CMSのメリット・デメリットと今後の動向

外部CMSシステム利用の欠点

CMS(コンテンツ・マネジメントシステム)は、従来型のホームページ更新作業をWebベースで出来るようにしたソフトウエアです。
高機能点と管理のしやすさはメリットである反面、カスタマイズやバージョンアップはソフトウエア固有の制約に縛られる点が最大のデメリットです。

とあるBMWサイトでは、外部CMSシステムの料金アップでコンテンツが継続できないらしく、記事を投稿したユーザーからの不満の声がこちらに来ました。
まあ、IT業界人であれば、外部CMSサービスを利用・依存した時点で、将来的な継続リスクを当たり前のように予測出来たのではないでしょうか。
目新しい機能に注力しがちですが、ユーザーを無視した運営は本末転倒です。

フリーCMSも数多くありますが、CMSソフトの使い勝手や設計思想にバラつきがあり、バージョンアップのスピードや最新webトレンドへの追従性の問題もあります。
また、高機能CMSになればなるほど、既存SNSとの連携をアピールしています。
ただ、みんカラやFacebookなどの既存SNSをあえて使わず、従来型HPを訪問している方にとって、それら一般SNSとの連携は必要なんでしょうか。
結局のところ当HPは、従来型HTML/フリーソフトの自前カスタマイズに留めたところで、安定的な運営に結びついています。
コンテンツの種別により、使い分けるのがベストかもしれないですね。

ブログをMTからWPへ変更(2013/05)

いまさらの感もあるが、ブログのシステムをMovableTypeからWordpressに変更してみた。
CMSシステムとしては、2007年時点ではXOOPS、MT、WPの順だったシェア分布も2008年時点でWPがシェアトップとなっていたようである。

CMSとしては、使い勝手に大差は無いが、 利用者の圧倒的な多さはヘルプサイトの充実度にも影響してくる。
また、検索エンジン側がWPに対応してきた点でも時代の流れというべきだろうか。

日本市場のみ、流行っていたXoopsも日本市場から消えてしまった感もある。
一世を風靡したXoopsは一見、合理的かつ先進的に見えたシステムであるが、各モジュール間のインターフェースが作者毎にバラバラであり、 バージョンアップの遅れやバグフィックスの遅延問題、派生バージョンの乱立など、Xoopsが淘汰される運命にあったのだろう。
SNSとしてはFacebookなどの台頭もあって、Xoops型の会員性SNSも時代に合わなくなってきているのかもしれない。
XOOPSに関わらず、CMSというものは、そのシステムに100%依存した形になる。 いわば、パッケージソフトに合わせた利用形態が強いられる。

ユーザーカスタマイズの自由度、可搬性と 本体やモジュールバージョンアップ時のメンテナンスフリーとの両立などが、 ワードプレスが支持されてきた理由なのだろう。
今後もWebサイト関連の動向を踏まえて、サイトの改善を図っていく予定です。

SNS/CMSサイトの実情(2008/01)

現状、SNS/CMSサイトとして先行しているサイトもあり、みんカラなどの独自サービスも拡大しつつある。
そんな中で、現行のサイトはそのまま、会員制の別サイト立ち上げを検討中。
老舗のXOOPSも会員制サイトにするには、やや機能不足な感じもする・・・
会員制SNSとして一番高機能で、Mixiチックな既存のパッケージ
といえば、OpenPNE。これが良いのかなぁと思案中。
http://www.openpne.jp/
ネックは会員の規模やコンテンツの量。
コンテンツ量が少ない段階では、全く問題無いです。
しかしコンテンツ量が増えてくると、DBの参照・更新処理に猛烈な負荷がかかる。
ちなみにアットファンのデータを1/10ぐらいDB化して、負荷テストしたら見事に固まりました。
やはり、業務用分散型サーバで運用しないと使い物になりませんね。
でも個人HPではオーバースペックですね。
もうひとつのネックは、画像もバンバン投稿されるので転送量も増大して・・・
コンテンツ参照時に毎回DBにアクセスされるのもかなり効率が悪い。
そうなるとMovableType4.1の新機能で実現した方が良いのかな。
などと考えると、有料サービスでアウトソーシングという安易な手段も思いつく。
結論・・・やはり、シンプルなHTML/cgiベースが良いのかも。

コミュニティサイトって(2008/01)

某XOOPS系サイト脱会者の方からメールを頂き、ちょっと気になったので、意見を書きます。

ホームページの表現方法にはイロイロあります。
読者同士の情報交換の場としては、掲示板、ブログ、CMSなど登場時期は違いますが、多様な種類があり、どれもコミュニティツールに変わりないでしょう。
また、写真が投稿出来る掲示板も昔からありましたね。

これらのツールは、フリーで出回っており、ダウンロードして使っているにすぎません。
HP管理者が、どれを選ぶか・・・そんなレベルです。
また、一般の読者にはわからないメリット・デメリットがある事も事実。
利用してみてわかったこと。

メリット

HTMLやCSS、プログラムの知識がなくても統合HP管理ソフトとして高機能なメリットを享受できる。

デメリット

XOOPSの場合でいえば、設計思想が古く最新Webの動向に対応できていない。
モジュール毎にテンプレートが異なりHTMLやCSSの記述にクセがありすぎる。
バージョンアップの度にカスタマイズの2重メンテナンスを強いられる。

サイトオーナーは、自分の好みにあったツールを選べば良いのです。
2ちゃんねるが、まだまだ現役であるように、Web上では文字主体の情報が主流であることも、また事実です。

当HPとしては、どのツールも導入・実施可能な状況ですが、現在の掲示板スタイルに落ち着いています。

さて、本題です。
管理者が、気に入らない読者を排除することは、個人サイトの特権でしょう。
文句を言わない読者だけを囲い込んだ中での「コミュニケーション」とは・・・いかがなものでしょうか。
開設当初は「コミュニケーション」という横文字を前面に打ち出して先進性をアピールしていたにも関わらず、最近では「情報交換」「ルーム」などBMW@FUNに似通ったコンセプトが目につきます。
勿論、ネットマナーに反する投稿は削除して当然ですが、イデオロギー?に反する投稿は、立派な意見です。

Fonepad6のパケ詰まりとユーザーの動向

2014年の6インチオーバースマホ

2014年上期、SIMフリー機の6.0インチ以上のファブレットにおいて、
価格的なパフォーマンスが高いのはASUS Fonepad note6ではなかろうか。

このサイズではエクペリアのZultra6.4インチとfonepad6しか無い状況。

Asus fonepad note6

実売4万以下、格安なら3万以下であろう。

フルHD、メモリ2MBで、CPUはインテルの世代落ちだが、
ハードユーザーでなければ、性能的には充分だろうか。
5インチ以下のスマホユーザーもタブレットを使ったら
劇的な使い勝手の良さと画面の大きさは、便利なのだが大きすぎる。
しかし、6インチならシャツのポケットにも入るのである。

格安SIM(MVNO)機としても最適機種だが(LTE非対応)、Wifi中心ならそれほど不都合はない。
問題は、Fonepad6機種固有のモバイル回線が遅い問題である。
調べてみるとMVNO回線側の問題ではない。

ネット上では、それに嫌気が差してfonepad6を手放すケースも多い様子。
そこで、回避方法は無いか調べてみた。

接続できない、回線断の対応策

方法1
・最新、ソフトウエアなどに更新するも改善された感じはなし。

方法2
・設定>モバイルネットワーク>アクセスポイント名>各社固有XX>認証タイプ
PAPまたはCHAP → CHAP に変更する。

方法2を屋外の利用者が多い場所、時間帯で変更してみる。
ブラウザの画面遷移で、1,2秒の引っかかり感があるが、スルスルとダウンロード出来てきた。
変更前は、クリック後、かなり時間を置いて、場合によっては固まったままとなっていたので、効果はあると思われる。

光回線のようにスパスパとは行かないが、屋外でのブラウジングなら、ギリギリ使えるレベルになった。

ソフトウエア更新も解決に至らず(2014/7/19)

と書いたら、ソフトウエアの更新が来た。
JDQ39.JP_fonepad-10.16.1.39.3-20140526000059_201307310000
何か変わったのか不明。

追記します。バージョンアップ後、劇的に改善されたかと言えば、答えは変化なしです。

ASUS自体が、致命的な問題と認識していないのか、発売から時間も経ってますが、メーカー本体からのサポートは期待薄でしょうか。

そこで、グーグル先生の出番ですが、「Connection Stabilizer Booster」なるアプリがあるようです。
機能としては、一定間隔でPING接続確認を繰り返すことで接続を維持する仕組みのようです。

早速インストールしてみます。
Activate「Keepalive、Reconnector」のチェックをon、とし接続間隔を5秒として様子を見てみます。
多少改善された感じです。
パケットの使用量は1日100kb以下なので、間隔を短くしても転送量を気にするレベルではないでしょう。

・・・と上に書いた方法は、結果的に解消には至らなかった。

キットカット4.4とファームウエア11.2.1.34で全解決

ファームウエア(Version JP_V11.2.1.34)のダウンロードとインストール
キットカット4.4へのバージョンアップにより、「fonepad6のパケ詰まりは解消」との報告多数。

1.http://www.asus.com/jp/Tablets_Mobile/ASUS_Fonepad_Note_6_ME560CG/HelpDesk_Download/
ではダウンロード不可。ファイルが壊れている(10/28)
2.http://support.asus.com/download.aspx?SLanguage=en&p=28&m=ASUS+Fonepad+Note+6&hashedid=nVT3TaZgcI2d0m7P
上記で「ダウンロード(DLM)」をクリックしてDLMをインストール。
3.インストール完了後、バージョン JP_V11.2.1.34をダウンロードし、PCへ保存。
4.UL-K00G-WW-11.2.1.34-user.zipをマイクロSDカードのトップ(ルート)にコピーする。
5.本体にSDを差し込むとファームウエア更新のメッセージをクリック。
6.アップデートが開始される。(バッテリーは満充電にしておく)

パケ詰まりの原因はアンドロイド4.2にあったわけで、4,4へのバージョンアップで完全に解消した。

格安SIMと6インチタブの大画面、ペン入力と値段も安いFonepad6が完全復活した。
一時は、Zenfone6やnexus6への買換えを真剣に考えていたが、
次の買換えも中古のpad6でも良い気がしてきた。
唯一の欠点は端末のデカさぐらい。

今後のユーザーの行方

この6インチファブレットを使ってしまうと5.5や6インチに買い替えるのを躊躇してしまう。かといって6インチより巨大なファブレットは数が少ない。

できれば、ASUSで6.5インチサイズが出ると即買いなのですが。。

現時点では、P9maxの6.2インチがいい感じ。

IEでGoogle検索が遅い場合の解決策

いろいろなページに解決策が書かれているのだが、どれもダメ。

結局、Googleツールバーがインストールされていた場合、
不要な機能が原因だった。

それは、Googleツールバーの「Quick Scroll」

これは、ページ内のリンク先情報を解析して表示する機能らしく、
処理中で固まったような現象になる。

まあ、一般的なIEでは必ず発生するので、クレームが多数来ても良さそうだが・・・。
劇重になるため、クロームブラウザへ誘導している・・・などと勘繰ってしまう。

さて、この解除方法は下記の通り。

ie-google

1.googleツールバー「設定」を選択
2.「ツール」を選択
3.「Quick Scroll」のチェックを外してOK

これで元のスピードに元通り。
色々と試行錯誤したが、クイックスクロールがIE用グーグルツールバーでは
デフォ設定なのが微妙である。

FFFTP転送が止まる事の解決策

日本で定番のFTPソフトと言えばFFFTP

FFFTPは、フリーのFTPソフトとして、日本では一番シェアが高いのではなかろうか。
現在では有志によるバージョンアップが行われている。
ただ、転送が途中で止まる、転送が遅いなどの不具合が最近になって多発するようになり、 他ソフトへ乗り換えを推奨するページも散見されるようになった。
しかし、新たにインストール、環境設定も複数のサーバーを相手にしている場合、
大変面倒なので、FFFTPを継続利用を可能するべく調べてみた。

転送が止まる事象に対するネット上の方法を試す

方法1
ホストの設定で、「高度」タブ、「NLST -R を使って高速に再帰検索」をオフ
→効果なし

方法2
ホストの設定で、「暗号化」タブ、「暗号化なしで接続を許可」にチェックをつける。他の項目はチェックを外す。
→効果なし

方法3
環境設定で、「転送1」タブの「アップロード/ダウンロードするファイルのタイムスタンプを維持」のチェックを外して「OK」をクリック
→効果なし

方法4
ホストの設定で、「高度」タブの「LISTコマンドでファイル一覧を取得」をチェックして、「可能であればMLSDコマンドで一覧を取得」のチェックを外して「OK」をクリック。
→効果なし

方法5
ホストの設定で、FTPS接続の設定を変更するには、メニューバーの「接続」→「ホストの設定」をクリックし、FTPS接続のチェックを外す。
(1.98fユーザー限定です。)
→効果あり。

という感じです。
これで、1000ファイル止まることなく完了。このソフトもまだまだいけますね。

新たな方法を追記

あらためて整理します。転送が途中で中止した場合のポイント。

1.接続
2.ホスト一覧
3.対象のプロバイダを選んで、設定変更
4.暗号化:タブ
5.暗号化なしで接続を許可にチェック。左記以外は全てチェックを外す。「ポイント1」
6.高度:タブ
7.LISTコマンドでファイル一覧を取得にチェック。左記以外は全てチェックを外す。「ポイント2」

上記の変更により、1万ファイルオーバーのファイル転送が途中で止まることなく、 正常終了しました。

バージョンアップ、機能追加により、チェックボックスの設定が変わってしまったことで、
処理が重くなりエラー多発するようになってしまったのだと思います。
FFFTPも有志の方によるバージョンアップが続けられていることですし、
まだまだ今後も使えそうです。

同時接続方法の変更も効果あり

転送が遅いと感じる場合の劇的な改善方法として、同時接続数の変更が効果的です。

基本 > 特殊機能 > 最大同時接続数 デフォルトでは「1」となっているので
これを「2」以上の設定にします。
転送画面が設定数分表示されるのでお試しあれ・・・。

ちなみに最新版に変更し、windows10の今も使えています。

ANHTTPD ネットワークドライブのPerl指定

BMWネタとは関係ないが・・・・こんなカテゴリもあったね。
Windows ANHTTPD ActivePerlの環境下で
ネットワークドライブ上にあるCGIファイルが、動かせない。
パス指定も上手くいかないし、
ネット上に転がっていたエイリアス指定も上手くいかない。
ただ、ネットワークドライブ上のファイルはオープンする事
が出来たので情報を共有しておこう。
$file = “N:/httpd/www/cgi-bin/xxx.txt”;
指定は、上記の通りで、ドライブ(ここではN)を指している。
CGIが共有できないのは、なんとも面倒だが、データファイルだけでも共有しておく事にする。