BMW 135iの価格設定の妥当性

(Last Updated On: 2017年10月29日)

135iのアメリカでの価格を調べてみると36000ドル弱のプライスタグである。
装備の違いはあるが、1ドル105円換算では、378万円となる。
文中に書かれている約60万の豪華?オプションを追加しても440万にしかならない。
戦略的に安い価格設定が行われているアメリカの価格設定を考慮しても、
日本との価格差はなんだろうか。
ちなみにユーロとドルの関係で言えば、ユーロ高の状況は円と同一である。
言い換えれば、アメリカでは為替差損を大幅に無視した価格設定が行われており、日本が安いとする説明に説得力は無い。
また、日本向け仕様は、オプション装備では無く、標準装備となるため、
オプション品として価格を上乗せした計算式は大きな誤りである。
(工場で一括生産されるため、大きくコストが下がる)
日本向けのBMWとしては、確かにお買い得に感じるプライス設定であることは否定しないが、
評論したコメントには、かなり疑問が残る内容である。
135iを選ぶユーザは、価格よりもコンパクトなボディサイズをメインで選ぶのであって、
文中に挙げられたライバルもイマイチ、ピント外れだろうか。
一番笑える点は、下記のコメントである。
>アメリカや南アフリカなどでなく、ユーロ高が進行しているドイツ工場
>で生産されたモデルを輸入していることを考慮すると、
>価格的にはかなりリーズナブル
ドイツが高いのは認めるが、アメリカや南アフリカからの輸入は、価格を安くしないとおかしい・・・的な内容が堂々と書かれていることである。
ここだけは、疑問でなく、正直に書いてしまって良いのだろうか・・・と賞賛しておこう。


コメントを残す