BMW1シリーズ情報(E87 F20 F40型の歴史・スペック)

1シリーズ概要

2004年にデビューした初代1シリーズは、デビューから6年で100万台を達成。
BMWエントリーモデルとして、FRレイアウトを採用し、高品質かつファンなハンドリングを継承。
1シリーズはCセグメント車というカテゴリに属し、BMWエントリーモデルとして末っ子の役割を担っています。
他社のCセグメント車は駆動方式にFFを採用し、室内容積などの実用面を重視していますが、1シリーズはFR駆動を採用しています。
他のBMW上級車種と同様に、フロントアクスルとリヤアクスルへの荷重をほぼ50:50の均等配分とし、走行性能を追求しています。

FRレイアウトにより、他メーカーのFFモデルと比べて後席の居住性等でハンデを負うが、独自のコンセプトは、ライバルを寄せ付けない魅力を放つ。
5ドアセダン、3ドアクーペ、3ドアカブリオレなど多彩なモデル構成となっている。
F20の後継モデルであるF40型ではFFモデルとなりました。

車種別形式別

E87 E82 E88情報 初代(2004年-2011年)

E87 1シリーズ

E87 E82 E88情報 初代(2004年-2011年)

E87/5ドアセダン、E82クーペ、E88カブリオレ:
116i/118i/120i/135i/Mcopue
初代1シリーズとして、世界でも類を見ないコンパクトなFRセダンとして人気を得た。

F20情報 2代目(2011年-2019年)

F20 1シリーズ

F20情報 2代目(2011年-20xx年)

F20/5ドアセダン:116i/118i/118d/120i/M135i
2代目として1.6リッター直噴4気筒ターボエンジンにリニューアル。8AT化により、燃費性能と運動性能が向上。
ディーゼルエンジン追加、FRとしては最後のモデルとなった。

F40情報 3代目(2019-202x年)

F44情報 3代目(2019-202x年)

F40/5ドアセダン:118i/118d/M135i
3代目:FRからFFモデルへ変更し、居住性スペースの拡大を果たした。
新プラットフォームによる運動性能向上、インテリアはiDrive7.0で装備が充実した。

中古車購入ガイド

BMWの1シリーズは、輸入車プレミアムコンパクトセダンとして希少なFR(フロントエンジン・リヤ駆動)を採用し、
BMWモデルのエントリーモデルとして一番コンパクトなサイズに設定されています。
新車価格設定は300万円からとなり、比較的購入しやすい価格帯と日本の道路事象にベストマッチしたボディが人気となっています。
中古車としても比較的購入しやすい価格帯であることから外車初心者にもおすすめです。

10年超の低年式、8万キロを超える多走行車の購入には故障のリスクが伴います。メンテナンス費用として購入時費用とは別に50万円は用意し、愛車のトラブル・コンディション維持に備えましょう。 中古車初心者は、BMW認定中古車(アプルーブドカー)を選びましょう。

1シリーズ型式別、年度別の中古車動向と注意点

E87 E82 E88

2004年からのモデルとなるE87型。5ドア、2ドア、2ドアカブリオレがラインナップされる。

2006年

中古車市場のタマ数は少ない。 程度は良い為、希望のカラーが合えば買い・・・である。
新車に比べ、中古車は116/118/120の価格差が接近する為、なるべく高グレードを狙いたい。 後席に乗せる機会がほとんど無い、318/320iユーザーは、1シリーズも狙い目。
130iのタマ数はほとんど無い。

2009年

中古車の価格帯は、120-480万となる。低年式のタマは比較的多くなっており、100万円台から選べる。比較的年式も新しく、程度の良いものが多いが、多走行車はなるべく避けたいところ。E46の中古車を考えている方にとっては、E87も選択枝に加えてもよいかもしれない。後席はやや狭いが、利用頻度が少なければ、コンパクトな車体はE46よりも使い勝手が良い。2007年にマイナーチェンジを実施。予算が許せば、後期モデルを狙いたい。クーペ/Mスポーツは、やや割高だが、値落ちが進んできている。中古車初心者は、迷わず認定中古車を選びたい。

2010年

05年式の120iが、170万からとなり、値落ちも順調に進んでいる。
116i/118iと比較的タマは多いが、装備内容の充実度やエンジンなど、120iのお買い得感が高い。
できれば、118i/120iを選ぶのがポイントになる。
ハイパワーな130iも240万程度から狙えるようになってきた。
BMWのエントリーモデルとしても、E46からの乗り換えとしてもベストマッチな1シリーズの認定中古車をお勧めする。

2012年

05年式の4気筒モデルは、100万を切るモデルも多くなってきた。
6気筒の130iのタマは少ないが初期モデルが200万を切る。
新型F20の登場により一段と根落ちのスピードが進むだろう。
クーペ、カブリオレは絶対的なタマ数が少なく高値安定。
ボディサイズさえ許せば、3シリーズのクーペの方が選びやすいかもしれない。
Mスポーツは標準モデルに比べて、15~25万の割高となる。
コンパクトなFRサルーンとして他メーカーのFFモデルには無い魅力の1シリーズは中古車としての旨みもアップ。
比較的故障も少ないが認定中古車を選びたい。

2015年

120i、118i、116iの4気筒モデルは、100万を切る価格帯が多くなった。
デザイン的にこのモデルを選ぶ方も多いので、この価格帯まで落ちると人気も安定してくる。
予算が許す限り高年式モデルを選びたい。とくに120iが狙い目。
6気筒の130iのタマは少なく、程度のバラつきも多い。

2016年

次の車検では、修理代が大きくなるケースが多くなってきています。
100万円以下の購入価格では、低走行、高年式のモデルを探しましょう。
116iはパスして、118i/120iを選ぶのが満足度が高いでしょう。
6気筒の130iのタマは少なく、程度の良いタマが少ない傾向です。

2017年(最終)

E87の5ドアモデルに関しては、程度のバラつきが大きくなっています。
もしF20型の購入予算があるのであれば、こちらをお勧めします。
130iの指名買いとクーペ・カブリオレモデルは、タマ数が少なく、程度の良いものが少なくなっています。
しっかりと試乗・確認して購入しましょう。
走行距離が8万キロを超える多走行モデルは、前オーナーの整備状況をふまえて選びましょう。
価格だけで飛びつくとリスクの大きい年式になりつつあります。

F20

2011年からのモデルとなるF20型。5ドアがラインナップされる。2ドア版は2シリーズに変更。

2015年

特徴的なフロントフェイスで人気が大きく分かれる。
8ATとターボを採用し、動力性能は先代に比べて格段にアップ。燃費・トルクともに使い勝手は大幅に向上している。
4気筒モデルの116iでも十分である。その中でもMスポーツとナビを装備したモデルの人気が高い。
135iは圧倒的な動力性能であるが値落ちも大きく割安感が高いがタマがかなり少ない。
新車価格からすれば、3シリーズ以上に割安感が高く中古車としても狙い目である。
まだ登場から新しく、どのタマを選んでも失敗は少ないが走行距離と装備の良いタマを選ぶことがポイントである。

2016年

マイナーチェンジが実施され、フロントのライトやテールランプ形状が大きく変更されました。
この大幅なデザイン変更により、マイナーチェンジ前モデルが急激に市場に出てきています。
程度の良いクルマが多く、F20のマイナーチェンジ前がお買い得です。
マイナー後モデルの新古車も数多くでていますが、割安感はあまりありません。

2017年

後期モデルのタマ数も増えてきました。
マイナー前モデルが多くあり、選択にも困りません。
グレードにより装備も異なりますので、予算の許す限り程度の良いものを選びましょう。

まだまだ程度は良いものが多いので、外車初心者でも失敗は少ないでしょう。

価格相場表

2018年2月カーセンサー買取価格

年式・型式 査定相場価格レンジ
平成28年(2016年) 型式 1R15  
118i 153~180万円
118i Mスポーツ 222~247万円
118i スタイル 174~201万円
118i スポーツ 159~186万円
平成28年(2016年) 型式 1S20  
118d Mスポーツ 242~267万円
118d スタイル 200~226万円
118d スポーツ 193~219万円
平成27年(2015年) 型式 1A16  
116i 105~132万円
118i Mスポーツ 171~198万円
118i スタイル 146~173万円
118i スポーツ 126~153万円
平成27年(2015年) 型式 1R15  
118i 158~185万円
118i Mスポーツ 189~215万円
118i スタイル 165~192万円
118i ファッショニスタ 217~242万円
平成26年(2014年) 型式 1A16  
116i 124~151万円
116i Mスポーツ 142~169万円
116i スタイル 119~146万円
116i スポーツ 115~142万円
116i ファッショニスタ 122~149万円
120i Mスポーツ 156~183万円
120i スポーツ 125~152万円
平成26年(2014年) 型式 1B30  
M135i 240~265万円
平成25年(2013年) 型式 1A16  
116i 85~108万円
116i Mスポーツ 120~147万円
116i スタイル 99~125万円
116i スポーツ 110~137万円
116i ファッショニスタ 152~179万円
120i Mスポーツ 163~190万円
120i スポーツ 122~149万円
平成25年(2013年) 型式 1B30  
M135i 249~274万円
平成24年(2012年) 型式 1A16  
116i 76~97万円
116i Mスポーツ 114~141万円
116i スタイル 84~106万円
116i スポーツ 83~105万円
120i 125~152万円
120i Mスポーツ 150~177万円
120i スタイル 88~112万円
120i スポーツ 114~141万円
平成24年(2012年) 型式 1B30  
M135i 251~276万円
平成24年(2012年) 型式 UC20  
120i Mスポーツパッケージ 122~149万円
平成24年(2012年) 型式 UC30  
135i 145~172万円
平成23年(2011年) 型式 1A16  
116i 67~85万円
116i スタイル 67~85万円
116i スポーツ 67~85万円
120i 88~112万円
120i スポーツ 90~114万円
平成23年(2011年) 型式 UC20  
120i Mスポーツパッケージ 110~137万円
平成23年(2011年) 型式 UC30  
135i 150~177万円
平成23年(2011年) 型式 UD20  
120i 68~86万円
   
平成23年(2011年) 型式 UE16  
116i 45~56万円
116iスマートセレクション 34~42万円
平成22年(2010年) 型式 UC20  
120i 81~101万円
平成22年(2010年) 型式 UC30  
135i 200~226万円
平成22年(2010年) 型式 UC35  
135i 158~185万円
平成22年(2010年) 型式 UD20  
120i 59~73万円
120i Mスポーツパッケージ 73~92万円
120i ハイラインパッケージ 60~75万円
平成22年(2010年) 型式 UD30  
130i 90~114万円
平成22年(2010年) 型式 UE16  
116i 37~45万円
116i Mスポーツパッケージ 59~73万円
平成22年(2010年) 型式 UL20  
120i カブリオレ
120i カブリオレ Mスポーツパッケージ 104~131万円
平成22年(2010年) 型式 UM20  
120i カブリオレ 135~162万円
   
平成21年(2009年) 型式 UC35  
135i 137~164万円
平成21年(2009年) 型式 UD20  
120i 44~55万円
120i Mスポーツパッケージ 69~87万円
平成21年(2009年) 型式 UD30  
130i 39~48万円
平成21年(2009年) 型式 UE16  
116i 27~33万円
116i Mスポーツパッケージ 62~77万円
平成21年(2009年) 型式 UL20  
120i カブリオレ Mスポーツパッケージ 116~143万円
平成20年(2008年) 型式 UC35  
135i 122~149万円
平成20年(2008年) 型式 UD20  
120i 30~37万円
120i Mスポーツパッケージ 52~65万円
120i ハイラインパッケージ 51~63万円
平成20年(2008年) 型式 UD30  
130i Mスポーツ 73~92万円
平成20年(2008年) 型式 UE16  
116i 24~30万円
116i Mスポーツパッケージ 40~49万円
平成20年(2008年) 型式 UL20  
120i カブリオレ 82~103万円
120i カブリオレ Mスポーツパッケージ 105~132万円
平成19年(2007年) 型式 UD20  
120i 25~31万円
120i Mスポーツパッケージ 37~45万円
平成19年(2007年) 型式 UD30  
130i Mスポーツ 61~75万円
平成19年(2007年) 型式 UE16  
116i 13~15万円
116i Mスポーツパッケージ 37~45万円
平成19年(2007年) 型式 UF16  
116i 18~21万円
116i Mスポーツパッケージ 22~26万円
平成19年(2007年) 型式 UF18  
118i 26~32万円
118i Mスポーツパッケージ 32~39万円
平成19年(2007年) 型式 UF20  
120i 53~66万円

BMW F40情報のスペック・カタログ情報

BMW F40型の概要

BMW 1シリーズは、BMWのエントリーモデルの位置付けとなるが、走りや装備も上位モデルとの差異が少なくなってきています。
第3世代となり形式名(F40)型となります。
初代が2004年にデビュー、通算で約250万台販売(世界計)で日本は約10万台です。
3代目はFF駆動形式のプラットフォームの採用が、第3世代の大きな変更点となります。
5ドアのボディサイズ全長・全幅・全高4355×1800×1465mm、ホイールベースは2670mmで
先代比全長-5mm、全幅+35mm、全高+25mm、ホイールベース-20mmとなっています。

室内は、FF採用により、前席+42mm、後席+33mm、後席ヘッドルーム+19mm拡大。
荷室は380Lで、+20Lの拡大です。後席を倒し最大1200L。

118iの3モデル、M135i xDriveの4モデル。
118iはFF駆動7DCTの1.5L直3直噴ターボ最高出力140PS、最大トルク220Nm
M135i xDriveは、4WD駆動8ATの2.0L直3直噴ターボ最高出力306PS、最大トルク450Nm

センターモニター、メーターパネル液晶の大型化
タイヤスリップコントロールシステムのARB(アクチュエーター・コンティギュアス・ホイールスリップ・リミテーション)が搭載。
運転支援機能は、レーンチェンジウオーニング、後部衝突警告機能、クロストラフィックウオーニング(リア)、スピードリミット情報表示機能。
パーキングアシスト、BMWインテリジェントパーソナルアシスタントなどの装備充実も図られている。

F40 5ドアセダンの歴史

2020/4:118dのディーゼルモデル追加

2リッターのディーゼルエンジンは、最高出力150ps/4000rpm、最大トルク350Nm/1750〜2500rpm。燃費16.7km/L(WLTCモード)
ニードルセンサー(NSC)を備えたソレノイド・バルブ・インジェクターを搭載。
正確で精密な燃料噴射を可能とした。最大燃料噴射圧も従来比約200barアップの2200bar
尿素水AdBlueを活用する最新のSCRシステム(選択触媒還元)も搭載。

BMW 118d
ボディサイズ:全長4335 全幅1800 全高1465mm
ホイールベース:2670mm
車両重量:1490kg
エンジン:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量:1995cc
最高出力:150ps(110kW)/4000rpm
最大トルク:350Nm/1750-2500rpm
トランスミッション:8速AT
サスペンション形式:前シングル・ジョイント・スプリング・ストラット 後マルチリンク

【車両本体価格(税込)】
118d Play Edition Joy+:385万円
118d M Sport Edition Joy+:423万円
118d Play:413万円
118d M Sport:451万円

2019/8/29:日本発売1シリーズ

118iとM135iの2モデルが登場
M135i
エンジン:直噴2リッター直4ターボ
最高出力:306hp
最大トルク:450Nm
0-100 km/h加速:4.8秒
最高時速:250km/h
トランスミッション:8速AT(ステップトロニック)
M135i xDrive:630万円

118i
エンジン:直噴1.5リッター直3ターボ
最高出力:140hp
最大トルク:220Nm
0-100 km/h加速:8.5秒
最高時速:213km/h
トランスミッション:7速DCT、6速マニュアル
118i:334万円
118i Play:375万円
118i Mスポーツ:413万円

2019/5:ドイツ本国で3代目1シリーズ(F40型)発表

ドイツ本国のラインナップ(日本導入モデルは、この時点では未定)
116d:1.5Lディーゼルターボ(116hp/270Nm)FF
118d:2.0Lディーゼルターボ(150hp/350Nm)FF
120d xDrive:2.0Lディーゼルターボ(190hp/400Nm)4WD
118i:1.5Lガソリンターボ(140hp/220Nm)4WD
M135i xDrive:2.0Lガソリンターボ(306hp/450Nm)4WD

BMW F40型のスペック

BMW 118i スペック
ボディサイズ 全長4335 全幅1800 全高1465mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1390kg
エンジン 直列3気筒DOHCターボ
総排気量 1498cc
ボア×ストローク 82.0×94.6mm
最高出力 103kW(140ps)/4600rpm
最大トルク 220Nm/1480-4200rpm
トランスミッション 7速DCT
サスペンション 前シングルジョイントスプリングストラット 後マルチリンク
駆動方式 FWD
タイヤサイズ 前後205/55R16
車両本体価格 375万円

2代目1シリーズ(F20)とは

初代1シリーズE87型は、BMWのエントリーモデルとしても販売台数的にも確固たる地位を築きつつある。
注目は、1.6リッター直列4気筒ターボエンジンが搭載される。
その他、エンジンラインナップは、現状の日本仕様と大差ないだろう。
4気筒ターボが導入され、直4のNAエンジンはラインナップから消えた。
ラインナップは、下記になる。
116i 1.6Lターボ 135ps
120i 1.6Lターボ 170ps
125i 2.0Lターボ 218ps
スタイリング的には、先代とキープコンセプトといった感じか。
インテリアは、ポップアップタイプのモニターは現行通り。
ボディサイズは、最大でプラス5センチ程度の拡大となり、
ホイールベースの延長により、後席のレッグスペースの拡大に寄与している。
発売時期
5ドア:2012年
3ドアクーペ:2013年
3ドアコンバーチブル:2014年
価格は、円高進行で今より安いか、ほぼ変わらず・・・である。
世界的にも販売台数で成功を収めた初代1シリーズ。
2代目もその期待を裏切らない完成度となっている事を期待できるだろう。
>2011/6/9
ショーデビューもまだの段階であるが、スペック情報がリリースされた。
主要なスペック
全長:全幅:全高:ホイールベース
4324×1765×1421 2690
先代と比べてボディの拡大は比較的小さく収まっている。
日本に導入されるグレード、エンジン型式は下記の通り。
116i:1.6L直列4気筒ターボ。136ps/4400rpm、22.4kgm/1350~4300rpm
118i:1.6L直列4気筒ターボ、170ps/4800rpm、25.5kgm/1500~4800rpm
120iは、無し。
その他、直6モデルのラインナップについては、好評されていない。
スタイリングは、かなりフロントのライトにインパクトがある。
好き嫌いが分かれるかもしれない。
「たれぱんだ」に似ているという声もあるようだ。
ビデオを見ていると見慣れてくる感じもある。
>2011/6/19
5ドア版は、2011年デビュー
3ドア版は、2012年デビュー(クーペ、カブリオレ)
3ドアは、1シリーズクーペという名称から、2シリーズとなる可能性が噂されている。
これは、アウディA4(セダン)とA5(クーペ)の切り分けによるブランドの明確化の影響を受けていると思われる。
>2011/12/06
海外では118iと呼ばれるモデルが、日本向けには120iという名称になる。
パワートルクでは、先代120iを上回っており、スペック的な違和感は無い。
海外520iを日本では、523iと呼ぶF10とは対照的なF20である。
今回、エコプロモードが装備された。
より効率的な走行を積極的にサポートするECO PROモードは、ドライビング・パフォーマンス・コントロールでECO PROモードを選択すると、ドライバーの運転に応じて、最大20%まで燃料消費量を低減するスーパーエコランモードになります。
F20を筆頭に上級車にも展開予定。
>2012/1/13
ドイツ本国では125iが登場
N20型2.0L直噴ターボエンジンを搭載。
218ps(2500cc相当)の出力を発揮。日本への導入は未定。
>2012/2/24
スイスのジュネーブモーターショー12にて、コンセプト M135i公開。(3ドアハッチバックのF21型)
直列4気筒DOHC 3.0Lツインスクロールターボは、300ps超を発生。
M仕様のエアロパーツ、エクステリア・インテリアを装備している。
日本導入の予定は無いだろう。
>2012/6/1
M135iも5ドア版があるそうで、このモデルは日本導入があるかもしれない。
まあ、期待しないで待っておくのが無難だろうか。
http://bmwfun.x0.com/bmw/f20.htm