BMWのFFハイブリッド

(Last Updated On: 2013年7月13日)

アクティブ ツアラーというコンセプトモデルが登場。
2012PARIS MOTERSHOWにてデビュー
フロントエンジンに1.5L直列3気筒ガソリンターボがFF
リアをモーター駆動する前後別々の4WDとなる。
2013年にも市販の可能性が高い完成度でデビューしたことでも注目される。
エンジンはガソリンとディーゼルの2タイプが用意される模様。
ショーモデルではプラグインハイブリッド仕様となっているが、
市販モデルでは、FF専用エンジンモデルも用意されると予想する。
エンジンとモーターを組み合わせたシステムトータル出力は190PSを達成。
ボディサイズは、全長4353mm、全幅1834mm、全高1560mm
ホイールベースは2670mmとなり、ライバルのメルセデスBクラスと真っ向から対決するサイズとなっている。
このコンパクトハッチバックモデルは1シリーズが受け持っていたのだが、FRコンパクトであり実用的な後席が確保されているとは言い難かった。
しかし、このサイズであれば日常の用途としての使い勝手も良く、燃費も良いハイブリッドとなれば、
新たな購入層を呼び込む可能性もあるだろう。
期待のニューモデルである。


コメントを残す