BMW買取査定時の加点・減点ポイントとは

中古車

BMW買取・査定時の加点・減点ポイントの具体例を解説します。

BMW中古車を選ぶ時の優先順位とは何でしょうか?

  • 車種:当然ですね。
  • グレード:これも指名が多いです。
  • ボディカラー:これも決め打ちですね。
  • 年式(前期・後期・イヤーモデル):デザインが大きく変わる場合は重要ですね。
  • オプション装備:無ければ諦めるしかない

次に気になるポイントとして

  • 走行距離:距離の多さと価格の安さが気になるポイント
  • 内外装の程度:痛みが激しいと気になります。
  • 車検残:やや気になるポイント

走行距離は、中古車選びとして重要なポイントになってきます。

走行距離の平均的な目安はあるのか?

一般的に、年間1万キロと言われています。

上記に当てはめれば、走行距離は下記になります。

  • 5年経過時:5万キロ
  • 10年経過時:10万キロ

また使う用途によっても変わってきます。
例えば、土日に近所買い物専用であれば、年間1千キロで10年で1万キロというケースも有り得るのです。
一方、最初の2年は年間1万キロペースで利用していたが、残りの8年はほとんど放置していたというケースも有ります。単純に走行距離が少ないから良い車となるわけではなく、定期的にエンジンを動かした車のコンディションが良いのです。
年数の割に走行距離が少ない車は記録簿を確認するとともに注意が必要です。

BMWの利用用途によって車の痛みが変わってくる

自動車の利用には様々なケースが考えられます。

  • 土日の買い物用途
  • 長距離の旅行・移動用途
  • 営業車での利用
  • 通勤での単距離移動
  • 通勤で渋滞路の移動
  • 通勤で田舎道の移動

特に車への負担が高いのは下記のケースです。

  • 短時間の移動でエンジン始動、停止(エンジンが温まらない状態)
  • 通勤で毎日の渋滞(熱の影響とゴーストップによる負荷)
  • 営業車で複数人が共用利用(乱暴な使用)

この場合、走行距離が少なくても安心出来ません。

BMWの利用用途に応じた適切なメンテナンスが生死を分ける

少ない走行距離でも放置であれば車の痛みや状態も悪化します。
多走行でも負荷の少ない高速道路の移動なら車の痛みも少ないです。
前オーナーの声を聞いたり、記録簿から車の利用状況を推測するのは難しいことです。

ただディーラー記録簿を通して適切なメンテナンスが実施されていれば一応は安心出来るでしょう。
特に認定中古車であれば多走行でも消耗部品のメンテナンスと補償が得られるので、中古車の購入初心者にとっては安心できます。

BMWを買い取る際の減点と加点のポイント

車種や走行距離により細かく分類されています。
これは買取査定業者によって一律決まっているものではなく、各社の企業秘密です。

以下、一般的な中古車の使われ方であれば、大きな減点は免れます。

加点・減点のポイント

  • 減点:キズやヘコミ。内外装の汚れや劣化。消耗品の交換状況。修理の要否。
  • 加点:カーナビ、サンルーフ、エアロ、限定車等のプラス装備。人気カラーなど

全国一般的な中古車の買取基準価格をベースとして、買取店独自の査定(加点・減点)を行います。ここで重要なのは、人気度や買取店独自のポイントにより、加点・減点されることです。

査定にプラスの要素とは


人気車の中古車は、店頭に並べてから、すぐに売れてしまいます。すぐ売れる回転の速い車は、中古車販売店にとって長期在庫のリスクが低くなります。高めに仕入れて利幅が少なくても、スグに利益を得られるわけです。反対に不人気車は、売れ残りのリスクが高いため、販売価格を徐々に下げていく必要が出てきます。
販売店は、売れ残りのリスクを考慮して、予め買取価格を安くする必要があるのです。

新車 中古車購入時は、人気車を選ぶ


不人気車は長期在庫となることが予想されるため、買取査定額は当然安くなります。人気車は、購入時にセールスに聞けば教えてくれます。乗り潰すのであれば、特に問題ありませんが、2~3年の短期間で乗り換える場合は、人気車と人気カラーを選ぶとお得です。

BMWでは、最新のクリーンディーゼル車が人気となっており、ワゴンタイプのツーリング、ホワイト・ブラックのカラー、Mスポーツのパッケージオプションが人気です。BMWのシリーズ別の売れ筋は、3,1,5,X1,X3シリーズの順、最多売グレードもエントリーモデルになります。今後売れ行きの主流は、BMW1シリーズに変わる可能性もありますが、3シリーズの人気が高いことは買取のニーズが高いことを示しています。

不人気車でも諦めないこと


車は趣味の乗り物なので、売るときの事を考えて買う物ではないかもしれません。
また、中古車市場の人気度も時と共に変化します。
不人気車でも諦めず、複数のネット買取査定で見積りを行えば、不人気車でも需要があれば、他店よりも10万近く高い値段をつけてくれる場合もあるのです。
これは査定に出してみないと分からないので、ダメもので複数の会社に見積もりをお願いする事をお勧めします。

  • 新車価格から比べて、中古車として値落ちが激しい車種(他シリーズに比べて)が不人気車です。
  • 新車の販売台数が少ないので、中古車としての流通台数も少なく、タマ不足な場合は、すぐ売れてしまう場合も。
  • 不人気車でもカラーや装備の充実度など、やはりポイントがあれば高く売れるかも。

車検残は無関係。年式の鮮度が重要


査定の基本項目に車検の項目はありません。7年以内で売る気があるなら、早ければ早い方が良いです。
車検の残り期間が長いと加点にはなりますが、決して車検代の元は取れません。
車検の残り期間が少ない場合で、売却を検討しているなら、今が売り時でしょう。
基本的に、車検の残存期間は査定額に、ほとんどプラスにならないと考え、早く売った方が全然良いわけです。

3年落ち、5年落ち、10年落ちの査定相場

  • 新車から3年落ち:新車価格の35-50%が査定額
  • 新車から5年落ち:新車価格の10-25%が査定額
  • 新車から10年落ち:新車価格の0.1-10%が査定額

Mスポーツ有無、人気カラー、走行距離により大きな開きがありますが目安として事前にイメージしておくとガッカリしないで済みます。3年、5年の車検切れ前に決断し、早めに査定しておくのが良いです。3年、5年の節目を1か月でも経過しただけで査定額が大きく下がるケースが多いです。

キズと評価の関係

査定時に、ボディのキズやヘコミも減点されていきます。
ただし、キズやヘコミを修理するよりも減点の方が安上がりなので、決して査定前に修理は実施していけません。修理代の方が高くなってしまうのです。
例えば「板金修理代3万 > キズの減点1万」といった感じです。

サンルーフ、大径ホイールは加点評価か

BMW純正アルミホイール
雑誌などではオプションのサンルーフや大径アルミホイールは、査定時に加点されると書かかれています。しかし、ホイールも純正品オプションかBBS製以外は、査定のプラス評価は微妙なところです。買取の事を考えて、サンルーフを付けたものの、ほとんど使わない方もいるようです。もし、ほとんど使う予定が無いなら付けることは止めましょう。例えば「サンルーフオプション15万」を付けても「査定加点1~3万」に留まります。

社外品の大径ホイール購入時の注意点

  • 買取評価を重視するなら純正オプションで1インチアップがベスト
  • 社外品は、好みが分かれるため、加点評価とならないケースもある。
  • 社外品交換時は、純正品を保管し、売却時に戻すのがベスト。
  • 社外品は、ヤフオクなどで売却する方が高く売れます。
  • ホイールは嗜好品でもあり、買取評価を気にするよりも、好みのデザインを優先した方が満足度は高い。

カーナビや地デジの評価


最新車両は、カーナビが全車標準装備化されており、買取時の加点評価は、ほぼ無い状態です。そのため、減点とならない事が重要で、特にモニターの中心部に大きな傷を作ると減点される可能性が高いです。
いつも視界に入るモニター上に大きな傷を作らないよう、日頃から注意しておきましょう。モニターのドット欠けは目立たないレベルなら問題ありません。
2010年以前の車では、ナビが標準装備化されていないものがあり、後付けナビを装着した方も多いと思います。キレイにフィッティングされたHDDナビや地デジは加点。それ以外の安価なメモリーナビは加点とならないケースも多いようです。
ダッシュボード上のモニター取り付け穴は大減点になりますので、装着したまま売るのがベストです。

地デジの評価

2010年以降の上級グレードには標準装備であるものの、地上デジタルテレビを装備していることが大きな査定アップには繋がりません。走行中にTVが試聴できるTVキャンセラーもアピールポイントになります。買取査定時には忘れずに申告しましょう。エントリーグレードでは、地デジがオプション設定の車種も多く、これもアピールポイントになります。高いオプション設定の元は取れませんが、積極的にアピールしましょう。

人気のパッケージオプションは加点になる

Mスポーツやハイライン(ラグジャリー)などのパッケージオプションは、単品注文に比べて割安です。それ以外の高額な単品オプションは、オーナーの満足度も高く、沢山のオプションを付ける方も多いです。しかし、買取価格は基本の車両の本体価格が基準となります。BMWインディビデュアルの100万円のオプション価格に対して、査定時の加点は数万円に留まるケースも多いです。
中古車として流通時にアピール出来ない地味なオプションは、全く加点されないケースも多いという事を知っておきましょう。(後でショックを受けない為に)

人気のカラーとハンドル位置


最近では、ホワイト・ブラック・パール系が人気であり、高く買取してもらえるポイントです。Mスポーツのブルー系も人気です。その他、シルバー・グレー・ダークブルー系が続きますが、特に問題ありません。明らかに不人気カラー(薄いグリーンやブラウン、レッド、イエロー)などは、数万円以上安くなります。

  1. 人気カラー順番
  2. ホワイト・ブラック
  3. ホワイト・ブラックのパール
  4. シルバー・グレー・ブルーのメタリック
  5. それ以外のカラー

やり過ぎの改造は減点

アルミホイールはノーマル車18、19インチに対して、21インチの超大径ホイールも改造専門店以外では、敬遠される傾向にあります。ノーマルのインテリアを大きく損ねるモニターやオーディオ、スピーカーの設置もマイナスです。特に社外品でも過激なスタイリングのエアロパーツは好みが分かれるポイントです。改造車を加点してくれる買取店もありますので、一般店ではなく、そうしたショップに持ち込むのがベストでしょう。

右ハンドル車を選ぶのが鉄則


2000年以降の新車登録のBMWは、その殆ど右ハンドル車の状況です。当然、中古車としても左ハンドルのニーズが少ないので、迷わず右ハンドルを選びましょう。
新車時に左ハンドルのみの設定モデルは、買取査定の影響はありません。
BMWも日本の法規制に合わせて、右ハンドル車のデメリット(運転席の居住性や操作性)を改善したことが挙げられます。アウディなどは、依然として右ハンドル車はお粗末な造りとなっています。また、右ハンドルの外車が増えた為、見栄のために左ハンドル車を選ぶ必要性が無くなったことが最大の要因です。

円安傾向の場合は、海外からのバイヤーが買い付ける為、左ハンドルのダーク系カラーが人気になりますが、最近では左ハンドルの流通台数が以前よりも減っており、日本への買付も少ないようです。海外での不人気カラーは、ホワイトです。理由は、塗装してないように見えるからのようです。

中古車は鮮度の高さが重要


愛車は鮮度の高い内に売る事が価値を落とさない最善の方法です。
それは、査定の基本ベースが年式・走行距離だからです。
中古車の査定額は1か月で平均2~4%下がります。200万の査定価格であれば、来月には194万円の買取価格になってしまうのです。売ると決めたら一刻も早く売ることが必要です。また、新型が発売されると旧型は約4~10%下がりますので、売却タイミングを逃さないこともポイントです。そして近所の買い取り専門店、インターネットの無料査定・買取を活用しましょう。
愛車を高く買取してくれる特定のお勧め店はありません。
数多くの買取店を回るのがポイントです。

加点・減点ポイントのまとめ

  • 売ると決めたら、鮮度の高い段階で売る。(車検残でも)
  • 人気グレードを買う。マイナーな車は買わない。(査定が下がる)

中古車
シェアする
BMWファン
タイトルとURLをコピーしました