BMWオーナーの賢いブレーキパッドの交換方法

ブレーキパッドの基本的な仕組み

ホイールの中にブレーキローター(ブレーキディスク)が見えると思います。
ブレーキパッドは、ホイールとタイヤと連動して回転しているブレーキローターをブレーキパッドで挟み、その摩擦熱を利用してブレーキをかける制動装置です。

走行中はホイールと共に回転しているブレーキローターに対して、固定されたブレーキパッドが両側から押さえ付けて止めようとする力が働き制動させます。

上記により、ブレーキパッドは、摩擦熱を発散してブレーキ制動をかけると共に、少しづつ擦り減っていきます。

ブレーキローター(ブレーキディスク)は、鉄製や上級スポーツモデルではカーボン製で出来ており、ブレーキパッドの方が柔らかくて先に摩耗していきます。
ブレーキローターも減っていきますが、パッドの方が先に摩耗します。

ブレーキパッドの交換時期とは

ブレーキローターとブレーキパッドには寿命があり、一定の厚さ(残りの厚さ)を切るとブレーキ性能が発揮できなくなります。

ブレーキ性能が発揮できない状態では、車を停止することができず重大事故となる恐れがありますので、定期点検は欠かせません。

基本的に走行距離に比例して、ブレーキパッドやローターの減るスピードは決まっており、定期点検を実施していれば、それほど注意深く確認する必要はありません。

ブレーキパッドの寿命は運転の仕方で変化する

純正ブレーキパッドは、高性能オプションを除いて、純正装着パッドの性能は、ほぼ一定です。
たとえば、国産メーカー装着パッドは、ブレーキパッドの汚れが少ないが効きはやや弱い。
BMW装着の純正ブレーキパッドは、ブレーキダストの発生が多くて、すぐホイールが真っ黒になってしまうが効きは十分であるなどです。

上記により、純正であればドライバーのブレーキの使い方によって、ある程度の規則性がわかります。

エンジンブレーキを使わず、信号直前で「ギュー」と止まるようなハードな使い方では、ブレーキパッドの減りが非常に早くなります。
一方で、信号手前まで空走して走ったり、パドルシフトでエンブレを多用する走りな方は、ブレーキパッドが長持ちします。

信号のゴーストップが少なく、高速道路主体の方もブレーキへの負担が少ないでしょう。

ブレーキパッドの残量を厚さでチェック

目視、目検による確認であり、ホイールの脱着が必要となります。
点検時に実施されることが多いでしょう。

新品は10ミリの厚さ

新品ブレーキパッドは、約10ミリの厚さがあります。
残量警告としては、残りの厚さが2~3ミリ以下となったら交換時期と思って良いでしょう。

5ミリの残量で交換時期を予想

新車購入、または前回パッド交換時期からの走行距離を逆算すると次回の交換時期がわかると思います。
次回の点検・車検までに走行距離が1万キロを超える方は、ブレーキパッドの交換も要注意です。

2~3ミリの残量で交換を推奨

点検や車検のタイミングで交換を実施しましょう。
500キロ程度の走行であれば、問題ありませんが早期に交換が必要です。

1ミリの残量で即交換が必要

ディスクパッド、ブレーキローターに傷が発生するだけでなく、本来のブレーキ性能が発揮できずに事故となる恐れがあります。
早期に交換を行いましょう。
4輪すべてが同時に減ることは無いのですが、ブレーキバランスが崩れることによる事故も発生します。

ブレーキパッドの残量を音や警告でチェック

ブレーキパッドは、ブレーキパッドセンサーという残容量警告の機能が搭載されており、ブレーキの残量を警告します。
ブレーキパッドセンサーとしては、パッドに金属が埋め込まれて「キーキー音」で残摩耗を通知するパッドもあります。
BMWは、ブレーキパッドセンサーが電気的に検知することでドライバーに通知します。

機械式の残量通知

ブレーキパッドに取り付けられた金属片が摩耗によってパッド制動面に出る事により、ブレーキローターと接触し「キーキー音」を物理的にドライバーに知らせます。
この方式は基本的に国産車に多い仕組みです。

電気式の残量通知

ブレーキパッドセンサーが電気的に残量を検知することで、メーターパネル内のブレーキ残量警告灯ランプが点灯してドライバーに通知します。
輸入車はこの仕組みが多く、国産上級車の装着率も高まっています。

ブレーキパッド交換時期は走行距離で確認可能か

ブレーキパッドは、走行距離で確認可能とする説もありますが、本当でしょうか。

一万キロで1ミリ減るとする説もあります。

上記は目安にはなりますが、実態としてはブレーキの使い方次第で短くなったり長くなったりするケースがあります。
フロントとリヤでは、ブレーキの負荷は異なり、フロントの方が減りが早いです。
オートマとマニュアルでもブレーキの酷使度が変わってくるでしょう。

上記により、走行距離では正しい確認ができないため、ブレーキパッドセンサーでの確認やパッド残量の目検確認がベストという事になります。

ディーラーや工場の整備士のアドバイスが重要

前回の点検記録簿の交換時期とブレーキパッド残量から、次の点検交換時期まで持つのかという総合的な判断をしてくれます。

  • ドライバーの走行特性(ブレーキを酷使する走り方か)
  • パッド残量
  • 次の点検時期

整備士の指示に従って、交換を実施するのがベストです。

ブレーキパッドの交換費用とは

ブレーキパッドの交換費用は下記の通りです。

一般的には、ブレーキパッドが2~3回交換に1回の割合でディスクローターを交換するケースが多いでしょうか。
これも目安に過ぎませんので、残量の減り具合により、整備士の指示に従うのが無難です。

パッドセンサーの残量警告が点灯した場合はパッドセンサーは交換が必要です。

ブレーキパッド交換費用

ブレーキパッド:18000~26000円
交換工賃   :8000~10000円
ブレーキパッドセンサー:4000~5000円

ディーラー工賃の目安です。
これはフロントのみです。リヤも同程度ですので、上記の2倍と思えばイメージできると思います。

ブレーキディスク交換費用

ブレーキディスク:20000~22000円
交換工賃   :8000~10000円

ディーラー工賃の目安です。
これはフロントのみです。リヤも同程度ですので、上記の2倍と思えばイメージできると思います。

パッドとディスクを同時交換すると交換工賃はそれぞれ半額になるイメージです。

部品代や工賃は、ショップやディーラーにより変わってくる

ディーラーでの目安を記載しました。
車種やディーラーの系列の違いによっても変わってきます。
BMWであれば、その性能維持するため、4、5万キロに一回は交換が必要になってきます。

計画的なメンテナンスを行う様、保守費用も準備していくことをお勧めします。

あくまで、ディーラー料金は一定のサービスが保証されています。
BMWに強いショップや一般のカー用品店でも対応は可能で、3割以上の節約が可能です。

ブレーキに関わるところは、重大事故にも繋がります。
DIYでも可能ではありますが、やはり信頼できるプロに交換をお願いするのがベストでしょう。

BMWオーナーの引越しと買い替え時期とは

転勤や就職、ライフスタイルの変化に合わせて、お住まいの転居、引越しする機会が訪れるかもしれません。
その時、長年連れ添った愛車の見直し時期でもあります。

BMWを手放すことも必要になるかもしれません。

ライフスタイルの大きな変化

結婚、出産、引越しなど、生活環境の変化で、愛車売却の検討が必要になる時期です。
せっかく購入した愛車も乗らなくては、無駄に維持費がかかるだけです。
それは、思い切って処分するタイミング・時期でもあるのです。

海外へ転勤する

日本に保管場所があったとしても乗らなくなるのであれば、愛車を処分するのが無難でしょうか。
家族全員が海外へという場合は、売却となります。
単身赴任の場合も家族で使わなければ、売却するケースが多いです。

豪雪地帯へ引越し

夏のシーズンでの引越しは問題になりませんが、雪国や路面凍結の多い地域、山岳部など「4WD車に買い替え」が必要となるでしょう。
やはり、日常的に使うケースであれば4WD車の安心は必要であり、2WDを売却するケースが多いです。

都心部へ引越し

バスや鉄道、地下鉄などが代替となる交通手段が発達しており、それらの交通手段に慣れてしまい、車が不要となるケースです。
車が無いと不便だろうという感覚で月数万で駐車場を確保したものの、あまり乗らずに1年で売るケースも多いです。

駐車スペースが狭い

全幅1800mmや全長4700mmの駐車スペース制限で、今までの愛車が駐車できず、売却するケースもあります。
複数台を所有していた場合、駐車台数分のスペースを確保できず、台数を減らすことも必要になります。

遠方への愛車を搬送

引越しの荷物は、業者にお任せがほとんどですが、愛車は自分で運転という方も多いです。
しかし、遠隔地となると運転も大変です。車の運搬も業者に委託すると便利です。
車の引越しも業者に任せてしまいましょう。

引っ越しもネットでお任せ

引っ越し業者もネットで見積もり査定をお勧めします。

伝説の名車BMW3.0CSLの歴史

BMW 3.0CSLの歴史。現在の6シリーズの血統とも言える伝説のCSLについて解説します。

標準モデルの概要

モデル形式はE9(1968年から1978年)
初代は、1968年に2800CSが登場しました。
モデルサイクルは非常に長いです。

エンジンは、OHC直列6気筒エンジンの排気量2800ccです。現在の6シリーズ、8シリーズクーペのベースモデル(ルーツ)とも言えるでしょう。
FRで駆動し、美しいクーペと呼ばれる(E24型)6シリーズの先代モデルにあたります。
3年後には排気量をスケールアップし、直列6気筒エンジンを排気量3003ccとした「3.0CS」が登場します。

3.0CSLの概要

当時のツーリングカー選手権(1971年から1975年)や耐久レースなどのホモロゲーション(レース出場資格)を獲得するため、「3.0CS」をベース車両とした「3.0CSL」が登場します。
生産台数は1265台となり、ホモロゲモデルとしても台数が多く、当時も人気が高かったようです。

ボディの軽量化を意味するライト(ドイツ語:Leicht)の頭文字を加えたCS「L」がネーミングになっています。
アルミ製のボンネットやトランクリッド、ドアを採用し、約150キロ以上の軽量化を図ったスペックとなっています。
登場後は、この直列6気筒エンジンが耐久レースシーンを席捲します。
1972年に開催のスパ・フランコルシャン24時間耐久レースでは優勝を飾っています。

ボディスペック

  • 全長:4630mm
  • 全幅:1730mm
  • 全高:1370mm
  • ホイールベース:2625mm
  • トレッドF:1446mm
  • トレッドR:1402mm
  • 最高出力:200ps/5500rpm(第二世代以降)
  • 最大トルク:27.7kg/4300rpm
  • 車両重量:1280kg

初代(1971年)

  • OHC直列6気筒エンジン
  • 排気量:2985cc
  • 最高出力:180ps
  • 最大トルク:26kg/m
  • 吸気系:ツインキャブレター
  • 最高速度は215km/hを達成

第二世代(1972年)

  • OHC直列6気筒エンジン
  • 排気量:3003cc(レース出場のベース車両。規定向けの排気量アップ)
  • 最高出力:200ps/5600rpm
  • 最大トルク:27.7kgm/4200rpm
  • 吸気系:ボッシュ社製のDインジェクター仕様。
  • 最高速度は220km/hを達成(エアロ装着)

第三世代(1973年)

  • OHC直列6気筒エンジン
  • 排気量:3153cc
  • 最高出力:206ps/5600rpm
  • 最大トルク:29.2kgm/4200rpm
  • 吸気系:ボッシュ社製のDインジェクター仕様。
  • 駆動系:リミテッドスリップデフ(LSD)を追加
  • 最高速度は220km/hを達成(エアロ改良)

マルイの BMW 3.5CSL プラモデルのベース車両


当時、レースシーンでは、ポルシェ935ターボと熾烈なバトルを繰り広げていました。

3.0CSLの市販車用3リッターエンジンは、レース用に3.5リッターに排気用アップ。
グループ2のレース仕様は、1973年に3.3リッター、1974年以降は3.5リッターのエンジンを搭載しています。
ロニー・ピーターソンがドライブするマシンです。
レースでは、前期3.0CSLと後期3.5CSLの名称で出場しているようです。

実際の市販モデルより、3.0CSLといえば、このBMWワークスカラーのカラーリングのイメージ強いと思います。
このモデルを購入して作成した方も多いことでしょう。

サーキットの狼で登場の1/20サイズ・プラモデル

童友社の発売で、サイズは1/20です。他にフジミ模型の1/24シリーズも「サーキットの狼」シリーズとして販売されていました。

写真は、京極さくらのドライブする3.0CSLターボ

漫画の中では・・・
隼人ピーターソンは、流石島レースにレース仕様で登場し、最後は火山地帯に突っ込みクラッシュ、炎上しまいます。
京極さくらが、日光レースでは3.0CSLターボ仕様で登場。ルマン・イン・ジャパンではのパワー炸裂。Aライ模擬レースでマセラティカムシンと大クラッシュのストーリー。