第45回東京モーターショー2017(BMW)

概要

The 45rd Tokyo Motor Show 2017
場所:東京ビックサイト(東京都江東区有明 3-11-1)
主催:一般社団法人 日本自動車工業会
期間:2017.10.27(FRI)-11.5(SUN)

BMW展示ブース

ブースの広さは前年同様のイメージだが、ミニの展示が無かったのは何故でしょうか。

アジア初披露となるThe BMW Concept 8シリーズ、The BMW Concept Z4の2台をメインに新6シリーズグランツーリスモ、
ニューBMW X3やニューBMW M5など注目のBMWモデルが出展されていました。

海外でデビューした新BMW iのコンセプトモデルの出展が無かったのが残念です。

コンセプトZ4

E89型の後継モデルにあたります。
2L直4ターボ、3L直6ターボの2タイプとなる予定。

逆スラントノーズとやや台形のキドニーグリルがポイント。
縦長の4燈LEDヘッドライトが新しい。

インテリアも最新のBMWトレンドでまとめられています。
大型化されたidriveパッドやハンドルのパドルシフトが特徴的です。

コンセプト8シリーズ

BMWのトップモデルとなるビッグサイズクーペ。
1999年に初代E31の8シリーズが生産終了し、その後は後継モデルが途絶えていました。
その8シリーズが約20年ぶりに復活を果たします。
3L直6ターボと4,4LのV8の2タイプとなる予定。
もしかするとV12も搭載されるかもしれません。

逆スラントノーズとやや台形のキドニーグリルがポイント。
薄長の4燈LEDヘッドライトが新しい。

インテリアも最新のBMWトレンドでまとめられています。
センターコンソールの形状が斜めになっており、スペシャリティー&ラグジャリーな印象です。
iDriveコントローラーのタッチ部分は、スワロフスキーガラス製のようです。

新型6シリーズ グランツーリスモ(GT)

先代はF07の5シリーズに属していたグランツーリスモです。
日本ではパッとしない不人気モデルとなっていましたが、新型は6シリーズと格上げされての登場となります。

ボディサイズ
全長:5,091mm
全幅:1,902mm
全高:1,538mm

ホイールベース:3,070mmにより、後席の居住性は7シリーズを上回ります。
ハッチバックのトランクは使い勝手が良く、日本よりは海外でウケが良いモデルです。

全長は10センチ拡大され、7シリーズと同等レベルです。
車高はやや下がり、全体としてはスタイリッシュになったようです。

エンジンは2L直4ターボ、3L直6ターボ(ガソリン・ディーゼル)ですが
サイズ的にV8も登場するでしょうか。

エクステリア、インテリアともにG30の5シリーズレベルのクオリティを確保しています。

3代目の新型X3シリーズ

2017年10月19日に日本発売開始の新型X3です。
BMW X3は、先代F25の後継モデルとなる3代目です。

2017年基準のエクステリア、インテリアになっています。
先代後期モデルでは、ライトとグリルが繋がったデザインとなっていたフロントマスクですが、スタンダードな形状に戻っています。
キドニーグリルはさらに大型化しています。
モニターも10インチとなりました。

エンジンは2L直4ターボのガソリンとディーゼルがラインナップされています。
本国では3L直6モデルもありますが、国内導入の見込みはありません。

安全装備や快適装備も2017年基準となり、大幅に向上しています。

BMWが6速ATから7速DCTに変更の意味

BMWが6速ATから7速DCTに変更の意味

BMWのDCT搭載車は減少傾向

BMWのDCT(ダブルクラッチトランスミッション)は、減少傾向となっていました。
現在では、M2,M3,M4のみDCT搭載車となっています。
先代E90-335iなどでは、トップグレードのハイパワーモデルには、DCT搭載車が設定されていましたが、その搭載車も最新モデルでは8ATが採用されています。

最新のM5(G30/F90)は600馬力の4WDとなり、その大パワーをDCTでは受け止められないため、ZF製の8速ATが採用されたとされています。

ハイパワーモデルはMモデルですらDCT廃止の傾向

生産台数の少なさから、BMWに搭載しているDCTはATに比べてコストが高いのではないかと推測されます。
これは、VWのように不評ながらも一般モデルに採用しているメーカーとは情勢が異なります。

最新のM5ですら、8ATを採用したところを見ると、スポーツ性能よりもコストダウンを優先したのかでしょう。
また、6MTよりも8ATの加速性能が良いため、7速DCTは性能的に最新8ATと同等レベルに追いついたとも言えます。

DCTが嫌われる理由

日本では、ATやCVTが普及しており、欧州のようなMT車を好まない傾向にあるようです。
あくまでも発進も変速もスムーズさを追求し、燃費も向上したCVTの普及率が日本車で高いことも、それを物語っていることでしょう。
DCTは、ATのような変速フィールを持たせていますが実際には、かなりのギクシャク感を伴います。
それは、北米でも同様でありメルセデスやBMWが一般車両にDCT(DSG)搭載車を増やさない理由でもあります。

2017年にBMW X1 sDrive18iについて

先代E90-3シリーズやE60-5シリーズでは、ZF製6ATが搭載されていましたが生産中止に伴い、全て8ATに置き換わっています。
一方で、MINIなどのFFモデルは、ボディサイズの制約上のコンパクトさが求められる日本のアイシン精機の6速ATが搭載されています。
現行F48 X1のsDrive18iも当初は、この6ATが搭載されていましたが、2017/9には7速DCTが搭載されたようです。

日本製なので信頼性が高いと思っていましたが「アイシン 6AT トラブル」などのキーワードで検索するとかなりのトラブル事例が出てきます。
6ATに見切りを付けた理由としては、ZF製に代替6ATが無い。8ATは大きすぎる点とFFモデル未対応な点で搭載出来ないなどの理由が考えられます。

今後のBMW FFモデルはDCTが搭載されるのか

少なくとも4気筒エンジンモデルは8速ATが搭載されており、対象としてはFF3気筒エンジンモデルがその対象になりそうです。
そもそもDCTは一般モデルに向かずラインナップから排除した経緯を考えると拡大する可能性は低いと考えられます。
しかし、FF用6速ATの選択が無い以上、DCTを搭載するしかないのかもしれません。 

BMWオーナー像の適当過ぎるイメージとは

AMGメルセデス販売店の店主が語るBMWオーナー像

オーナーの傾向と分析

  • オーナーの職業分布は会社員が多数を占めます。
  • 約半数がこの残価設定ローンだそうです。
  • 3シリーズの男性比率は遥かに高いです。
  • BMWからベンツに乗り替えるオーナーは沢山おられますがその逆は極わずかです。
  • ベンツに訳のわからんライバル意識を燃やすのはいいかげんにやめてください。
  • やたらとサングラスをかけています。
  • BMWに乗ってクルマを見に来る方はクルマをなかなか買いません。
  • BMWのオーナーはすぐにわけのわからないベンツに乗らない言い訳をしたがります。


というような分析ですが、まあ傾向的には語られている通りでしょうか。
あくまでもAMGメルセデス店主ということですから、実際のAMGオーナー層はBMWオーナーよりも年齢層、年収も高そうなので。

BMW乗り・BMWオーナーの特徴

ttp://otonaninareru.net/bmw_owner/

要約すると、以下の2点でしょうか。

日頃から非常にせっかち。
セコいと名のつく手段は片っ端から試す。嫌われものだがニヤニヤしている。そんで金持ち。

なんでしょう。なんか執筆者の独断と偏見イメージが強いです。
1シリーズから7シリーズ、SUVにオープンと車種も購入層も幅広いので一概には言えませんね。
まあ、軽く流していいかもの内容ですね。

私の頭の中のオトコ査定BMWオーナー編

以下が、BMWオーナーたちのプロフィールを総じて見てプロファイリングだそうです。
いかがでしょうか。こちらは、世間・一般的なイメージでメルセデスオーナー層と被る部分も多そうです。

ttp://ikikuru.com/mote/assessment-of-the-male-value-bmw-version/

「少し背伸びしても高級車には乗りたい、硬派な男」
年収:600万以上~2500万程度
職業:中小企業の経営者、上場企業の部長職以上、外資系サラリーマン、医者、弁護士
特徴:高級車に対しての憧れが強く、BMWというブランドが何よりもカッコいいと思っている。ただし、車には派手さを求めるよりも、寧ろ性能にこだわる。

最後は、「自動車界の公務員」と締めくくってます。これは微妙なコメントですね。

BMWオーナーズ・マニュアル

ttp://bmw-owners.seesaa.net/

こちらの記載内容は、かなり偏見に満ちていて、どこがオーナーズマニュアルなのか微妙な内容が多いです。
細かい点で誤りが多くて、とてもBMWオーナー向きとは言い難い知識と内容です。

レクサスとBMW3シリーズのユーザーとは?

ペルソナアンケートより
20歳以上の男性は13,100人。その中でレクサスに乗っているユーザーは158人、BMW3シリーズに乗っている人は165人でした。
平均年齢は「レクサスな男性」が49.6歳、「BMWな男性」が48.5歳と、約1歳違いでした。

平均世帯年収はどちらも高めです。「レクサスな男性」が885万円、「BMWな男性」が909万円でした。
20歳以上の男性の全体の平均は612万円でした。

要旨は、上記になりますが皆さん合致しているでしょうか?

興味・関心事も「旅行レジャー」「クルマ・バイク」「外食・グルメ」「ビジネス」など幅広い分野にアンテナを張っている方達です。「クルマ・バイク」への関心は「BMWな男性」の方が高く、「デザイン」への関心も「BMWな男性」の方が高くなっています。

こちらも一般的な項目であり、特別BMWユーザーにマッチしたものではないような気もします。

BMW購入の年収・年齢層

ttp://kaitori-car.net/entry423.html

BMWの年間維持費ってどのくらい?

年間70~180万円(推測)

このページの内容は、完全な誤りです。
単にスーパーカー用のページをBMW用にコピーしたものでしょう。
こんな内容が検索結果の上位に出てしまうことが、現在のIT技術の不正確さを物語っています。

【考察】BMW車種別の年齢層

ttp://otonaninareru.net/bmw_owner_age/

各シリーズ別に年齢層の傾向が語れらています。

6シリーズ クーペ&カブリオレ

怪しい50代~60代 男女

とても怪しい人ばかり乗っています。
クーペは不便で、日常使いには向いていませんし車高が低く5シリーズより使いにくいです。
さらには新車価格が900万円後半というきわどい車種です。
売れているだかいないだか。ネット上ではリタイアした夫婦が乗ると言われています。
競合はベンツのSL? M6になると医療法人オーナーなど、より怪しい人間が乗ります。
7シリーズは正統派な役職が多いですが、6シリーズはきな臭いです。そして美しい。

怪しいと括られています。オーナーの皆さんどうでしょうか。
このコメントだけは、引っかかりましたね。

ニュルブルクリンクサーキット・BMWラップタイム一覧

ニュルブルクリンクサーキットの北コースとは

ドイツ・アイフェル地方のニュルブルクにある起伏に富んだロングコースのサーキットである。ニュルブルクリンク24時間レースも開催。開発中のテスト走行に利用される。
北コース(ノルドシュライフェ)全長20,600mのラップタイム

BMWのラップタイム

  • マクラーレンF1-GTR(V12-6L):7分11秒
  • F22:2シリーズ(ACシュニッツァーACL2):7分25秒8
  • F82:4シリーズM4 GTSクーペ(500ps):7分28秒
  • F22:2シリーズM235iRacing:7分40秒
  • E92:3シリーズM3GTSクーペ:7分48秒
  • E46:3シリーズM3CSLクーペ:7分50秒
  • F82:4シリーズMクーペ:7分52秒
  • E60:5シリーズM5セダン:7分52秒
  • F10:5シリーズM5セダン:7分55秒
  • F22:2シリーズM2クーペ:7分58秒
  • E92:3シリーズM3クーペ:8分05秒
  • F20:1シリーズM135i:8分05秒
  • E63:6シリーズM6クーペ:8分07秒
  • E52:ZシリーズZ8:8分07秒
  • E82:1シリーズMクーペ:8分12秒
  • E86:Z4シリーズMクーペ:8分15秒
  • E82:1シリーズMクーペ:8分15秒
  • F20:1シリーズM135i:8分18秒
  • E46:3シリーズM3クーペ:8分22秒
  • E71:X6M:8分22秒
  • E92:3シリーズ335iクーペ:8分26秒
  • E39:5シリーズM5セダン:8分28秒
  • E87:1シリーズ130i:8分35秒
  • E36:3シリーズM3クーペ:8分35秒
  • E30:3シリーズM3スポーツエボリューションクーペ:8分50秒

リングタクシーも事故る事がある。

M5のリングタクシーが運用されています。
コースを知り尽くしたベテランドライバーが運転しているようで、一周216ユーロ(約3万弱)で体験できるようです。

世界最速タクシーも命がけです。

AC シュニッツァー ACL2が7分25秒8のタイム

M235iベースの車両を用いて、N55B30の直6エンジンをACシュニッツァーがチューニング。M4を上回る570psを発生。
最適化されたカーボンインテークマニホールド、Vmaxサスペンション、軽量バッテリー、ステンレス製排気システムを装備
リミテッドスリップデフ (25~95%)
0-100km加速は3.9 秒
最高速度330 km/h
重量 1450 kg
パワーウェイトレシオ 2.54 kg
285/25ZR20 のミシュラン PSSと20インチ軽量鍛造ホイール

2017/7

3シリーズを高く査定し買取ってもらう方法

1995年頃に比べると20年後の2015年では、ユーザー層も厚みを増してきたように思います。
左ハンドルの割合も激減し、右ハンドル車が完全に主流となりました。
当時、キーレスのドアロックや電動格納ドアミラーすらなかった装備が標準となり、
使い勝手は国産車と比べても不便さを感じなくなりました。

特にBMWを含む輸入車としての故障頻度が少なくなり、信頼性が増してきたことは喜ばしいポイントです。

そこで、BMWの中では一番人気の3シリーズが購入ターゲットとなります。
bmw-e46
BMW3seriesは、自動車評論家からは、Dセグメント・セダンのベンチマーク車と呼ばれ、ライバルにはベンツCクラス、アウディA4、レクサスISなどが同じグループのセグメントに属します。

BMW 3シリーズの魅力

なんといっても全長が4700mmという5ナンバーサイズと1800mmの全副により、取り回しが良いことです。

ラインナップは、セダンとツーリングワゴン、5ドアハッチバックのグランツーリスモの3種類になります。
また現行モデルからクーペの2ドアは4シリーズとなりましたが、先代は3シリーズです。

エンジンは2リッターから3リッターの排気量となります。
MT車や4WD車、ハイブリッド、ターボ、ディーゼルなど多彩なモデルラインナップとなっています。
実際の運転では「駆け抜ける喜び」というBMWのキャッチフレーズに則り、スポーティかつ軽快なハンドリングが備わっています。
先代からiDriveというナビコントローラが装備され先進的な充実装備がポイントです。
レザーシートの装着車を選べば、小さな高級車的な感覚も味わえます。

そのようなBMW3シリーズの購入時の疑問や今乗っている愛車の査定について解説していきます。

3シリーズのお勧めするワケ

女性人気車ランキングでは、必ず上位にBMWの名前が出てきます。
ステータス性でいえば、クラウンやレクサスISを買うよりも女性からの評価は確実に高いようです。
ドイツ車に乗っている優越感やブランド力を意識する人にはベンツCクラスの方がオススメできますが、
ベンツはネガティブイメージもある点がランキングにも表れているのでしょう。

新車では諸費用込で500万を超えてしまいますが、中古車であればかなり割安です。
コンパクトなボディサイズとステータス性でも外車初心者から上級者まで人気を獲得している理由ではないでしょうか。

燃費も6ATから最新モデルでは8ATとなり、同一排気量の国産車よりも燃費が良い点もポイントです。

ミッションインポッシブル第5作にM3とX5(PHV)が登場

プラグインハイブリッドの高級スポーツクーペとして登場のBMW i8されているが、
この車が映画ミッション:インポッシブル第4作(2011年公開)のゴーストプロトコルに登場しました。
開発中は、ヴィジョンエフィシエントダイナミクスと呼ばれていましたが、
正式デビュー後は、iブランドのi8として登場しています。
エンジンスペックは以下の通り
・1.5リットル直列3気筒ターボディーゼル:163ps、29.6kgm
・フロントモーター:80ps、22.4kgm
・リアモーター:51ps、29.6kgm
・家庭用電源プラグインハイブリッド
・リチウムイオンバッテリー10.8kw/h
総合出力356ps、81.6kgm:0-100km/h加速4.8秒
の驚異的なスペックとなる。
映画での宣伝効果も高そうである。
その他6シリーズのカブリオレが登場。
この映画「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」は公開済の作品(2011年)です。

そして、ミッションインポッシブルの第5作目となる「ローグ・ネイション」は2015年公開。
4作目i8に続きBMWが使用され3シリーズM3(F80)が登場する。
派手なカーアクションシーンに注目である。

また、X5のプラグインハイブリッド(PHV)、xDrive40eも登場するのでX5オーナーは必見です。

さらにBMW Mのプロモーションビデオでも映画紹介です。

BMWhatのアンドロイド版アプリ

車両のダイアグノシスやコーディングが可能となるスマートフォンアプリです。

iPhone版がベースとは思いますが、android版も提供されています。
google playで購入可能です。5,853円と若干抵抗のある金額ですが、
コーディング可能な車種のお乗りの場合は、試してみる価値はあるかも。

iPhoneはWifiアダプター経由のようです。

以下は、アンドロイド版の仕様。

1.bluetooth搭載モデル

 (1).2007/2以前のExx形式
  ・ダイアグノシス:OK
  ・コーディング:OK(ケーブル接続で可)

 (2).2007/3以降のExx形式
  ・ダイアグノシス:OK
  ・コーディング:OK

(3).Fxxモデル
  ・ダイアグノシス:OK

2.bluetooth未搭載のExx形式
  ケーブル接続で対応。(Amazon:$37.95)

  ・ダイアグノシス:OK
  ・コーディング:OK

アップルの「iOS in the car」導入予定無し

アップルの最新OSとなるiOS7を車内で利用できる「iOS in the car」 が予定されているが、対象メーカーとしては、ホンダ、メルセデス、日産、フェラーリ、シェビー、インフィニティ、キア、ヒュンダイ、ボルボ、アキュラ、オペル、ジャガー が対応を表明している。

BMWは、その対象となっていない。 スマートフォンとの車載機連携サービスとしては、「ConnectedDrive」を既に提供済である。

2001年にデビューしたiDriveは7シリーズに搭載され、車載機器向けの組み込みOSとしては、 「Windows CE for Automotive(WCfA) v3.5」がベースとなっている。

しかし、信頼性の低さからlinuxベースのOSに変更されています。(2007年) OSは、VxWorks(ブイエックスワークス) となり、アメリカ合衆国 WindRiver社が開発・販売する組み込みシステム向け リアルタイムオペレーティングシステムになります。

さらに、OSは、QNX(キューエヌエックス、またはキューニックスと発音)は商用のPOSIX準拠Unix系リアルタイムオペレーティングシステム (RTOS)に変更(2008)され、 現在のモデルに至っているようです。

2012年の改良では、高速なプロセッサとメモリ、大容量HDDへの対応、3D地図改善など、ルーティングなど広範なハードウェア/ソフトウェアの変更が行われています。

HDD内の領域としては、 ・システム:2GB ・コンタクト:0.5GB ・スピーチ:0.5GB となっているようですが、バージョンアップによりサイズも大きくなっていることでしょう。

自前でUSBに落とせば、ファームウエアのバージョンもアップ出来るようです。 http://www.bmw.com/update

ということで、組み込み型UNIXをベースとして進化を遂げており、どちらかと言えば、アップルのiOSよりもAndriodとの親和性が高いかもしれない。

F30 320dと320iの比較試乗インプレ

320i、320iX、320d、Mスポーツと2012年の下半期にかけてニューモデルラッシュが続いている。
ここでは、注目の320iと320dに試乗できる機会があったのでレポートしようと思う。
bmw-320d-f30.jpg
まずは、ブルーパフォーマンスのディーゼルエンジンを搭載した320dから。
エンジンを始動するとディーゼル特有のガラガラ・カラカラ音は感じられる。
家の周りにベンツ、アウディ、レクサス、クラウン勢が居る場合は、
若干高級車らしくない音には違和感を感じるかもしれない。

気になるのはその部分だけ。
走り出してみると圧倒的トルクでスムーズに車速があがる。アクセルを踏めば、強烈な加速も味わえる。
380Nmのトルクは328iをも凌駕するので当然といえば当然なのだが。
減税率100%という優れた得点もある。
8速ATによりトルクの加減もうまくコントロールされる。
高回転まで回すまでもなく、圧倒的トルクが法廷速度を超えるので、高回転フィールうんぬんよりも、
日常生活的な一般ドライバーの速度域では、大排気量車を転がしている感覚でかつ、
335iより軽い320dは、機敏な動きで扱えるのである。
これは、今までNAの320iから比べると異次元の感じかもしれない。
そして、もう一台の320iガソリンモデルである。
4気筒ツインパワーターボ化され、320dと同等の184ps、トルクは270Nmと十分な数字だが、発生回転数との差もあって、
320dより、やや大人しい加速感であるもの、ガソリンターボ車として見れば違和感はない。
体感加速とは異なり、絶対的性能として、0-100km加速は、以下の数字になる。
320i 7.3 (7.6)
320d 7.5 (7.6)
※カッコはMT
体感加速的にはディーゼルが上なのだが、絶対性能はガソリンに軍配が上がるようである。
この差は、最大出力の発生回転数によるものだろうか。
当然、0-400m加速では、高回転で伸びのあるガソリンの320iとの差が、
さらに開くことが予想されるが、データが無い。
日常の足・経済性は、断然ディーゼル。
エンジンのフィーリングはガソリン。

となるが、まだ日本ではやや過去のものとなってしまったディーゼルとしての見方と、
最新のブルーパフォーマンス・ディーゼルが理解されていない市場でもある。
今後の売れ行きが注目されるところだろう。

BMWのFFハイブリッド

アクティブ ツアラーというコンセプトモデルが登場。
2012PARIS MOTERSHOWにてデビュー
フロントエンジンに1.5L直列3気筒ガソリンターボがFF
リアをモーター駆動する前後別々の4WDとなる。
2013年にも市販の可能性が高い完成度でデビューしたことでも注目される。
エンジンはガソリンとディーゼルの2タイプが用意される模様。
ショーモデルではプラグインハイブリッド仕様となっているが、
市販モデルでは、FF専用エンジンモデルも用意されると予想する。
エンジンとモーターを組み合わせたシステムトータル出力は190PSを達成。
ボディサイズは、全長4353mm、全幅1834mm、全高1560mm
ホイールベースは2670mmとなり、ライバルのメルセデスBクラスと真っ向から対決するサイズとなっている。
このコンパクトハッチバックモデルは1シリーズが受け持っていたのだが、FRコンパクトであり実用的な後席が確保されているとは言い難かった。
しかし、このサイズであれば日常の用途としての使い勝手も良く、燃費も良いハイブリッドとなれば、
新たな購入層を呼び込む可能性もあるだろう。
期待のニューモデルである。