第45回東京モーターショー2017(アルピナ)

第45回東京モーターショー2017のアルピナブースの紹介です。
毎度、アルピナブースの佇まいは変わらないイメージですが、BMWの展示が無かった2009年度も展示していたアルピナは、ブランドとしても安心感・安定感に繋がっています。

Alpina B5 Bi Turboのジャパンプレミア

新型5シリーズがベースモデルのB5はセダン(G30)とツーリング(G11)の2タイプ。
強大なパワーを受け止めるパワートレーンは4WD。
直噴4.4LのV8気筒ガソリンエンジンは、ツインターボ化。
最大出力608hp、最大トルク81.6kgmを発生。
セダン:0‐100km/h加速3.5秒、最高巡航速度330km/h
ツーリング:0‐100km/h加速3.7秒、最高巡航速度322km/h

BMW ALPINA D5 S Bi-Turbo Limousine Allrad

こちらもジャパンプレミアとなるモデルです。
5シリーズセダンをベースとし、3リッター直6ディーゼル・ツインターボのエンジンを搭載します。
アルピナチューンは、最高出力388psと540iのガソリンエンジンを超え、最大トルク800Nmと怒涛の数値となっています。
結果、0-100km/h加速で4.4秒と最高速度286km/hとなり、現時点では市販車ディーゼル最速のスペックです。

世界各国のBMW自動車工場

世界各国で製造されるBMWの自動車工場の一覧

自動車生産のグローバル化が進み、ドイツ本国のみならず世界各国で製造がおこなわれています。
その生産車両は、自国のみならず、世界各国へ輸出されています。

  • ドイツ連邦共和国の工場

    • バイエルン州
      • ニーダーバイエルン地区のディンゴルフィング工場:5、6、7シリーズを生産
      • ランツフート工場:エンジン、駆動系、内外装部品
      • ミュンヘン工場:3シリーズ、V8・V12ガソリンエンジン、M用エンジン
      • レーゲンスブルク工場:1シリーズ、3シリーズ、M3、M仕様
      • ベルリン工場:モーターサイクル
      • バッカースドルフ工場:CFRP部品
    • ザクセン州ライプツィヒ(ライプチヒ)工場:電気自動車の研究開発、生産拠点
    • チューリンゲン州アイゼナッハ工場:テスト、製造関連機器
  • アメリカ:サウスカロライナ州スパータンバーグ工場

    創業は1994年。北米向けZ3の生産を開始。主に北米用と輸出向けのX3~X7シリーズの生産

  • オーストリア共和国:オーバーエスターライヒ州シュタイヤ工場

    マグナシュタイヤ社、6気筒ガソリン・ディーゼルエンジン、4気筒ディーゼルエンジン製造

  • イギリス:オックスフォード州オックスフォード工場

    MINIの生産全般

  • ロシア連邦:カリーニングラード州カリーニングラード工場

    ノックダウン生産

  • エジプト:カイロ工場

    創業は1999年。ノックダウン生産

  • 南アフリカ共和国:ロスリン工場

    創業は1973年と古い。主に3、5、X3、X5シリーズを生産。日本へは2000年から輸出の実績有り。

  • インドネシア:ジャカルタ工場

     北部のガヤ・モーター社で国内向け生産

  • インド:タミルナド州チェンナイ工場

    創業は2007年。インド国内向けの生産。

  • マレーシア連邦:クダ州クリム工場

    マレーシア国内向け5シリーズのノックダウン生産(組み立て専門)

  • タイ:ラヨーン県アマタシティー工業団地工場

    主に3、5、7、X3シリーズ、PHV車をノックダウン生産。タイ国内とASEAN諸国向けへ輸出。

  • 中華人民共和国:遼寧省瀋陽工場

    創業は2004年。ブリリアンス・チャイナ・オートモーティブ・ホールディングス(華晨中国汽車)との合弁工場で
    主に中国国内向けを生産。EU向けの輸出を開始。

  • パキスタン:カラチ工場

    創業は2007年。ノックダウン生産

  • ブラジル:南部サンタカタリーナ州のアラクアリ工場

    2014年より、1、3、X1、X3シリーズの生産を開始。

  • メキシコ:中西部サン・ルイス・ポトシ州の工場

    2019年から3シリーズを、世界市場向けに生産予定。アメリカのトランプ大統領により、米国向け自動車に35%の国境税を課す方針

日本向けのBMWは、どこで生産しているのか

製造国は、BMWの車体番号ルールで確認できます。

電気自動車(EV)の出遅れトヨタを擁護する自動車評論家

トヨタのハイブリッド技術は世界一だが

ハイブリッド車はエンジンがメインであり、バッテリーも走行主体の大容量を搭載してはいません。
エンジンとモーターを相互に稼働させる技術はトヨタが世界一であることに異論はありません。
しかし、日本ほどハイブリッド車は世界で売れていないのです。

世界の潮流を知らない池田直渡氏は、ハイブリッドで世界一、延長線上のEVも世界一を取れるという説を展開しています。
マスコミだけでなくトヨタ社長ですら出遅れの事実を早期に認識しています。

そして、ハイブリッド技術がEVの電気自動車に転用可能、即世界一とはなりません。

ハイブリッド技術が転用出来るのか?

インバーター、モーターなど流用できるのですが、プリウスはモーター主体で走っているわけではありません。
HVバッテリーはEV車とは比べ物にならない小型サイズであって、大容量なEV車とは根本的に異なります。
バッテリーを使い切ればエンジンを使えるHVやPHVと異なり、バッテリーのみを使うEV車とは電気エネルギーのマネージメントが根本的に異なります。
EV車はハイブリッドの延長線上と考える池田氏にとっては、トヨタ社長自ら出遅れを認めている点について、永遠に理解できないでしょう。
HV車の延長線上にあるのであれば、エンジンの代りにバッテリーを大量に積めば良いという発想が池田氏です。
しかし、トヨタはその完成車を登場させるには、数年かかるのです。

初代リーフが登場した時点で、プリウスの敵では無いとトヨタ経営陣は考えたのでしょう。
しかし、リーフが航続距離400キロを超えてくると話は変わってきます。

日産リーフなどのようにマイナーチェンジ、フルチェンジを重ねてその欠点を改良している車とプリウスPHVでは比較することすらナンセンスです。
それでも評論家やジャーナリストの擁護発言が目に付きます。

BMWとトヨタの提携においてトヨタは見捨てられた

BMWはトヨタの提携を通してトヨタ製ハイブリッド車の供給があると誰もが考えました。しかし実態はどうでしょうか?
トヨタ製エンジンを積んだBMWは全く登場していません。
トヨタとの提携時点でBMWは、自社のHV車市販車がすでにあり、渋滞向けHVについては全く魅力的に映らなかったと言えます。

提携後のトヨタHVシステムについては、将来性や優位性が無く、BMWにとって魅力的な技術でないことを早期に見切ったのでしょう。
BMWは、カーボンシャーシやダウンサイジングターボ、ディーゼルターボなどトヨタに対して優位な技術を持っています。
そして、BMWは水素自動車でも早めに将来性に見切りを付けています。

トヨタがHVで世界一となり、自己満足している間、欧州や北米、アジアではHVやPHVの将来性が無い現実が表面化してきました。

HV技術にEV技術は含まれるのか?

この危機感は、トヨタの販売サイドや製造現場でも大きな懸念点となっています。
現場の危機感は、理解不足によるものなのでしょうか。マスコミの指摘も同様なのでしょうか?

現在、トヨタはHVシステムの優位性は、モーターとエンジンの効率化を追求した、「THS2」のトヨタハイブリッドシステムを熟成させた結果なのです。
このTHS2の完成度の高さがトヨタHVの全てであり、アトキンソンサイクルエンジンもモーターとバッテリーも他社との効率性に大きな差は無いのです。
純粋のモーターとバッテリーのみを動力とした研究は、まだまだなのです。
今更ながらにデンソーとの共同会社を立ち上げるなど、まだスタート地点なのです。

そして、すでに市販車を登場させているテスラ、BMW、日産とは決定的な技術的差が発生しています。

バッテリーの劣化や寿命などで、中古車の値崩れしている現実や性能から、電気自動車が主力になることは、まだまだ先になるとトヨタは考えていたのでしょう。
BMWや日産などのライバルメーカーがすでに市販車を数年前に登場させ、何年も経過していますが失敗策だと笑っていたのでしょうか。
トヨタがFCVが本気で次世代を握れると思っていたのでしょうか?

カリフォルニアの規制がHV車を除いたり、すでにHVの劣勢が早期に判明した時点でEV化の流れは明らかだったのです。
プリウスPHVの登場すら色褪せていた感があります。

トヨタHVは世界一の宣言するジャーナリストの記事が、日本の製造業の根幹を誤った方向に導かないよう正しい判断を望みたいと思います。

テスラとトヨタの提携においてトヨタは見捨てられた

テスラとトヨタのEV製造としては、RAV4ベースの市販車が登場したが、協業が上手くいかず1900台で終わった。
以降、トヨタはFCVの水素自動車に力を入れた点で、テスラとは方向性が異なり、提携を解消しています。

トヨタの財力があれば、資本比率を高め次世代自動車の選択肢としてテスラ技術を利用する選択も出来たはずです。
今では、EV技術にしても自動運転技術にしてもトヨタの遥か先であるテスラです。
池田氏がどう擁護しようとも、HV世界一のトヨタは空前の灯であると言えます。
やはり、トヨタ社長の失策と言えるでしょう。

電気自動車では完全に出遅れ

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは、普及価格帯セダン「モデル3」を発売し約380万円に設定しています。
この価格帯まで下がってくると大手メーカーを脅かす可能性があります。
日産もカタログ値の航続距離400キロのリーフを発売し、好調な出だしです。
むしろ、トヨタプリウスPHVよりも安いグレードもあります。

一方でトヨタと提携したBMWは、トヨタのハイブリッド技術を得るために提携したと予想されました。
しかし、2017年時点では、PHV、EVともにトヨタが完全に出遅れの状態となっています。

HVはおろか、プラグインハイブリッド搭載車のラインナップはトヨタ車を圧倒しています。
BMW iブランドにより、すでに電気自動車のi3が発売済です。

販売台数を見れば、テスラ、日産、BMWという3社の独走態勢となっています。

トヨタは、ショーモデルでの出品レベルに留まっています。(2016年)
http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/ev/
とても新型車が登場するような完成度ではありません。

世界のモーターショーでも完全な見劣り

中国の自動車ショーは、観客動員数で世界最大規模となっており、世界の注目が集中します。
その中では、世界一とトヨタが考えるFCVの燃料自動車やハイブリッド車など見向きもされず、世界の潮流は完全にEVの電気自動車になっています。

超低価格なEV中国車両の新興メーカーが中国国内に出回るだけでなく、欧州車も続々とEV市販モデルと予定モデルを投入しています。

その中では、トヨタとホンダの出遅れが目立つところです。

水素自動車は電気自動車に勝てない

特に水素自動車は、そのデビューが速いもののインフラ面でEVに対しての優位性を保てないでいます。
その理由とは、水素スタンド、水素ステーションを作るインフラ投資には莫大な投資が必要だからです。
水素補充の必要があったり、その維持管理にもコストがかかります。
EVスタンドのように、電気が通っていれば作れてしまうインフラとは全く異なっているのです。
家庭充電も可能であり、家庭用太陽光発電との連携も可能であったり、EVのインフラやコストの点で水素に勝ち目はありません。

当初は、ガソリンの代替として水素自動車の方が実現性があると思われていました。
しかし、電気自動車の性能アップとコストダウンのスピードが、水素自動車(FCV)の性能向上を遥かに超えてしまったためです。
BMWも先々代7シリーズを最後に次期水素自動車の登場もありません。
水素自動車では、トヨタとホンダぐらいであり、ガラパゴスなガラケーの二の舞のようです。

もう、FCVが日の目を見ることは無いでしょう。

自動車評論家の的外れなコメントが目立つ

トヨタはEV開発に出遅れたのか?
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1708/28/news027.html
実際に市販車が無い段階で、登場させるは簡単だと書くのは全くのナンセンスです。

トヨタは電気自動車技術で本当に出遅れたのか?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170829-00075087/
この評論家も同様に、HVの延長線上でEV車を語っている。
すでに市販車でそのノウハウを蓄積している先行メーカーは、第一世代の欠点をふまえてマイナーチェンジ、フルチェンジを行い第二世代に突入しているのです。
トヨタの出遅れは明らかなのに負け犬の遠吠えに聞こえます。

掃除機のダイソンが自動車製造に参入

掃除機や扇風機のダイソンが、2020年までに電気自動車に参入を発表しました。
ダイソンのデジタルモーター(Dyson Digital Motor:DDM)を駆動用として、10億ポンド(約1506億円)の予算を車体とバッテリー技術の開発に充て開発は400人体制とのことです。

家電メーカーの直接参入は、ブランドや知名度などの点でグーグルやアップルなどのIT勢力とは異なり、トヨタやホンダ、マツダにとって、かなりのインパクトがあるニュースです。

テスラとの提携を解除したトヨタの敗因

トヨタはFCVの水素自動車を今後の本命と考えていただけに、テスラ首脳陣のEV本命との考え方にギャップが生まれ、提携解除となったようです。
当初、EVの航続距離がとても実用的では無かった5年前から急速に実用的な距離になり、コストも大きく下がって来ています。
トヨタやホンダも自動車メーカーでしか製造できないエンジン技術を温存したい思惑もあり、水素を使う燃料自動車・エンジンが本命と予見したようです。

しかし、欧州メーカーが飯のタネである燃料エンジンを捨てて、EVに舵を切ったことでトヨタやホンダ、マツダの思惑が総崩れとなっているのです。
複雑なエンジン製造こそ製造業の主軸であり、多数の雇用を抱える自動車関連企業にとって、自動車メーカーの優位性を保ちたいとの発想が裏目に出てしまいました。

テスラと提携を継続していれば、テスラOEM車両をトヨタブランドとして早期に市場投入できた可能性もあります。
結果的にトヨタ首脳陣の経営ミスと言えるでしょうか。

マツダとの提携に意味はあるのか

某自動車ジャーナリストの提灯記事が目立つマツダとトヨタとの提携ですが、トヨタにとってHVのパッケージを売り込む車種が増えるだけでしょう。
マツダのSKYACTIVE技術など、EV転換の流れの中では、どうでも良いテクノロジーなのです。
マツダにとっては、HV,PHV,EVに乗り遅れた時点で将来的に淘汰される運命であり、トヨタ陣営として資本提携は最終的に多いに意味があると言えるでしょうか。

今こそ日産陣営の商機

廉価版のハイブリッド車ラインナップで出遅れた日産ですが、シリーズハイブリッド(発電エンジン駆動モーター)の日産ノートで販売台数1位となりました。
新型ノートの販売も好調です。このタイミングで、プリウスはカッコ悪い、時代遅れなハイブリッド的なイメージが消費者に認知されると一斉に日産車に関心が向く可能性もあります。

日本メーカーとしてテスラに勝る安さのリーフを市販している日産に期待がかかります。

自動車メーカーとディーラーの既得権を守るガラパゴス日本

自動車メーカーはエンジン製造のために膨大な従業員を抱える城下町を形成しています。
簡単にガソリンエンジンを切れない事情があるのです。そのための延命措置としてのハイブリッドであったのです。

しかし、トヨタの思いとは裏腹に世界の情勢は、トヨタ首脳部が描くビジョンの先を進んでしまっています。
ある意味、ゴーンの日産は世界的な視野とビジョンでリーフを市販していることがわかります。

欧州がエンジンを捨て、2040年の完全EV化を発表

日本メーカー絶対主義の某Iジャーナリストが、欧州車の環境汚染のツケだとか意味不明なコメントを行っていますが、実情は異なります。
それは、日本メーカーよりも進んだEV車技術により、EV化の目処が立っているからです。
従来の燃料エンジンを捨てるという自動車メーカーにとって影響のある計画を早期に認識し、計画的にEV化への転換を図ることを意味しています。
それは、エンジン製造に関する雇用が奪われる可能性を認識しての決断なのです。

古賀茂明「安倍政権の戦略ミスで電気自動車は世界最後尾の日本 トヨタ社長の涙の意味」

https://dot.asahi.com/dot/2017070900023.html?page=1

安倍政権のせいにしている点が古賀氏らしい。
全く関係ありません。少なくともHVのシェアは世界一でガソリン消費は下がっており、欧州よりもクリーンな排気ガスである点でも政策に誤りは無し。
単に世界の潮流がHV,PHVを飛び越して、いきなりEVになった点でドイツが追従するとは思わなかっただけです。

現在の性能ではエンジンがEVの代替となりうる性能とインフラが無いため、現時点の補助金政策にはまだまだ意味があるでしょう。
HVとFCVでは世界一のトヨタだが、PHV、EVでも世界一の車を発売しておくべきだったのが世界NO1メーカーの責務です。

トヨタ:EV開発巻き返しへマツダ、デンソーと新会社設立

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-28/OWZ1926JTSER01

トヨタの豊田章男社長は提携での共同会見で、EV開発について、両社の混成チームを結成して開発にあたるとしていた。また、豊田社長は19日のイベントで、同社のEV開発は少し「遅れ」ていたと指摘していた。

社長も遅れを認めているようで、ハイブリッド技術はそのまま流用できない遅れが、このような新会社設立となっているようです。
まあ、対応としてはスピード感があるものの他メーカーから見れば今更感が漂います。

EV車の将来は明るいのか?

リチウムイオンバッテリーの寿命や価格など、まだまだ超えるべき難題は山積みとなっています。
ただ、リーフやBMW i3を見れば性能は価格は、年々良くなっていることは事実です。
ダイソンなどの家電メーカーや中国資本のロータス買収を見れば、自動車のシャーシ技術を買収したり、コンピュータ解析したりすることは可能でしょう。
少なくともガソリンエンジン製造に比べれば、シャーシ製造のハードルは低いハズです。
中国の自動車メーカー乱立を見れば、基本的にはパクリからスタートします。
製造技術は、中国弱小メーカーでも開発可能なのであり、自動車評論家の言うように100年もかかるテクノロジーでは無いのです。

なぜ、ジャーナリストや自動車評論家は、世界の情勢が見えないのでしょうか。
国内メーカーを擁護するのでしょう。
少なくともEV車は、スマホや家電で駆逐された国内家電メーカー同様に、国内自動車メーカーの脅威であることをトヨタの社長も十分認識しているはずです。
販売網にしても、ダイソンのネット販売を見れば、全国のディーラーネットワークなど不要であることは言うまでもありません。
家電ストアの店頭に展示するスペースも設けても良いのです。

いずれにしても池田直渡氏の提灯記事は、シャープのIGZO同様に井の中の蛙なのです。

トヨタとマツダとデンソーのEV計画とは何か?

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/10/news028.html

池田直渡氏の記事の疑問点をここでも指摘してみます。

少なくともトヨタにとっては「EV技術」は「HV技術」の部分集合でしかない。

完全な誤りです。単なる延長線であれば、新聞社もマスコミも「EV出遅れ」とは書きません。

【環境】マイルドハイブリッドからEVまでの幅広い意味での「電動化」

どうして、スズキのマイルドハイブリッドが出て来るのでしょうか。全く意味不明です。

90%をトヨタが出資する。マツダとデンソーが5%。恐らくダイハツも5%出資すると思われるが

ダイハツは出しません。全く意味不明です。

短期間/ローコストで優れた製品を大量開発できる。これこそがトヨタが喉から手が出るほどほしかったマツダの開発手法である。

出ました。マツダ提灯記事です。肝心のEV企業にとって、マツダの手法などどうでも良い事です。

電気自動車は、ディーラー販売整備網が必要なのか?

池田直渡氏は、自動車の販売や整備にはディーラー網が欠かせないという。
全くの誤りです。
この発想はダイソンの売り方、保守の仕方を見れば、そのような考え方が完全に誤りであることに気づくのでしょう。

電気自動車は、専用シャーシが必要で自動車メーカーしか開発できないのか?

池田直渡氏は、シャーシの開発には自動車メーカーのノウハウが必要で新興メーカーには作れないという。
全くの誤りです。
新興メーカーのテスラは、2代目で独自シャーシの開発に漕ぎつけています。
中国のBYDも独自のEV車を販売済です。
例えばグーグルやアップルが本気になれば、弱小メーカーを丸ごと買収したり、ヘッドハンティングなど難しいことではありません。
韓国に丸ごとコピーされ価格で淘汰された家電業界のように、池田氏の日本擁護発想は、全くの誤りなのです。

中国メーカーのパクリ技術は凄まじく、現在のコンピュータ解析技術をもってすれば、低中速度域でなら全く困らないと思われます。
よって、中国製EVの航続距離が300キロを超え、価格が200万を切った段階で、ガソリン車と逆転することは明らかです。

電力供給は世界の隅々まで行き渡っており、インフラとしてGSスタンドを作ったり、燃料を運んだりする手間を考えればEVスタンドの方が遥かに安いことは言うまでもありません。
安価な太陽電池パネルを使い充電所を作れば、世界の奥地でも車の充電が可能になります。

池田氏がマツダ氏を提灯しようとも、ACTIVE-Xなどのガソリン延命策は、何の意味も無いということです。

なぜトヨタは”EV参入”を決断できたのか

http://president.jp/articles/-/23079?page=3

全くの誤りです。
タイトルは「決断できなのか?」ではなく「もっと早く決断しなかったのか?」です。
海外の法規性もHVが蚊帳の外になっていたり、早くから出遅れが明確化していたのです。

そもそも水素自動車の方がデメリットは圧倒的であり、EV車に比べたデメリットなど比べ物になりません。
バッテリーとモーターの製造ノウハウ、製造分担など、トヨタは日産やBMWの数年遅れています。

その出遅れと経営責任は明らかです。

仮に政治的な動きは、欧州メーカーにとっても血を見ることになるでしょう。
しかし、BMWを含む全メーカーがEV車開発を先行させているのは、将来を見越した流れなのです。
日産以外のトヨタ護送船団がHVで浮かれていることで、判断が遅れた事を池田氏同様に理解できていないようです。

提携先のBMWの方が数年先を進んでいる事実

トヨタはHVで世界一だから、EVもすぐ追いつけると考える方がいますが、それは正しいのでしょうか。
実際にHVの先のPHVはプリウス1車種しかありません。
BMWは、すでに5車種のPHVラインナップを備えています。(2017/9)

BMWとトヨタは提携しましたが、トヨタのユニットを使う訳でもなく、BMW製PHVユニットです。
また、BMW iブランドでは、i3などのEV車が2013年には市販され、改良を重ねています。

早くから、EV車両の軽量化を図るため、カーボン素材をシャーシに利用し市販化を行っています。
この時点で、BMWは水素自動車(先々代7シリーズ)を完全に捨てて、EVにシフトしている事がわかるでしょう。
そして、この実績がドイツを含むEU諸国のEV化に踏み切らせる自信に繋がっているのです。

今後の次世代バッテリーは、トヨタだけが独占できるはずもなく、自動車以外の他メーカーとも競合になるでしょう。
エンジンだから自動車メーカーが優位に立てただけであって、EV車は自動車メーカーが優位には立てません。
それは、トヨタと同時期にEVデビューするであろうダイソンEV自動車は、池田直渡氏の自動車メーカー優位説を根底から崩すことは言うまでも有りません。
シャーシや販売網などは、自動車メーカーだけの特権では無いのです。

プリウスハイブリッドの大失速


プリウスの低迷が続いています。原因はスタイルなのは社長も認めている通り、奇抜すぎるデザインが原因です。
しかし、それ以外にも先代に比べて評価が多くあるようです。
一方で、モデル末期の日産ノートは、シリーズハイブリッドで9月はプリウスを抑え込んでいます。

トヨタはGRモデルなどという、BMWのMやメルセデスのAMGをパクったスポーツシリーズをラインナップ化しています。
しかし、割高感が強すぎで欧州車ほどは売れないでしょう。
欧州車のマネなどしている場合では無いのです。
日本市場は、このままでもHVで売り上げを死守できるかもしれませんが、海外でのジリ貧は間もなく訪れます。
VWや日産ルノーグループに販売台数で抜かれるのも時間の問題でしょう。

2017東京モーターショーではトヨタはEVショーカー出品のみ

モータ―ジャーナリストの池田直渡氏は、SFモデルのようなショーカー出品車は全く意味が無いと言い切っていました。
まさにトヨタが、そのような状況です。完全なショーカーモデルのスタイリングや内容は、市販化に程遠いイメージです。

ハイブリッド技術は、EVに転用できるから全く問題無いとする池田氏の主張とは完全に矛盾しているようです。

BMWも早々に捨てた水素自動車やHVスポーツ車を出品しているあたり、まだまだHVとFCVを捨てきれないトヨタの出遅れ感が伺えます。

他のメーカーでは、トヨタと異なりSFモデルのようなショーカーから一歩進んで、市販車に近いコンセプトカーの出品が多く見られました。
この点でも、外国や他メーカーからみればトヨタの出遅れ感が一層、際立った状況に映ったことが推測されます。

東京モーターショーの出品に合わせて準備を進めてきたトヨタでも、ここ数か月のEV一本化の流れに対して、やや影が薄い印象となってしまいました。
日産は、リーフをメインに据置き、コンセプトカーと合わせて注目を浴びていました。
新型リーフのNISMO版も登場し、EV市販車のスポーツ車の登場は、トヨタの遥か先を進んでいるように映るでしょうか。

トヨタ、次世代EV電池技術の開発急ぐ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000051-reut-bus_all

その上で「この技術の開発に取り組んでいるが、量産するにはまだ課題がいくつか残っている」と指摘した。

トヨタが一番進んでいるような記事ですが、バッテリーはスマホの重要パーツの一つであり、寿命と充電の諸問題はEVだけのものではありません。

まだまだ市販化には時間がかかり、全世界の自動車メーカーやモバイル・電池・電気・化学業界が開発を進めているのです。
いずれにしても負け惜しみの記事にしか見えません。

池田氏は、個体電池でトヨタ大逆転的な記事を書きそうですが、そのような事にはなりません。結局出遅れなのです。

ヤマダ電機もEV事業に参入…EVベンチャーに出資、船井電機が生産

ヤマダ電機は、電気自動車(EV)を開発するベンチャー企業のFOMMと資本・業務提携。低価格の4人乗り小型EVの開発を後押し。全国店舗販売の計画。2020年にも発売。

池田氏は、販売網もシャーシ開発も大手自動車メーカーしか出来ないと宣言していたが、この記事はどのように解釈するのでしょうか。

EV車であれば、シャーシも販売網も自動車メーカー独占のものではない事は、誰の目にも判る事実なのです。
技術力が無ければ、提携や買収によって手に入れれば良いだけの事です。
池田氏が自動車メーカー優位説を唱えようとも、時代はトヨタ劣勢に動いていきます。

EVとFCVの併存はできず水素自動車を捨てる選択を迫られる

水素自動車に莫大な投資を行い、実用・市販レベルに漕ぎつけたトヨタ。
現時点では世界トップレベルです。ガソリンの代替となる液体燃料が水素だとすれば、勝者はトヨタミライになるでしょう。
しかし、水素スタンドは全く増えず販売もジリ貧です。
もはや次期モデルの登場は怪しいと見た方が良いでしょう。

トヨタは水素自動車の失策を認め、早々にFCVを捨て去りEVに軌道修正することが求められます。
もはや完全なガラパゴス状態なのですが、政府の補助金政策は、ガラパゴス化を助長させるだけです。

政府はFCVへの補助を止めて、EV補助を増やすべき

政府の有識者もトヨタ・ホンダの水素自動車に対する失策と見通しの甘さ、将来性の無さに気づいている方もいると思います。
世界の潮流がEVの方向性になった以上、FCVステーションの増加などは負の遺産です。

早々にFCVから撤退し、電気自動車に対する補助金を増やすべきです。
家電業界がガラパゴス化し、中国や韓国に席巻された現在、残された数少ない日本の強みが自動車業界です。

しかし、池田直渡氏のようにトヨタやマツダを持ち上げるだけでは、日本の将来は危ういです。
海外情勢における自分の立ち位置を正しく理解し、HV世界一と自己陶酔している暇は無いのです。

もはやハイブリッド技術で先進的だったのは、2代目プリウスの時代で終わったのです。
後は枯れた技術の延命策でした。
その間に欧州メ―カーは自国におけるHV車の性能が使い物にならない事に気づき見切りを付けます。

欧州の排気ガス問題がEV化に走らせたのか

池田氏は、排気ガス問題がEV化の要因だったような主張ですが、実態は全く異なります。
排ガスの問題は欧州車に多いディーゼル車が原因であり、排気ガス規制なら規制値を厳しくして、ガソリン車への移行を促すだけで東京都のような空気の状態は確保できるのです。

EV化に走った理由は、BMWiブランドによる電気自動車やカーボンシャーシなど、テスラやリーフと同等以上の技術を持った点が挙げられます。
BMWi3のように補助の発電エンジンを積む手法は、今後も継続すると思われ電欠を多少はカバーできます。
当然、問題のVWも電気自動車開発を早急に進めており、技術的なメドと見通しが立った事で、2040年というビジョンを立ち上げたのです。

その時期に向けてEU内のエンジン産業に関わる人たちの改革を促進する意味もあるでしょう。

先進技術となるカーボンシャーシは赤字なのか

池田氏は、BMWが採用するカーボンシャーシは採算割れで、作れば作るほど赤字になるような記事を書いています。
そのうような事は、まったく有り得ません。

BMW社が見たら呆れてしまうことでしょう。
たぶんレクサスLFAやF1などの高コスト車をイメージしているのでしょうか。
実際は、日本メーカーとの合弁会社など2013年のi3登場以前からの工場立ち上げ基礎研究開発と量産化が実現しています。

自転車ではカーボンシャーシが一般的であるように実用段階レベルなのです。
このように日本メーカー世界一という発想の提灯モードであるかぎり、ガラパゴス化は避けられません。

そのカーボン搭載の軽量化技術がEV車の燃費向上に役立っているのです。
i3では、レンジエクステンダーエンジンを搭載してたり、バッテリーを主体としてエンジンを補助とするマネジメントも確立しています。

一方でハイブリッドがあれば、その技術を即転用できるとする池田氏と国沢氏ですが、その姿はいつになったら見れるのでしょうか。

回生ブレーキと空走の違い

国沢氏は、回生ブレーキが強いEV車は駄目だと切り捨てています。
本当でしょうか。日産にもハイブリッド車は存在し、空走によって燃費を伸ばしています。
日産リーフでは、EV車特有の強い回生ブレーキをかけてきます。

これは、同じメーカーでもHVとEVでその性能を単に切り分けているだけ・・・という事です。

よって、トヨタのハイブリッドが優れているからでも何でもありません。
単にハイブリッドとEV車の特性・性能の違いという点だけです。

モーターとインバーターの優れたトヨタが有利なのか?

国沢氏は、HV技術のトヨタがモーターとインバーター技術でも他メーカーより優れており、ハイブリッド技術を転用できるとしています。
それは本当でしょうか。
モーターやインバーターなどは、エンジンと比べれば部品点数は圧倒的に少なく、異なり難易度のハードルは低いようです。
だからこそ、家電メーカーの参入を促しているのです。

トヨタのハイブリッド技術は、モーターでもインバーターでもなくTHS2の出来が優等生であっただけとも言えます。
なのでモーターやインバーターを流用可能ではありますが、EV車としてのアドバンテージもありません。
EV車の特徴である回生ブレーキでいくのか、HVの延長線上の空走距離を延ばすのか、固体電池などの最新バッテリーを採用するのか、トヨタとしての独自性が求められます。
既存技術ならリーフも他メーカーも更に進化していくことは明白であり、後発メーカーとして性能やコストにメリットが無ければ自前のHVと販売を共食いするだけです。

デザイン不作の現行プリウスもデザインを一新する可能性もあり、アクアのフルチェンジも控えています。
それらHV車との競合もあり、トヨタのEV車も苦戦を強いられるでしょう。

まとめ

EVでは中国勢が台頭し、自動運転分野ではITなどの異業種が参入しています。
EV、PHVのラインナップでも欧州勢に完全に後れをとっているトヨタ。マツダとの提携強化など足を引っ張る荷物でしかありません。
米国のカリフォルニアZEV規制、中国のEV優遇政策、欧州の2040年EV化など、あらゆる世界情勢がEV化へ突き進んでいます。

日本でも世界基準で進めないとガラパゴス思想を温存するだけなのです。
トヨタは、2020年にはEV車を登場させると発表しているようですが、なんとも遅すぎる展開に自動車評論家のコメントが空しく感じてしまいます。
今後のカーオブザイヤーでは、EVやPHVよりも従来型技術のマツダなどに投票する自動車評論家は怪しいと見た方が良いでしょう。

BMWランフラットタイヤとノーマルタイヤとの比較

ランフラットタイヤの特徴

ランフラットタイヤとは、タイヤが釘を踏んだりして空気が抜けて空気圧がゼロになっても走行可能なタイヤです。タイヤのサイドウォール(タイヤの側面)に補強材が入っており、ここで車両重量を支えつつタイヤのクッションを兼ねています。

また、空気がゼロになっても時速80キロで距離100㎞の走行可能なような強度で設計されています。
よって、日本であればよほどの場所でなければパンクしても近くの修理工場までは何とか走れます。
パンクのセンサーとして、プレッシャーモニタリングシステムとセットになっています。
従来のラジアルタイヤでは、パンクした瞬間にハンドルが取られて事故となったり、走行不能となる恐れがありました。また、高速道上でのスペアタイヤ交換は、非常に危険が伴います。
雨風、吹雪、炎天下でのスペアタイヤ交換の作業を回避できます。

JAFでは年間30万件のパンク修理を行っており、過去にパンクにあっていない方であっても、いつ遭遇してもおかしくない状況なのです。また、パンク修理材の効かない数センチの大きな亀裂でもランフラットタイヤであれば、十分走行可能です。

高級車で普及が進むランフラット

2003年のBMW7シリーズへの標準装着後、Mモデルを除く、全モデルに標準装備化しました。その後、メルセデスやアウディ、レクサスなどの高級車での標準装備化が進んでいます。
これも、乗り心地などの改善が進んだ結果、高級車としてのタイヤ性能や乗り心地の品質を損なわず、パンクした場合の安全性やメリットが上回ってきた結果です。

現在、ランフラットタイヤは第三世代と呼ばれる世代になっており、乗り心地に関してはラジアルタイヤの95%まで改善が図られています。

ランフラットの製造メーカーとタイヤ名称の違い

メーカーによって、製品のカテゴリで呼び方が異なるので、混乱してしまいますね。
ランフラット(RUNFLAT)という表記をブランド名に入れて欲しいものです。

  • ブリヂストン RFT(RunFlat Tyres)
  • ピレリ r-f(RunFlat)
  • コンチネンタル SSR(Self Supporting Runflat tyres)
  • グッドイヤー EMT(Extended Mobility Technology)
  • ダンロップ DSST(Dunlop Self-Supporting Technology)
  • ミシュラン ZP(Zero Pressure)
  • 横浜ゴム ZPS(Zero Pressure System)
  • 東洋ゴム TRF(Toyo Run Flat)

ランフラットタイヤのメリットとは

突然のパンクにおいても絶対的な安全性を確保します。
ランフラット装着車は基本的にスペアタイヤを積んでいません。
その分、限られた荷室スペースを有効活用できます。

  • タイヤのモニタリング機能で異常を検知
  • 空気圧ゼロでもタイヤの走行性能を確保。
  • 数センチの亀裂でも走行性能を確保
  • パンク時のタイヤ交換が不要。
  • 高速道路上や幹線道路の路側帯で危険な交換作業も不要。
  • 雨風、炎天下、吹雪など過酷な環境下でのタイヤ交換が不要。
  • 時速80キロ、距離100キロを空気ゼロの状態で走れる。
  • 年間30万件のパンク処理によるJAFコールが無くなるとなれば効果は絶大。
  • スペアタイヤを積まないことによる、1本分の軽量化が燃費に貢献
  • 1本分のスペース活用。
  • スペアタイヤ分の製造コスト低減。廃棄も不要。
  • スペアタイヤのメンテナンスコスト減。

ランフラットタイヤのデメリットとは

一般モデルで標準装着が遅れている点は、やはりコストです。ラジアルタイヤに比べて2割以上も価格が高くなります。それが、一般車両への標準装備化が遅れている理由です。高級車に限って言えば、それは新車価格に含まれており、コスト増とは感じないでしょう。

そのため、タイヤ交換時にタイヤ代が高いと感じるでしょう。

  • タイヤ交換コストが高い。2割~
  • タイヤ1本あたりの重量がラジアルタイヤに比べて重い。運動性能にもマイナス
  • 第2世代のランフラットタイヤは、乗り心地が悪い。
  • 夏用、冬用でのラインナップが少ない。
  • 激安タイヤのラインナップが少ない。
  • ランフラットタイヤ対応のアルミホイールが必要。最近のホイールは、ほぼ対応

タイヤ交換時のコスト(ノーマルタイヤとランフラットタイヤ比較)

最近は、ワイド扁平タイヤを標準装備するモデルが多くなり、ノーマル(ラジアル)タイヤであっても以外と価格は高い。
ノーマルタイプ、ハイグリップタイプのラジアルタイヤとランフラットタイヤとの価格差は平均で3割程度UPと考えた方が良いでしょう。

  • 225/45R17インチのケース
  • ラジアルタイヤ:2万 X 4本 = 8万
  • ランフラットタイヤ:3万 X 4本 = 12万

高級車、外車を維持する方にとって、このコスト増は、驚くほど高くも無いと思われる。

ランフラットからノーマルタイヤへ変更する場合のリスク

ノーマル(ラジアル)タイヤに履き替えた結果、スペアタイヤを積んでいないことから、スペアタイヤを確保する必要がある。多数の方はパンク応急修理材で済まそうとします。
しかし、パンク修理材は、5ミリを超える大きな穴に対しては効果が無いようです。また一回パンク修理材を使ってしまったタイヤは交換が必要になります。

多くの方は、パンクに遭遇したことの無い方ばかりです。年間30万件の発生事例は他人事ではありません。
いつ遭遇してもおかしくないトラブルの一つなのです。
そのため、旅先などでパンクに会い、非常に困った方の多くは、このような安さだけを優先したノーマルタイヤへの変更は選びません。

高速道路、一般道に関係なく、パンクのリスクは多いのです。JAFを呼んでもスペアを積んでいなければ、修理自走できません。
そのような修理不可能なパンクはレッカー移動になってしまうのです。

  • パンク修理剤は万能ではない。
  • パンク修理剤が効かなかった場合、そのまま走行することでホイールもダメになる可能性
  • パンク修理時に路側帯で行う危険性、事故リスク
  • パンクは忘れた頃にやってくる。旅行や仕事の中断。
  • JAFを呼ぶ手間と時間の無駄。JAF未加入なら手数料。混雑時はすぐ来ない場合も。
  • 携帯が通じない山奥でのパンクリスク。
  • スペアタイヤを購入するぐらいなら、ランフラットの方がコスト安
  • ランフラットタイヤ専用のサスセッティングであり、ラジアルタイヤ変更により、操縦安定性が崩れると指摘する意見もある。

BMW新車装着タイヤにはスターマーク付き

新車装備は、サイドウォール上に星印(☆スターマーク)が表記されており、BMWの承認タイヤであることを示しています。
同一ブランドの市販タイヤには、この星印がないそうです。
ただ、日本の法定速度内で使用する限り、一般市販タイヤでも十分な性能を保持しており、スターマーク無しの同一ブランドタイヤであれば、問題は無いでしょう。

ランフラットタイヤからラジアルタイヤに変えた人の勝手な言い分

  • Q1:パンク修理剤を積んでいるから大丈夫。
  • A1:数ミリの大きな穴は修復不可能。
  • Q2:JAFはすぐ来てくれるから大丈夫。
  • A2:連休などの忙しい時期は、かなり待たされることも。山奥は対象外の地域も。
  • Q3:高速を100キロも走らないから不要。
  • A3:少なくとも自走して助けを求めることが出来る安心感は、狭い日本でも絶大。夜間や風雨の時はなおさら。
  • Q4:タイヤが軽い分燃費も良くなる。
  • A4:それを証明したデータは無し。
  • Q5:乗り心地が良くなる。
  • A5:ランフラットタイヤの固いサイドウォールが柔らかいので当然の結果。ノーマル設定が崩れるため腰砕けの弊害も。
  • Q6:安いし乗り心地が良いし、一石二鳥
  • A6:アジアンタイヤへの変更は、安物買いの銭失い。
  • Q7:パンク修理が出来ない
  • A7:ラジアルタイヤで可能な修理は、ランフラットでも可能です。
  • Q8:サスセッティングは、ランフラットもラジアルも同じ
  • A8:パーツ番号は同じだからという理由のようですが、ランフラット用です。ラジアルタイヤ想定した中立ではなく、ランフラット寄りセッティングなのです。

radial-tire-m4
Mモデルは標準でラジアルタイヤを履いています。パンクリスクよりも運動性能を追求したMモデルだからこそです。当然、ラジアル専用のサスセッティングになります。

ランフラットタイヤの乗り心地

第三世代のタイヤとしては、ブリジストンのS001がお勧めです。
通常のノーマルタイヤに比べて95%並みの改善がされています。

コンチネンタルのスポーツコンタクトもタイヤ形状から段差越えなどでの改善が見られます。

当然、ノーマルに比べればタイヤサイドの剛性が全く異なりますのでタイヤ自体のショック吸収性は比べるまでもありません。
もし乗り心地を優先するのであれば、19インチから18インチへのダウンも効果的です。

パンクした場合の再使用は可能か

タイヤ内の空気が抜けておらず、タイヤ接地面などに釘が刺さっているようなパンクは、通常のノーマルタイヤ同様にパンク修理が可能です。
ランフラットはパンク修理が出来ないとするネット上の情報は誤っています。

パンクの穴が小さく、空気が抜けていない状態であれば、修理可能です。

ランフラットタイヤのパンク修理

  • くぎが刺さっている。
  • ネジが刺さっている。
  • 鋭利なものが刺さった跡がある。5ミリ程度の穴

基本的にラジアルタイヤでパンク修理が可能な穴であれば、基本的にランフラットタイヤでも修理可能です。
ただし、パンク後に完全に空気が抜けた状態で長距離走行してしまったランフラットタイヤは、サイドが痛んでしまっているため修理不可能となります。

どこで、どのようにパンクしたのか、状況が分かっていれば状況を詳しく伝えましょう

空気が抜けたパンクで走行すれば、ノーマルもランフラットの再使用不可

ノーマルタイヤであれば、5ミリ以上の穴が開けばパンク修理剤での修理は不可能です。当然、空気は完全に抜けてしまい走行不可です。
タイヤのサイドに亀裂が大きく入るような損傷もノーマルタイヤであれば、即走行不能、再使用も不可能です。
ノーマルタイヤでパンクし、空気が抜けた場合はズリズリと走行抵抗を感じたりして検知する場合が多く、タイヤのサイド断面はクルマの自重で損傷し再使用不可能なケースも多いのです。
よって、ノーマルタイヤはパンクの程度により再使用不可となるレベルはランフラットと何ら変わらないと言えます。

その点、ランフラットでは空気が抜けた場合にも80キロ程度の走行が可能です。
これは、大変なメリットとなりますが、当然再使用は不可となります。

タイヤ価格は2010年以降は、大幅に下がっています。

実際のランフラットのユーザーシェアにも変化

http://bmwfun.x0.com/cgi-bin/tv/bmw_v65.html

当HPのアンケートでは、2010年以降の第三世代ランフラットオーナーから、履き替え後もランフラットタイヤを継続する方が多くなっています。
最大のネックとなっている価格の高さがノーマルの2倍以下になり、コスト面のメリットや乗り心地の固さよりも、ランフラットタイヤ本来の価値を認めた結果です。
なぜ、高級車がランフラットタイヤを採用するのか?トヨタや日産の一般モデルではランフラットタイヤを採用できないのか?
乗り心地が悪いからと言ってノーマルタイヤへの変更を正当化させる意味が無い事が、低価格化によってユーザーの変化に表れてきたようです。

ランフラットタイヤ標準装着車に非ランフラットを履かせると?

ttp://www.webcg.net/articles/-/11164
メーカーでは、クルマの開発をする際に、ランフラットと非ランフラットを両方試しているはずです。その中間値をとってセッティングを行っているでしょうから、タイヤを替えたことで大幅に乗り心地や運動性能が異なるとは考えにくいと思います。

このような、無茶苦茶な回答がありましたが、完全な誤りです。
メーカーは、ランフラット専用セッティングです。中間などというセッテッィングは一切行っていません。
よって、確実にハンドリングが悪化します。

ユーザーは、タイヤ交換で非ランフラットを交換する方もいるでしょう。
しかし、メーカーはそのような方を想定したセッティングは行っていません

まとめ

ランフラットタイヤのデメリットは、一般ユーザーにとって大きな問題となりません。
確かに乗り心地やコストでは、まだまだ改善の余地があるのも事実ですが、最新型RFTタイヤはかなり乗り心地が改善しているのも事実です。
そして、パンク発生時のリスク軽減効果は、補って余りあるだけの効果があるのです。

まあ、パンクで困った経験が無ければ、ランフラットタイヤの絶大な効果が頭では分かっていても、実際にタイヤ代を優先してしまうのかもしれせんが

最終版CGがリークというガセネタを信じてはいけない

カローラ 次期型にBMWエンジン搭載の可能性はガセネタ

http://response.jp/article/2016/12/12/286878.html

あいかわらず、spyder7の作者は捏造がお好きな様子。
BMWのスクープ記事にしても、カローラにしても基礎知識がスクープ記事を書くレベルに達していない。

トヨタ製のダウンサイジングターボは価格が高く、とてもカローラに載せるコストではない。
かといってBMW3気筒エンジンのコストが安いハズはない。

普通に考えればあり得ないのである。
スープラだからコスト的に何とかなっているに過ぎない。
ベンツ製エンジンを積むスカイラインもあの価格帯だから成り立っているのである。

CGがリーク・流出という自作自演のSpyder7サイトはガセネタのオンパレード

最近、「最終版CGがリーク」「CGが流出」とのタイトルが自動車ニュースサイト上に出回っている。

しかし、BMWオーナー皆さんは、こんな写真を信じてはいけない。
信じても良いのは、「風呂敷 模様」のスクープ写真のみである。

それ以外の、CG(コンピュータグラフィックス画像)は嘘の偽装写真でしかない。
そのような写真は「リーク」や「流出」とは呼ばない。

CGは、BMW-AG本体が作成したボディ作成前のデザイナー画像ではない。単純に切った貼ったで作成可能なCG画像である。そのような素人レベルCGに信ぴょう性の欠片も無い。
そのような予想図CGは、「リーク」や「流出」とは呼ばず「予想CG公開」というタイトルとするのが妥当だろう。

自動車ニュースサイトもそんなクオリティの低いCGを本当らしくスクープとして扱うのはいかがなものだろうか?

あまりにも低いクオリティ、精度で呆れる他ない。

新型Eクラスのスクープ写真とCGの違い

こちらが2015年11月時点のスクープ写真
ライトの形状はCやSクラスのディテールと異なる。

mercedes-new-eclass

こちらが、全く似ても似つかないCG画像。
ライトの形状はCやSの単純コピーの低クオリティ。

mercedes-new-eclass-cg

「レンダリングCGが流出」というタイトル。
CGはマスコミへの販売目的で作成、公開したものと推測される。
流出というタイトルがいかにもガセネタのBMW X2のCG。
bmw-x2-cg

CGのクオリティはX1のフロントマスクとX4の後部を繋ぎ合わせただけの素人レベル。
こんなCGに金銭的価値はゼロと思われる。
http://response.jp/article/2015/12/04/265520.html

bmw-x2

実際のBMW X2スクープ写真は上記になる。
X2はX1ベースでボディサイズがコンパクトゆえに、X4のようなクーペスタイルは厳しいのだろう。
後席のヘッドスペースを確保したデザインとなっている。

レスポンス編集部にまともな有識者はいないのか?

最近、Spyder7というスクープ写真が自動車サイトに掲載されているが、そのコメントのレベルが余りにも低い。
http://response.jp/article/2016/11/24/285856.html

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ツインターボや、2リットル直列4気筒ツインターボなどがラインナップされ、実用性だけでなく、デザインも重視されたスタイリッシュなSUVとなりそうだ。

ツインターボは存在せず、ツインスクロールターボなのだが。BMWを扱う頻度が高い割に記事の質が低すぎる。
有識者のいるであろうレスポンスの編集者がチェックすべきなのだが。
スクープ記事を外注化することでコストダウンが目的なのかもしれないが、記事の質が落ちてしまっては本末転倒と思われます。

6シリーズGTの誤記事を日本で拡散する張本人

ttp://clicccar.com/2017/02/28/449607/2/

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒、2リットル直列4気筒ターボのほか、

現行の5シリーズGTにも6シリーズグランクーペにも1.5リットルのラインナップは無い。
最小が528なのに、この記事を書く方のレベルに低さが判る記事である。
こんなBMWに詳しく無い方の記事を採用するクリッカー編集者もノーチェックの様子。

M2 も超える400馬力!? BMW 1シリーズ 最強モデルが進化

https://response.jp/article/2017/05/06/294323.html

パワートレインは、3リットル直列6気筒ターボを搭載し、最高出力はライバル「メルセデス AMG A45」と同等以上の400psに近い数値になるという情報を入手した。

まず、M140i/M240i:340ps、M2:370psという関係があり、いきなりM140iが60psアップの400psなんて数値には絶対にならない。
そもそもAMGのライバルはM2で、M140iはライバルでないという基礎的知識すら欠落した記事である。

海外サイトは大手サイトといえども、信憑性が低い記事を平気で書いている。
そして海外記事をパクるのは良いが、この記事を書いている方はBMWに全く詳しくないというか、その信憑性を判断する知識すら持ち合わせていない様子。
こうして、この誤記事が拡散されていくのだろう。
レスポンスという大手サイトに記事を載せる以上、その実現可能性をもう少し疑ってかかった方が良いだろう。

炎上狙い?自動車評論家のコメントを斬る

池田直渡さんの記事については、記事全般について、あまりにも違和感を感じる感想を持ちました。
他の自動車評論家の方々の記事は、多少の偏りがあったとしても適切な調査と知識に裏付けされた水準なのかピックアップしてみます。

“炎上狙い?自動車評論家のコメントを斬る” の続きを読む

VWの排ガス不正ソフト問題と国沢光宏氏の見解

VWの排ガス不正問題がアメリカで発覚

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲングループ(VWとアウディ)は、
アメリカを含む世界で販売のディーゼル車に対して、NOxの排ガス規制逃れのために試験用ソフトウエアを市販車に搭載することで規制テストをパスしていた。実走行では40倍のNOx値が検出された。

ディーゼルには2つの有害物がある。
・PMは、黒煙に含まれる微粒子。
・NOxは、窒素酸化物である。

vw-california
写真は、日本未導入のVWカリフォルニア(本文とは無関係)

今回問題となったアメリカのカルフォルニア州のNOx規制値は非常に厳しく世界でもトップレベルである。
それだけ環境面を重要視している州だと言える。
自動車メーカー各社は、通常の技術では対応が厳しくなっている状況である。

VWが排気ガス規制の不正を行う(国沢光弘氏のブログ)
>NOxは臭いもせず、PMとも関係無いため、
>大気汚染に与える影響という意味だと大きくないと考える。
>実害はないけれど「偽装」という行為がアウトだ。

窒素酸化物は、人体への影響がある=大気汚染・・・という認識です。

検索すれば、環境への悪影響、酸性雨など普通に出てくるので、実害は確実にあると思われる。

「実害はないけれど」・・・や、
「影響という意味だと大きくない」・・・対岸の火事的な言い回しにより、
フォローする姿勢は、自動車評論家として理解不足であり、大変な誤りだと思われる。

「偽装」と叩いている点では評価に値するが、
日本は関係無い的なフォローのコメントが全てを台無しにしている感がある。

むしろ、世界各国で偽装ソフトを用いて、規制をクリアしている可能性すら否定できない。
見つかったのはアメリカだけ・・・という疑念も生じてくるだろう。

だからこそ、VWは米国で一部ディーゼルエンジン車の販売を停止し、
21日のフランクフルトの株式市場で、VWの株価は前週末と比べて一時約20%下落したのである。
これは、VW制裁金の2兆円が実施された場合の影響だけでなく、
フォルクスワーゲングループ全体に対する信頼性が揺らいでいるのではなかろうか。
ディーゼルで尿素を使わない触媒システムを用いるアウディも同様である。
“VWの排ガス不正ソフト問題と国沢光宏氏の見解” の続きを読む

BMW F12 日本発売時期

次期6シリーズが公開された。

↑音楽が出るので注意
型式名
F12:クーペ(2ドア)
F13:カブリオレ(2ドア)
F14:グランツーリスモ(4ドアサッシュレスセダン)
となる。
一足先にグランクーペが公開されているが、発売タイミングは揃うかもしれない。
2011年5月に650iクーペ、9月に640iクーペが本国デビューする。
北米投入は、約1ヶ月遅れ。
日本発売は、約3ヶ月遅れという感じだろうか。
セダンは、2011年中、カブリオレモデルは、2012年中の本国デビュー予想する。

↑F14 GT
グランクーペのセダンでも同じようなデザインであったが、
写真が不鮮明でわからなかった。
今回、公開されたクーペ写真は、かなり鮮明である。
ライトの下に開いたエアダクト?が新鮮な顔つきである。
BMWのデザイン統括責任者のエイドリアン・ファン・ホーイドンクによる新しいデザイントレンドは、
7シリーズ(F01)の流れを受け継ぎつつ、新6シリーズでは新しい展開を見せている。
リヤデザインは、ハイデッキなトランクとLEDのラインを強調したテールランプなどは、
従来の流れを継承している。
新idriveのコントローラは、助手席ダッシュボードからの連続面に埋め込まれ、新鮮である。
10.2インチの大型モニターは、電動でポップアップすると予想する。
この6シリーズの公開画像を受けて、3シリーズの予想CGはまたまた変化していくだろう。
ほんの10年前と違って、ネット上には、予想CGがあふれるようになってきたが、
結果的に実物とは似ても似つかない写真がほとんどである。
ブロガーの皆さんも安易にコピペしないようにしたいものである。
7シリーズベースのシャーシを用いて、更に優雅に変貌した6シリーズは、
ローアンドワイドなダイナミックなデザインになっている。
日本発売が待ち遠しい。
————————————-
2011年2月にカブリオレが発売された。
320psの3リッター直列6気筒ターボの640i(1028万円)
407psの4.4リッターV8ターボの650i(1330万円)
詳細はビーエムダブリューのF12情報を参照。

オープンカー

来年は花粉の飛散が多いようですね?[emoji:v-393]
アレルギー持ちは、辛い春を迎えるようです・・・[emoji:v-406]
そんな私も立派な花粉症なのですが、その季節になると思うことがあります[emoji:v-398]
それは、オープンカーに乗っている人で花粉症の人はいないんでしょうか。
花粉症持ちでオープンカーに乗っている方は、どのような対策をしているのでしょうかね
やっぱり、閉めて乗るんものだと思うんですが。
春先・・・[emoji:v-252]
オープンカーでドライブなんて一番気持ちの良い季節なのに[emoji:v-353]
うまく行かないものです。
花粉症が酷いとオープンカーに乗るにも勇気が入りそうですよね[emoji:v-294]
でも、こんな車[emoji:v-448]で風を切って走るのも気持ち良さそう??[emoji:v-344]
マスクして気合い入れて走りたくなるかも[emoji:v-218]
オープン