BMWの充電方式と充電プラグの動向

電気自動車の充電プラグは2種類

電気自動車の充電方式として、現在2つに形式が別れ標準化が進んでいる。

チャデモ方式(日本)

普通充電プラグと急速充電プラグが別々になっている。

コンボ方式(ドイツ、米国系グループ)

普通充電プラグと急速充電プラグを、一体化したのが特徴。

急速充電器の規格を統一されず、2方式に分かれていることは、今後のEVステーションの建設にも影響を与える事が予想される。
欧州では日本のチャデモ方式を採用せずにコンボ方式を主とする方向に傾いていたが、チャデモ陣営のロビー活動により、チャデモとコンボのマルチ設置の方向になっている。

設置数は、チャデモが先行しており、日本 1,716台 ヨーロッパ 815台 アメリカ160台 その他12台。2013年7月5日
となっている。

しかし、日本以外のメーカーがコンボ方式を採用したことで、現在のシェアが逆転される可能性がある。

BMW i3が2014年登場ということで、本国価格400万円台に設定したことで、先行するEVの日産リーフに対してどれだけ販売台数を伸ばすのかが注目される。
すでにリーフは十万台を達成している様子。

少なくとも現在のインフラや後続距離、車両価格の高さでは環境性能にやさしくてもガソリン車を越えることは無い。

BMW i3のスペック

ボディサイズ:全長3999mm、ホイールベース2570mm。車両重量1195kg
ボディはカーボンファイバーによる軽量化。
モーター:最大出力170ps、最大トルク25.5kgmのリヤモーター駆動。
動力性能は、0-60km/h加速が3.7秒。0-100km/h加速が7.2秒。
最高速150km/h(リミッター)、航続距離160km

日本のBMW i3はチャデモ方式を採用

さて、流石に日本で発売されたBMW i3については、 充電プラグにCHAdeMO(チャデモ)方式を採用している。

このことから、対応する国の充電プラグに合わせて仕様を変更することは難しく無い様である。

2014年の動向

現時点で、EV市販車としても世界市場をリードしている3社。
アメリカテスラ、BMWi3、日産リーフ、充電方式の統一化に向けた協議を進めているとの事。

テスラが所有するテスラ規格の「スーパーチャージャー」特許を自由に開放することで、 コンボとチャデモ方式の2規格が先行し、やや劣勢になったテスラ規格が挽回を図りたいと戦略だろう。

他メーカーとの関係もあり、市場シェアでの先行メーカーの協議だけで確定する事柄でもない。
当初の予想からしても、EV市場の伸びは順調とは言い難く、今後の動向を見守りたい。

2016年の動向

現在の充電方式としては以下の5種類になります。

  • チャデモ
  • Mennekes Type 2(メネケス)
  • テスラスーパーチャージャー
  • Combo1(コンボ・ワン)
  • Combo2(コンボ・ツー)

昨年、EU(欧州連合)が「代替エネルギーインフラ整備法案」の審議において 「マルチ充電器」を承認する法案を発表されました。
北米ではテスラ方式の急速充電器が多いのですが、最終的にはチャデモとコンボツーのプラグを設定したマルチ充電の設備が拡大していくと思われます。
また、BMWは、PHV,EVの総販売台数が十万台を超えたとのことで、ハイブリッドでは世界一という日本車もEVの最新分野では劣勢の状況となりつつあります。

BMW iブランドが日本撤退の噂は国沢光宏氏のガセネタだった

記事の信憑性

自動車評論家の国沢氏のブログでBMW iブランドの日本撤退
という記事が波紋を呼んでいる。

まず、記事の出どころが不明である。
自動車評論家としても、いい加減な事は言えないだろう。

これが事実でなかったら、無責任な発言でもあり、その影響は無視できないかもしれない。 国沢氏の記事掲載後、2日間が経過した時点で、進展無し。

BMW i スペシャルサイト

日本は、ハイブリッド大国でもあり、諸外国に比べても電気自動車やPHVへの関心度、普及率も高いはずである。

撤退の理由

  • 売れ行き不振だからといって、早々に撤退するのだろうか。
  • MTやクーペモデルのように細々とラインナップに加えておくのはコストがかかるのだろうか。
  • 右ハンドル車自体の生産を止めたいのだろうか。

i3の改良モデルが登場する

バッテリーを大型化したi3の登場も予定されている。
60Ahから94Ahへ拡大し、EV単独距離は229kmから358kmに大幅に延長される。
レンジエクステンダー車では500kmの走行が可能となる。
というニュースが2016/5に流れているが、その直後に撤退ニュースが流れた。

国沢氏のコメント

>BMWジャパンは黙ってても売れるクルマを売ってきただけ。

売れないと切り捨てているのだが、上記と矛盾する。

>人気ないiシリーズを売るテクニックも無し。
>提案型の商品を売る実力など持っていない。

日産リーフもBMW i3もEVに関心が高いユーザーの指名買いだろう。
むしろ、ディーラーやメーカーのセールス・アピールで買う人っているのだろうか。

発展途上のHVスポーツカーに魅力は無いのか?

一般人にとって、マクラーレン540Sは、メーカー名すら分からないだろう。
BMWブランドの知名度や実際のモーター加速にインパクトは十分あるだろう。素の911に比べれば、i8のガルウィングドアやスタイリングには十分な訴求力がある。

>燃費の良さなど全くセールスポイントにゃならんと考える。

リーフオーナーの国沢氏がEV理解者として、HV/EVスポーツカーの将来性・先進性を説くべきじゃなかろうか?
スポーツカーを否定するなら、燃費で車両代すら回収できないEVの存在意義すら否定してる感じもする。

1500キロ以下に抑えた車重でM4並の速さと運動性を備えたBMW i8。
NSXも復活にあたって、コスパ優先の単なるマクラーレンを作るのは簡単だろう。
デメリット承知のハイブリッド化に存在意義があるんじゃなかろうか。

  • 重いバッテリーとモーターのスポーツカーが、絶対的動力性能で劣るの当たり前。
  • スポーツカーに燃費性能をユーザーが望んじゃいないのは当たり前。
  • ハイパワーエンジンと軽量ボディのマクラーレンが速いのは当たり前。

まだ、HVスポーツカーが発展途上なのも理解できるが、価格的には同じ土俵で戦えるレベルになってきていると思われる。

日本における「BMW i」ブランド撤退の情報が入り次第、追記します。

BMW iブランド撤退・・・噂の顛末・結果報告

>BMWジャパンから連絡あり、iシリーズの日本撤退は全く考えていないそうです。

国沢氏のブログで訂正分が追記されていた。噂の入手経路、BMWジャパンへの謝罪文も一切なしで済ますスタンスの様子。

自動車評論家、ジャーナリストとしてあるべき態度ではないだろう。
そもそも、今後EVやPHVが自動車市場の主流になることは、当たり前なのに撤退など考えられないことは言うまでもないだろう。
池田氏ならともかく、一般的な自動車情勢を知る国沢氏らしくない記事である。
ガセネタに振り回されることなく、自分の知識を総動員した冷静な解釈をふまえた上で記事にすべきだろう。

KIAカレンスをBMWアクティブツアラーがパクった説は嘘

ネットで「BMW 新型車 2シリーズ アクティブツアラーが、KIA車にソックリ!」
なんて記事を見かけた。

確かに似ている。
それでは、BMW側視点で検証してみよう。

もともと、BMW7シリーズ(F01)のコピーを作った「KIA K9」の前例がある。
BMW7シリーズに劇似のKIA K9

KIAのカレンスもその流れではなかろうか・・・とBMW側視点では、皆さんそう思うはず。

KIAカレンスのボディは、4525mmx1805mmx1610mmのサイズである。
ワールドプレミアは、2012年9月のパリショー。

kia-carens

kia-carens2

kia-carens3

サイズからして、トヨタのウィッシュ(2010マイナー前)がパクリ元のような気がするが、
中国車のように丸パクリではない。

アクティブツアラーのボディは、4350×1800×1550mmのサイズで一回り小さい。
ワールドプレミアは、2012年9月のパリショー。
プラグインハイブリッドのコンセプトカー「コンセプト アクティブ ツアラー」でデビュー。

bmw-active-tourer-2012

言い換えれば、デビューのタイミングは同一時期。
市販開始時期はさておき、コンセプトカーの登場時期は同じである。

2シリーズアクティブツアラーは、BMW初のFFモデルがゆえに
市場投入に時間を掛けすぎ、KIAのカレンスが先行発売された。
結果として、KIAカレンスはオリジナル説がネットに流れたのである。

結論としては、
BMWもKIAもお互いパクッたとは言えないだろう。

現在のKIAデザインが、K9を筆頭にBMWパクリ路線を進んでいるとすれば、
発売時期を問わず両車が、自然と似てくるのは避けられない事態なのである。

今後、そうした観点で両車を見れば、おのずと答えは見えてくるだろう。

M4とi8のゼロヨンタイム

BMW-M4クーペとBMW-i8の0-400m加速タイムのビデオです。

メインは、世界のスーパーカー10車対決で、その他の車種は下記になります。
アルファロメオ4C
シボレーカマロZ/28
フォードフィエスタST
ジャガーFタイプRクーペ
日産GT-Rニスモ2014
ポルシェ911ターボS
スバルWRX STI
フォルクスワーゲンゴルフGTI

注目は911とGT-Rの対決になるでしょうか。

0-100km/h秒加速のタイムは公開されていますが、
0-400m加速のタイムは、あまり見かけませんね。

M4クーペ:0-400m/12.2sec
BMW i8;0-400m/12.4sec

注目のタイムを記載しておきます。
i8もトータル出力は300馬力台と突出したパワーは無いもののモーターとエンジンの4WDにより意外と速いタイムになっています。
このタイムであれば、スタイリングだけでなく、スーパーカーとしての資質は充分にありますね。

BMW初のプラグインハイブリッド(コンセプト アクティブ ツアラー)

パリモーターショーで3気筒エンジンとモーターを動力としたプラグインハイブリッドがデビュー。
直列6気筒エンジンを半分にした新開発の1.5リッター3気筒ツインパワーターボガソリンエンジンを横置きし
BMW独自のモーターとハイブリッド。
エンジンは前輪を駆動。
電気モーターは後輪を駆動。
さらに独立駆動により、4輪駆動もOKと画期的な内容。
ボディサイズは全長4,353×全幅1,834×全高1,560mmでライバルBクラスと勝負するサイズ。
この手のボディ形状はBMWに無かったために、ユーザーとしても待ち望んでいた車体であろう。
エクステリア

インテリア

ATのシフトノブやiDriveも新しい形状となっているようで、市販モデルへの展開も予想される。
プラグインハイブリッドの燃費等は明らかになっていないが、
ハイブリッド版以外のエンジン単体版もあると思われ、あたらしいコンパクトミニバンも加わるBMWのラインナップに期待は高まる。