第45回東京モーターショー2017(アルピナ)

(Last Updated On: 2018年5月2日)

第45回東京モーターショー2017のアルピナブースの紹介です。
毎度、アルピナブースの佇まいは変わらないイメージですが、BMWの展示が無かった2009年度も展示していたアルピナは、ブランドとしても安心感・安定感に繋がっています。

Alpina B5 Bi Turboのジャパンプレミア

新型5シリーズがベースモデルのB5はセダン(G30)とツーリング(G11)の2タイプ。
強大なパワーを受け止めるパワートレーンは4WD。
直噴4.4LのV8気筒ガソリンエンジンは、ツインターボ化。
最大出力608hp、最大トルク81.6kgmを発生。
セダン:0‐100km/h加速3.5秒、最高巡航速度330km/h
ツーリング:0‐100km/h加速3.7秒、最高巡航速度322km/h

BMW ALPINA D5 S Bi-Turbo Limousine Allrad

こちらもジャパンプレミアとなるモデルです。
5シリーズセダンをベースとし、3リッター直6ディーゼル・ツインターボのエンジンを搭載します。
アルピナチューンは、最高出力388psと540iのガソリンエンジンを超え、最大トルク800Nmと怒涛の数値となっています。
結果、0-100km/h加速で4.4秒と最高速度286km/hとなり、現時点では市販車ディーゼル最速のスペックです。

コメントを残す