六本木のカローラとは。由来や歴史(BMW E30)

六本木のカローラといえば

ビーエムダブリューのE30です。
BMW3シリーズとしては、2代目となるE30型となります。
主力は4ドアセダンであり、クーペ、カブリオレ、ツーリング、M3というラインナップが完成したのはE30型からである。ドイツツーリングカー選手権(DTM)やグループAのレースシーンを席巻したM3は、1991年の生産終了まで約18000台が生産された。E30としては約234万台が生産されたヒットモデル。
コンパクトなボディがもたらす、キビキビしたハンドリングは、E30でしか味わえない。まさに日本の道路事情にはベストマッチのサイズでした。

1985年以降のバブル期の代表車種

1985年のE30デビューと当時のバブル期が重なり、国産車で言えばクラウンやマーク2、ソアラなどのスーパーホワイトのボディカラーのハイソカーが溢れていました。
親の車としてだけでなく、ローンで購入した若年層も多かったことでしょう。
そうした車をナンパ目的に使用したのですが、BMWのナンパ用途としてのポテンシャルは高く、国産ハイソカーの比では無かったようです。
価格的にもクラウンプラス100~200万で購入出来たことから、当時のプチバブル層にも容易に手が出た価格帯だったことで、国産ハイソカーに飽き足らない小金持ち層にウケたのかもしれません。
六本木のジュリアナ東京などのディスコも社会現象的ブームとなり、ディスコ帰りのギャルを狙って、BMW3シリーズのナンパ車の人口密度が他のナンパスポットに比べて、異常に高くなったようです。
これは、BMW 3シリーズ(当時のE30)が、東京・六本木という特殊なスポットで、当時の最多売車種・大衆車のトヨタカローラ並みに見られたことから、六本木では普通の車「六本木のカローラ」の形容詞が付く事になったのが背景・由来でもあります。

今のゆとり世代にとっては、なじみの薄いキーワードですが、バブル世代にとっては「六本木のカローラ」の意味は簡単にわかることでしょう。
現在、都内ではバブル期よりも高い確率でBMWとすれ違うケースが多く、六本木だけでなくその普及率が向上、一般化したとも言えます。

当時のライバル達との関係

当時の輸入車もメルセデスE190、アウディ80に加えて、ボルボやサーブなどのマイナー系もそれなりの戦闘力があったことは確かだが、国産クラウンやセドリックよりも格が上であり、コストパフォーマンス(六本木での特殊用途)に優れていたこともBMW E30が「六本木のカローラ」と形容されたことにも繋がります。
現在の3シリーズの方が、当時の流通台数よりも多く、実際の普及率で言えば、現在の方がカローラになっているとも言え、六本木での特殊用途として考えると、ポテンシャルは大幅にダウンしていることは言うまでもありません。

アッシー君、御用達のパフォーマンスカー

「アッシー君」というキーワードにも、触れておく必要があるでしょう。
バブル期以降、女性の送り迎え用途に便利に使われた送迎車を運転する運転手をアッシー君と呼びました。
本命君は別におり、アッシー君は、送迎用途に使われるケースも多かったが、本命にジャンプアップ出来る可能性を求め、自発的なアッシー君を演じたのでしょう。
そのようなアッシー君用途としても、「六本木のカローラ」は、本命君のハイソカーを凌駕するポテンシャルがあったかどうか・・・は定かではない。

子ベンツとは「赤坂サニー」

「コベンツ」と呼ばれたのはメルセデス190E
現在のCクラスの先代モデルでもある。1982年から1993年まで生産された。
主力のSクラスに比べ、小粒感が子ベンツと呼ばれました。
国産や欧州モデルと比べても十分高級なのであるが、ベンツとしては小粒感が漂ってしまうため、当時の六本木カローラを凌駕する力は無かった。
別名「赤坂サニー」とも呼ばれるが、当時としては六本木カローラほどの流行語では無かった。

当時、カローラに対するライバル車のサニーを形容したが、実際の価格やステータス度でも子ベンツの方が上です。しかし、サニーと形容されたことが、当時の実力を物語っています。

現在のギロッポンは、どうなの

高級車が多い状況は変わらず、3シリーズの占める割合は減っているかもしれません。
当時の販売台数から比べると現在の方が多くなっており、どこでも見かける光景なのです。
都内の流通台数も1980~90年代に比べて圧倒的に多いでしょう。
それは、六本木だけ流通台数の多かったカローラ現象が、都内・都心部まで拡大しています。

バブル層だけに広まった「3シリーズの六本木カローラ」現象が、趣味や自動車志向の多様化により、中間所得層にも広まったことを意味しています。

当時のトヨタカローラ(1987)


バブル真っ盛りのトヨタカローラは、6代目となります。(FFとしては2代目)
見栄え的にも内外装も非常に立派なつくりです。
エンジンもハイメカツインカムと呼ばれるDOHCヘッドを持つエンジンを搭載していました。

スーパーホワイトのボディに赤茶の内装はトヨタの最量販車種に相応しいクオリティを兼ね備えていました。
六本木だけでなく東京、日本のセダンといえばカローラであったと言えます。

時期を同じく、シーマ現象やF1チームの買収。スーパーカーやロールスロイスの生産台数の1/3が日本で売れるなど車社会もバブルを謳歌した時代でもありました。

E46M3のジオラマ ミニカー

bmw-m3-1.jpg
bmw-m3-2.jpg
M3にお乗りの方・・・M3ファンの方は、コレクションアイテムの一つに加えては、いかがでしょうか?

BMWのミニカーはコチラ

6速マニュアルとSMGII(シーケンシャルMトランスミッション)の2タイプ。
エンジンは、直列6気筒3.2L(3,246cc)で343馬力に達する最高出力、37.2kgmの最大トルクを発生。
MダブルVANOS(バリアブル・カムシャフト・コントロール)を備える。
エクステリアは、ボディ同色のMデザイン・ドア・ミラー、Mフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカート、リヤスポイラー。
専用スポーツ・サスペンション、後輪駆動に前後異サイズタイヤ&18インチ鍛造アロイホイール、
Mステアリングなどの専用装備。
安全装備として、デュアル&サイド&ITSヘッドエアバッグ、ABS、M3専用に改良したDSC III
を装備し、E46クーペのトップモデルとなる。

可変Mディファレンシャルロック、RDW(タイヤ空気圧警告システム)、キャッチテンショナー付きシートベルトなどが標準で装着される。ハンドル位置は左右から選べる。今回の価格改定により、多くのモデルで車両価格の見直しが行われた。

BMWを売るベストタイミングとは

愛車を高くお売りになるなら、1~2月の時期がベストとなります。なぜなら、自動車購入のピークは3月ですので、中古車店の店頭に並ぶのが3月中なのか、ピーク後の4月以降かで買取金額は大きく違ってきます。
3月中に中古車店の店頭に並ぶには・・・とにかく早く、できれば2月中に愛車を売却されるのが、1円でも高く愛車を売却する方法ですよ。
松井選手のCMでも良く見かけるクルマの査定&買取で有名な
「ガリバー」さんにて、3月21日(水)までの期間中に査定された
方の中から、抽選で1名の方に洗車10年分をプレゼントするキャン
ペーンが開催されています!
ガリバーの中古車買取査定サービスはネットから簡単に申し込めて、
出張査定予約や全国500店舗での査定が可能です。古くなった自家
用車の売却をお考えの方はもちろん、春の新車買い替えをお考えの
方も、この機会に今お持ちのクルマをガリバーの中古車査定に申し
込まれてみませんか?査定は『無料』で受けられます。
≫≫ ガリバー査定はこちらから【無料】

BMW 愛車を高く売る秘訣とは

新しい車を買い換えるとき、新車の見積もりと同時に、
愛車を査定するケースが多いようです。
「値引きはキビシイので・・・」
「下取りに上乗せしておきました」
この言葉で、納得してしまう方は多いようです。
そして営業マンのペースにハマッてしまいます。
1.新車の値引き額
2.愛車の査定額
は、それぞれいくらなのでしょうか。
1. + 2. = ディーラー値引・査定額は、「あいまい」です。
賢いBMWオーナーは下記の方法ですね。!
値引きと査定額を別々に知ることがポイントです。
3.下取り無しで、新車を見積り、新車の値引き額を知る。
4.ネットの愛車無料査定で、愛車の買取相場を知る。
≫≫ ガリバー査定はこちらから【無料】
価格.comなら、愛車に最高の値段をつけてくれるかも?
とりあえず、上記の2社で査定して、大切な愛車の価値を知ってみては、いかがでしょうか。?
3.ディーラー値引き額 + 4.買取査定額 = 大幅値引き・査定額ゲット
です。
手間を惜しまず、ネットで簡単査定。
これだけで数万~数十万違いますよ~。

南アフリカ製 BMW

南アフリカ製のBMWについては、読者の中でも考え方は賛否両論である。
自動車生産のグローバル化が進むにつれ、全てのパーツが純粋なドイツ製はもはや存在しない。
ユーザーが求めるのは、製造国ではなく、品質の良さに重点を置きたい。
興味深い調査結果がある。
2006年 南アフリカ自動車初期品質調査
製造不具合が少ないメーカーとしてトヨタ、BMWの順となっている。
ドイツ本国、日本と比較してどうかは不明だが、
南アフリカ製の品質が悪いという意見は、イメージから来るものであって、
実態は問題ないと言えるだろう。
中国でもBMWの製造が行われ始めている。この点では南アフリカの方が先輩?である。
日本への導入はまだ無いが、品質については熟練度からして微妙なところ。
上記の記事で気になるところは、
製造不具合は、○ (故障など)
設計不具合は、× (使い勝手が悪い)
という点だろう。
設計については、車そのものの出来であって、南アフリカ製の要因ではない。
エクステリアのデザイナーに日本人を起用したのだから、
使い勝手の分野にも日本人を起用し、テコ入れを図って欲しいと思う。