BMWのオークション(個人売買)や委託販売のメリデメ

(Last Updated On: 2020年11月1日)

ネットのオークション(ヤフオク・メルカリ)、中古車代行オークション、中古車委託販売の仕組みや概要を説明します。利用にあたってのメリット・デメリットや注意点なども解説します。

ヤフーオークションとメルカリの概要

一般の中古車販売店では、お客から下取車(100万円)が、中古車店での売値(200万)となるケースがあります。中間マージンは、100万円にもなります。これは、売れ残り長期在庫のリスクを考慮して、マージンが大きく設定されているのです。個人売買やオークションでは、この中間マージンを最小限に抑えることで、買う側・売る側にメリットがあるのです。

Z4オークション売買

ヤフーオークションとメルカリ

オークションといえば、ヤフオクと言うぐらいヤフーオークションの利用者は多いです。ヤフーでのアカウント登録とクレジットカードがあれば手軽に始められます。既に利用している方は、自動車の部品やパーツを安く手に入れている方も多いでしょう。

まずは、小物や自動車パーツなどから始めて、オークションに慣れることが肝心です。車両本体は、個人出品だけでなく、業者の代理出品、品質評価シート付きなど、ヤフー側も買う側のリスク軽減させるよう、様々な改善が行われているようです。今後もリスク軽減策が実施されるとは思いますが、現物チェックは最低限必要です。少なくとも旧車やメンテナンスマニアが、趣味で手を出す領域なのです。
ネットで中古車を探す感覚でヤフオクの中古車を比べるのは論外です。
yahooオークション(BMW自動車)

BMW車両本体の購入・売却

やはり出品者の評価は重要なポイント。好みの車が出品されていると、細かい部分に目をつぶってしまうことも考えられますが、高い買い物ですから、パーツよりも慎重に入札する必要があります。ネットでは、ページから得られる情報のみ。出来れば実物を目で確認したいものです。購入時のチェックは慎重になる必要があります。初心者にはリスクの多いオークションですが、中古車販売店の中間マージンを排除したオークションはやっぱり魅力です。掘り出し物に当たれば、一般の中古車市場価格よりもかなり安く車を手に入れる事が出来ます。

パーツ購入・売却

DIYに自信のある方であれば、純正パーツの中古品をオークションでゲットし装着している方も多いようです。一部、テールランプやライトにはアジア製の粗悪品パーツもあるようです。出品の値段の傾向や、評価欄を見て粗悪品でないかを入札前に良く確認しましょう。ライトなどは、日本の道路法規に合わない製品もありますので注意が必要です。

アルミホイールについては、純正レプリカのホイールも出回っています。致命的な欠陥は無いようですが、重量が重かったりしますので、レプリカよりも避けた方が無難です。写真の写し方により、大きなキズが判らない場合もあり、出品物の程度を見極めることも必要です。

愛車に付けたパーツも売却時には、次の愛車へ流用せず、車と一緒に処分してしまうケースが多いようです。部品として取り外し可能であれば、取り外してオークションへの出品により、現金化できます。パーツ買取店への売却は簡単に現金化できますが、かなり安く買い叩かれる傾向があり、高額パーツについては、手間暇を惜しまずオークションへ出品しましょう。

確認ポイント

  • 正規ディーラー物、平行物の区別
  • 年式、走行距離、オーナーの履歴
  • 修理済みの記載がある場合は、修理内容の確認
  • ボディのキズ、へこみ、色あせ
  • 塗装の状態、不自然な色の違いはないか。
  • ドア、トランク、ボンネットなどの開閉
  • ナンバープレートの損傷具合
  • パワーウィンドウの開閉
  • ライト、ウインカーの点灯確認
  • タイヤの溝やひび割れ状態(残量が少ない場合は交換に伴う出費)
  • ホイールのキズ、へこみ
  • オープンカーの幌(ほろ)
  • 内装全体の汚れ、臭い(年式、走行距離相応か)
  • シート、ステアリング、シフトノブ(レザー部分のスレ具合)
  • 禁煙、喫煙
  • パネル、スイッチ、ドアパネル、各種電動装備の確認
  • 各コンソールボックス、ホルダー、バイザーの開閉
  • 発炎筒の有無
  • マットの有無
  • エアコン、ヒーターの具合
  • 風量
  • パワーステアリングの重さ、異音
  • エンジンルームの状態、汚れ具合
  • オーディオ、ナビゲーション、テレビの操作、取り扱い説明書の有無
  • キーレスエントリーの操作、スペアキーの有無
  • 電動格納式ドアミラーの状態(故障率が多い)
  • ワイパー、ウォッシャー
  • サンルーフ
  • エンジンの異音
  • 振動
  • ベルト類のゆるみ、ひび割れなどの状態
  • マフラー
  • 触媒の劣化、音量

オークションで売れないものは無いというぐらいですから、ショップからの出品でも長期在庫の不人気車や事故車なども含まれているケースがあります。
ページに掲載された情報を熟読するのは勿論、同一車種の値段や傾向から、その車の利用状況も推察してみましょう。衝動買いは危険です。ウォッチリストで同一車種の同年式は、いくら位で落札されているのかマークしておきましょう。

ヤフオクとメルカリのまとめ

ヤフオク・メルカリは、ネットショッピングの一部となり、少なくともパーツ購入の有効な手段となりました。車両本体の売買でのリスクも軽減されつつあります。
しかし、高額商品の為、ネットオークションの問題点を十分把握した上で、行なって下さい。通常のオークション経験を積んでから、車にランクアップしたいものです。このような手続きが面倒なら、買取専門店への売却と認定中古車の購入が一番安全で確実です。

中古車代行オークションの概要

中古車オークション代行とは

中古車業者が参加しているプロのオークション会場へ、仲介業者の代行サービスを通して、売買が出来る仕組みです。数万円の手数料を取られますが、買取業者よりも高く、中古車店よりも安く、売買が可能になります。

落札価格は、需要と供給により決定しますので、高望みは禁物です。
出品手数料、成約時手数料で、約数万円の手数料が取られます。
売買時の手続きや陸送、修理なども別料金でサポート可能です。

買取りオークション

最近は新しい方法も出てきました。オークションです。

クルマを売ろうと思ったら下取りに出すか、買取りチェーンに売りに行くかが一般的。
でも、これって意外と効率が悪いし、もっと高く売る方法あるんじゃない?
最近は流行のネットオークションなんかもあるけど、不安も多いよね。
とりあえず、「車 買取オークション」で検索してみると自動車オークションの代行や自らオークション出品する解説HPが出てきますので、チャレンジしてみる価値はあります。

オークションなら人気車は、人気に応じて買い取り価格もアップ。
ネットの買取店と買取オークションへ申し込み、高い方で売るのが効果的です。

個人売買(ヤフオク以外)

個人売買は、下記のようなパターンになります。

  • 友人・知人による直接交渉による売買
  • HPやメール、雑誌売買コーナーを利用した売買
  • 個人売買の仲介業者利用
    売買成立時の数%の手数料によって業者は運営しています。
    代金支払、名義変更、車の整備等も仲介サービスとしてシステム化されている事です。

メリット

  • 一般の買取店やディーラーに売却するよりも、高く売る事が可能です。
  • 買う側も中間手数料を省くことで安く購入できるメリットがあります。
  • 前所有者がどのような方が把握する事が出来ます。
  • 前所有者から車のコンディションを聞く事が出来ます。

デメリット

  • メンテナンス、事故歴等の車の不具合のリスク
  • 支払い方法、名義変更等のトラブルのリスク
  • 当然ですが、双方の個人情報を交換する必要があります。

チェックポイント

  • ローン残金の無い事
  • 代金は一括払いで。分割払いはトラブルのもと。
  • 名義変更、廃車手続き結果の確認
  • お互いの身分証明、連絡先の確認、領収書の作成

まとめ

  • 名義変更等は、業者に頼む事で安全性を確保。(別途手数料発生)
  • オークション経由で代金トラブルを回避。
  • 個人売買の委託(別途手数料発生)により、トラブルを軽減。

ヤフーオークションの一般化により、車の売買も非常に手軽に便利になりました。
しかし、高額商品の為、ネットオークションの問題点を十分把握した上で、行なって下さい。
通常のオークション経験を積んでから、車にランクアップしたいものです。
このような手続きが面倒なら、買取専門店への売却と認定中古車の購入が一番安全で確実です。

BMW委託販売の概要

BMW車の委託販売とは委託代行業者に愛車の車を預けて、買いたいと思う人を代わりに探してもらうサービスのことです。買い手が付いたら車の売却代金を受け取り、委託会社へ手数料を支払います。

中古車委託販売のパターン

  • 愛車を代行業者に預けた後、その業者の店頭や公式サイトで車を展示販売
  • 愛車の写真のみを店頭やサイトに展示(売り手が見つかるまで車に乗ることも可)

BMW委託販売のメリット

従来、車の売却は、ディーラー下取りか、中古車販売業者への買取の2択でした。
結果、査定金額にも納得がいなかいケースも多いようです。

新しい売却方法(委託販売)

売れるまでの間、中古車販売店へ保管料や管理料を支払います。最近は、売れるまで自分で乗り続けるタイプの委託販売もあり、この場合、保管料は発生しませんが、少額の管理料を支払うことになります。売値は自分で決めることができます。売り手は高く、買い手は安く!両者納得の金額設定が可能です。車を売却する新しい方法。それが委託販売になります。

BMW委託販売のデメリット

  • 車が売れないと保管料だけ徴収される
  • 売れないと売値を下げるように言われる
  • 最終的に安値で店に売ることになる

車がすぐに売れれば、買取店に売るよりも高額になることがありますが、売れない場合は悲惨です。売値を高く設定するとまず売れません。売れない場合にどうなるかですが、売値を下げるように言われ、それでも売れないと、店の買取りに変わります。最終的に店の買取りになる場合、時間が経っていますし、売れないことがわかっている車なので、始めから店に売っていた場合よりも安い金額での買い取りになります。

大手中古車店も参入の状況

ネット販売の多様化から、大手中古車店も委託販売に乗り出すところが、増えているようです。やはり、大手ネットワークの宣伝力から従来の委託販売に比べて、集客力もアップしてるようで、照会・成約件数も増えているようです。ただし、委託販売手数料や名義変更料などが差し引かれて、結局売り主の手元に残るの金額が減ってしまうようです。また、BMWディーラーでは委託販売サービスは実施していません。

委託販売時の注意点

委託販売は店側のメリットが大きいです。ただ、委託販売が一般的な売却方法にならないのは、店側のメリットが大きく、消費者側のメリットが少ないからです。
店側にしてみたら、在庫を持たないのでコストが低く抑えられ、たとえその車が売れなくても保管料や管理料が受け取れます。最終的に売れなければ、消費者に車を戻すか、安値での買取りになりますので、店側のメリットは大きいと言えます。
ひどい店になると、買い手が見つかった後に、「買い手が見つからないのでウチで買取りましょうか?」という連絡を入れて、安値で買い取って、売るようです。保管料を貰いつつ、車の売買でも利益を出すかなり悪質なやり方ですね。
車の売却方法は、他にもオークション代行や個人売買などがありますが、結局のところ、安心して高値で車を売るには、買取専門店に売るのが一番です。

どのようなケースの車に向いているのか

発売から15年以上が経過し、一般中古車価値が失われた車です。一般に言うビンテージカーや旧車は市場価値が決めずらいものです。成約までに時間もかかりますので、あまり乗らないが、処分に困っており、出来るだけ高く売却したい。
国産車で言えば、25年経過した日産スカイラインGTRなどが北米で輸入解禁となり思わぬプレミアが付いたケースもあります。
発売から10年未満の車は、通常買取をお勧めします。

委託販売のまとめ

大切なBMWを委託販売で高く売る方法をまとめます。

小さな一般中古車店での委託販売はお勧めしない

大手オークションや、ネットの委託サービスと比べて、販売までの過程が委託側に不透明であり、お勧めしません。もし利用するのであれば、中古車店と顔なじみであり、購入者とも会話できる状態であることが委託販売での安心にも繋がります。
特にビンテージカーや稀少車などで市場価値が「ASK」などになっているものにお乗りの方にお勧めします。

ある程度、ネット等での市場価値を見極めた上で、これが欲しいという購入者に当たれば思わぬ金額を提示される場合もあります。
しかし、このようなケースはレアケース(生産中止から40年以上経過したもの)です。

まとめ

煩わしい手間を省きたいのであれば、買取専門店がベスト

一般的には、売ると決めた時は旬なのです。即刻、買取業者へ見積を出すのがベストです。