キャバリエ(英:Cavalier)は、トヨタ自動車で1996年から2000年にかけて販売された、Dセグメント(1996年 – 2000年当時)に属していた4ドアセダンです。
当時の自動車の輸出過多による貿易摩擦の緩和を図るべく、すでに1995年に販売されていたシボレー・キャバリエをベースに日本市場向けに投入しました。
右ハンドル化や右ウインカーレバー化といった米国車ベースの仕様変更を行っていたのです。
販売の結果は、芳しくありませんでした。

スープラの左ウインカーの意味

スープラはBMWZ4ベースであるため、BMWの右ハンドル車と同じになってしました。
トヨタキャバリエのように右ウインカーレバーとするべきでしょう。
しかし、今回は現在の欧州車に合わせてしまった感があります。

今後、海外製の日本車はISO規格に合わせた手抜きが行われる可能性もあります。
これは、2000年以前の日本市場に比べてマーケットシェアがガラパゴスになってきた流れでもあります。

少子高齢化が進み、日本のマーケットが小さくなっていくことが予想されます。
本来、人間工学的にISO規格を改正するのが当たり前の流れですが、そのような動きとはなり得ない状況です。
トヨタ自体がISO規格に歩み寄った中で、今後もこの流れを踏襲した海外生産モデルが増えていく事が予想されます。

ディーラー下取りと買取専門店のメリットとデメリットとは

今まではディーラーに下取りする方が多かった

今までは、ディーラーで新車や認定中古車を購入し、そのまま愛車を下取りに出すケースが多かったと思います。
一般の中古車で購入された方もそのお店に下取りを出すケースも多いようです。
車の売買手続きがそのまま完了するので、手間暇を惜しむ方はそのままお願いしてしまいました。
この方法は、果たしてお得だったのでしょうか。

車を専門に買い取る専門店が登場

一方で車を専門に買い取る専門店が登場しました。
ガリバーやアップル、ラビットなどの大手があります。
買い取ったお車は中古車販売業者向けの車オークションで売ります。

日本で乗られた車はキレイで大事に乗られていたお車が多くて海外からの買い付けも多く、日本から海外に流れていくケースも多いようです。
専門店は全国的なネットワークを生かして車オークションに流すだけでなく、自社で中古車販売を行うケースも多くなっています。

ディーラー下取りと、買取専門店の買取りはメリット・デメリットとは

ディーラー下取りのメリット

  • 同じ店舗で購入と下取りが出来て、手続きがラク
  • 事故車や故障車でも無条件に引き取ってもらえる。(費用が掛かるケースもある)
  • 年式が古くて査定値が付かない車でも引き取ってもらえる。

ディーラー下取りのデメリット

  • 新車値引きを大きく見せることで、下取り値を小さくするケースが多い。
  • 値引きと下取りの額の配分を調整することで、ユーザーの関心が高い方を大きく見せる事が可能。
  • ディーラー側、販売店側の思う壺にハマるケースが多い。
  • ディーラーでは他メーカーの車は自社網で販売できないケースが多く、どうしても安い額となりがち。

買取専門店のメリット

  • 独自の流通・販売ルートや専門車種に強い点でも人気車種は高額査定に繋がる。
  • メーカーや車種に関係なく、市場価値やニーズによる査定ができる。
  • 複数店の競合により高額査定につながる。
  • 新車値引額と買取額が別々の店舗で行い明確になることで、別々の交渉が可能となる。

買取専門店のデメリット

  • 買取店で交渉する、売る手間がかかる
  • 古い車や事故車では買取ができない場合もある。

まとめ

少しの手間暇をおしまずに愛車を高く売る買取店での査定がベストチョイスになるのです。

車を高く売る場合の買取業者選びのポイント

このページを見ている方は、車の買取業者をどれにしようか悩んでいる方であり、ディーラーに下取りしようと考えている方では無いでしょう。

もし、ディーラー下取りを考えていたら即刻、止めましょう

同一店舗での購入と売却は手続きもラクですが、購入時の値引きと下取り額が曖昧になります。
人気車も買いたたかれているケースが多いのです。
必ず、買取店で見積査定を行って、査定額をディーラーと天秤にかけた上で判断を行いましょう。

中古車は、市場の需要と供給の関係から価格が成り立つ

  • 人気車は、すぐ売れるため高く買い取る
  • 不人気者は、売れ残りになる可能性があるため、安く買い取る。

市場の関係からみれば、人気か不人気か、それだけです。

人気車は、必ず高く買い取ってもらえるのか?

答えは「ノー」です。

ディーラーのように、新車や認定中古車を購入するからと足元を見られて安く買いたたかれたりします。
「値引きを頑張りました」というセリフで下取り車は安く買い取ったりするケースもあるのです。

あなたは人気車を所有しており、買取店はその人気車を欲しがっています。
あなたは、需要と供給の関係では、供給側にいて買取業者を選べる立場にいるわけです。

不人気車は、必ず安く買い叩かれるのか?

答えは「ノー」です。

最近では「ホワイト」「ブラック」「シルバー」「ダークブルー」以外のカラーは不人気です。
また、不人気車とよばれる車は流通台数が少なく、新車時に売れていない車は中古車では引き合いが多かったりするケースもあります。

中古車店では、ラインナップに揃えたいケースもあり、一般的な不人気車が不人気でないケースもあるのです。
これらを中古車店とユーザーを結び付けるのが買取店の力の見せ所でもあります。

特に専業店として、特定車種を集めているお店では、不人気車を長期在庫とさせない回転力があるのです。

特定車種に強い専門性の高い業者

全国に沢山ある買取業者ですが、特定の車に特化して専門に買い取っている業者があります。
高級車や趣味性の強い車は專門の買取業者が存在します。
專門買取業者は、専門車種で強い販売力がありますので、一般的な車の買取業者に比べると査定額が高くすることが出来るのです。
その買取力としてのネットワークを生かし、特定車種の人気を上げ、回転を速くすることが出来るのです。

たとえば、ランクル専門店やスープラ専門店など、年式が古く解体屋行きの車両を多数集めることで専門性と特定ユーザーを集めて価値を出すイメージです。
外車であれば特定メーカーだけを集めることで、認定中古車ディーラー並みの集客力やノウハウをアピールできるようになります。

ネット買取では、そのような専門業者へ見積を依頼できる可能性も高まりますが、地元ではそのような専門性のある業者が無いケースもあります。

査定の時間から見た見極め方

業者により査定時間は様々ですが、平均30分という所でしょうか。
買取店へ持ち込むケースでは、お茶を飲みながら待つというイメージです。
あまりにも時間が短いケースは買取の意思がなく、査定額も厳しい額を付けるケースが多いようです。

査定後の理由なども具体的にしっかりと説明するなど、対応内容の誠実さなども査定額と同様に判断すべき材料にしたいものです。

査定時のマナーとして愛車をキレイにしておく事は基本中の基本です。
不具合の箇所は修理しても査定で元は取れませんので、ありのままを見せる事が重要です。

査定額から見た見極め方

人気車、不人気者に関わらず、数社の買取見積査定を行うと、高価格の人気車では数十万も開きが出てくるケースがあります。
このように買取は一社で決めるのではなく、複数の買取業者で査定を受ける事です。
複数業者から査定を取ることは査定額だけでなく業者の対応力なども比較対象に出来るのです。
出来れば3社以上の車買取業者に査定を申し込んで、全ての買取業者から査定額が出るのを待ちたいものです。

愛車の売却まで時間があるのであれば、なるべく早く買い取り査定の申し込みを行うことで高額査定に巡り合う確率も高まります。

まとめ

買取業者から見れば、あなたの愛車は宝に見える場合もあります。
少しでも愛車を高く売るには、時間と手間暇を惜しまずに買取業者を選んで売ることです。

ネットの一括買取査定は、愛車を高く売るためのツールとして有効活用したいものです。